清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸自の銃弾 国連通じて韓国軍に提供へ 弾薬メーカーに対するボーナスか? 追記あり

<<   作成日時 : 2013/12/23 16:38   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 18

陸自の銃弾 国連通じて韓国軍に提供へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131223/t10014044031000.html

これって極めて政治的な匂いがします。

バカ高い日本製弾薬を提供する必要があるのでしょうかね。国産在庫が減れば、その分メーカーカーに発注ることになり、メーカーが儲かるという話じゃないでしょうか。

第三国の安価な製品を買ってそれを提供した方が、いいんじゃないでしょうか。例えばイスラエルのIMIとか南アのPMPあたりの製品であれば安価で高品質です。しかもスーダンには地理的に近いから、輸送コストも安いはずです。


他国では自国で弾薬を製造していても、演習用などとして安価な外国製のものを使用したりしてます。かつて英陸軍は小銃弾はIMIの物を使用し、その後PMPのものに変えたという記憶があります。実はPMPは世界的な弾薬メーカーだったりします。
ぼくも随分拳銃とかで同社の製品を撃ったことがありますが。快調でした。
仏陸軍は同様に野砲のフューズは米国製を使っていました。

弾薬のコスト低減と備蓄、緊急時の輸入の手配を真剣に考えるべきです。

その意味では早く日本ローカルの7.62ミリ減装弾をNATO弾に切り替えるべです。
現状は米軍との事実上の互換性もないですし。PKOで他国に融通するわけにもいかない。
無論弾自体は使用可能ですが、自動火器の場合、作動不良を起します。また弾道特性もことなりますから、通常NATO弾を使っている兵隊が、減装弾を使って命中させるのは難しいでしょうね。その逆も同様です。撃てないことはないでしょうが、戦時には実質的に相互互換性はありません。

まあ、アメリカがこのことをとやかく言わないのは、どうせ本土決戦で日米両地上軍が肩をならべて戦う、なんてシナリオを想定していないからでしょう。

今度陸自ではヘリ用にミニガンを入れる予定ですが、これにはNATO弾を輸入して使用するそうです。
64式はともかく、機銃はNATO弾に変更すべきです。また64式も早急に89式に更新すべきです。四半世紀もたって小銃の更新が終わらないなど、異常です。
でも市ヶ谷の人たちは異常とは感じていないのでしょう。その異常を異常と感じない、「市ヶ谷の常識」や感性が一番の問題です。

追記
この話はかなり急だったようで、本日の大臣会見で、昨日日本時間の10時50分に韓国に渡したとの話がありました。
ですから緊急性という点では第三国のものでは間に合わなかったようです。

危ないといっても、ある程度のリードタイムはあると思っていました。韓国軍はPKOを
舐めていたとしか思えません(まあ、我軍も褒められたものではありませんけども)。

今回の件は緊急避難的であり、政府の決定を支持します。





真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です


新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権
http://japan-indepth.jp/?p=1939
低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈
http://japan-indepth.jp/?p=1930

夢想的な平和主義者ではなかったネルソン・マンデラ〜武装組織への上手な処遇が生んだ安定政権
http://japan-indepth.jp/?p=1900
「軍事産業は国の財産」と演説した現実的政治家ネルソン・マンデラの死と「最後の未開拓巨大市場」南アフリカの現在
http://japan-indepth.jp/?p=1919
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1821
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1824

防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか@〜リモート・ウェポン・ステーションとは何か?
http://japan-indepth.jp/?p=1703
防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのかA〜必要な調達をする気のない自衛隊と必要ない装備を技術実証する技術研究本部の悪すぎる連携
http://japan-indepth.jp/?p=1720

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?


アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html


機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
お喜びのところに水をさして申し訳ありませんが、
すでに韓国から、本国から補給が済めば借りた弾薬は返還するという報道がもう有るようですが?

それと、関係ない質問で申し訳ありませんが、もうあれから何度も大臣質問会見がありましたが、まだ
いずもの文民統制違反の件、質問されてないようですがなぜでしょうか?

清谷氏の著書に書いたあるかどうかではなくなぜ大臣質問にこの件に触れないのを聞いています。
よろしければご回答ください。
PON
2013/12/23 20:26
高価な弾薬ですが、政治的なパフォーマンスとしては効果的だったのでしょうね。弾薬くらいなら渡してもいいと。
アシュール
2013/12/23 20:38
自衛隊が64式小銃に弱装弾を採用したのは大戦中の軽機の呪縛だと聞きます。
南方のジャングルで軽機が米軍相手に効果的だったので、
戦後突撃銃を開発する際に軽機的な運用の出来るものを要求して、
NATO弾で軽機並みの命中精度を実現するには弱装弾にするしかなかったとか。
二脚を付けたのも取り回しよりも命中精度を優先したためだとか。
その選択が正しかったのかどうかは、今となっては判りません。
今さら海外に64式は持っていかないだろうし、島嶼防衛にも使わないでしょう。
たぶん実戦での運用が無いまま消えていくでしょうからね。
きらきら星
2013/12/23 21:06
本文に同意ですが、これはもう人材不足です。実戦経験者の声を聞かずに、いくら考えても意味がありません。自衛隊が国連軍や多国籍軍の戦闘部隊に従軍すれば改善に向かうでしょう。それとも自衛官が身分を偽って(米国との密約で)、「日系人」として前線の米軍に従軍するかです。小銃などの個人装備は、小隊や分隊での実戦を知らないと話にならないはずです。弱装弾のメリットを本気で信じてる人は、自衛隊に戦闘のリスクを負わせる資格はありません。分隊支援火器のオート射撃は援護射撃のためです。少数精鋭で自己完結する特殊部隊では7.62o仕様のミニミを使っています(米軍)。小銃分隊を身軽にするなら5.56o弾でよいでしょう。ストッピングパワー重視や機械化部隊の乗車兵向けなら7.62o弾が要求されるでしょう。弱装弾の合理性は演習場内に限った話だと思います。

2013/12/23 22:09
>第三国の安価な製品を買ってそれを提供した方が、
それが出来れば韓国の方でやってるのではないでしょうか?
とすると韓国軍には近傍企業とのチャンネルが無いとか、緊急に欲しかったとかでしょうかね
また、ニュース等でご存知でしょうが、弾薬については返還されるそうです(使用せずにそのまま返還か同等品かは?ですが…)

>減装NATO弾
現状64式を使っているのは、後方部隊(戦闘職種除く)や予備自、新隊員教育隊ですからあまり気にしなくてよさそうです。どうせ当たらな(以下略
まあ、それは良いとして常装弾でも64式は特に不具合は起こらないそうです。(62はいつもの通り)
個人的には命中率は200m程度ではそう変わらないんじゃないかと思います(規正すれば)。ただ体格が小さい隊員だと衝撃を制御出来ないかもしれませんね。
しかし、どうせ64を装備しているのは(中略)なので結局変わらないのであった
ゆう
2013/12/24 04:08
他にも、集団的自衛権とか日韓関係とか、政治の匂いしかしませんね。
マリンロイヤル
2013/12/24 06:37
今回の件は、日韓関係改善のためだとか、武器輸出への道をつくるためだとか、いろいろ言われてますが、結局誰のための決定なんですかね?
韓国のためなら、恩義を感じることのない相手にわざわさ貴重な弾薬を融通しないといけないんでしょうか?
みけねこ
2013/12/24 15:24
まぁ、旧東側の自動小銃(5.45×39mm弾)を
使用する国も多いですからね。
ただ、政治的な匂いがするのは同意です。
武器輸出三原則の例外措置なので
ディスクロジャーが大切なのもわかりますが
安倍政権が韓国側に引渡したことを
記者会見で官房長官が
宣伝する必要性があったのか。
ただ、情報開示しなければしなかったで
逆に問題になってはいたでしょうね。
幾ら対中国政策やデタント外交とはいえ
韓国は竹島問題で形式的には仮想敵国ですから、
日本政府(自民党)が深い入りして
日韓友好を演出するのはどうかとは思います。
防空識別圏設定で日本の中国と韓国に対する
スタンスが二重基準なのも
支離滅裂で整合性と正当性を問われます。
外交の場でそれをやり過ぎると信用をなくします。
少々話が脱線しました、すみません。
名無し
2013/12/24 19:42
かつて、軍服を外国から調達するなどというバカなことをやっている国は無い、という大ウソを防衛大臣が発言したこともあったので、弾薬の輸入なんか防衛省は検討すらもしていないでしょう。まあ、予定通り南アフリカに防衛駐在官が配置されて、防衛省の視野が多少なりとも広がってくれれば良いのですが。
ひゃっはー
2013/12/24 19:50
7箱分の儲けってどれくらいですかね

そもそも1発幾らでしたっけ?
200円〜300円だとして300万円程度ですかね
第9
2013/12/25 05:57
南朝鮮軍は、近年対日戦のために高価装備を買いすぎて、弾薬も買えないと聞いてます。本当に弾を持って無かったんだと思います。
マリンロイヤル
2013/12/25 07:59
>きらきら星さん
減装弾でも結構反動がキツいんで、当てるのが難しかった記憶があります(というか89式の楽さに驚いた)
常装弾だともっと命中率が下がるのでは無いでしょうか?
ちなみに1度ずれるだけでも100mで1.8mのズレになります(距離に比例して拡大します)
常装弾だと遠くまで弾道が安定するかも知れませんが、照準が不安定になりそうなのが難しいところです

>マリンロイヤルさん
韓国部隊は工兵とのことで
元々ここまで状況が悪化するとは想定してなかったんでしょう
ゆう
2013/12/25 10:46
>>ゆうさん

「その判断が正しかったのかどうか」というのは軽機的な運用を目論んだこと自体が正しかったのかという意味でして。
64式を軽機的に運用するのを是とするならば弱装弾にせざるを得なかったとは思います。
きらきら星
2013/12/25 11:41
>きらきら星さん
いや、軽機的運用でも普通の小銃的運用でも平均的技量の日本人隊員には命中精度が向上するメリットがあるよ、ということです。
ゆう
2013/12/25 17:47
1発80円×1万発で80万円で大騒ぎ。ものすごい効果ですね。これでもっと嫌韓が増えてくれたら、ものすごい費用対効果です。
費用対効果
2013/12/25 18:55
自衛隊の使う弱装弾でなくては使えないと書いてありましたが。

南スーダンのPKOに参加しているウリナラ軍が、こともあろうか、日本の集団的自衛権の拡大に反対するという声明を出した本国を無視し、自衛隊に銃弾1万発の支援要請を出しました。現地の自衛隊は快く対応し、武器輸出3原則の例外措置として供出しました。左翼の批判する集団的自衛権拡大も武器輸出3原則緩和もなし崩しです。

 この銃弾はNATO弾と呼ばれ、NATO軍の標準規格です。ですから、韓国軍に提供できる国はたくさんあるはずですが、日本が選ばれたのには理由があります。それは、韓国の武器がパクリ品で、今回使用されている小銃もパクって改良したもの。そのせいで、通常の弾薬では持たなく、自衛隊の使う弱装弾でなくては使えない事にあります。

122 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/12/23(月) 16:43:39.52 ID:OZG+HH2F
韓国のK2はM16の部品を流用しつつ、六十四式や89式と同様のガスピストン方式を採用
発射時のガスが銃身に平行したピストンを作動させて排莢、装填する方式
排莢、装填時の詰まりが格段に減ったがNATO弾を使用すると故障しやすい欠点が
自衛隊は軽量その他の利点により火薬量の少ない弱装弾を使用
これならK2でも撃てるニダ!
ってことらしいのよ
弱装弾
2013/12/25 19:48
>弱装弾さん
弱装弾の話は64式7.62mm小銃の弾のことで、
今回の件は5.56mm小銃弾の話です
5.56mmの方は一般的なNATO弾です
ゆう
2013/12/26 00:32
他の国の弾は使えないと言ったのは周囲の軍の大半がNATO弾じゃないという意味では?
第9
2013/12/27 05:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸自の銃弾 国連通じて韓国軍に提供へ 弾薬メーカーに対するボーナスか? 追記あり 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる