清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「クールジャパン」に1500億円は業界ゴロと役人の掴み金になるんじゃないか

<<   作成日時 : 2014/04/10 15:49   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

 

  日本独自の映像事業や和食レストランなど、日本文化の発信につながる産業を支援する
官民ファンドの海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)は、今後5年で1500億円を
投資する事業計画を固めた。ベンチャー企業への出資や、映像制作など事業単体への投資
を検討する。アジアで販路をつくるファッション企業や、映画の海外言語への吹き替え版
制作などが対象になる。


「クールジャパン」に1500億円 文化発信を支援
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC0801M_Z00C14A4MM0000/?dg=1

 まあ世間がどんなものか中身がよくわからず、なんとなく儲かりそうだからというイメージがあるから、予算分捕りに利用されているのではないでしょうか。
 あれこれの有象無象の業界ゴロにカネをむしられて終わり、になるんじゃないでしょうかね。

 始めからお上の公金に頼ってやる事業なんて真剣さがな無くなりますよ。

 特にサブカルチャーなんて、雑草です。雑草故に逞しいし、それが魅力だったから世界で受け入れられてきたところがあります。それに公金つぎ込んでも上手くいくとは思いませんよ。
 
 例えばホモ漫画やBLマンガ、フランス書院の官能小説なんぞの売り込みに公金を使えますか、ということもあります。

 そもそもクールジャパンなんて恥ずかしい言葉を自称する人達が、先端の商業文化の目利きなんぞできるんですかね?

 どうせカネを使うならば、小さい企業の自助努力を助ける目的で使うべきです。例えば関連中小企業の見本市出展の補助や、何かトラブルが起こった場合に備えて在外公館に法的なアドバイスを与える部署をつくるとか、訴訟の費用を一部負担するとか。
 ジェトロにそれをやらせてもいいでしょう。ところがこういうところに予算はつきません。
 
 ジェトロは航空関連の見本市にパビリオンを出したりしてますが、これはすべて単発です。一回出して上手くいかなかったら次は無いよ、とうわけです。ですが見本市なんぞいうものは継続して出さないと成果は上がらないし、データも取れない。
 ところがジェトロの偉い人達はそんなことが分かっていないわけです。
 見本市の出展補助や、パビリオンの出展は継続してこそナンボです。

 その他現代の日本文化や社会を紹介する講座を各国の大学に作るとか、研究者の研修の招聘などもいいでしょう。未だに多くの日本関連の講座は伝統文化重視ですから、現代の日本の研究は極めて層が薄いのが実態です。

 それからアラブ・イスラム諸国への文化輸出を戦略的に行うべきです。そもそもこれらの地域では宗教的な規制が大きい上に、海賊版が横行していますが若年層が多く、人口も多いので将来は有望です。

 ですから政府の負担でTV番組やアニメ、マンガなどを翻訳し、無料あるいは低料金で提供する。その際には宗教的な地雷を踏まないように専門家を配して配慮をする。
 その場合、まずは世俗主義であり、EUと同じビジネスマナーが通用するトルコから始めるべきでしょう。


 またクールジャパンではなく、別な部門で「文化活動」にカネを使うべきです。

 それは中韓などの反日プロパガンダに対するカウンターの宣伝です。中韓の主張に反論する日本の主張は殆ど外国語になっておりません。国内で日本語で反論しても無意味です
 海外にでるとそのことを痛感させられることは少なくありません。
 ですから、そのような書籍や論文、ネット情報の発信などに国費を使うべきです。

 さらに言えば従軍慰安婦などの問題ではベトナム戦争で韓国軍の強姦や虐殺などの被害者の活動に資金協力をするなども必要でしょう。
 これらは領収書の要らないカネが必要です。ですから内閣府の機密費などから出すべきです。こちらの方が公費でアニメやマンガを作るよりもよほどクールです。
 


NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html

月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月刊WEGDE4月号に以下の記事を寄稿しています

先細る防衛産業 中小こそ輸出のチャンス 国はバックアップを

WEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
※このコンテンツはカラーのページを含みます。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨します。


楽天市場 by WEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「クールジャパン」に1500億円は業界ゴロと役人の掴み金になるんじゃないか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる