清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS AAV7は必要ない。

<<   作成日時 : 2013/11/16 18:23   >>

ナイス ブログ気持玉 73 / トラックバック 0 / コメント 13

 陸自は約3000名の水陸両用部隊を編成することになっていますが、基幹は3個普通科連隊になりそうです。各連隊は600名でウチ一つは西方普通科連隊を転用するようです。

 それに各種支援部隊ですが、水陸両用車輛部隊では22輛のAAV7を調達するらしいです。ただ三菱重工も開発に意欲を持っていて水陸両用装甲車を5〜10年で開発できるといっており(マジですかい)、これも考慮にに含めて数年後に最終的な決断をするわけです。
 が、具体的に検討しているのはAAV7だけで、それがコケたら三菱重工案に乗るのでしょうか。せいぜいが30輛の少数開発・少数生産という効率の悪い調達をまたもやるのでしょうか。

 AAV7は現在FMS経由ですが、メーカー直輸入に切り替える可能性もあります。
 ただAAV7は米国でしか重整備ができず、それに1年半もかかるそうです。であれば稼働率の低下を見越してより多く必要でしょう。
 また三菱重工でノックダウン生産も考えられているそうですが。既に6輛調達しており、残りは16輛を国内生産するのでしょうかね。未だにAH-64Dの経験が活きていないようです。

 そもそもAAV7はリーフを踏破できないことはわかっているのに何で導入するのでしょうかね。事前に海兵隊と実験すればよかったのに。またAAV7はLCACに搭載して運用するそうです。そのためLCACも改修されます。であればAAV7ではなく、バイキングやその他の水陸両用装甲車ももっと真剣に検討すべきでした。
 なにか森本大臣時代にはじめにAAV7の導入ありきで話が進んでいたようです。

 それから特科部隊として、空挺団同様に120ミリ迫撃砲の部隊が配備されることが検討されているようです。駐屯地は大分県になりそうです。その他舟艇部隊も編成されるようです。

 更に陸自総隊が創設され水陸両用部隊を直轄し、合わせて特戦群も直轄として統合的に運用しようという構想もあるようです。

 その他PKOなど海外用としてMRAPの調達も予定に入っています。またオスプレイを調達すする場合、単価は120億円ほどを見込んでいるようです。

 このエントリーには訂正があります。下記を参照のこと
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_15.html



style=color:#e00>新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております。

陸上自衛隊の時代遅れな「最新型戦車」の量産に疑問〜1千億円の開発費と毎年10輛・150億円に効果はあるか@
http://japan-indepth.jp/?p=1255
陸上自衛隊の時代遅れな「最新型戦車」の量産に疑問〜1千億円の開発費と毎年10輛・150億円に効果はあるかA
http://japan-indepth.jp/?p=1282
陸上自衛隊の時代遅れな「最新型戦車」の量産に疑問〜1千億円の開発費と毎年10輛・150億円に効果はあるかB
http://japan-indepth.jp/?p=1285



近代オリンピックは欧米の歴史コンプレックスが源流だ@
http://japan-indepth.jp/?p=1068
近代オリンピックは欧米の歴史コンプレックスが源流だA
http://japan-indepth.jp/?p=1090

自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?@
http://japan-indepth.jp/?p=979
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?A
http://japan-indepth.jp/?p=994
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?B
http://japan-indepth.jp/?p=1011

“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制@
http://japan-indepth.jp/?p=941
“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制A
http://japan-indepth.jp/?p=950

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違い@|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(3)
http://japan-indepth.jp/?p=900

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違いA|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(4)
http://japan-indepth.jp/?p=906

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違いB|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(5)
http://japan-indepth.jp/?p=909

陸自の新兵器、機動戦闘車は無用の長物
http://japan-indepth.jp/?p=755

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza


陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(上)――不足する情報収集
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102300007.html?iref=webronza
陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(中)――参考になる英海兵隊
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102400005.html?iref=webronza
陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(下)――自衛隊はプロ集団の英海兵隊に学べ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102500005.html?iref=webronza



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 73
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
>AAV7はリーフを踏破できないことはわかっているのに何で導入するのでしょうかね。
>またAAV7はLACACに搭載して運用するそうです。

おっしゃる通り、これじゃAAV7を導入する意味は半減ですね。
沖縄にはだいぶ潜りに行ってたので、大方のリーフがどんな地形か、ある程度理解しているつもりですが、生半可な装軌車両じゃ、下がグズグズで滑るか、クレバスに落ち込んで擱座するのが落ちですね。一見上陸可能に見えそうな浜でも、近づくことが難しいでしょう。

いっそのこと、AAV7の大きさを利用して、自走迫撃砲に魔改造してしまうのはいかがでしょう?
迫撃砲も配備されるようですが、けん引式の120oだと、LCACで揚陸しても、砂浜で立ち往生しそうな気がします。ならばいっそのこと自走化してしまえばメリットも多いし、せっかくのAAV7も有効活用できそうな気がします。
PAN
2013/11/16 20:52
 オスプレイの価格は米軍の1.5倍くらいですか。少数配備で特殊部隊専用機になりそうな気がします。発表された陸自の定員増加分が海兵隊的戦力になるのですね。
政治家の先生や官僚さんは海兵隊と聞いたらノルマンディーや硫黄島の上陸作戦の風景しか浮かばないのでしょうかね。
震災の時もでしたがフィリピンへの米軍の展開の速さに学んでほしいです。
興味深い記事をありがとうございます。
カド
2013/11/17 01:31
お役人は、ブランドが大好きなので、買い物をするときは、まずは日本製、それがダメなら、外国のブランドをあさります。傾向を見ていたら、何で?て買い物をするのは、過去のブランドイメージを未だひきずって、ほかのメーカーの製品を研究しないからです。ほとんど年寄りの骨董集めです。
みけねこ
2013/11/17 06:33
AAV7は運用研究や調査の為の参考品でしょう。
今更、05式より劣る物を本格導入はせんかと。

>5〜10年で開発
新装甲車も5年ですし、最新鋭戦車のように特に高度な製品でないならこんな物でしょう。
EFVレベルまで欲張るなら別でしょうけと。
融合炉
2013/11/17 09:18
LCACにAAV7を載せる、って意味不明ですね(笑)それでいて、艦艇が島に接近したり、LCACが海上航走中に攻撃されないようにするための陸上攻撃ミサイルは、理解が得られないから導入見送り、ってバカげていて支離滅裂もいいところです。
マリンロイヤル
2013/11/17 09:45
なんだか、アレもコレも欲しい!みたいな話になっていますね。この先、予算が劇的に増える保証はどこにもないというのに何とも優雅なものです。それはそれで、今度はMRAPも導入するんですか?米軍も運用中の車体を処分するようですから、かなりリーズナブルなお値段で購入できそうですが、ろくにテストもしないで、言われるがままに使い物にならなそうな車体を押し付けられそうな気がします。何も米軍が持っているものが必ずしも一番とは限りませんし。
カッコ
2013/11/17 10:47
性能は別としても訓練用に限って
AAV7を少数導入する分には
良いのではないでしょうか。
安かろう悪かろうと言えばそれまでですが、
教導員の訓練用として慣れさせ、
時期が来たら本格的な実戦用は別の車両とすれば
キヨタニさんは満足でしょうか?
米国でもACVという後継車開発計画もあります。
機動性重視ならEFVが好みですが。
名無し
2013/11/17 15:14
カッコ様へ
司馬遼太郎の小説で、幕末の各藩がアメリカから旧式の洋式銃をつかまされる、みたいな場面がありました。あくまでも小説上の話なのですが、この場合はアメリカ人が悪い訳ではないでしょう。海外の情勢や銃の情報収集をやっていなかった、日本人がバカなんです。
ひゃっはー
2013/11/18 22:05
>ひゃっはー様へ。
まさに仰るとおりかと思います。常々、清谷さんも指摘されていますが、どうもわれわれ日本人、それも組織の上に立つ人間ほど情報にカネをかけないというか、あわよくばタダで手に入れようと思っているフシがあるように思える時があります。こればかりは、小さい頃から教育しないと直りそうにはありませんね。それはそうとAAVの代替になりそうな装軌車となると、ヴァイキング(Bvs10)かシンガポールのブロンコ(英海兵隊名「ウォートホグ」)くらいですかね(似た者同士で甲乙付けがたいですが)。
カッコ
2013/11/19 21:46
米軍ではV-22対応120重迫牽引車を数百台持ってます。V-22をFMS購入するとセット納入されます。
ちきてり
2013/11/19 23:55
カッコ様へ
その小説では、その後で長岡藩の河井継之助が現れて、アメリカは南北戦争が終わった後でその値段は高いだろ、とか色々なやり取りをした後で、ミニエー銃を大量購入してました。
ひゃっはー
2013/11/20 08:13
オスプレイ搭載車両はジムニーがパジェロミニあたりで構わないんじゃないですか。1000CCエンジンでも載せとけば充分でしょう。
どのみちオスプレイだけ突出して陸兵運んだところで戦争にはならないんだし、
デカイ車両は追っかけ大型ヘリかLCACで運べばいいんです。
きらきら星
2013/11/20 14:09
http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/review/2-2/2-2-6.pdf
>また人員のみの海岸線への揚陸については、米軍の使用しているAAV(水陸両用強襲車両)も選択肢として考えられるが、我が国の島嶼部を想定した場合、有効に使える海岸線が少ないため、その有効性には議論の余地がある

海自にはこう考えてる人もいるようですね
mu-
2013/11/28 13:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
AAV7は必要ない。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる