清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本大好き、愛国書籍ばかりを読む危うさ

<<   作成日時 : 2014/02/03 16:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 15

 近年日本はこんなに素晴らしい、外国はこんな日本を褒めている、評価している的な本が売れています。
 
 まあ、日本人に生まれて自分の国を誇りに思うことは普通ですし、ぼくも外国に行けば祖国の良さを毎度のように実感します。また我が国が近代の世界史においても、大きな役割を果たしたことも事実です。

 ですが、このような本が多く出る背景には日本人の自信喪失があるのではないでしょうか。
昔は日本ダメ的な本が売れたものです(それがいいとは全く思いませんが)。
 自分に自身がない、報われない、仕事もないし、異性にも持てない、生きていてなにもいいことがない。だから日本人であることにレーゾン・デートルを求めようとしているのではないでしょうか。そのような人達が増えているように思えます。

 ある意味欧米のプアホワイト(貧乏白人)と同じです。自分自身に誇れるものが無いから自分はアメリカ人とか、英国人だというところに心の拠り所を求めてしまう。
 これも一億総中流幻想がなくなってしまったからでしょうか。

 この手の本の中には意図的にチープな愛国心を煽るものもあります。
 その方が売れるようです。

 この手の本ばかり読んでいると、日本絶対主義者になってしまうのではないでしょうか。日本は常に正しい、悪いのは外国だと。日本=自分は被害者だと。

 また日本画多少外国で評価されたことを針小棒大に信じてしまう。例えばフランスのインテリはみんな漫画を読んでいるとか。
 つまり過剰に自分の国を評価してしまうわけです。

 それで日本を批判している(と自分が思った)と思われる人に対して、相手の言い分を聞く耳を持たず、ひたすら攻撃、誹謗する。
 そのような姿勢は日本人として決して褒められたものではないと思うのですけども、ネットの上には多いように思えます。 

 えてしてこの手の人達は外国人と直接話しをしたり、議論をせず(あるいはできず)に国内で外国の悪口をいうだけ、内弁慶です。俺たち日本人は凄ぇーよなあ、と盛り上がるわけです。 そのような人達が外国に対して我が国の国益を守るような主張や交渉ができるでしょうか。

 最近話題になったアングレームの国際マンガ展に韓国に対抗して展示を行おうとしたグループもその類ではないでしょうか。

 軍事の世界でも同じようなことが起こっています。防衛省や自衛隊は常に正しい、みたいな主張をする人達も同類なのではないでしょうか。
 すべてが正しい組織なんぞはこの世の中に存在しないんですけども、とにかく当局=日本=政府は正しい。それを批判するのは非国民だと。

 それで「不都合な真実」には目をつぶり、ひたすら「ニッポン偉い、凄い」という情報だけを漁ってしまう。そして自分と異なる意見の人間を非国民、国賊と罵るわけです。あまり品性宜しいとは言えないでしょう。


 かつての我が国のインテリ層のように、日本はダメだ、欧米を見習えというのもナイーブですが、日本礼賛もそれと同じくくらいナイーブです。

 ご自分が日本人として誇れることをどれだけしたことがあるのか、胸に手を当ててみるべきだと思います。もっともこの手の人達はそんなことをしないから先鋭的になっているのでしょうけど。
 ネットで他者を誹謗中傷してカタルシスを得ることは愛国的行為ではないでしょう。
 まあ、中国や韓国ではそうらしいですけども。

 この手の底の浅い愛国者は、実は国益を害するのですが、彼らにはそのような自覚はないでしょう。われこそは真の愛国者だと思っていることでしょう。
 国益の一番の敵は無能な味方です。

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。

国産機銃は廃止すべきだ(上)――製品不良で多くの自衛隊員が死傷する
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700004.html
国産機銃は廃止すべきだ(下)――小火器メーカーの再編を
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700005.html?iref=webronza

オスプレイはいっそのこと、政府専用機に
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011600005.html
陸自向けのオスプレイ導入は「裏口入学」だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011500004.html
陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?
アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(下)――高いコスト
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110700008.html

新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではない@
http://japan-indepth.jp/?p=2962
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではないA
http://japan-indepth.jp/?p=2967
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘@
http://japan-indepth.jp/?p=2899
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘A
http://japan-indepth.jp/?p=2902

陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか@
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかA
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかB
http://japan-indepth.jp/?p=2234
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争全17巻です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様

何事もバランス感覚が大切かと思います。私も海外に行くと、我が国の良いところも改めて気づくこともあります。反面、滞在国の良いところも気づきます。絶対的に、どちらが良いということはあり得ないですよね。

良い点、悪い点を、自分自身で見極める目が大切だと思います。
ブリンデン
2014/02/03 17:37
お疲れ様です。
自ブログをあまりよそさんに載せたくないのですが、このテーマは奥が深いというか浅すぎるというか、、コメント欄に書ききれないので、それようにUPしました。最新から3エントリが日本と日本人をテーマにしています。過去のモノなのでかなり稚拙ですが、もしよろしかったらお立ち寄りください。
http://unimaro2.exblog.jp/
unimaro
2014/02/03 19:57
 何の宗教や信仰も持っていない人間はこの世に存在しない、ということがよく分かる事例ですね。
 ところが、それを認めようともせず、自分は理性的な人間だと思い上がった挙句に、他人の宗教や信仰を理解しようともせず、上から目線で罵倒する輩が多いのには困ったものです。
ひゃっはー
2014/02/03 20:38
危機意識とか、グローバリズム推進への反動とか、色々でしょう。貧困の問題は今に始ったことではないので、特に関連は薄いのではないかな。震災はあるかもしれません。神道ブーム?とかが起きてるらしいですし(本当なのかは知りませんが)。ま、左翼には辛い時代だと思います(笑)。

昔と違って、海外の「良いところ」をつまみ食い的に紹介して「日本はココがダメ」(このブログでも紹介してたイギリス在住の女性)みたいな論が通用しなくなった反射効果なのかなとも思います。ああいうのは、直ぐにバレる時代になりました。

ミドルメディアと呼ばれるものの隆盛だとか、動画ニュースとかで、従来のマスメディアを通した「外国論」(上のイギリスオバさんは典型例)がなくなったことが一番大きいかと思います。
ぽー
2014/02/03 21:07
お邪魔します。
そういう人達がやってるのは、「趣味としての政治」であり、「趣味としての軍事」ですから、何を言おうが変わり様がないのです。
テレビでプロ野球観ながら文句言ってるオヤジと一緒ですよ。自分がマウンドに立つことなど考えもせず、常に外野からヤジばかり飛ばしてる。

政治にせよ軍事にせよ、何処かで自分の実生活に結びつけて考えることがない限り、無責任な愛国本は売れ続けるでしょう。
尖閣なんかいいネタです。マスコミにとっての一番のキラーコンテンツは戦争ですから。無人島でドンパチが起きても、自分の頭上に爆弾が降るわけじゃない。これをテレビで観れたら最高の娯楽ですよ。

結局、大事なのは大袈裟に大義や主義主張を語るのではなく、実生活からくる感覚から物事を考える習慣ではないかと。
まあ、それすら左翼だ反戦だと批判を受けて、どうにもならなくなってますが。
おひさま
2014/02/03 22:37
清谷様

最近、書店に顔を出さなかったので知らなかったのですが、愛国書籍の出版が相次いでいる上に、「愛国書籍コーナー」(逆に嫌韓コーナーもあるようですが)みたいなものを開設している大手書店が多いようですね。このような現象を、清谷様はどのように分析されていますか。
ブリンデン
2014/02/04 11:06
愛国にも功罪はあるかと思いますが、何と言っても
悪いのは日本を貶める報道を繰り返してきた
日本のマスコミでしょう。
政治家で言えば河野談話を出した河野洋平でしょう。
夕立
2014/02/04 13:36
>このような現象

恐らくは自信の喪失によるものでしょう。
キヨタニ
2014/02/04 18:38
いつもチェックしている携帯向けのニュースサイトで、こと韓国絡みのニュースになると、途端に韓国政府のみならず在日の人達に対する感情論や誹謗中傷的なコメントでコメント欄が占められるサイトがあります。いくら思想信条の自由が保証されているとはいえ、そこまで書くか?と言いたくなる偏った内容が圧倒的に多いんですよ(まさか運営者側が、そういう主義主張をお持ちなわけではないのでしょうけど。それに先月の「おおすみ」の事故のニュースに対しても、「漁船の国籍を明らかにしろ!」などというコメントが載る始末)。少し頭を使えば、たとえ韓国政府が何をしようとも在日の人達とは何ら関係ないと分かりそうなものですが。挙げ句には自分達の言動を批判する相手を「こいつも在日だ!」と叩く始末。偏った考えで凝り固まった「自称愛国者」ほど、やっかいな存在はありませんね。
KU
2014/02/04 20:25
いま愛国書籍を読んでる人と、むかし日本ダメ本を読んでた人は、精神構造が全く同じだと思いますよ。客観性を保つのは難しいですね。
マリンロイヤル
2014/02/04 21:02
お邪魔します。
 子供は幼い時は「親は絶対」で、それから反抗期を経て欠点も含めて「受容」できるようになります。しかし今の日本では「愛国の環境」どころか「日本ダメ論」が横行していますので、「欠点をも含めた受容としての愛国」には至れないのだと思います。「愛国」も年をとってから”こじらせる”と中々厄介なようです。
ブロガー(志望)
2014/02/04 22:23
単純に高齢化してきたからでは無いでしょうか?>日本好き
東大の団塊世代が典型で、若くてまだ既得権をつかんで無い学生時代は左翼で、従来の日本を否定する学生運動に励み、老人となり完全に既得権者になったここ十年くらいは、新たな変化を拒む懐古的愛国主義者になる。
x
2014/02/05 01:15
更新、書籍記事楽しみに読んでおります。
定期購読してる軍事雑誌も在日米軍への批判記事が多かった方の連載がなくなりました。
思想は別にして視点が身近で参考になる事が多かったので残念です。
カド
2014/02/05 12:47
愛国か否かはさておき、
嫌韓については
日本のマスコミが朝鮮半島についてネガティブなことを報道しなかった
(数少ない例外は1960年〜80年代の左派メディアが社会主義北朝鮮政権支持の裏返しによる資本主義韓国独裁政権批判くらい)、
反動が出ているだけだと思います。

>自分に自身がない、報われない、仕事もないし、異性にも持てない、生きていてなにもいいことがない。
嫌韓は一流企業勤務のサラリーマンや普通の主婦、学生なども多く、貧困・異性にモテないからかけ離れた人間も少なくないです(ソースは安田浩一)。これについては説明ができていません。

きっかけは2002年日韓ワールドカップで
韓国の数々のラフプレーと数々の八百長ジャッジ審判買収疑惑、
韓国人サポーターの異常さ(遺影・ヒトラーの息子扱い等)、
日本のマスコミは「韓国についてネガティブな報道をしてはいけない」
とタブー視して報道せず、勝ち続ける韓国の躍進を報道し続けた。
日本人も韓国ヨイショのメディアをおかしいと思うものの、2ちゃんねるで韓国のおかしさを指摘するを書き込みみて、ネットで共感が広まった。

在日犯罪や慰安婦問題で何か問題が起きた時に問題点を指摘しようとしたら、「韓国差別だ」「日本は大人の対応で」「日本人は加害者だから」と批判を抑えこんでいた。その長年の鬱憤が2002年の日韓W杯がきっかけとなり、漫画「嫌韓流」、フジテレビのごり押し韓国推し報道、高岡発言、フジテレビデモで在日を含めた韓国の異常さ及びマスコミの韓国タブーを知って爆発し、李明博大統領の天皇謝罪要求発言でおさまりがつかなくなっている状況が今だと思います。

嫌韓には変なのもいるけど、嫌韓が増えた理由というのは理解できないことはないです。
へろ
2014/02/05 19:04
アニメ業界の「萌え」、音楽業界の「AKB48」と同じ現象です。消費マインドが冷え切っている大多数の日本人とは対照的に、「動物化した信者」は堂々と市場を食い荒らしています。悪いのは信者なのか、市場に背を向ける日本人なのか、判断が難しいところです。
MAX
2014/02/05 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本大好き、愛国書籍ばかりを読む危うさ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる