清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 次期哨戒機P1に小野寺防衛相が試乗 大臣が官僚のご説明だけ聞いていて大丈夫かね?

<<   作成日時 : 2014/04/25 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 14

小野寺氏は試乗後、記者団に「能力の高さに驚いた。飛行、哨戒、攻撃の能力が素晴らしい。世界トップクラスで、日本の高い技術力が十分に発揮されたものだ」と絶賛した。

次期哨戒機P1に小野寺防衛相が試乗「日本の技術力発揮」
http://news.livedoor.com/article/detail/8767564/


 例によって官僚の「ご説明」そのままのご発言です。
 立場的にそういうしか無いのかもしれませんが。議員、特に閣僚が官僚の「ご説明」だけを信じて判断を行うのは極めて危険です。

 せめて、「P−1はP−3Cと較べて維持費が高いらしいが、稼働率はどうか。現状P-3Cの稼働率はどうか?パーツや予算が足らず、共食い整備をするほどで、稼働率が落ちていると聞いているが、より高い維持費のP−1の稼働率は担保できるのか」
 とか、内局や海幕に聞けないものでしょうか。

 P-1は厚木では飛ぶ度にパーツが欠落して怖いと現場から聞いております。また未だに不具合がならないとも聞いております。
 さらに言えばNECが担当したソノブイのデータ処理システムが上手くいかず、カナダ製を沖電気がライセンスしたものを導入することになったのですが、これだけ搭載すればOKだったのにパッシブ用とアクティブ用を分けるとして、NEC製の製品も登載しているという話もあります。
これも価格高騰の一因であると思われます。

 またリムパックでは国産のソノブイが使用されず、米国製を使用していますが、大臣はご存知ないでしょう。これは性能が劣っており、コストも高いためです。そのようなレベルの国内企業にまともな対潜システムが開発できたのか、疑問を呈するのが普通の感覚でしょう。


 ですが、こういう話は大臣の耳に入らないようです。

海自いじめ訴訟、賠償7300万円に増額判決
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140423-OYT1T50102.html?from=ytop_top

 こんなことが起こる原因のひとつは、艦艇の乗組員が足らないからです。人で不足で、人間のクズのような隊員でも首にできない。そしていじめが繰り返される。上官も見てみぬフリです。
 こんなことで有事にチームワークを発揮できるのでしょうか。
 かつての帝国海軍での軍艦の沈没や火災事件は、一部陰湿ないじめが原因であると言われています。いじめられた人間が死なばもろともで爆破を行ったと
 海上自衛隊でもいじめを苦にした隊員が精神的にイージス艦の弾薬庫に火を付けて、轟沈なんてこともありえるのではないでしょうか。
 
 ところが、大臣は艦艇の乗組員の充足率をご存知でしょうか。
 海自の潜水艦の数は増え、護衛艦の数も増えます。ところがぼくの知る限り具体的な措置は取られていないように思います。

 今更ですが、P-1なんぞという必要性が極めて薄い機体を開発し、多額のカネを掛けて調達、維持するのであばれ、そのカネを人件費に回すべきでした。

 海幕の「P-3Cは寿命です」といのはインチキです。
 主翼を換装すれば寿命は新造機並になります。あとはエンジンなり、対潜システムなど哨戒機のキモであるシステムを載せ替えればいいわけです。 
 多くの国々でP-3Cを延命化して使用しています。別に米海軍に張り合って新型哨戒機を持つことが「一流海軍」の証しではないでしょう。

 観艦式には問題がないでしょうけども、艦艇の乗員が少なければ戦時に戦えません。現状海自は戦時を意識していないように思えます。

 いまからでも勇気を持ってP-1の調達は白紙に戻すべきです。それができないのであば、本来二機種併用は望ましくないのですが、政治的に必要ならばP-1調達は少数に止め、延命化したP-3Cと併用にして運用コストを抑えるべきです。
 少なくともP-1の固定費用がどの程度であるのか、それが海自全体のオペレーションにどの程度の影響を与えるのかは精査すべきです。
 
 防衛庁時代と違い、大臣は一人ではなく副大臣や政務官などもおり、以前よりも官僚組織に対抗できるはずです。その気位はないのでしょうか。官僚に丸投げは文民統制ではありません。新しい玩具がどうしても欲しいのだというのであれば、大臣以下の政治家が頑張って防衛予算を増やすのが筋です。


 政治家は装備調達や人事にもっと関心を持つべきで、「良きに計らえ」で済ませるべきではありません。



NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html




月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
木を見て森を見ないP-1調達 予算の上限を考えずに装備調達を議論する不毛
前回以下の様な話を書きました。   次期哨戒機P1に小野寺防衛相が試乗 大臣が官僚のご説明だけ聞いていて大丈夫かね? http://kiyotani.at.webry.info/201404/article_17.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/04/27 18:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
この人は、軍事問題に明るいわけでもなく、尖閣がこんな状態の時に荷が重いのでは?と起用に疑問を感じました。
マリンロイヤル
2014/04/25 17:03
清谷様

私は部外者ですから、内部の情報は入手できませんが

>P-1は厚木では飛ぶ度にパーツが欠落して怖い

これが事実だったら、共産党当たりが黙っていないでしょう。大変なことですね。
ブリンデン
2014/04/25 17:08
キヨタニさん。防衛大臣の補佐官してもらえませんか。お友達の石破さんにお願いして。
イライラする。
2014/04/25 19:03
北朝鮮軍の総参謀長が、核戦争の危機が迫っている、と発言していたのを聞いて、これがポジショントークというものかと思いました。
まあ、あの国の人々は全員、金正恩に洗脳されているところが他の国とは違うのでしょうけれど。
ひゃっはー
2014/04/25 20:41
P-3Cで駄目な理由は政策評価書の事前の事業評価でちゃんと言及されています。その内容に不満があるならそこに言及すべきで、頭ごなしにP-3Cでいいと言うのは結論ありきの話にしか見えません。そもそも老朽化したP-3Cのリフレッシュにどれだけお金がかかると思ってるらっしゃるんですか?気安く主翼の交換なんておっしゃいますが、安いわけが無いでしょう。
ムラムラする。
2014/04/25 20:41
政策評価があてにならないのですよ。
その政策評価で大絶賛のFFRSが震災で一度も飛ばなったのはなぜでしょうか。
所詮官僚作文は自己正当化ですからね。
新兵器が一番お得なら世界中で近代化市場なんて存在していませんよ。

まあ、お上が絶対正しいのであれば調査報道なんぞみない方が精神衛生上いいですよ。


キヨタニ
2014/04/25 23:30
無人機もいいけれど、まず有人機でキチンと偵察飛行でもしたらどうなのか。
マリンロイヤル
2014/04/26 05:11
この先も防衛予算が劇的に増える可能性は、限り無くゼロに近いわけですが、そうした現状で、頭数を減らすわけでもなし、逆に大幅に増員するわけでもなし、「なーんにも考えていません」、としか思えません。単に粛々と防衛省に出勤して5時に退庁するだけなら誰でも出来ます。
大石さんの方へもコメントさせていただきましたが、いっそのこと、P-3も現行の半分、約40機くらいに実戦部隊に残し(那覇と鹿屋にそれぞれ約20機ずつ。厚木と八戸へ約10機ずつ配備)、残り半分の機体はOP-3やUP-3D訓練支援機その他に改造し、電子戦や画像偵察能力を強化したり、予備としてモスボールすべきと考えます。更に10機前後を乗員や整備員とパッケージにして海保にリースするなり、使い道は幾らでも思い付けるのですが。そうして浮いた予算で一線に配備されている全ての機体を近代化改修できそうなものですが、如何でしょうか。
KU
2014/04/26 17:47
お邪魔します。

 役人にすれば「すぐいなくなる人間の言う事など聞けない」のではないかと思われます。微妙なバランスで成り立っている仲間内の人間関係が崩れると(連中にとっては)大変ですし、第一問題が顕在化した時にはそいつはその地位にいないでしょうから。政治家にしても結果を出すには地方自治体の首長のように少なくとも4年はかかるでしょうから、そんなにいられないのなら「結果を出す」よりも「ババを引かない」になるのだと思います。

>政治家は装備調達や人事にもっと関心を持つべきで、「良きに計らえ」で済ませるべきではありません。

 「穢れ仕事は役人どもにやらせておけば良い」といった認識なのではないでしょうか。役人もそういった認識で見られている事が分かっているので、「まとも」にやらず、本当の事を教えないのではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2014/04/26 21:36
主翼交換の方がエンジンと機体まで開発するP-1よりはるかに安いことは確実だわな。

でもまあ政策評価の正しさを検証するのは一般人ではかなり難しいよね。
trident
2014/04/27 03:56
政策評価に過去、携わっていた者です。あれは、事業の正当性を示すための、机上の単なる作文です。現物は見たこともありません。信ずるに値するものではありません。
色糸
2014/04/28 08:20
根本的な性能向上を怠ってきたがため、今日P-3の性能向上を行うにも単純にサブシステムを置き換えることが出来ない状況を創造したわけです。ブラウン管の表示装置使っているのは日本とイランくらいでは?納税者への罪滅ぼしのためにも大臣共々KHIは諸外国にP-1を売り込まないと…P-8よりは安いはずですよ。
ちきてり
2014/04/29 02:17
海自は慢性的な人員不足で有事の際の作戦遂行能力に問題があるにも拘らず、
国会議員の中で人員不足問題に真剣に取り組んだり、
財務省に掛け合って海自の定員増加を要請しようとされている議員が居ないのは大きな問題です。

中途半端な防衛予算と防衛体制では、最初から無いのと大差ありません。
装甲巡洋艦
2014/05/02 23:19
>その政策評価で大絶賛のFFRSが震災で一度も飛ばなったのはなぜでしょうか

前線上空飛ぶわけじゃないから有人機使っただけではないのですかね・・・
kk
2015/06/13 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
次期哨戒機P1に小野寺防衛相が試乗 大臣が官僚のご説明だけ聞いていて大丈夫かね? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる