清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 武器禁輸緩和で輸出を目指すならば、NATO規格の導入をすべきでは。

<<   作成日時 : 2014/05/14 12:56   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

  安倍首相が外遊で欧州諸国を訪れて、防衛装備などの協力を進めるような話が進んでおります。

 武器の共同開発や輸出を拡大したいならば,防衛省もほぼ世界標準になりつつあるNATO規格を導入すべきです。
 
 サイズや品質、テストや評価の方法などが定められておりますので非常に便利です。
 例えば装甲車輌でも防弾のレベルがNATO規格のレベル1なのかレベル2なのか、それが分かれば容易に性能が判断できます。
 その上でNATOスットクナンバーを登録すれば、データベースで検索することも可能です。

 これはまた外国でPKOなどを行うときに、弾薬やパーツなどを融通しあう場合にも有用です。

 南アフリカは武器禁輸を受けていたアパルトヘイト時代でもNATO規格に即して装備を開発していました。それは密かに欧米のコンポーネントや製品を輸入していたからです。
 
 防衛省独自の規格では相手が一から評価をしなければなりません。

 ただし、NATO規格を導入した場合、ダイレクトに海外製品と比較されやすくなります。
ですから、国内メーカーにとって厳しい面もあります。



NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
国益のために国内ヘリ産業を潰すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014051200007.html?iref=webronza

ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html




月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
バレちゃう! 自衛隊の装甲車がペラッペラなのがバレちゃう!
黒いタヌキ
2014/05/14 20:37
そういう必要性を理解させるために輸出緩和したのではないでしょうか。保守派の鼻息の荒い人たちも、軍事的合理性を理解して推進しているわけではないのですから。
日本の技術なら…というナイーブな人たちに良識派になってもらうためのステップでしょう。

2014/05/15 00:48
海外市場に打って出る以上、一番、普遍的に採用されている規格に併せるのは至極、当然かと思います。
こういう時こそ、内閣や経産省が音頭を取って業界再編も視野に入れて動くべきですよ。
KU
2014/05/15 12:30
お邪魔します。

>NATO規格を導入した場合、ダイレクトに海外製品と比較されやすくなります。
>ですから、国内メーカーにとって厳しい面もあります。

 民生品では時に理不尽(例えば日本製品の締め出しが目的のような)な事が行われる中で戦ってきました。

 輸出よりも前に本当に「米軍と共に戦う」のであれば、例えば通常動力潜水艦のようなアメリカに無い物を除いて極力アメリカとすり合わせているでしょう(NATO規格の採用等で)。その方が融通(米軍のそれをそのまま貰う)し合う事ができます。実際には「米軍と共に戦う」事など"本気"では考えておらず、実際の有事の際には米軍に丸投げし(又は自分達"だけ"で本土決戦?)、自衛隊は「平時用の"張子の虎"軍隊+治安部隊」のままにして置くというのが"本音"でしょう。だから輸出ではNATO規格に合わせても、「我が国固有の事情(今までと変えると摩擦や軋轢が生じる?)」とやらて、それが国内で使われる事は無いのではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2014/05/18 22:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
武器禁輸緩和で輸出を目指すならば、NATO規格の導入をすべきでは。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる