清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦闘車の派生型

<<   作成日時 : 2014/03/31 11:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 9

 
 陸幕では機動戦闘車をベースに派生型を検討しているようです。

 ひとつは30ミリクラスの機関砲を搭載した歩兵戦闘車です。
 もう一つは120ミリ迫撃砲を搭載した自走迫撃砲です。自走迫撃砲はタレス社傘下のTDA社の車載型120ミリ迫撃砲、2R2Mが想定されているようです。
 2R2Mは陸自が運用している120ミリ迫撃砲RTの派生型で部品の共通性も高いことが評価されているようです。また近年の自走迫撃砲は、後装式で滑腔砲が多いのですが、2R2Mは砲口から装填する方式で、120RTと同じライフル式なので弾薬などの共用性も確保できるというメリットがあります。
 
 耐地雷性能が極めて弱いであろうし、車内容積も少ない、しかも横幅が3メートルもある機動戦闘車をファミリー化することはコストが掛かるだけではなく運用上も問題ではないでしょうか。

しかも陸自はこれとは別に96式装甲車の後継の8輪装甲車も開発する予定です。これとの整合性もあります。機動戦闘車よりも汎用性の高い8輪装甲車のAPC型、あるいはICV型にファミリー化を統一すべきです。

それから120ミリ迫撃砲は特科に移すべきです。陸自の現在の兵站では普通科が120迫を運用するのは無理があります。今後は精密誘導弾の導入もあるでしょうから、予算が更に圧迫されます。特化に移して数を減らし、その分自走化、ネットワーク化する。世界的にみれば120迫を砲兵が運用することは珍しくありません。
また普通科は浮いたカネで81ミリ迫撃砲の自走化や装甲化、ネットワーク化を行うべきです。今や途上国ですら迫撃砲をネットワーク化する時代なのに陸自では未だに紙の地図と音声無線で指揮通信を行っています。
朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html

月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月刊WEGDE4月号に以下の記事を寄稿しています

先細る防衛産業 中小こそ輸出のチャンス 国はバックアップを

WEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
※このコンテンツはカラーのページを含みます。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨します。


楽天市場 by WEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
96式後継の8輪装甲車が開発中だというのに、機動戦闘車の車体でファミリー化なんて、無駄もいいとこですね。

機動戦闘車の場合、主砲の反動を吸収するためのサスペンションが必要で、結果として耐地雷性能を犠牲にしたシャーシなり車体構造になったんじゃないかと思っていましたが、105oを積まないんであれば、きちんと耐地雷性能を加味すれであろう新8輪装甲車をベースにすべきでしょう。将来的にPKOなどで海外で運用する意思があるなら、耐地雷性能はマストだと考えます。

それとも、何らかの理由で新8輪装甲車の開発が頓挫して、その結果こちらのシャーシを採用しようという話なんでしょうか?
PAN
2014/03/31 14:07
>自走迫撃砲
現行と同様、後装式の重迫を採用するということは、砲搭式ではなく現行の96式やストライカーMCVなどと同じく、射撃時に兵員室のハッチを開く形式になる、と考えてよろしいでしょうか。
それなら何も、機動戦闘車が完成した今ごろになって考えるのではなく、96式WAPCを実用化した時点で考えるべきですよね。
他の装備品にも言えますが、自衛隊の装備開発は常に他国より一周遅れな感じが・・・。開発している御本人たちは、それで満足なのでしょうけど・・・大手マスコミも、もっと大々的に報道して欲しいですよ。何せ税金が絡んでいる話なんだし(でも同じ税金の使い道でも、年金など社会保障の話となると途端に目の色を変えて追及するのに、こと防衛関係(それも自衛官や防衛官僚の不祥事以外の事柄)だとガン無視するくらいだから、あまり当てにならないか)。
KU
2014/03/31 18:39
お疲れ様です。
なんか「いろいろな都合」によって、その中で開発しやすいものをやる、って感じですか?
しかも目的は予算確保のみで結果はどーでもいいことなので、劣化コピー程度のものになりやすい、とかっすか?
軍備についてど素人なので申し訳ないのですが、どーも我国官僚らの決定方法がそんな感じに思えて。
もしそうなら、「どうしてそういう結果になったのか?の真実」を知ってみたいものですw
unimsro
2014/03/31 19:07
訂正
×後装式の
○後装式でない
KU
2014/03/31 20:06
>2R2M
検索したところ、VABやAIFVなどに搭載されている画像が出てきましたが、けっこう大型の砲ですね。それと横に操作コンソールが写っている画像もありましたが、この砲は自動装填装置を採用しているのですか?
KU
2014/03/31 20:25
機動戦闘車のファミリー化と8輪装甲車の開発を平行してやる目的は、三菱とコマツに仕事を与えて天下り先を確保することにあるのでしょう。
清谷様のおかげで段々分かってきました。
ひゃっはー
2014/04/01 08:41
自走迫撃砲は当然ルーフのハッチを開けて撃つタイプになります。
2R2Mは砲身に並行した二本のバーで、砲弾を吊って、砲口から装填するというシステムです。
キヨタニ
2014/04/01 10:11
ひゃっはー さん
>>機動戦闘車のファミリー化と8輪装甲車の開発を>>平行してやる目的は、三菱とコマツに仕事を与え>>て天下り先を確保する

清々しいまでの様式美ですね(笑)
マリンロイヤル
2014/04/01 21:22
マリンロイヤル様へ
清谷氏が「陸自は軍事的整合性よりも組織防衛と天下り先の確保を優先してきた」と言ってたじゃないですか。だからパターンが読めてしまったんですよ。つまり、今の陸自には上杉鷹山や田沼意次のような改革者はおらん、ということですわ。だったら、これまた清谷氏が言っていたことですが、将官をイスラエルあたりから招へいするのがいいのでしょう。現に日産はそれで復活を果たしたではありませんか。
ひゃっはー
2014/04/01 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
機動戦闘車の派生型 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる