清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 有事の際、民間フェリーで自衛隊員輸送、人的な問題はないか。

<<   作成日時 : 2014/05/06 13:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 19

南西諸島での有事や大規模災害などに備え、防衛省は、民間のフェリー2隻を借りて自衛隊員の輸送に活用することを決め、月内に常時借り受けるための長期契約を結ぶ。

有事の際、民間フェリーで自衛隊員輸送…防衛省
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140501-OYT1T50160.html?from=ytop_top

 問題は有事に「民間人」に頼って大丈夫か、彼らが死傷した場合の補償や法的な処置はどうなのということです。

 そのような法的な問題をクリアし、船会社と船員組合の合意を取り付ける必要があります。

 また予備役制度を充実させるべきです。海自では事実上将校の予備役はおりません。
 将官まで含めた予備役制度を作り、このような輸送船はすべて平時から予備役で運行するというシステムを作るべきです。

 そうすれば退職後の就職先の確保にもなります。30代や40代で自衛隊を退いて、予備役となって貰えれば現場の平均年齢も、自衛隊の人件費も下がります。であれば、艦艇乗組員の充足率をあげることにも寄与するでしょう。
  
 予備役となってこの手の輸送船に搭乗するクルーの人件費を一部防衛省が負担してもメリットは大きいでしょう。

 問題は当の自衛隊にその気がないことです。自分たちの身分を危うくすることになるからです。人事問題は政治家が解決すべき問題です。



 NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html




月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
紛争時その場所での行動を民間は断りますね。
いつだったか、JALがイランだったかイラクだったかの、大量に居残っていた日本人を迎えに行くのを断りましたよね。トルコの民間機が救ってくれたという結末で。

予備役を必要な民間に配置していくのは非常によいアイデアですね!
unimaro
2014/05/06 16:37
政府専用機がなぜ必要になったか、お忘れのようですね(笑)
マリンロイヤル
2014/05/06 16:38
この民間フェリー(ナッチャン?)の乗務員に海自OBなどの予備役を当てるという考え方は、しごくまっとうなものと全面賛同いたします。

フェリーだけでなく、与那国などの駐屯地にしたって、基地を支える民間人が必要でしょう。そこには地元民に加えて、積極的に予備役を当てるべきでしょうね。

もちろん、日常からある程度の手当てを出して、予備役の継続を図るなどの必要はあるでしょうが。
また、機密保持の面についても、通常の予備役より厳しい制約を課す必要があるなど、まったくハードルがないわけではありませんが。

国境の島として長らく自衛隊が活動している、対馬の場合は、現状、そのあたりはどうなのでしょうか?

PAN
2014/05/06 19:04
防衛省は、有事や大規模災害などの緊急時に、自衛隊員を迅速に輸送する手段として、民間の高速旅客フェリーを活用する仕組みづくりを検討する。近く政務官をトップとする作業チームを設け、制度設計に着手する。 
 南西諸島などの離島の占拠や東日本大震災のような大災害が発生した場合、自衛隊員を速やかに現地に送り込む必要がある。しかし、海上自衛隊の輸送艦は航行速度が遅く、初動対応には不向きとされている。
 このため防衛省は、海運会社などが設立する特別目的会社(SPC)が高速フェリーを買い入れ、そのフェリーを緊急時に同省が優先的に使用する仕組みの構築を目指している。
 SPCは、企業が保有する資産を担保に証券を発行し、一般投資家からの資金調達で運営される会社。防衛省の素案では、SPCとの間で高速フェリー2隻を優先利用できる契約を、年20億〜30億円で結ぶ。平時はSPCがフェリーを民間会社に貸し出し、チャーター料収入を得る。2015年度のSPC設立が目標だ。
 防衛省は、有事や災害時のフェリー運用は自衛隊OBの予備自衛官が担うことを想定し、予備自衛官が平時からSPCに勤務することも検討する。(2014/04/19-14:10)
時事通信
シュピーゲル
2014/05/06 19:46
船員が民間人だと言っても兵隊あがりは結構居てましたよ。私の感覚ではトラックの運ちゃんの大半も兵隊あがりでしょうな。問題は沖縄戦の「援護法」のように戦後の身分の保証ですな。
元船員
2014/05/06 20:17
確かに使えるお金が有限である以上、こういう取り組みは重要ですね。足し算の金の使い方と掛け算の組み合わせですね。
会社員40
2014/05/07 15:05
>PAN様
その辺は他国だと予備役より軍属だったりしますけどね

まあ日本だと保障が面倒ですしね
招集中の予備自なら自衛官扱いだから新しい法とか要らなくて手続きが楽なのが予備自を使う理由なのか
第9
2014/05/09 05:30
お邪魔します。

 欧米は契約社会なので組織や制度で動きます。ですから人間を組織や制度に”はめ込めば”ある程度は機能します。一方日本は「直接的な人間関係」で動くため、”よそ者”を連れてきても機能させる事が難しく、また「直接的な人間関係」は容易には作れません。

 予備役に将校を作らないのは、軍隊では階級が優先しますが、それでは「現役の下士官・兵よりも予備役の将校が優位」という事が起こりえます。それが「年下の上司」のような直接的な人間関係との摩擦が生じるおそれがあるからではないかと思います。

 やはりここは今の自衛隊とは別の屯田兵部隊に海上部隊を作るのが良いと思います。旧日本海軍は艦隊決戦に固執し船団護衛に不熱心で、海自はその気風を継承しているでしょうから。海上輸送となれば敵は潜水艦ですので、民間船を改修して対潜装備を搭載します(船団に近づけさせなければ良い、対空・対水上装備は無し)。で普段は里海保全や海洋調査、民間では採算が取れないような離島への物資輸送(兼無人の離島の監視)をやらせて。
ブロガー(志望)
2014/05/10 19:06
即応並の訓練期間を確保するにしても週5日勤務だとしたら年に6週しか居ないような物ですからねえ

民間でもいつにも増して大変な時期に普段は年に6週しか来ない人が主導なんて出来ませんしね
第9
2014/05/12 05:25
すみません、質問があります。
何故、船がフェリーだけで外航のPCC(自動車運搬船)の話が出ないのですか?
確かに速力は14ktほどで遅いですがスターンランプは古い船でも50tに耐えれ6500台自動車を乗せることができる船があり、フェリーと違い専用岸壁以外でも自動車を出し入れ出来ます。

安全海域限定になりますがこれをもっと活用しないのでしょうか?

アメリカに自衛隊を運ぶ時は何故か外人全乗船にインストラクターとして日本人の航海士を乗せている会社もあり別に不都合はないと思うのですが?

よろしくお願いします。
のらくろ三等兵
2014/05/15 23:08
大型の自動車運搬船は喫水が10mくらい有るのでカーフェリーやRORO船より港選びませんか?

そもそも自動車だけ運んで何をするんですか
必要になったとしても安全海域ならその都度チャーターすれば済む話では?
第9
2014/05/19 05:42
>問題は当の自衛隊にその気がないことです。

下の記事は御存知ないのですか?
離島防衛へ船舶業界と有事協定 機動展開構想の概要判明
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014010501001030.html
有事の際は予備自衛官が民間船舶の全乗組員を務めることができるよう雇用を促す計画も盛り込まれた。
?
2014/05/19 12:42
現在海自の予備自衛官にシニア将校はおりません。
であれば曹クラスが佐官の代わりにフネを指揮するのでしょうか。
少なくとも現在まで予備自衛官の階級の拡大は聞いておりません。人事システムをいじるのはもっとも
大変で、故にこれまで財務省から言われ続けても予備自衛官制度の将校への拡大が進んで来ませんでした。
これをしなければ単なる画餅です。
同様に合成燃料の導入なども盛り込むと言われておりましたが、いまだに殆ど何もなされておりません。官の報道というのはこういうことが得てしてあります。
キヨタニ
2014/05/19 13:03
予備自衛官の最高階級は中佐ですよね。
十分な地位だと思いますが・・・

2014/05/19 15:51
>予備自衛官の最高階級は中佐
それは何度も書いておりますが、医官などで兵科将校ではありません。
キヨタニ
2014/05/19 16:41
関係ないでしょ。

2014/05/19 23:49
船長や船員も海技資格に応じて技能扱いにすれば大丈夫じゃないですか?
去年度から技能公募の技能の種類が増えてますし階級の上限が2佐のままの制度変更ならハードルは低いですよね
非武装の輸送艦の艦長なら2佐でも問題無さそうですし

陸の即応予備自衛官で2尉が最高位なのは問題ですね
海自と空自に即応予備自が無いのも要改善かな
第9
2014/05/21 05:46
軍艦の要件が軍艦旗を掲げ、士官が指揮し、海賊等でない船員が操船する事だから、三尉で十分だし、平時に当該船に乗船している必要も無い。
件の予備役云々は有事に船員が乗船拒否する可能性を想定しての船員確保の話しでしょ。
?
2014/05/21 20:38
元々後方が弱い組織だけにこういった話は聞いてて悲しくなりますね・・・
手をつけるにしてもやることが多いので画餅になりそうですし。
八王子の白豚
2014/06/14 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
有事の際、民間フェリーで自衛隊員輸送、人的な問題はないか。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる