清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 不法原発小屋と無法国家

<<   作成日時 : 2014/05/30 13:38   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 5

 先日、霞ヶ関方面に用事があって行ってきたのですが、経産省の敷地の一角にいまだに反原発小屋があるんですねえ。
  写真にもあるようにあの場所にこのような小屋を立てるのは違法です。
法治国家ならば当局が撤去すべきです。

  ところが行政の中心地でこのような無法が放置されている。
  我が国は法治国家ではないと、内外に宣伝しているようなものです。

画像

画像

 ですが行政、警察は撤去もしない。
 これが皇居とか、米国大使館であれば小屋を立てること自体が妨害されて不可能でしょう。

 つまり我が国では恣意的に法律が運用されているということです。
 痴漢冤罪で、半年もブチ込まれたり、裁判の判決が強制力を持たないこともそうです。
 国会の一票の格差が何倍になっても平気で選挙しちゃうのもそうです。
 ぼくは選挙違反を現場、あるいはそれに準じる状況で告発したのですが警察も選管もまったく動きませんでした。そのうち数名は閣僚になっております。
 また、米大使館前の横断歩道は法的な根拠がないにも関わらず、通行しようとすると警官に防止されます。これは本来強要罪にあたります。
 同盟国の大使館の目の前で警察が違法行為を行っているのですから、こういう国を信じてくれというのが無理な話です。
 また政治がそのような現状に無関心であるということが、我が国の法治国家としてもレベルを表しております。

 こういう胡乱な自称法治国家で集団安全保障が合憲か否かなどと議論しているのは非常に不毛です。
 どうせ有事になれば憲法なんて、なんとでも、と思っているでしょう賛成派も反対派も。

 茶番をやる前に、政治と行政に遵法意識の徹底を図るべきです。
 それと、このブログでもあちこちの原稿でも書いておりますが、現行法の改正によって対応できることは、地道にやることが必要です。

 現状自衛隊がまともに戦争をするなら「犯罪集団」になってしまいます。それを回避するために現行法の改正でかなりの部分はなんとかなります。ですが有事法、国民保護法制定以降にこれらの問題は放置されたままです。

 そういう地味なことをやりたがらず、「楽しい」憲法改正だの、解釈の変更だのばかりをやっているのは不毛です

 
 
NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<バーバリーと三陽商会>ファッション業界「ライセンスビジネス」の怪
http://japan-indepth.jp/?p=6198
<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
国益のために国内ヘリ産業を潰すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014051200007.html?iref=webronza

ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html




 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
これは単なるガス抜きでしょう。その人たちも仕事しているんですよ。ほのぼのニュースの類ですよ。
無視汁
2014/05/30 20:42
三権分立がしっかりと機能している、という意味でタイがうらやましいです。
ひゃっはー
2014/05/30 22:58
お邪魔します。

 日本はあくまで「仲間内の和とその場の空気」が支配する国です。それは法治とは相容れないものです。なぜなら法治とは「法律を盾に仲間内の和やその場の空気に逆らう者を認める」事だからです。そんな日本がなぜ法律を作ったかというと、鎖国を維持できなかったからです。日本人「だけ」なら「仲間内の和とその場の空気」で事が済みますが、外国人が入ってくるとそれでは済まなくなりますし、日本には外国の影響を一切排除できるような「力」はありませんから。

 憲法改正にしろ集団自衛権にしろ「実際にはやる気は無いし、やろうとしてもできないが、あたかもやる・できるように見せかける事が”抑止”になる」とでも思っているのでしょう。地道な努力をしないのは「本当はやる気は無いんだよ」と”言い訳”するためでしょう。この”勧進帳”芝居が通用すれば良いのですが。
ブロガー(志望)
2014/05/31 21:16
安倍政権は規制緩和して労働者を受け入れる
そうです。日本人が立ち入ることが出来ないような危険地域が出来るのではないかと心配です。
夕立
2014/06/01 18:23
キヨタニさん、歴史を見ればこうなってしまうのは当然だと思いますよ?
平安時代は藤原氏のような貴族たちが、江戸時代は戦争しなくなってやはり貴族化した武士達が、言葉遊びで国を運営してましたから・・・
日本人は平和な時代になると現実を見ないで空想妄想の世界で政治をするようになる悪癖があるんですよ。
八王子の白豚
2014/06/14 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
不法原発小屋と無法国家 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる