清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 国産機銃はもうやめたほうがいいんじゃないかなぁ。

<<   作成日時 : 2013/12/20 12:28   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

機関銃データ改ざん5千丁 防衛省、住友重機を指名停止
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312180397.html

防衛省によると、改ざんや虚偽記載があったのは3種類の機関銃。74年度から調達契約している7・62ミリ機関銃の約1350丁と、84年度から契約している12・7ミリ重機関銃の約4千丁は、同社が納入当初から要求性能を満たす機関銃を量産できないと認識しながら、試験の書類にうそを書いて合格させていた。

 74年度から調達が開始された74式機銃も、M2重機も当初から性能を満たしていなかったわけで、住友重機にはまともな機関銃を生産する技術がなかった、ということになります。
 まあ、あの62式機銃をベースにした74式機銃が名銃になった、なんてことをいう「国産至上派」の人たちがいますが、駄馬を改良してもサラブレッドにはなりませんよ、普通。

 これは同社だけの問題ではなく、防衛省にも問題があります。

 同社の機銃に問題があることは分かっていたはずです。それを放置してきたのですから。
いえ、知りませんというのであれば、防衛省や自衛隊、特に装備部は無能の集団だったことになります。
あれほど現場では問題視されていることを調査もしなかったわけですから。
 企業よりも陸自の体質の方がよほど問題です。

 特に陸自には大きな問題があります。下車歩兵部隊がら7.62ミリ機銃を廃止したり、機関拳銃みたいな胡乱な短機関銃を開発させたり、まるで素人です。
 まあ中の人たちの受けや覚えの良さだけを考えて、戦争に使うことを考えていなかったのでしょうけど、当事者意識の欠如です。

 もう住友重機から機銃を買うのをやめたらどうでしょうね。銃器メーカーの再編の良いチャンスです。

 MINIMIはFNから、M2はFN他多くのメーカーが作っていますから、海外から調達すればいい。
 数分の一の値段で買えます。戦時備蓄として予備の銃や銃身などの予備パーツをかなり買い込んでも、半額ぐらいとか国内調達よりもかなり安くつくでしょう。

 それか日本製鋼所か豊和工業に仕事を振るか。まあ日本製鋼所は引き受けるかは微妙だし、豊和工業は本業の経営基盤がアレですが。

 74式機銃は当面用途廃止になる74式戦車などから引剥がして使えばいいでしょう。その間に違うものに替えるべきです。併せて普通科の7.62ミリ機銃を復活させるべきです。

 それから7.62ミリの弱装弾はもうやめ、NATO弾に規格を替えるべきです。戦時の米軍との互換性もないし、同軸機銃やヘリ用の機銃としては威力不足です。




真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です


新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権
http://japan-indepth.jp/?p=1939
低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈
http://japan-indepth.jp/?p=1930

夢想的な平和主義者ではなかったネルソン・マンデラ〜武装組織への上手な処遇が生んだ安定政権
http://japan-indepth.jp/?p=1900
「軍事産業は国の財産」と演説した現実的政治家ネルソン・マンデラの死と「最後の未開拓巨大市場」南アフリカの現在
http://japan-indepth.jp/?p=1919
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1821
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1824

防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか@〜リモート・ウェポン・ステーションとは何か?
http://japan-indepth.jp/?p=1703
防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのかA〜必要な調達をする気のない自衛隊と必要ない装備を技術実証する技術研究本部の悪すぎる連携
http://japan-indepth.jp/?p=1720

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?


アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html


機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時

現実を見る

たったこれだけのことで、防衛省は劇的に変わることができるんでしょうね。
ひゃっはー
2013/12/20 13:23
納入当初からって事は40年前からですよ。
ウソで塗り固められた会社と呼ばれても仕方が無いんじゃないんでしょうか。
そして今に至るまで気が付かなかったor問題視しなかった陸自は被害者ぶれる立場じゃないでしょう。
極端な事を言えば共犯に近い立ち位置じゃないんですかね。
そして住重は20mmのバルカンも作ってますが、こっちは海空自や海保でも使われてます。
そっちまで飛び火したら偉い事になりますね。
これは酷いw
2013/12/20 15:19
火薬を使用する銃や大砲の製造は、ものすごくローテクなので、歴史が無い日本の企業では、欧米の老舗企業に絶対敵わない分野です。レールガンとかレーザー銃とか、根本的に原理の違う兵器でも実用化されない限り、この状態は続くでしょう。検査に手加減なんぞしてるようでは、ますます技術的に引き離されるだけで、国産する意義が失われてますね。
マリンロイヤル
2013/12/20 15:49
以前「なぜ、陸自は宗教団体に似ているんだろう?」と思ったことがあるのですが、その理由の一つはおそらく「現実を見ようとしない」ことなんでしょうね。
 すると、どんな事が起こるかといえば「麻原尊師は宙に浮くことができる」と信じているオウム信者に、「人間は空を飛べない」と説得しても聞く耳をを持たないように、「自衛隊は清く、正しく、美しい組織だ」と信じているお偉いさんに、「機関銃の弾が出なくて、現場の隊員は困っている」と意見具申をしても40年間放置される、という事態が起こってしまう訳なんです。
ひゃっはー
2013/12/20 18:28
氷山の一角ですね
噂では96AGLや調達を中止した01ATMなんかも色々とあるみたいです。
元土木
2013/12/20 19:15
価格の高さだけで充分に納税者に背いているのに、まだその上をいく悪態があるんですね。陸自でも海外派遣経験者が増えて、いよいよ洒落にならなくなったのでしょうか。国産維持派各位に伺いたいです。

参考として、海外誌を邦訳した記事から、小銃に関するものを列挙します。アフガン、イラクでの米英軍の戦訓です。「砂塵とガンオイルが混ざった汚れで1日3回のクリーニングを強いられた(敵は汚れに鈍感なAK47)」「5.56×45o弾の威力が不充分で、遮蔽されたターゲットにはほとんど無効だった(小口径高速弾ばかりでは実戦で通用しない)」「5.56×45o弾は高速により殺傷力を得るが、軽量のため空気抵抗で減速しやすい。バレルが短いタイプでは150mほどで殺傷力が不足する。バレルが長いM16A2でも200mに伸びるだけである(ストッピングパワーの重要性)」「多くの兵士が鹵獲したAK47(7.62×39o弾)を使用したことがあり、実際に役に立った」

2013/12/20 20:35
元自ですけどその通りです62はほんとひどかった
しろ
2013/12/20 20:51
62式機関銃を開発した当時、M60をライセンス生産するという案も浮上したが、当時の日本の治金技術では、完全にコピーする事ができず、結局自力開発する事になったとか。
7.62ミリ機銃廃止論?携行火器が軽いほうがいいに決まってるじゃないか!
7.62ミリで、軽くて頑丈で打ちやすくて、反動が小さくて、安い機関銃、あるならおくれよ!

おれたちゃ担いで持ってくの!ヘリや戦車じゃないの

と現場の声がきこえてきそうです。

まあ、いまどき戦後の汎用機関銃思想がな正しいか、いわずもなかですが

みけねこ
2013/12/20 22:20
お邪魔します。
 経済学に「レモン市場」という言葉があります(心は「腐っていても外見からは分からない」)。「商品等の知識で売り手と買い手に大きな差がある場合、良い商品は出回らずろくでもない商品ばかりが出回る」事だそうです。ちなみに例としては「中古車」が挙げられていましたが、「それ自身には(効用)価値の無い金融商品」は中古車の比では無いと自分は思います。
 機銃の問題に関しては売り手(企業)の問題では無く、買い手(防衛庁・自衛隊)が「商品(兵器)の適切な判断を行わない(行えない?)」事が問題だと思います。防衛庁・自衛隊の人達にとっては「費用対効果の高い兵器を作る企業」よりも「何でも言う事を聞いて、天下りも受け入れる企業」の方が「有用」なのでしょう。尤も故マイケル・ジャクソンの主治医(医療機関でしか使えない麻酔薬を不眠治療に使わせていた)は雇用主の命よりも自らの保身を選んだようですが。ですから国産が外国産になっても「費用対効果の高い兵器」「身の丈に合った兵器」を調達せず、見てくれの良い兵器を脈絡なく調達した揚句、それを戦力化する事もしないのではないでしょうか。
ブロガー(志望)
2013/12/21 17:16
それにしても、豊和工業って経営がヤバイことになっていたんですね。いや〜早めに株を売っておいて良かった(笑)
ひゃっはー
2013/12/21 17:43
陸自の装備なんて採用前提のいい加減な試験評価しかしてないんだから、他の装備品も全部調査して欲しいですよ。しないだろうけど。基本的に陸自が天下りしてる企業の装備品は信用してはいけない。
機関銃だけではない
2013/12/21 18:54
自分も国産厨ですけど、74式が名銃だなんて聞いた事ないっすよw「62式よりはマシ」「一応ちゃんと撃てる」くらいですね。
黒いタヌキ
2013/12/21 21:40
弱装弾の件ですが、確か普通の7.62ミリ弾の反動力は日本人にとって大きい過ぎるので弱装にした。

胡散臭いですが、確かM14等も同様の問題が有り、オートが殆ど使えません。

仮に、10%の弱装で何とか小銃からオートを使えるならそうするべきでは?寧ろ、弱装弾を外国に売りましょう。あ氏も言ったが、現在5.56ミリの威力は疑問視されているし。だからと言って新しいの口径を導入するとは面倒です。

まあ、勿論以上の全ては飽くまで弱装するなら本当にオートが可能に成ると想定しているの話。実際はどうですが、と伺いたいです。
香港からの客人
2013/12/21 22:43
 清谷様にしょうもないお願いがあるのですが、「宗教法人・大東亜陸軍」という小説を書いて頂けないでしょうか(笑)
 新型戦車を調達して、まだ使える古い戦車をスクラップにする、という「戦車の式年遷宮行事」が行われていたり、教祖様がテレビで「世間一般や外国の常識を我々に当てはめるな。汚わらしい。」と発言したり、現場の「信者」が機関銃の弾が出なくて困っていたら、幹部が「それは、お前らの気合・努力・根性が足りんからだ!」と言いながら、絶妙な指さばきで直してしまうという「奇跡」を起こしたり… ラストは災害派遣で大活躍、というハッピーエンドでいいでしょう。
 ふざけてすみません。
ひゃっはー
2013/12/22 17:20
お疲れ様です。
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_22/126283620/
>日本は、防衛装備品の共同開発でフランスと協力する方針


武器も間近ですかねー
自民政権が続くならば、ですが
unimaro
2013/12/23 00:11
アメリカでさえ、銃に関しては老舗メーカーがあるので何とかなってますが、大砲艦載砲戦車砲なんかは国内に老舗メーカーが無いので、欧州製をそのまま導入してるケースがあります。良い銃砲があれば輸入でいいんですよ、日本がカネ入れて研究して何とか成りそうなのは、周辺の機器(自動装填装置とか軽量化の材料とか)でしょう。
マリンロイヤル
2013/12/23 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
国産機銃はもうやめたほうがいいんじゃないかなぁ。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる