清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦闘車はザリガニの「エビフライ」

<<   作成日時 : 2013/11/03 11:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 102 / トラックバック 0 / コメント 13

 いつも批判ばかりではなく、多少は自衛隊のことを褒めたらどうだ、というお便りを頂きました。ですが、褒めるところは褒めていますよ。例えば震災の災害派遣で現場は頑張っているとか。

 出版の現状として、自衛隊を礼賛する傾向が多いわけです。書き手が欠点を知っていても敢えて書かないことも多々あります。ですから「欠点は存在しない=自衛隊最強、いつも正しい」的な、リテラシーの低い読者が増えているわけです。
 実際礼賛的な記事を載せたほうが本にしても雑誌にしても売れる傾向があります。また防衛省や自衛隊もそのような企画であれば取材などの便宜も積極的に図ってくれます。
 問題点を知っていても書かない人も少なくありません。

 ですからぼくは問題点を指摘する記事を多く書いています。それでもバランスからすると、出版界のバランスを見れば、自衛隊に批判的な記事は著しく少ないわけです。ですからぼくはオンブズマン的な記事を書いているわけです。

 ぼくの場合海外取材記事が多く、防衛省に依存することが少いし、別に収入もありますから防衛省の顔色をうかがう必要もありません。ですから過去に何度も防衛省や自衛隊から恫喝や嫌がらせや圧力も受けてきましたが、屈することもありませんでした。好意的な本を書けば買い取ってやるという懐柔もありましたね。そいう誘いに乗っている人もおられるようですが。

 そんなわけで仕事のスタイルを変えるつもりは毛頭ありません。

 昨日は加山雄三のコンサートに行ってきました。アンコールでスーダラ節が聞けたのが最大の収穫でした。意外に植木等と加山雄三って声の質が似ているんですね。


 さて、本題です。
 機動戦闘車の開発は機甲科が根回しをして、動きまわって実現しました。
 その唯一最大の目的は機甲科の勢力減を防ぐことでした。

 ソ連崩壊後戦車の定数が大きく削減されるのは見えていました。1200輌が400輌に減らされると乗員が4名の74式だとして搭乗員だけで3200名、これに整備関連4000名程度、さらにその他の支援部隊や駐屯地、司令部などの人員などが減らされます。

 当然ながら将官、将校らのポストも大きく減ります。これは機甲科としては大きな痛手です。
官僚組織の権勢は予算と頭数ですからその両方が大きく減らされるということは、陸自の中での機甲科の発言力が大幅に減じられることになります。


 ですから、戦車のようで戦車では無いシロモノを作ろう、となったわけです。例えば戦車が400両で、これに「戦車もどき」の機動戦闘車が200輌(内部ではこのくらい調達する予定だそうです)整備できるのであれば、実質的に「戦車」の数は1.5倍に膨らます事が出来ます。
 当然ながらその分、機甲科の「失業」を減らすことができます。

 ところが内局や財務省から、あれは戦車だろう、言われてしまっています。機動戦闘車が現在の戦車400輌の定数に入ると、「本物の戦車」が半分に減ってしまいます。

 ぶっちゃけた話、機動戦闘車の仕事は中口径の機関砲を搭載した歩兵戦闘車で十分行えます。ですが、それだと普通科に美味しいところを持って行かれてしまいます。また諸外国で開発されているような間接照準もできるような両方砲にすると、今度は特科にも美味しいところが行ってしまい、機甲科はババを引いてしまいます。

 
 ですから機動戦闘車の運用はどこか決まっていない、使うのは戦闘部隊だ、なんぞという世世迷い言を陸幕長が率先して言っているわけです。
 これ米軍やら外国の軍人に聞かれれたとっても恥ずかしいですよ。要求をする主体が決まっていないのに、開発しました。使い方は作ってから考えますなんてトンデモもいいところです。

 そこらでアメリカザリガニを捕まえて、フライをつくってもこれは「エビフライ」にはなりません。いくらコロモを変えようが、エビフライにはなりません。
 それと同じで機動戦闘車は中身が「失業対策」というザリガニであって、自衛隊の強化や国防の強化といったエビではありません。
 ですから、いくら島嶼防衛やらゲリコマ対処といったコロモをつけてもエビフライにはなりません。

 さて、これで量産の予算が通ったらどうするのでしょうか。仮に普通科が運用するのであれば、機甲科が要求をして、普通科が運用することになります。
 それに弾薬補給車の開発と、その分の人員の手当はまだ付いていないはずです。

 ネット上ではとにかく国産兵器が大好きな人達が、その正当化に色々な情報や意見を貼り付けています。そもそも機動戦闘車は絶対必要、優秀な兵器だという「結論」から「結論」を見導こうとしています。

 諸外国の同様の車輌の開発・運用思想、そして将来の我が国の想定する戦場、更には現在の防衛予算と防衛産業の問題点などから機動戦闘車の是非を問うべきです。
 が、はじめに結論ありきの視野の狭い人たちが議論をしても建設的な議論にはなりません。

 span style=color:#e00>新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております。http://japan-indepth.jp/?cat=51

自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?@
http://japan-indepth.jp/?p=979
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?A
http://japan-indepth.jp/?p=994
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?B
http://japan-indepth.jp/?p=1011

“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制@
http://japan-indepth.jp/?p=941
“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制A
http://japan-indepth.jp/?p=950

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違い@|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(3)
http://japan-indepth.jp/?p=900

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違いA|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(4)
http://japan-indepth.jp/?p=906

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違いB|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(5)
http://japan-indepth.jp/?p=909

陸自の新兵器、機動戦闘車は無用の長物
http://japan-indepth.jp/?p=755

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza

陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(上)――不足する情報収集
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102300007.html?iref=webronza

陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(中)――参考になる英海兵隊
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102400005.html?iref=webronza

陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(下)――自衛隊はプロ集団の英海兵隊に学べ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102500005.html?iref=webronza




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 102
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
で、機甲科出身の陸幕長によって、陸自の機甲戦力は弱体化するわけなのですね。まあ、御本人はそう思っていらっしゃらないのでしょうけれど。
ひゃっはー
2013/11/03 12:53
対戦車戦闘が出来ない軽装甲の装輪車両が機甲科というのも正直どうかと思いますな。
実際に編成されたら「第○○機動戦闘車大隊」とかいう名称になるんでしょうかね。
現場で仕事する隊員にしたら職種バッヂが普通科でも、あんまし関係ないと思いますがねえ。
どうせ仕事も訓練も同じなんだし。
あーでも、次の異動先が普通科のナンバー中隊で鉄砲担ぎとかだったらやっぱり嫌かなあ。
今さら車を降りて歩けるかってのはあるかも知れません。
きらきら星
2013/11/03 16:32
歩兵と機甲が資源を奪い合うとは進歩のかけらもないですね。少なくとも先進国の軍隊とはいえないでしょう。私なら機甲の余剰人員対策には、機械化歩兵を充実させます。機械化歩兵旅団でもこしらえれば、自ずと装甲車両も派生を前提にプラットホーム化するでしょう。ただし冷戦時代前期の頭脳しかない人たちに、機械化歩兵部隊を使いこなすのは無理なので税金の無駄遣いになる運命ですね。

2013/11/03 19:15
いつもながら勉強になります。それにしても幕僚幹部や中枢の政治家もそろそろ真剣に考えてもらいたいものですね。

KOTORI
2013/11/03 20:32
まあ別に、普通の軍隊みたいに装甲車を増やせば、運転手やら整備士で、戦車乗りの需要はあるのにねー。

カネもないんだから、せめて需要のあるモノを買えば良いのに・・・


カレー味のみそ汁
2013/11/03 20:50
 念のために申し上げておきますが、ザリガニは、フランス料理では高級食材として珍重されております。
英知の人・エイチマン
2013/11/03 20:54
少し、この記しゆ主旨が違うかもしれませんが、書かせて下さい

今、中国は、海空かよ強化しています。
なぜ、自衛隊は、海空自衛隊じゃなくて、陸自の強化なんですか?
税金の無駄遣いのような気がします
いか太朗
2013/11/03 23:14
戦車大隊の末番中隊が16両編成
4両4小隊。1個普通科連隊に1個小隊だな。
っと妄想。確かにこの正面装備は必要ないよね。
べいべー
2013/11/04 00:43
戦車が減っても他の装甲車両が増えれば整備要員は削減されないと思います

>きらきら星さん
機甲科は偵察隊も居るので鉄砲持って歩きたくない人はどうかと

機甲科なら少なくとも機甲MOSは持ってるし機甲教育隊の偵察(機)も富士学校の偵察(普)とは内容も違うのでは?

機甲が欲しがったのか普通科が嫌がったのかにも寄りますけどね
第9
2013/11/04 06:07
>フランス料理では高級食材
存じております。現地で食べたこともあります。
ここでのイメージはそこらの田んぼで取ったアメリカザリガニでフライを作っても「エビフライ」にはならないよ、というところです。
キヨタニ
2013/11/04 11:43
米国防長官だったゲーツは、いろいろ批判はあっても政治の責任で兵器開発プロジェクトをバサバサ斬りました。防衛大臣以下、政治家の責任で調整するべきでしょう。
マリンロイヤル
2013/11/04 14:53
勝手な想像ですが「我々は誇り高き戦車マンである。なんで今更、他の職種のアゴで使われなきゃならんのだ。」という誇りがあって、それが陸自の変革を阻止しているのではないのでしょうか。もっとも、部隊を動かすには、そうした誇りが必要な部分が確かに有るでしょう。しかし、それが同時に陸自の持病にもなってしまっているように思えるのです。
ひゃっはー
2013/11/04 20:38
お邪魔します。
 かつて日本海軍は装甲空母大鳳と装甲空母の飛行甲板に大型爆弾を叩きつける陸爆銀河を作ったと聞いた事があります。今度陸自は水陸両用車を導入したので、上陸してくる敵の水陸両用車を狙い撃つために機動戦闘車を作ったのかなとも思ったりします。
・水陸両用車は陸上の機動性はそれ程高くないので装輪で差を付ける。
・水陸両用車はMBTではないので105ミリ砲で撃破可能。
・90式もしくは10式戦車は敵のMBTに対抗するために温存(敵のMBTは敵が橋頭堡を確保した後でないと上がってこない?)。
ブロガー(志望)
2013/11/04 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
機動戦闘車はザリガニの「エビフライ」 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる