清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS マンホールに落ちる「韓国」戦闘機、飛べない警戒機…を、笑えるのか? 人のふり見て我がふりを・・・

<<   作成日時 : 2014/02/11 16:26   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 37

防空識別圏を監視する早期警戒機は4機を導入したばかりだが、整備不良で1機しか飛べない状態。スクランブル(緊急発進)する戦闘機も1機がマンホールに落ち込み大破するという“伝説的な事故”を起こしたばかりか、ミサイル誘導用の電波が民間の携帯電話の周波数と一致するトンデモぶり。もはや軍は「外華内貧」の実態を隠し通せない事態に直面している。
産経新聞の岡田敏彦記者の記事です。

マンホールに落ちる「韓国」戦闘機、飛べない警戒機…それで防空識別圏拡大とは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140210/mcb1402101123011-n1.htm

 こういう如何に韓国がダメか、という記事を書くこと自体には、それが事実であれば反対しません。むしろ隣国としてはよく知っておくべきことであります。
 ですが、産経側には「韓国軍はダメダメだけど、自衛隊はつおぃよねえ、読者の皆さん」的な匂いを感じます。産経は韓国軍のダメぶりは報道しますが、自衛隊のダメぶりはあまり報道しません。

 つまり、意図的な「愛国者心」をくすぐるような読者に媚びるような記事のような気がします。少なくともこのような記事ばかりを選んで読む人はそのような考えに染まるでしょう。

 今週の「週刊東洋経済」から始まった「日本人の価値観」という、明治大学の鈴木堅志教授の連載がはじまりました。その一回目が「日本で愛国者が増加 これは危険な徴候なにか」というタイトルです。その中で紹介されているのですが、
「社会心理学では、愛国心を『盲目的ナショナリズム』と『建設的なパトリオティズム』のふたつにわけるべき、という考え方がある。前者が、自国はとにかく他国より優れているのだという信念に基づく感情であるのに対して、後者は、自国の自分の持っている基準に照らしあわせて優れているので好きであるという、評価に基づく感情だ」
と、あります。

週刊 東洋経済 2014年 2/15号 [雑誌]
東洋経済新報社
2014-02-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 東洋経済 2014年 2/15号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





 産経新聞の記事の有り様は、前者意識を強く持った人達に向けて発信しているように思えます。韓国軍はダメで、自衛隊は優秀である読んだ読者そのような優越感を持て、カタルシスを得られるのでしょう。
 確かに韓国軍のダメぶりはありますが、別にこの記事で両論併記をする必要はないのですが、では自衛隊もどうなの?という視点は産経新聞の報道には欠けているように思えます。
 記事内では韓国軍の早期警戒機が部品が足りずに、共食い整備をしていると報じられていますが、海自のP-3Cもカネがないので共食い整備をしています。

 空自のE-2Cもメンテナンスが遅れて、稼働率が落ちています。その上、整備工場のハンガーに入りきれずに野ざらしになっている機体もあります。
 
 また同じく海自の掃海ヘリ、MCH-101の稼働率は3割強に過ぎません。

 陸自では無線機は定数の数割しかなく、古い世代の無線機も多く、その上周波数帯の問題もあり混信が多い。これに関しては、ぼくはかなり昔から報じていましたが、先の大震災で大問題となりました。同様に偵察バイクで動くのは定数の3割程度に過ぎません。

 カネがないから、セーターのような途上国ですら支給している基本的な被服を支給しておりません。

 先の大震災では陸自自慢のヘリ型UAV二種類が一度たりとも飛びませんでした。 NBCスーツもほとんどなく、米国やフランスから融通してもらいました。遺体袋も同様です。

 機関銃は40年にわたってメーカーが不具合をごまかしており、現場では問題視されていましたが、それがバレたのはつい最近です。陸自上層部は事実関係を知っていて放置してきた可能性が非常に強いと思われます。

 無線の周波数帯の問題は深刻で、これを放置したままいくら新型無線機を導入しようと「繋がりにくい」という根本的な問題の解決にはなりません。それはネットワーク化の大きな問題点となるでしょう。ですが震災後も周波数帯見直しは行われておりません。


 過去産経新聞はこのような自衛隊の問題点を積極的に報じて来たようには思えません。
 産経新聞の読者は実際に戦争が始まったらこんなはずじゃなかった、と臍を噛むんじゃないでしょうか。
 
 報道機関の役目は「やっすい愛国心」をくすぐって読者をおだてることではなく、自国に対する不利なことも報道し、その改善を促すことじゃないでしょうかね。
 
 我が国の安全保障や自衛隊の問題点はひたすら伏せて「ウリナラマンセー」的な報道を繰り返せば、読者はその事実を知らず、自衛隊の弱点を放置することになり、それは自衛隊の弱体化を招いていることになります。
 それが「愛国的」な報道のあり方なのでしょうか。

 あたしゃ、人の振り見て我が振り直せと思ってしまいますけどね。


 以前このブログで「日本大好き、愛国書籍ばかりを読む危うさ」
 という記事を書き、これはブロゴズにも転載されたのですが、残念なコメントが少なからずありました。
 http://blogos.com/article/79484/forum/

 
 ぼくは「愛国的」あるいは「日本大好き的」なはダメだ、と言っいるわけではないのに、そのような本をすべて読むな、とか全体的に非難しているかのように誤解、あるいは曲解したものが多くありました。
 
 例えるならば、ぼくの主張はすき焼きで肉ばかり食べないで、野菜や白滝や豆腐も食べようよ。と言っているのですが、「キヨタニはすき焼きを喰うなと言いがった!」と激昂しているようなものです。

 ぼくは拙著「ル・オタク」もでもフランス社会の日本に対する偏見に関しても多くのページを裂いて反論もしています。ですが、日本万歳にならないようにバランスには気をつけて書きました(それでもこの人は右翼?と著名な翻訳家に言われたりしたようですが)。
ですが最近の「愛国的」な本のなかには、単に愛国心を煽るようなもののが少なくないように思えます。

 最近の「愛国的」な本は売らんがための粗悪なものも少なくありません。そのような本ばかり読んでいると思想や思考、知識が偏るのは当然です。

 防衛省や自衛隊のいうことを裏も取らない「愛国的」な本を書いたほうが間違いないく、売れます。少なくとも問題点を指摘するような本よりは売れます。
 この手の本や企画は防衛省や自衛隊が積極的に取材に協力してくれたり、様々な便宜も計ってもらえます。ですから取材費もかかりません。また防衛省や自衛隊で買い取ってくれることもあるでしょう。
 そのような「愛国的な本」にはそのような打算で書かれているものもあります。

 「愛国的」なものばかり読むと、日本はいい国で悪いところはないのだという、粗野な考え方に陥り易いものです。で、その手の人達は、それに意義を唱える人間を「非国民」扱いして弾劾します。これは過激な新興宗教と同じです。つまりカルトです。
 
 行き着く果てが、自分は愛国者だから何をやってもいいのだ、全ては正当化されると思い込んで狼藉を働いたりします。「愛国無罪」を叫んで日本の店舗を襲った中国人やら、ホモをリンチで吊るしたりする米国南部の田舎白人とか、他所の娘さんを押さえつけて晴れ着の袖を切った国防婦人会のおばさんのようなことしたりするようになります。
 ですが、それが本当の愛国心、愛国者でしょうかね。
 愛は盲目的な愛国心でいいんでしょうかね?

 「愛国者」の間でも内ゲバもあったりします。「新しい教科書を作る会」の内紛なんぞその好例でしょう。互いに罵り合って、昔の左翼の内ゲバみたいでみっともない。お互いに自分こそは正義であり、相手は悪だというわけです。
 こういうのも「愛国心の発露」なんでしょうかね。

 国にしても、組織にしても人間にしても、すべて完全というものは存在しません。疑うことは情報リテラシーの基礎の基礎です。それを否定するのは常識ある人間のすることではありません。

 因みに、先の東洋経済の記事に「自国が間違っていても支持するという人の割合」という国際世論調査を元にした表が載っております。日本は33カ国中22位で、まだ日本人の「愛国心」は安心のような気がします。因みに韓国は6位です。
 

 月刊SAPIO3月号に本ブログで告発したNHK記者のことを寄稿しております。

 
SAPIO (サピオ) 2014年 03月号 [雑誌]
小学館
2014-02-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SAPIO (サピオ) 2014年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「防衛大臣記者会見で私に『質問するな』といった”特権階級”NHK記者の取材妨害を告発する! といタイトルです。

SAPIOでは政治部のS記者と匿名になっておりますが、当然我らの鈴木徹也(てつなり)記者のことです。Iデスクとは、これまた伊藤雅之氏のことです。

SAPIOにNHKは「清谷氏には誠意をもって対応しました。理解を得られず残念です」とコメントしています。
 
 人が会わないというのに何度も押しかけてきたり、自分は悪くない、誤解を与えたのだったら謝るとか、そういうのを「誠意」というのでしょうかね?
 これは会社対会社の問題だから、広報を通して組織としてのNHKの見解を聞きたい、と要求しても「視聴者相談係」に回されれ、広報を出さないようにすることが「誠意」なんでしょうかね。
 それにデスクの伊藤雅之氏は「後で連絡します」といって、3ヶ月以上も梨のつぶて、ってのが誠意なのでしょうか。
 伊藤さん、そういうのはNHKではどういうのか知りませんが、世間一般では嘘つき、卑怯者といいます。


画像

キヨタニにオマエは誰だと質されて、脱兎のごとく逃げ出した鈴木徹也(てつなり)NHK防衛省政治部キャップ

関連記事
【NHK記者の暴言発言】NHKは「人民解放軍」なのか
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_12.html
NHK政治部記者の暴言 不誠実な「皆様のNHK」の態度
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_10.html
防衛省記者会見後に罵倒し、圧力を掛けた記者の正体。皆様の大NHKは過ちを犯さず
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_5.html
防衛省記者クラブの匿名で罵声を浴びせる残念な記者(画像あり) 
http://kiyotani.at.webry.info/201310/article_7.html
『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在@
http://japan-indepth.jp/?p=1131
『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在A
http://japan-indepth.jp/?p=1135




新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております

C-2輸送機の開発遅延は人災@〜震災の補正予算で発注された輸送機の調達単価200億円は当初計画100億円の2倍!杜撰な計画で最大積載量も低下
http://japan-indepth.jp/?p=3246
C-2輸送機の開発遅延は人災A〜調達コストが高く・性能も中途半端・外国に売れる見込みの無い機体を「国産機だから」と調達すべきではない
http://japan-indepth.jp/?p=3248

まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではない@
http://japan-indepth.jp/?p=2962
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではないA
http://japan-indepth.jp/?p=2967
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘@
http://japan-indepth.jp/?p=2899
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘A
http://japan-indepth.jp/?p=2902

陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか@
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかA
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかB
http://japan-indepth.jp/?p=2234

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
国産機銃は廃止すべきだ(上)――製品不良で多くの自衛隊員が死傷する
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700004.html
国産機銃は廃止すべきだ(下)――小火器メーカーの再編を
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700005.html?iref=webronza

オスプレイはいっそのこと、政府専用機に
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011600005.html
陸自向けのオスプレイ導入は「裏口入学」だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011500004.html
陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?
アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(下)――高いコスト
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110700008.html



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争全17巻です
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷さんが仰るとおり、新しい教科書をつくる会の内ゲバは本当に吐き気をもよおすほど醜かったです。特に小林よしのり氏が西尾幹二氏や藤岡信勝氏を「アメポチ」だの「腰抜け保守」だのと罵倒したのが本当に嫌です。西尾氏や藤岡氏にはアメポチと言われても仕方がないところは多分にあろうかと思います。でもアンタだって大人なんだからそんな下品な罵倒言語浴びせかけんでもいいだろ三歳のガキじゃあるまいし、というのが率直な感想です。小林氏は西部氏と「アホバカ病気の親米保守」なんて題名の本まで出していますが、題名からしてもう吐き気をもよおしますね。
きるすてん
2014/02/11 16:54
きるすてんさん
その件でいちばん悪いのは、谷沢永一と渡部昇一ですよ。
マリンロイヤル
2014/02/11 20:18
お疲れ様です。
ぶろぐれすの記事見に行きました。米欄全部ざっと目を通しましたが、、、
どっち側でも似たレベル、ですねぇ、、
外地の子供達の方が、余程論理的で理性的な者が多い様子です。
unimaro
2014/02/11 21:21
「敵を知り我を知る」ことは、簡単なようで難しいものですね。程度の低い愛国者とは、その片方だけしか出来ない人なんでしょうね。きっと。かく言う私もその両方が出来るような、真の愛国者になれるように頑張ってみたいと思います。
ひゃっはー
2014/02/11 23:39
>同様に偵察バイクで動くのは定数の3割程度に過ぎません。
 この記述のせいでそれ以外の類例の信頼性まで一気に失われてしまっています。偵察バイクは基本民製品と変わりませんし、整備も部品調達も難しくありません。仮にご指摘の数字が正しかったとしても、それは意図した結果であって(必要なのに使えないという)望まない結果ではありえません。
 産経にも問題点は多々ありますが、それを批判する記事でこれでは逆効果です。セーターの件といい、不正確な記事を繰り返すのはやめましょう。着眼点は悪くないのに、その先の調査・確認・考証がお粗末では記事全体の説得力を欠いてしまいます。
万世橋
2014/02/12 04:53
ご指摘の件、自衛隊は色々耳が痛いでしょう。
これからも、どんどん指摘して叩き上げてください。
ただ自分としては、自衛隊は韓国より大変優秀な部分が多いのも事実だと思っています。
国の民度も含めてですが。


軍事オタク
2014/02/12 09:57
万世橋様へ
それは明確な誤りです。
偵察用バイクは情報収集に使用されるため、何かがあった時には真っ先に現場に行かなくてはなりません。ゆえに、何かが起こった後で修理などしている暇はありません。
ひゃっはー
2014/02/12 12:19
>ひゃっはーさん
横からですが、バイクが定数の3割しか動かないという状態は基本有り得ません。
もしあるとしたら、任務で酷使してる最中やごく少数しか保有していない部隊(三台中一台しか動かない)で、長期整備等が重なった場合くらいでしょう。
キヨタニ先生が取材された時に偶然そのような状況だったかも知れず、
双方にとって不幸にも嘘・間違いではないが正確ではない取材結果となってしまったのではないでしょうか。
ゆう
2014/02/12 16:15
人的要素による稼働率低下要因に思い当たったので追加
単純な話ですがバイクの方が万全でも操縦手が足らなければ動かせません。
自衛隊の車両は動かすのに自衛隊内の資格が必要なので、その有資格者が足りなかったとも考えられます。
(バイクは確か大体の曹士が持っている装輪MOSじゃなかったような…←不確かです)
その要因としては入校や人事異動等がありますが、震災等の災害派遣ではバイクによる偵察よりも捜索に注力するために捜索隊の班長として有資格者(大抵陸曹です)を使ってしまっていたという状況も起こりえます。
ゆう
2014/02/12 16:28
>バイクが定数の3割しか動かない

現場部隊の取材ではなく、陸幕の資料からの
数字です。
キヨタニ
2014/02/12 16:29
>キヨタニ先生
>>バイクが定数の3割しか動かない

>現場部隊の取材ではなく、陸幕の資料からの
>数字です。

えー?という感じです。
実際に動くものを陸幕はなにを考えて動かないとしてるんでしょうね…
それも予算取りのためなんでしょうか…
ゆう
2014/02/12 16:50
そんなに難しいですが、3割の稼働率で。確かに金さえ有ればこのザマに成らんでしょうが、長期的に整備予算が出ない場合はどうでしょう?
香港からの客人
2014/02/12 20:20
偵察バイクの稼働率についてはキヨタニはアホかと2011年時点で現場の人から大笑いされた話
嘘を見抜く力がいると以前に書きながら自衛隊に都合の悪い話なら鵜呑みではね?
p
2014/02/12 20:52
>バイクが定数の3割しか動かない
>セーターの件

少なくとも自分のいた連隊と現在の部隊ではそんなこと無かったですし、これからも考えられません。
コメント欄でもおっしゃられている方がいますけど本当に確かな情報に基づいた事実何ですか?
不正確な情報はそれだけで記事自体の説得力を損ねますよ。
キヨタニさん自身がちょっと意固地になりすぎて、批判の為の批判になっているように感じます。
現役の身としてちょっとカチンときたので、キヨタニさんが正しかったならばすみません。
現役から
2014/02/12 21:46
整備費用も出ないのが現状なんですね。バイクは整備費かかりますから酷使される偵察任務だとなおさらですね。
職場の前を偵察バイクが通らなくなって久しいですから記事に納得です。
カド
2014/02/12 22:18
 「バイクの稼働率は3割」という、自衛隊にとって不名誉なことを陸幕が認めた、ということはこれは真実と考えていいでしょう。
 このように、清谷氏が持っている物的証拠と状況証拠がそろった以上、「バイクの稼働率は3割」ということは素直に事実と認めるべきではありませんか。
ひゃっはー
2014/02/13 07:32
>ひゃっはーさん
キヨタニ先生が常々仰られているように、大本営発表を鵜呑みにしてはいけないということでしょう
これほど現実と乖離していることを挙げてくるということはなんらかの裏があるのでは?
ゆう
2014/02/13 11:18
陸幕の資料と言ってるのはキヨタニ氏自身で出典もなし
大体、出典も不明確な証拠を元に主張が行われるのはジャーナリストが印象操作を行おうとするときです
大体にしてキヨタニ氏が偵察バイクの稼働率3割と述べられたのは2011年4月頃、3年も前の話になります
その後の進展状況も語られないまま3年前の資料を元に今現在もそうであるかのように証拠とするのはジャーナリスト失格ではないでしょうか?
p
2014/02/13 15:36
>陸幕の資料
結論をいえば信じたいものを信じれば宜しいのではないでしょうか。
調査報道を否定なさるのであれば公開情報(往々にして役所が情報を都合よく加工してありますが)だだけを論じれば宜しい。
ソースを開かせないことが多いのはこの業界では
よくあります。それを信じる信じないは読者の勝手です。
それほどなんでも明らかにしろと仰るのであれば、ご自身が匿名を使うべきではないでしょう。それは二重基準です。
是非ご自身のお名前やらお立場を明らかにしてコメントしてください。

資料がすべてPDFで上がっているで思っておられるのでしょうか。
非扱いでもない、内部メモすら公開しない組織ですよ。
キヨタニ
2014/02/13 20:11
 これは清谷氏を叩き潰す絶好のチャンスですね。
 まず、NHKの鈴木徹也氏に依頼して、その肩書を使って陸幕の広報にバイクの稼働率を公表してもらう。そして、その数字を使って清谷氏に対するバッシングを新聞・雑誌・ネット上でNHKの伊藤雅之氏と協力して行えば、清谷氏など言論界から簡単に抹殺することができます。
ひゃっはー
2014/02/13 21:05
いーえ、とんでも御座いませんよ
全てを疑ってかかれと思っているだけですので公表資料を信じるわけでも、明らかにできない資料を信用しろと言われてもできない、というだけです
ジャーナリストの言説も疑ってかかるのは当然のことでしょ、自分の言説だけは信じろと言うのも傲慢だと思いますよ

2014/02/13 21:28
お邪魔します。
 韓国(軍)は(当面の間は)「戦う相手」でもなく、「一緒に戦う仲間」でもないと思いますので、日本(自衛隊)にとって韓国(軍)の実態は「他山の石」であり、そうすべきだと思います。韓国(軍)と一緒に戦うのは米軍ですから、必要とあれば米軍が韓国(軍)に改善要求を出すでしょう。米軍は自衛隊に改善要求を出すか(出しているか)否かに注目したいです。

 韓国に関して言えば戦闘機や哨戒機の現状なんかよりも

・どの程度親北朝鮮勢力に侵食されているか?
 (在野ばかりか中枢にまで侵食が及んでいる?)

・朝鮮戦争が再開された際に、少なくない韓国人を日本に避難させる計画はあるのか?

だと思います。特に後者に関して言えば「現時点でも北朝鮮からのミサイルが届き、朝鮮総連という北朝鮮の”手先”がいる日本は避難に不適当。逃れるのならハワイ・グアムか米本土に行き、戦うのなら済州島とかに留まるべき」と断って欲しいと思います。
ブロガー(志望)
2014/02/13 22:59
他のことは知りませんが、セーターなんか現場の自衛官は求めてませんよ(笑)先生。

制定はされるけど支給はない簡易ジャンパーか、アンダーアーマーに代表される高機能スポーツインナーの方が需要が高いです。

だってセーター着ても、今時事務位しか使えない。自衛官は基本肉体労働って忘れてませんか?

カイエン
2014/02/13 23:01
ありていに申し上げますと、キヨタニ先生自身のおっしゃられているその陸幕が提示した資料に基づいたの調査とやらが余りに自分のいた連隊及び現在の空挺団の現状とかけ離れ過ぎてまして・・・

>バイクの稼働率は3割
少なくともうちの情報小隊の稼働率はそんなに低いものではないです。他大隊他連隊の情報小隊も寡聞にして聞いた事ありせん。先生が取材時にたまたまC整備等でバイクが運用出来る状態に無かっただけではないでしょうか?
>セーターが支給されてない
戦闘装着セットの内衣(外)(内)の事でしたら全隊員に間違いなく支給されているはずです。隊員がその時たまたま私物を着用しているのを見て勝手にセーターが支給されてないと思っておられませんか?もう一度ご確認下さい。
>無線機は定数の数割
これも陸幕の資料に基づいた資料ですか?
自分にはどうもその資料が間違っているとしか思えないのですが・・・
少なくとも、広多無は全中隊長小隊長に85式・01式の1号は全先任小隊陸曹FO・FDCに2号は全分隊長副分隊長にまで行き渡る数量を保有しているのですが、全隊員が保有しなければならないとお考えですか?
>周波数
こればかりははっきり申し上げますと自衛隊や防衛省の責任ではありません。総務省の責任です。周波数帯まで自衛隊の責任にされるのは勘弁して下さい。
現役から
2014/02/14 06:19
>陸幕が提示した資料
あくまで平均でしょうから、部隊によって異なることはあると思います。

>セーター着ても、今時事務位しか使えない。
はあ、そうですが英軍やら他国の軍隊ではそうではないようですけどもね。ぼくの知っている自衛官も
そんなことは言っておりませんが。

>P
と、匿名で言われてもねえ、というところだとおもいますが。
キヨタニ
2014/02/14 11:15
>カイエン
某巨大掲示板のアンチスレと主張とほぼ同じw
2ch?
2014/02/14 11:50
まさに信じたいモノを信じたら宜しいじゃないでしょうか。

セーターより多くの良いものを知る先進国の兵士がどのような被服を欲しがるか(アンダーアーマーはミリタリー用の製品もあり米軍でも自衛隊でも人気です)。陸自私物の信頼のブランド「戦人」でたくさんセーターでも扱ってるなら説得力が有るんですが…

外国軍がどうとか言うならフリース系統の被服をオーストリアやポーランド辺りで採用されています。
そっちの方が今時でしょうね。
カイエン
2014/02/14 16:44
何度も申し上げますが、本当にその陸幕が提示した資料とやらは陸自の最新の現状を踏まえた情報なのですか?
自分が入隊してもう10年以上経ちますが、陸自の運用思想及び装備体系や部隊編成はあのイラク派遣を境にガラリと変わったように感じられます。キヨタニ先生のおっしゃられているようにセーターすら支給されない車両は稼働率低い無線機は少ないとの状況はイラク派遣以前よりはるかに昔、まるでバブル期の自衛隊の話を聞いているみたいです。陸自にとってあのイラク派遣はそれまでの自衛隊の意識を変えるターニングポイントみたいでした。下っ端の自分ですらそう感じました。
もしかして、その陸幕の提示した資料は10年以上前の古いものではないですか?
どうかもう一度、陸自の最新の現状を把握していただき正確な記事を書いて下さい。お願いします。
これほど不正確な情報に基づいた資料で批判されますと、まるで今の日本政府が世界中から従軍慰安婦の件で不正確な情報や誤解で持って批判されている案件みたいです。
何でしたら、当駐屯地にお越し下さって下さい。記者クラブに篭もったり2次資料を元に記事を書いているよりよっぽど隊員の生の声を聞けて有意義だと思います。
現役から
2014/02/14 19:12
>現役からさん
>こればかりははっきり申し上げますと自衛隊や防衛省の責任ではありません。総務省の責任です。
いや、これはどう考えても防衛省の責任です。そうで無ければ内閣(首相)の責任です。総務省の責任などでは、まずあり得ません。
まず第一に、防衛省が大臣に対して、現在の周波数割当がどのくらい我が国の防衛の足枷になっているか、有事にはどういった問題を引き起こすか、わかり易く正確にまざまざとイメージできるように説明しなければなりません。それを怠るなら、100%防衛省が悪いです。
大臣が説明を受けても何も動かない、あるいは大臣が頑張っても内閣の方針に影響を与えないなら、首相のリーダーシップの問題で、内閣や与党が悪いということです。
内閣与党が動いても総務省が抵抗して駄目になるというなら、それはもはや旧軍並ですが、そんな国家のあり方自体が問題になるようなレベルの話でしょうか?
大臣や首相まで誰も情報をあげていないだけじゃ無いですかね?
X
2014/02/14 20:52
陸自の被服はちゃんと耐燃性があるんでしょうか。諸外国はフリースでもゴアでも耐燃性が必ず求められてます。UAが一時期(といってもかなり前ですが)米軍で使用禁止になったのは耐燃性が無かった為です。
ちきてり
2014/02/15 00:02
X様
憶測で発言してはダメではないでしょうか。

防衛省は皆さんがしる出来事で言うならば、阪神大震災の後にこの周波数の問題をかなり大々的に問題にしています。阪神大震災前は無関心だったわけではありませんが、内局が遠慮して問題指摘をほぼしてなかったのはあります。部隊側はかなり言ってましたが。
この問題は総務省側が動き出さないのです。
総務省側にも理由がありますし、災派の時など一時的、暫定的に、周波数を増波、割り当ててるから良いだろうって考えが根底にあるので、一向に解決しないんです。
ルーフィー
2014/02/16 18:29
>ルーフィーさん
今回に限らないのですが、正直、貴方のおっしゃる事は言葉足らずで、肝心の趣旨がよくわかりません。個々の情報は参考になるのですが。
説明が不足なら防衛省の責任、説明が十分なら政治家の責任というのは単純明快な原則にすぎないので、憶測とやらの入る余地はありません。
それとも総務省が旧軍並に政治家のいう事を無視して暴走していると言うのでしょうか?
あるいは単に防衛省は説明責任を果たしていると擁護したいのですか?それとも内局とやらのせいで政治家に十分アピール出来てないと言いたいのですか?
それとも、政治家の意思決定など不要で、総務省は防衛省の意見を重視し、官僚同士で勝手に調整して、国民共有財産たる電波の割当を決定すべきだという怖るべき主張でしょうか(まさかそんな事は無いと思いますが)?
X
2014/02/19 23:16
相変わらず「反キヨタニ派」は、お粗末な投稿が多いな。キヨタニさんの「バイクの稼働率3割説」を批判している人の出典・証拠は何なのかね。批判派には出展・証拠が無い。
通りすがり
2014/02/22 14:45
反キヨタニ派って何なんなのか分かりませんが私もちょっと苦言を。

>「韓国軍はダメダメだけど、自衛隊はつおぃよねえ、読者の皆さん」的な匂い
>「愛国者心」をくすぐるような読者に媚びる
>韓国軍はダメで、自衛隊は優秀である読んだ読者そのような優越感

産経の記事を見ましたが、自衛隊を賛美するような部分は見当たりません。というか、自衛隊って単語すら、米軍レーダーの「置き場所」という意味で二箇所出てくるだけです。これで自衛隊を優秀と褒める?「匂い」ってなんでしょう?どのように読んだらそう読めるのか皆目検討もつきません。

一つだけ思い当たる節があります。世の中には、朝鮮の良くない点を指摘すると途端に怒り出す人達がいます。外国人犯罪において、国籍は重要な報道内容の要素ですが、「韓国」「朝鮮」という場合には、何故か怒り始めるのです。先日、時事通信の田崎解説委員がそのような意味不明な発言をしました。或いは、何故か、「でも日本にも同じような悪い点がある」と朝鮮の悪い点を希薄化させようとするような言説をセットで出すべき、というような意見もあります。「韓国の悪い点は、そのまま指摘するのは良くない」という妙な感覚。そのような感覚を持ち合わせることがまるで「正しい」或いは「バランスがとれている」というように錯覚されている方もいます。

産経は別段、自衛隊について褒めても貶してもいません。妙な先入観をもっていなければ、誰が読んでもそう取れます。

「自衛隊の悪い点を指摘しなければいけない!」というキヨタニさんの使命感なのかどうかはわかりませんが、それを産経のあらゆる記事に求めることは到底理解不能です。
ぽー
2014/02/24 09:04
>社会心理学
そういう領分にお詳しいのでしょうか?まずは、自分の領分で説明なさればいいかと。

「匂い」などという意味不明な表現や「社会心理学」という専門外の言葉を持ち出さなくとも、キヨタニさんは防衛関係のジャーナリストであるわけですから、その分野で勝負すればいいではないですか。

バイクの稼働率の点につき疑義が出ておりますが、周波数の問題点は私は知らなかった点ですので、興味深いです。ご存知かも知れませんが、周波数の配分については総務省の力が物凄く強いです(http://kiyotani.at.webry.info/200710/article_7.html に書いてありますね。)。しかし国民の声が大きければ総務省も従わざるを得ません。一つ例をあげますと、700,900MHz帯の携帯電話の配分につき、マスコミ、ネットなどが取り上げた結果、総務省の想定した配分方式が変わったこともあります(4年位前の話)。是非とも総務省を動かすべくこの問題をキヨタニさんの方で積極的に色んな媒体で国民全体に向けて啓蒙していただければ、と思います。
ぽー(続き)
2014/02/24 09:05
>是非とも総務省を動かすべくこの問題をキヨタニさんの方で積極的に色んな媒体で
その前に、当時者たる自衛隊が叩かれ揉まれ、はっきり明快に国民に情報発信できるようにならなければ無意味ですよ。清谷さんの第一の仕事は、やはり防衛省を適切に批判しての自己反省能力と情報発信能力では無いかと思います。
携帯電波の配分も、まず当時者たるソフトバンクなどの業者が抗議し意見発信した事が大きく、それなくして第三者がいくら啓蒙しても効果は低いでしょう。
X
2014/02/24 22:44
震災の時に、陸上自衛隊の無人機が飛ばなかったのは、既に空自のファントムが偵察済みだったからでは?
名無し
2014/06/11 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンホールに落ちる「韓国」戦闘機、飛べない警戒機…を、笑えるのか? 人のふり見て我がふりを・・・ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる