清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 大臣会見 AAV7の調達は文民統制を無視? 陸幕は関東軍か?

<<   作成日時 : 2013/12/10 15:47   >>

かわいい ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 9

 さて、本日大臣記者会見にいってきました。
 
 で、陸幕の水陸両用車調達は文民統制への挑戦ではないか、という趣旨の質問をしました。

 AAV7は本年度予算で 中古のAPC型を4両調達。納入は来年度です。
 また、来年度予算でAAV7 指揮通信型、回収車型を各1両要求しております。これは新造で、納入が行われるのは二年後、平成28年度になります。

 であれば、評価試験が終わり、装備化の予算化が可能になるのは29〜30年度になります。

 本年平成25年4月15日の予算委員会第一分科会では維新の会の中丸議員の25年度に調達したAAV74輌の納入はいつになるかという質問に対して、防衛省側の徳地防衛政策局長は、二十七年度までに取得その後一、二年かけて性能を確認する、あるいは運用の検証を行う、と答弁しております。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/183/0031/main.html

 これがAPC型だけなのか、指揮通信型や回収車型も含まれるのか、不明瞭ですが、評価試験が完了するのは平成27〜28年度。採用の決断も早くて27年度末から28年度ということになりなます。

 ですが、ぼくが入手した陸自の内部情報によればAAV7の評価は来年5月から行われ、12月には水陸両用装甲車の採用車種を決定するとあります。

陸自関係あれこれ
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_15.html

 つまり、APC型が到着し、わずか数ヶ月の形だけの評価を行い、採用を決定することになります。
 来年度に評価用に調達する指揮通信型や回収型は評価に使用しないことになります。
 これでは評価用のサンプル調達という意味がありません。

 しかもAAV7以外の候補は全く示されていません。

 陸幕は事実上試験せずに決定をすることになります。つまり初めからAAV7の調達を決めていとしか思えません。
 であれば、今年度、来年度で調達されるAAV7は調査用サンプルではなく、装備品ということになります。であれば、陸幕は国会に対して虚偽の予算を要求したことになります。平たく言えば騙したことになります。

 これは文民統制の干犯ではないでしょうか、という趣旨を大臣に尋ねました。


 この件に関して小野寺大臣は調査をします、という趣旨のことをおっしゃいましたので、後日大臣あるいは報道官に再度質問をするつもりです。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2013/12/10.html

大臣とのQ&Aは以下のとおりです。

Q:AAV7(水陸両用車)の調達に関してお尋ねしたいのですが、以前行われた国会の答弁で、AAV7の調達は、調達をして評価は27年度から28年度にかけて取得をするというふうに徳地防衛政策局長が答弁しているのですけれども、僕の陸幕の中の方の情報によると、来年の5月には評価試験を行って、12月までには採用車種を決めるというような情報があります。しかもその情報では、水陸両用部隊は約6,000人であると、3個普通科連隊を基幹として各1個中隊のAAV7を22両調達するというようなこういう情報まで入っているのですが、もしこれが本当であれば元々の調査目的ということで取得しているAAV7が実は調査目的に使わない、すでに装備として調達していることになってしまって、これはちょっと文民統制上、正しい情報を国会に上げずに予算を取ってしまったことになってしまうと思うのですがいかがでしょうか。

A:今、清谷さんがおっしゃったことがどのような内容で、どのような方が発言されているかということは承知しておりませんが、いずれにしても私どもとしては、このAAV7というのは参考品ということでの今回の購入ということで、その性能を見た上で今後どうするかを検討するということだと思います。

Q:ということは、今年度の予算で4両、APC型を調査調達しておりまして、これは中古で来年入ってくると、あと2両、来年度の予算で指揮通信型と回収型を要求されています。それがすべてそろって評価試験を行ってそれから車種を決定するというふうに了解してよろしいのでしょうか。

A:すみません、ちょっと細目にわたりますが、基本的には私ども参考品購入で検討した上でというになるのだと思いますが、ちょっと今ご指摘もありましたので、内部でそのような考え方をしているかどうかは、私自身は確認をしたいと思います。





 また関連記事を近日中にWEBROZNAに掲載します。

 さて、今回件の暴言事件の鈴木徹也(てつなり)記者が質問をしました。
『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在@
http://japan-indepth.jp/?p=1131
記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在A
http://japan-indepth.jp/?p=1135
続報】「皆様のNHK」の誠意に疑問@〜問題が発生したら無視を決め込む公共放送は許されるのか
http://japan-indepth.jp/?p=1480
【続報】「皆様のNHK」の誠意に疑問A〜外国メディアやフリーランスに下げる頭はないという本音
http://japan-indepth.jp/?p=1483
防衛省記者会見後に罵倒し、圧力を掛けた記者の正体。皆様の大NHKは過ちを犯さず
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_5.html
防衛省記者クラブの匿名で罵声を浴びせる残念な記者(画像あり) 
http://kiyotani.at.webry.info/201310/article_7.html


 質問は中国の防空識別圏と防空識別区の違いに付いていです。この件はぼくも質問しようと思っていたことでした。

 この件はマスメディアは混同して報道していることが多いのですが、小野寺大臣は国会答弁で、そのことをお話ししておりました。

http://www.youtube.com/attribution_link?a=izUWnXFbjC0mGnL2f-hXAQ&u=%2Fwatch%3Fv%3DCPDIqN6x4_0%26feature%3Dshare

 中国の主張しているのは防空識別圏ではなく、防空識別区であり、両者は似て非なるものです。
 ざっくり言えば防空識別圏は航空機を識別するだけです。対して中国の主張している領空識別区はそのエリアは自国の領空とみなし、他国の航空機を撃墜する言っています。

 つまり中国の主張する防空識別区=防空識別圏+領空

 なわけです。ところが日本のメディアの多くは、中国の防空識別区を防空識別圏と称して報道しています。NHK含めてね。
 ですが、これは誤報です。
マスメディアはよく「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」を混同していますが、これと同じようなものです。

 この件では少し鈴木記者を見直しました。ですが、これはこれ、件の事件はまた別です。彼の上司のイトウと称する人物は件に関して再度連絡をする約束しましたがその後、一ヶ月近くも連絡がありません。
 これが皆様のNHKの誠意ある態度なのでしょうか。そんなら受信料も払うといって何年もひき延ばしてもいいんでしょうかね?
  
新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
防衛省は自衛隊の戦力を過小に見せる世論操作をしている?〜知られていない『防衛大綱』の不正確な記述
http://japan-indepth.jp/?p=1748
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1821
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1824

防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか@〜リモート・ウェポン・ステーションとは何か?
http://japan-indepth.jp/?p=1703
防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのかA〜必要な調達をする気のない自衛隊と必要ない装備を技術実証する技術研究本部の悪すぎる連携
http://japan-indepth.jp/?p=1720

防衛省・技術研究本部の海外視察費はわずか92万円〜写真やカタログだけで十分な開発ができるのか?(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1750
防衛省・技術研究本部の海外視察費はわずか92万円〜写真やカタログだけで十分な開発ができるのか?(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1758

[仏パリ“ミリポール”リポート]防衛産業の輸出を阻害しているのは防衛産業を擁する大企業トップの無知蒙昧と保身
http://japan-indepth.jp/?p=1508


朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?


アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
文民統制についてよく例に挙げられるのは戦前戦中の軍部の暴走ですが、これが災いしてかなりの誤解を生んでいると思われます。すなわち陸海軍大臣現役武官制や2・26事件ばかりが強調される影響で、「陸海軍がない現在にはあまり関係がない」と解釈されがちです。文民統制は本来、民主主義の「政治」による統制のことです。当然、防衛省の内局が自衛隊を統制するのは文民統制ではありません。諸外国を猿マネしても、同じ民主主義国家でも立法府と行政府の関係が違うため、よほど本質を理解しないと失敗します。さらに日本は議院内閣制であるにもかかわらず、立法府の実力があまりにも足りません。これを是正しようにも、そもそも「マスゴミ」が文民統制を誤解しています。

2013/12/10 17:13
日本の文民統制が弱い事は、消費税増税のドタバタを見れば明らかです。文民統制は軍に対してだけではなく、財務省や他の省庁にも適用されるべきものです。文民統制がキチンとあれば、タテ割り行政など存在できません。実際、明治時代に藩閥があった頃は、タテ割り行政など無く日清日露と戦争も政軍一体で乗り切っており、すべてバラバラの太平洋戦争とは大違いで、これが同じ国だろうかと思うぐらいです。大正時代に元老が次々と亡くなり、藩閥が自然消滅した頃は、政党が軍部以外の省庁を抑え、大臣が交代すると事務次官も一緒に交代したそうですが、今の政府はキャリア官僚に対する人事権すらありませんね。私が見てる限りですが、政策の違いでキャリア官僚のクビを斬った総理は、国鉄民営化で国鉄総裁のクビを斬った中曽根、郵政民営化で総務省のキャリア官僚のクビを斬った小泉、この二人だけですよ。
マリンロイヤル
2013/12/10 19:11
お疲れ様です。
防衛識別区の件、大変勉強になりました有難うございます。
報道各社、区の存在を知らないのか、知ってる上でのことなのか、致命的な間違いをしていますね。
圏で対応していたら、領空を明け渡すことにもなりかねません、今の我国であれば。
つまり、尖閣も渡す、ということにも。
unimaro
2013/12/10 23:08
そもそもAAV7なんて何に使うんですかね? 敵の対戦車・対舟艇ミサイルの的にしかならないと思うのですが・・・
ばるたん星人
2013/12/11 08:28
主権が及ぶ領空と及ばない防空識別圏じゃ全然話が違いますね。米軍の強い態度が謎でしたが、そういうことですか。大変役に立ちます。
なるほど
2013/12/11 18:36
お邪魔します。
 儒教では文官と武官とでは文官が優位だそうです。また

・シビリアンコマンド それこそ「箸の上げ下ろし」にすら口を出す、指図する。
・シビリアンコントロール 専門家にまかすべきところはまかせて、主導権はきちんと握っておく。

と理解しています。ですから日本の「文民統制」とは「文官(背広組?)によるシビリアンコマンド」ではないかと思います。

 それからAAV7を実質装備でありながらサンプルと言って調達する件に関しては「国防・安全保障の価値など認めず、『金の無駄遣い』と決めつけている財務官僚が悪い」とでも考えているのかも知れません。
ブロガー(志望)
2013/12/11 23:55
専門家が専門家としての見識と資質を有しているのかどうか、端から判らないってのが困りもんなんですよ。
専門家は「私の言うことは間違いない!だって専門家だもん」って言ってますがね(そりゃそう言うでしょうよ)
他の分野の専門家は実践の場に晒されるから、わりと良し悪しが判るケースが多いんですがね。
自衛隊の場合、専門家の資質を確認すべく試しに戦争してみるっていうわけにもいかないし、困ったもんですわ。
きらきら星
2013/12/12 16:32
今週の週刊ポストにすら「水陸両用車は砂浜用で、岩礁の尖閣には上陸できない。」と書いてあるのを読んで愕然としました。税金を使って評価なんかしなくても、すでに結論は出ているのではないのでしょうか?一体、防衛省はどこまで政治家と国民をバカにすれば気が済むのでしょうか?
ひゃっはー
2013/12/12 20:48
よし!防衛省にACVとEFVを
選択肢として入れるように進言を(え)

轟け、EFVウォータージェット推進!!!!!!111
名無し
2013/12/15 13:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
大臣会見 AAV7の調達は文民統制を無視? 陸幕は関東軍か? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる