清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 小型固定翼UAVを搭載すると駆逐艦が「攻撃型空母」になるという時事通信記事の怪

<<   作成日時 : 2014/01/13 11:43   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

 「空母」の話が続いたので、しばらくやめようと思っていたのですが、これはさすがにトンデモなので取り上げることにしました。

護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機でhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2014011100178

 憲法で定めた自衛のための必要最小限度の実力を超える「空母」に当たる恐れがあり、これまで護衛艦では固定翼機は運用してこなかった。将来的に研究が進めば、戦闘機が発着艦する空母の保有につながる可能性もある。

 これはいずもは護衛艦=駆逐艦だ、防衛省は常に正しいと主張する軍オタあたりと、ベクトルが違うだけで同じレベルの記事です。両方共空母とは「攻撃型空母」だ、と主張する点では共通しています。
以下のdragoner氏のブログはその典型例です。

護衛艦いずもは空母だって? ご冗談を
http://blogos.com/article/77538/

このブログではぼくに対する批判もあったので以下のエントリーを書きました。
軍オタ的には「いずも」級は強襲揚陸艦らしい
http://kiyotani.at.webry.info/201401/article_12.html

 ぼくのブログはブロゴスで転用されているのですが、何故かこのエントリーは転載されず、付きの記事が掲載されいています。過去のブロゴス側の取捨選択から見ると不思議なのですが。

 さて、まず何が空母かというと、空母には米海軍の原子力空母のように戦闘機や攻撃機などを数十機も搭載するようなものから、対潜に特化したヘリ空母、VTOL機を搭載した軽空母など多岐に渡ります。昨今では揚陸艦と軽空母、ヘリ空母の特性を併せ持った、いわゆる多目的空母がトレンドになってきています。つまり狭義の空母と広義の空母は異なるわけです。

 で、政府が保有しないと言っているのは「攻撃型空母」です。

以下は関連する政府答弁
参議院 - 予算委員会(昭和63 年4 月6 日)
○国務大臣(瓦力君) 政府が従来から申し上げているとおり、憲法第九条第
二項で我が国が保持することが禁じられている戦力とは、自衛のための必要最
小限度の実力を超えるものを指すと解されるところであり、同項の戦力に当た
るか否かは、我が国が保持する全体の実力についての問題であって、自衛隊の
保有する個々の兵器については、これを保有することにより我が国の保持する
実力の全体が右の限度を超えることとなるか否かによって、その保有の可否が
決せられるものであります。しかしながら、個々の兵器のうちでも、性能上専
ら相手国の国土の潰滅的破壊のためにのみ用いられるいわゆる攻撃的兵器を保
有することは、これにより直ちに自衛のための必要最小限度の範囲を超えるこ
ととなるから、いかなる場合にも許されず、したがって、例えばICBM、長
距離核戦略爆撃機……長距離戦略爆撃機、あるいは攻撃型空母を自衛隊が保有
することは許されず、このことは累次申し上げてきているとおりであります。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/anzenhosyou2/dai4/siryou.pdf


 ところが「攻撃型空母」というものは我が国の「国会答弁」の中でしか存在しません。これは故江畑謙介氏も繰り返して述べているのですが、世界にそのようなカテゴリーで分ける習慣はありません。
 政府答弁のいう「攻撃型空母」とは、米海軍の大型空母のような存在です。対潜用のヘリ空母などは「性能上専ら相手国の国土の潰滅的破壊のためにのみ用いられるいわゆる攻撃的兵器」ではなく、この範疇に入っていません。
 実際海自はかつて対潜用ヘリ空母保有の構想をもっておりましたが、諸々の事情でしらねなどのDDH建造となったわけです。

 いささか言葉遊びになりますが、時事通信の記事やdragoner氏が主張するような高い攻撃力、打撃力を有した「空母」だけが「空母」であるならば、政府答弁で「攻撃型空母」などという新語を発明する必要は無かったでしょう。

 件の時事通信の記事あるRQ21インテグレーターなどは、駆逐艦などのヘリデッキでも運用が可能です。であれば、このような小型の固定翼UAVを搭載すれば駆逐艦やフリゲイトまですべてが「空母」になってしまいます。またおおすみのような輸送艦も「空母」になります。

 となれば海自がこれを採用して護衛艦に搭載すれば我が国は50隻以上の「攻撃型空母」を保有することになります。

 更に言うならばRQ21の元となったスキャンイーグルは元来魚群発見のために漁船に搭載するために開発されました。であれば漁船にも搭載可能であり、これらを装備すれば漁船も「攻撃型空母」になるといえなくもないでしょう。

 無人機といても米海軍や欧州が開発しようとしている無人攻撃とはカテゴリーが全く異なります。こんな小型UAVを導入したくらいで「将来的に研究が進めば、戦闘機が発着艦する空母の保有につながる可能性」なんてあるわけないでしょう。
 
 時事通信の記事は針小棒大もいいところです。

 書いた記者、それを通したデスクはいずれも頭がおかしいのか、極めて政治的に偏向した政治思想をもっているのか、あるいはその両方としか考えれません(記者が書いていないことをデスクが付け加えた可能性はりますが)。

 よく自衛隊は常に正しい的原理主義者的な人達はいずも級もひゅうが級も固定翼機を運用していないから空母ではないと主張したりしますが、であればこれらでRQ21を運用すると「空母」になるのだと言うのでしょうか。
先にも述べたように両者は同じレベルの主張をしています。目くそ鼻くそを笑うの類です。

いずもはどう見てもヘリ空母、あるいは多目的空母です。
 
 これを護衛艦=駆逐艦だ、我が国にはカテゴリーが護衛艦しかないからいいのだ。外国がなんと言おうと関係ないと強弁するのは、毎度例えが上品でなくて恐縮ですが、我が国には売春防止法があるのでソープランドの中で行われているのは自由恋愛であり売春ではない、というようなものです。確かに当局はそのようにいうでしょうが、それを信じる人はどれだけまるでしょうか。

 あるいはオカマやニューハーフが自分は女だと言うようなものです。新宿2丁目あたりのその種のバーでは「彼女」と呼ばれているでしょうが、「彼ら」が女性専用のサウナや岩盤浴の店に入れるでしょうか。
 
キーウィを初めて我が国で輸入したとしましょう。我が国にはキーウィは存在しない。だからこれは柿の一種であると政府が言ったらどうでしょう。政府が言うならば世界ではキーウィと呼ばれている果物は日本では柿である、他国がどう呼称しようとこれは柿だといえるでしょうか。

いずれも世間様では通用しないロジックです。

 空母というと調達できないからだ政治が悪い。だから理を曲げて泣く泣く海自は護衛艦にしておるのだ、国益のためだなとの主張もあるでしょうが、これも誤りです。政府はヘリ空母の保有を禁じていません。
 このような主張は風車をドラゴンだと思い込んで突撃するドン・キホーテのようなものです。



 ぼくが何故、いずもが護衛艦か否かを問題にしているのは、これが極めて根源的な問題だからです。
 護衛艦=駆逐艦とヘリ空母、多目的空母は用途が違います。砲や対艦ミサイル・魚雷発射管を持った駆逐艦とヘリ空母は全く運用が異なります。これは水上艦の呼称を駆逐艦にするのか、フリゲイトにするかのという議論とは全く別の議論です。
 
 戦車と機動戦闘車は違うシロモノだと口泡とばして主張する人達が、空母も駆逐艦も同じですと主張するのは二重基準でしょう。
 またマスメディアが軍艦を戦艦と呼称すると間違いだと大騒ぎする軍オタが、ヘリ空母は駆逐艦だと主張するのも同じようなものでしょう。

 防衛大綱の別表には護衛艦の定数が記されております。これを素直に信じるのであれば護衛艦48隻であれば駆逐艦が48隻だと思うでしょう。ところがその中の何隻はヘリ空母なわけです(ひゅうが級はまだ駆逐艦と強弁できるでしょうが)。

 駆逐艦と称してヘリ空母を調達するのは納税者に対するある種の背信行為であり、諸外国からいらぬ誤解や疑念を持たれます。何一ついいことはありません。

 ですから本来護衛艦=駆逐艦が何隻、ヘリ空母が何隻と明示し、その運用を納税者に説明すべきです。ヘリ空母としてどのような使い方をするのか、それが何故必要なのか、何隻必要なのかをもっと説明すべきです。現用のDDH4隻が古くなったから新しいのが欲しい、では不十分です。


 率直な話、いずもが駆逐艦かいなか、などということをかなりの文字数を使って縷縷説明していると、徒労感とともにつくづくこの国は平和なだなぁ、と感じます。

span style=color:#000;background:#ff9>新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております

陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか@
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかA
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのかB

http://japan-indepth.jp/?p=2234
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権
http://japan-indepth.jp/?p=1939
低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈
http://japan-indepth.jp/?p=1930

夢想的な平和主義者ではなかったネルソン・マンデラ〜武装組織への上手な処遇が生んだ安定政権
http://japan-indepth.jp/?p=1900
「軍事産業は国の財産」と演説した現実的政治家ネルソン・マンデラの死と「最後の未開拓巨大市場」南アフリカの現在
http://japan-indepth.jp/?p=1919


朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html?iref=webronza


日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?

アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事の大半については賛同いたします。
すでに海自では、カタパルト発射の無人標的機をだいぶ前から運用しています。RQ21インテグレーターを固定翼機運用云々というなら、すでに行っていることになりますね。
さすがにX-47のような機体が運用されるのなら、これは有人無人に関わらず、攻撃型空母の範疇になると思いますが。

ところで、次の部分についてご質問いたします。

>「攻撃型空母」というものは我が国の「国会答弁」の中でしか存在しません。

少なくとも、米軍は攻撃型空母というものを、一時使っていたのではないでしょうか?
米海軍の艦種設定で、1957年にそれまで「飛行艇母艦」を指していた「CVS]を、新たに「対潜空母」の艦種記号として変更しています。それにともない1975年に、主力空母をCVA(Attack Aircraft Carrier)として、新たに区別しています。
これはその後廃止され、今は単にCV、もしくはCVNに戻っています。
昭和63年の答弁での「攻撃型空母」は、この分類をうけたものではないでしょうか?
もちろん、アメリカの艦首記号は世界共通ではなく、欧州では国によって違う呼び方をされることは承知していますが、日本の場合はアメリカ追従ですから。

ただ、現在は日本以外では使われていない言葉であることも、事実だろうとは思いますが。そういう意味でも、いずも=DDHなどという欺瞞はやめて、あらためて日本における空母の議論を、もっときちんと行うべきだとは思います。
(けして日本が「攻撃型」空母を持つべきだと考えているわけではありません。個人的には日本にはいらん装備だと思います。)
ミリオタ的些末な話ですいません。

PAN
2014/01/13 12:37
>CVA
その可能性はありますね。我が国は米国しかみていませんから。
海自が空母を持つにしても、どのような空母をもつのか広く議論する必要があると思うのですが、そうは当分ならないようです。
キヨタニ
2014/01/13 12:50
ただ「攻撃型空母」といっても使い方によっては専守防衛に使えます。専守防衛故に先手を取れませんから、地上航空基地が先制攻撃を受ける可能性がある。空母であれば奇襲攻撃を受ける可能性が減ります。要は運用次第で、「攻撃型空母」をもっても、それを敵国の策源地攻撃に使わないというポリシーもありでしょう。

空母も道具に過ぎず、使い方次第だと思います。
まあ鉄人28号みたいなもので、日本が正太郎
君であればいいわけなんですが。



キヨタニ
2014/01/13 12:55
キヨタニ様

さっそくのご返答、ありがとうございます。
確かに攻撃型空母が自衛で使えないわけではありませんね。どんな能力を持つかはすべては艦載機しだいですから、迎撃機のみを搭載するという使い方も考えらえます。

ただ、日本政府が正太郎君のようになれるかと言えば難しいだろうし、周辺国もそうはみなさないでしょうね。
おまけに今後10年後で考えれば搭載機は、おそらくマルチロールのF-35系でしょうから。
かといってF-4の時みたいに、持っている能力をわざわざ外してまで導入するというのも、どうかと思いますし。

PAN
2014/01/13 16:50
>>UAVを搭載すると駆逐艦が「攻撃型空母」になる
これぞ教条的反対派ですよ(笑)
マリンロイヤル
2014/01/14 06:03
【言葉について】言葉遊びの問題はあらゆる分野で建設的議論の障害になっています。私は「日本語空間」と呼んでいますが、この空間内では物事は常に湾曲表現されます。第二公用語に英語を採用するなどしない限り改善は困難と思われます。英語では表現が変われば意味も変わるようです。意味が定義づけられて共有されてはじめて言葉として通用します。しかし共有する相手が専ら「仲間内」となる日本語は、面倒な定義づけよりも、言い換えなどの言葉遊びによって発展を遂げました。一人称の表現が数えきれないほどあることからも、物事を厳密に表現する感覚がないのです。また、英語でもスラングがありますが、スラング使用者が元の表現を知らずにいることはあまりないようです。日本語では言い換えに言い換えを重ねるので、短い年月で元の表現が廃れたり、原義とは異なった解釈が通用してしまいます。日本語の表現は豊かでユニークな面があり、俳句や短歌、川柳などでは優れていますが、建設的議論で合理性を追求するには劣っています。非常事態ではまさにそうです。

2014/01/14 20:41
【艦種について】海自艦艇にはいろいろな呼び名がありますね。図書館のように立派な分類がありますが、納税者への説明など眼中にないようです。警備船→警備艦→護衛艦となったのに、予算上は警備艦のまま放置されています。甲乙分類しているのに、両者をまたいで護衛艦と表記される例があります。艦種記号が区別されていても、厳密には公式な区分ではない例があります。実際に使われるべき表現は、軍艦としての自衛艦(国際条約上必要)と艦種を区別する記号(納税者への説明)だけでよいでしょう。護衛艦という表現は事実をごまかすためのものですから、厳密な話では使い物になりません。いわゆる機動艦艇などの分類名は過去に遡っても存在意義がありません。また、予算上の名称と運用上の名称が一致しないのを放置するのは、立法府の怠慢でしかありません。論点を絞るとこんな感じでしょうか。

2014/01/14 22:08
法律でどっちかに決まってる性別の例えは不適切では?
国際法上はヘリ駆逐艦でもヘリ巡洋艦でもヘリ空母でもいずもはいずもとして軍艦としか扱われないですし

柿は英名にkakiって入ってますがキウィフルーツと同じ中国原産ですね
アメリカでは紅茶キノコがこんぶ茶だったりするし食べ物を例えにするのはどうなんでしょう
第9
2014/01/15 05:38
いずもが空母かどうか。
そもそも空母の定義を示されたらどうでしょうか。
明確な定義がなければ、あなたが考える定義を示せばよいと思います。個人的には空母かどうかは興味は無く、どのような能力を発揮できるかのみですが・・・・

2014/01/15 11:04
時事通信にも頭がおかしいのがいるということですね。
あまりの飛躍に小腹が笑いすぎで痛くなりそうです。
名無し
2014/01/19 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
小型固定翼UAVを搭載すると駆逐艦が「攻撃型空母」になるという時事通信記事の怪 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる