清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 10式戦車に乗員用のクーラーは存在しない

<<   作成日時 : 2014/01/20 13:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 10

 10式戦車に乗員用のクーラーは存在しません。クーラー自体は装備されておりますが、これは電子機器の冷却のためであり、乗員のためではありません。

 新戦車には市販品を転用したクーラーが装備されているが、これはあくまで電子機器を冷却するためのもので、乗員はその恩恵に預かれない。

 これはコンバットマガジンの技本の10式戦車(当時は新戦車)の担当者に対するインタビュー記事で述べております。これは昨年WEBRONZAに転載してあり、無料で読むことができます。10式戦車の開発担当者に直接長時間インタビューを行った記事はぼくの知る限り存在しません。
 http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013121000007.html

 ですが、ネット上では乗員向けのクーラーが付いていると信じている人が多く、ブログにもその手のコメントがありました。
 確かに試作段階では付いていなくても後で追加装備することが無いわけではありません。

 そこで技本の広報に確認しました。量産品については陸幕の管轄なので、そこからの回答ということで、乗員用クーラーが付いているという回答がありました。
 
 ぼくはこれに疑問を持ちました。
 まず先のぼくのインタビュー記事は開発がほぼ終わった段階で行ったものです。
 ところが10式の開発段階ではそのような乗員用クーラーを搭載した試作品は存在しませんでした。

 これが機動戦闘車のように一部の試作車にクーラーが搭載されていれば、量産化に際してクーラーの搭載は容易に行えます。ですが、10式ではそれはありえないわけです。

 試作・試験段階で装備されていなければ、新たにシステムの選択から必要になります。戦車の場合キャビン全体を冷やすのか、あるいはNBCスーツを着て、そこにダクトを通じて冷風を送り込むのかを選択する必要があります。後者の方がより消費電力は少なくてすみますが、快適性は劣ります。
 どのようなシステムを搭載するのか、試験用のシステムの調達が必要であり、その適合試験もいります。それが搭載されいれば、外観に変化が認められるはずですが、そのような変化は量産型ではありませんでした。

 更にいえば消費電力が増加することによって補助動力装置の出力を上げる必要も出てくるかもしれません。その場合、補助動力装置の変更も必要となります。因みに補助動力装置の出力は9kwです。

 また装備適合のための試験期間も必要になります。
 
 このような観点から回答には疑問があったわけです。


 そこで、再度陸幕の広報室に技本の広報とのやり取りの経緯を話し、10式に再度機器冷却用ではなく、乗員用のクーラーは装備されているかと質問しました。
 その回答は以下のとおりです。
 
 試作品及び量産品ともに「要部冷却装置(乗員用ではなく、器材用のクーラー)」が
備え付けられてあります。

 つまり乗員用のクーラーは搭載されておりません。
 我々プロは当局の回答でも、ときに疑うことが必要です。

 先の記事にも書いていますが、10式は調達単価、重量の低減を最優先されて開発された戦車です。

 今回の開発では計画当初からライフ・サイクル・コストの抑制が要求されていた。このため民生品や既存のコンポーネントを多用するのみならず、性能と価格をトレードオフした設計、機能のソフトウェア化などが盛り込まれた。性能と価格をトレードオフというのは各機能やコンポーネントに関して技本が陸幕に対して、この部分を高性能にするとこれだけコストが上がりますと説明し、コストを削減するために敢えて高性能化を諦め、費用の安い既存の技術やコンポーネントを採用した部分もある。このような取り組みは過去あまりなく、評価出来る部分だ。ただ、これかららのことから巷で噂されているようなあらゆる新規基軸をふんだんに盛り込んだ画期的な戦車ではない、ということがわかる。


 つまり、コストと重量低減のために「諦めた」装備や機能、素材などは多岐にわたっていると考えるのが自然でしょう。
 ですが、ネット上では10式はあらゆる面でレオパルトA7やM1A2の最新型など諸外国の3.5世代戦車よりも優れているのだという主張が散見されます。
 しかしそれは願望でしかありません。

 例えば仮に10式で採用された鋼製の圧延装甲板が世界最高性能でも、僅か数センチでタンデム弾頭の対戦車弾を防止できるはずはありません。同様に地雷やIEDに対して生存性は期待できません。10式の装甲は正面は厚いものの、その他の部分は90式と同等か毛の生えたくらいでしょう。
 対してメルカバVなどは複合装甲やセラミック装甲などをふんだんに使っています。

 世界最高性能の戦車が僅かな開発費で、重量が20トンも軽く、量産単価が何割も安いという「うまい話」は世の中にありません。

 現実を見ずに自国の兵器は最強、自衛隊は強いと信じこむのはある種の原理主義であり、このような情緒で国防を語る上では有害以外のなにものでもありません。

関連記事
 夏場は35度になる、高温多湿の我が国固有の環境を鑑みて、戦車も冷房は入れません。
http://kiyotani.at.webry.info/201308/article_7.html


それから先週陸幕長に平成25年4月、徳地局長の国会答弁において、AAV7の導入については、平成29年から30年くらいに結論を出すと答弁されていたが、先日、報道官からは平成26年中に結論を出すとのことだった。これは、中国との武力衝突が近い将来起こり得るという様な危機感があるからか?』
と言う趣旨の質問をしました。その回答が陸幕広報室から併せてきました。

それは、
「徳地局長の答弁は、平成25年4月当時判明している状況での説明であり、じ後、米国との調整等が進んだため、これに伴う変化」
だ、そうです。
別に中国との緊張が高まったわけでも、武力衝突の危機が増したわけでもなく、単にアメリカ側と話したら、実質的にトライアルを端折ることになった、といういうことでしょう。
しかも既に中期防では事実上導入するとしています。

アメリカの意向によってはじめに導入ありき、だったのではないでしょうか。
これではまるで植民地の軍隊のようです。「美しい国」とか「戦後レジームからの脱却」とかどこに行ったのでしょうかね。


新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております

陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか@
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかA
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかB

http://japan-indepth.jp/?p=2234
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
オスプレイはいっそのこと、政府専用機にhttp://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011600005.html
陸自向けのオスプレイ導入は「裏口入学」だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011500004.html

陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html?iref=webronza

日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?

アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道でしか運用しない機甲師団なんでクーラーいらなかったのかと考えてしまいます。
カド
2014/01/20 16:03
お疲れ様です!

>我々プロは当局の回答でも、ときに疑うことが必要です。

清谷さんを除いたら、我が日本に(日本人)、他に何人くらい居ますかね?
2,3人くらいすか?
unimaro
2014/01/20 18:01
クーラー云々よりも、その程度の装備をポン付けすることが出来ないことがおかしいわけです。
ギリギリに詰め込んだ設計というのが、バレバレではないですか。年数経ってもアップデイトが出来ず、一から新戦車を作り直しになるんでしょうね。
おひさま
2014/01/20 21:00
記者の取材は、こういう地道な検証作業の積み上げなんでしょうね。なんか、90式でも同じようなことがあった記憶が・・・。
名無し
2014/01/21 13:19
お邪魔します。
 どうせAAV7をアメリカとの「お付き合い」で購入しなければならないのであれば、それをきちんと公表した上で値切り(本当はこちらが金を取りたいくらい)、かつおおすみの改修と言った”余計な”事はせずに本体だけを使用可能な状態に維持して、アメリカが必要になったら貸し出すようにしたらどうかと思います。半島有事で中朝の喉元に食いついたりするのにはいる(使える)でしょうから(だから韓国はAAV7の生産能力を持つ)。でいざとなればアメリカのAAV7を韓国に貸してその穴埋めに日本から提供するというわけで。
ブロガー(志望)
2014/01/21 23:26
これで電子機器用のクーラーによる冷気が乗員区画まで洩れだして結構凌げるといった状態だったら矛盾しないし、おもしろいのですが(笑)
車体・装甲の外部からの断熱はしっかりして、内部ではあえてザルにすればそれほど有り得なくもなさそうです
ゆう
2014/01/22 11:30
>Yamauchi様
コメント本文が文字化けを起こしております。
キヨタニ
2014/01/22 16:21
AAV7については、他にめぼしい候補が無いのではないかと思いますがどうでしょうか。リムピースのサイトをみても、しょっちゅう上陸訓練をしているようです。さらには上陸作戦は海陸そして空の連携がとれないとうまくいかないでしょうから、できるだけ早めに欲しいというのが本音でしょう。

クーラーについては余剰の出力がどの程度あるかが気になります。とくに仕掛け爆弾対策の装置を砲塔上にとりつけるとなればどうなるんでしょう。エイブラムスの場合は砲塔後部のラックに補助発電装置を載せていましたが、似たようなことがすぐにできるのかしら。
とん
2014/01/22 20:26
10式戦車はクーラー以外にも疑問が多いです(笑)自称ラインメタル製より高性能な国産戦車砲(欧米では新規の戦車砲の開発が停滞してるだけ)とか、74式以来の特殊な油機圧懸架(日本独自の特殊な部品や装置を戦時に調達整備できるのか)とか、砲はラインメタル製を搭載で油機圧懸架も限定使用の90式の方が出来が良いのでは(笑)とか、疑問だらけです。
マリンロイヤル
2014/01/25 12:02
海兵隊機能を早急に持たせたいならお勉強させて貰えるアメリカと同じ装備にしておくほうが早い
そういう事でしょ
ナンダカナー
2014/01/26 18:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
10式戦車に乗員用のクーラーは存在しない 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる