清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【NHK記者の暴言発言】NHKは「人民解放軍」なのか

<<   作成日時 : 2013/11/15 14:14   >>

ナイス ブログ気持玉 93 / トラックバック 8 / コメント 8

 
 さて、以前例の防衛省大臣会見後の暴言問題のNHK政治部、鈴木徹也(てつなり)記者の上司の,イトウなる人物とお話ししました。
 イトウ氏は私も謝るからこの電話の謝罪で許せと言ったわけです。ですが彼は自分のポジションも、氏名も名乗りませんでした。

NHK政治部記者の暴言 不誠実な「皆様のNHK」の態度
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_10.html
防衛省記者会見後に罵倒し、圧力を掛けた記者の正体。皆様の大NHKは過ちを犯さず
http://kiyotani.at.webry.info/201311/article_5.html
防衛省記者クラブの匿名で罵声を浴びせる残念な記者(画像あり) 
http://kiyotani.at.webry.info/201310/article_7.html

『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在@
http://japan-indepth.jp/?p=1131
『記者クラブ』というシステム〜防衛省大臣記者会見後で非記者クラブ会員に圧力をかけるNHK記者の存在A
http://japan-indepth.jp/?p=1135
画像


 それでいて謝るから許せ、というのは随分な態度ではないでしょうか。「皆様の大NHK」の権威の前には外国メディアやフリーランスはひれ伏すとでも思っているのでしょうか。
 それともかつての人民解放軍のようにNHKではデスクとか、部長とかの役職もなくてみんな記者なのでしょうか。普段からの中国様よりの報道を見るとそうも思いたくなってきます。

 まあ、部下が部下ならば上司も上司という感じを受けました。今回の件はNHKの記者というか組織的な気質に起因しているのではないでしょうか。ついでに言うと自分の直通電話番号も教えませんでした。まあ、人に謝る人間の態度じゃないですよ。NHKではこれが普通なのでしょうかねえ。



 件の鈴木徹也記者ですが、水曜日に所用があって防衛省に行った際、ご自分の席で椅子の背にもたれかかって昼寝をしておりました。
 ええ、別にいいんですよ。昼寝をしても。眠たいのに無理して仕事をしても能率はあがりませんから。ぼくも事務所では良くやっています。ただし20分位上になると逆効果らしいですけども。

 ぼくら外部の人間から見ると防衛省は「取材先」なのでそこで昼寝をするというのは違和感を覚えますけど。よく外国に行くと「ご自宅と思って寛いでください」と言われますが、記者クラブは自宅同然なんでしょう。
 実質的には公費で負担している部分が多いけど、自分たちもカネを払っているのだという意識があるのでしょうか。
 まあそれも皆様の受信料で賄われているわけですけども。

 不思議なのは水曜日には会見も、ブリーフィングもありませんでした。火曜日に大事件があって、防衛省に泊まりこみ、という事があったわけでもなく、急いで記事を書く必要も無かった思います。事実記者クラブは閑散としておりました。

 昼寝をするほど疲れるような仕事があったのでしょうか。そういえば鈴木記者にかぎらずあまりNHKの記者は記者会見で質問もされていないような気もしますけども。ええ、多分ぼくがいない時の記者会見ではきっと鋭い質問をなさっているのでしょうけど。

 別に用事がなければ社で仕事をすればいいと思うのですが、まさか昼寝をするために記者クラブに来たわけではないでしょう。何しろ皆様のNHKの政治部の記者がそんなに低いモラルのはずがありません。


 それから機動戦闘車の調達単価は4.5〜5億円を目指しているようです。もっとも10式も7億を目指して10億円止まりなので、そうなるかどうかは予断を許しませんけども。ただ7億円ぐらいになると、戦車もどきに7億円、だったら戦車を買えとなるのではないでしょうか。今年度予算で技本の開発したRWSを機動戦闘車に搭載し、試験するための予算が計上されていますが、結果が良くても予算上の理由で搭載はなし、となるでしょう。

 市ヶ谷界隈では戦車の定数が300輛に減らされるのであれば、10式が100輛程度、200輛は90式などと算段をしているらしいです。

 機動戦闘車は機甲科の偵察隊配備だそうです。三個中隊を整備するそうです。だったら「戦闘部隊」に配備なんていわなければいいのに。当面北海道以南の師団あるいは旅団の一個普通科連隊に機動戦闘車の中隊を配備して即応普通科連隊にするそうです。

 機動戦闘車の試験は27年度までですから、量産品の予算がつくのは早くても28年度、あるいは29年度からになるでしょう。それまでに10式の調達は終了、その後機動戦闘車の調達が始まるかも知れません。であれば戦車の二倍、すなわち年30輛程度のペースで調達が可能となるでしょう。

 因みに陸幕は調達数を250輛としているようです。以前の部内の見積もりでは200輛だったので、増えています。これは戦車の定数が削減されるので、その穴埋めを狙っているからかも知れません。



style=color:#e00>新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております。

陸上自衛隊の時代遅れな「最新型戦車」の量産に疑問〜1千億円の開発費と毎年10輛・150億円に効果はあるか@
http://japan-indepth.jp/?p=1255
陸上自衛隊の時代遅れな「最新型戦車」の量産に疑問〜1千億円の開発費と毎年10輛・150億円に効果はあるかA
http://japan-indepth.jp/?p=1282
陸上自衛隊の時代遅れな「最新型戦車」の量産に疑問〜1千億円の開発費と毎年10輛・150億円に効果はあるかB
http://japan-indepth.jp/?p=1285



近代オリンピックは欧米の歴史コンプレックスが源流だ@
http://japan-indepth.jp/?p=1068
近代オリンピックは欧米の歴史コンプレックスが源流だA
http://japan-indepth.jp/?p=1090

自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?@
http://japan-indepth.jp/?p=979
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?A
http://japan-indepth.jp/?p=994
自衛隊の情報源はウィキペディアや2ちゃんねる?B
http://japan-indepth.jp/?p=1011

“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制@
http://japan-indepth.jp/?p=941
“報道ヘリ”が象徴する大手メディアの問題点〜災害救助の弊害と匿名の無責任体制A
http://japan-indepth.jp/?p=950

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違い@|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(3)
http://japan-indepth.jp/?p=900

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違いA|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(4)
http://japan-indepth.jp/?p=906

大手新聞も混同「武器輸出三原則」と「武器輸出三原則等」の大きな違いB|[連載]清谷信一「自衛隊の常識は軍隊の非常識」(5)
http://japan-indepth.jp/?p=909

陸自の新兵器、機動戦闘車は無用の長物
http://japan-indepth.jp/?p=755

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza


陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(上)――不足する情報収集
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102300007.html?iref=webronza
陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(中)――参考になる英海兵隊
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102400005.html?iref=webronza
陸自の「水陸両用部隊」は米海兵隊の劣化コピーでいいのか(下)――自衛隊はプロ集団の英海兵隊に学べ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013102500005.html?iref=webronza

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 93
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
陸自は旧式化したAH-1をどうするつもりか?
 陸自は旧式化したAH-1Sコブラの代わりにAH−64Dアパッチを導入したわけですが、  御存知の通りずさんな計画が仇となって、13機で調達が中止となっております。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/09 16:43
ドーピングのどこが悪い?
 さて、ソチで冬のオリンピックが始まっております。    世間が盛り上がっているところ恐縮ですが、前から申し上げているように、ぼくはオリンピックが嫌いです。  日本の選手を応援することもない非国民です。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/10 12:57
マンホールに落ちる「韓国」戦闘機、飛べない警戒機…を、笑えるのか? 人のふり見て我がふりを
防空識別圏を監視する早期警戒機は4機を導入したばかりだが、整備不良で1機しか飛べない状態。スクランブル(緊急発進)する戦闘機も1機がマンホールに落ち込み大破するという“伝説的な事故”を起こしたばかりか、ミサイル誘導用の電波が民間の携帯電話の周波数と一致するトンデモぶり。もはや軍は「外華内貧」の実態を隠し通せない事態に直面している。 産経新聞の岡田敏彦記者の記事です。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/11 16:26
陸上自衛隊を弱体化させて日本を守れるのか!、と仰るご本人達が陸自を弱体化させてきた
断っておくが、筆者は陸自(陸上自衛隊)のOBであることから陸自擁護論を展開しているのではない。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/12 18:52
防衛省、外国メディア向け「研修旅行」の怪 大臣の見解と現場の見解の大きな乖離
 さて、本来昨日・本日と防衛省が外国メディア向けに行う一泊二日の「研修旅行」に参加するはずでした。  対象は在日外国報道協会(Foreign Press in Japan 略称FPIJ)会員です(ぼくは外国メディアの人間の資格で防衛省の記者会見に参加しております)。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/14 14:03
ディーゼルバイクって売れないものか?
 2010年のヨルダン見本市で、アメリカのHDT社が軍用としてディーゼルエンジン搭載のオフロードバイクを展示していたのですが、これってあまり売れないんでしょうかね。  ある程度は米軍などで採用されているようですが、その後あまり見本市では見かけておりません。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/16 13:46
報道の自由、日本後退59位 そんなに「上位」だったの?
日本は、各国を5段階に分けた分類で上から2番目の「満足できる状況」から、主要先進国で唯一、3番目の「顕著な問題」のある国に転落。東アジアでは台湾や韓国を下回る自由度とされた。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/02/18 11:20
 朝日「慰安婦誤報」そもそもも問題は? 記者クラブ制度も問題じゃないのかね?
※ 朝日「慰安婦誤報」に若手記者からも怒り「大誤報したのに退職金もらって…」 http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/299064/ ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/08/10 16:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
人間や組織は責任の所在をはっきりとさせておかなかった場合、どんな卑劣な行為をも行い得る、ということですか。(例:警察、防衛省、NHK、ネットの住人、マスクをした運動家)
勉強になりました。
ひゃっはー
2013/11/15 14:52
この人、窓際族じゃないですかね。人畜無害で定年まで適当に遊ばさせているとか。
もしかして
2013/11/15 19:16
 お腹立ちでしょうけども、この件はどこかで手打ちにされてはどうでしょうか。あまり、追及が激しすぎると今度は一転して過度の謝罪を強要したということになりかねないですし、それでは防衛省の記者会見で独自の強みをもった質問を繰り出せるようにはならなくなってしまうかもしれませんし。

機動戦闘車は87式警戒偵察車の後継になるんですね。となると、将来的には観測マストや電子戦マストなどをつけた派生型が出てくることもあるのかしらん。
とん
2013/11/15 23:29
>どこかで手打ちにされてはどうでしょうか。

まあ、仰るとおりなんです。そう思って詫び状書けば許そうと思っていたわけです。

ですが鈴木記者が事実上謝罪を拒否した段階でこれおは組織としてのNHKにボールが移った訳です。ですが彼らはそれを組織の問題としたながらない。

ダメな組織の通例ですが、トラブルが起こった場合上に上げたり、組織として対応せず現場でもみ消そうとするわけです。今回のNHKの対応はまさにそれです。ですからこの件はNHKが組織として見解を示し、謝罪をするまでやめません。
別に腹が立っているからではなく、仕事上のけじめですから淡々とやっております。
キヨタニ
2013/11/16 10:28
>どこかで手打ちにされてはどうでしょうか。

まあ、仰るとおりなんです。ご心配いただいて恐縮です。そう思って詫び状書けば許そうと思っていたわけです。

ですが鈴木記者が事実上謝罪を拒否した段階でこれおは組織としてのNHKにボールが移った訳です。ですが彼らはそれを組織の問題としたながらない。

ダメな組織の通例ですが、トラブルが起こった場合上に上げたり、組織として対応せず現場でもみ消そうとするわけです。今回のNHKの対応はまさにそれです。ですからこの件はNHKが組織として見解を示し、謝罪をするまでやめません。
別に腹が立っているからではなく、仕事上のけじめですから淡々とやっております。
キヨタニ
2013/11/16 10:30
清谷様

今回のNHKの一件を見ていると、マスコミというのは「謝罪する」という経験が少ないために、追求されると、どう対処してよいかわからないのでは‥という気がします。

防衛ではないですが、攻めるのは強いが、守りは弱い‥という組織のような気がしてきました。
ブリンデン
2013/11/16 13:51
>>ブリンデンさん
企業上、それって大分まずいような
気がするのですがどうなんでしょうか。

リスクを考慮せずに対応してあとで追及されて
考えていませんでした。と言ったら企業の資質を
問われる気がします。(IT企業でそんな事いったらお客様に襟首つかまれちゃいます・・・。)

まぁ、企業の資質に問題があるから
○HKさんは問題になってるんでしょうけど・・・。
フォックステイル
2013/11/16 18:11
お邪魔します。
思うに件の記者側からすれば
・最善 速やかに詫びを入れる。
・次善 無視する・関わらない。
・三善 徹底的に戦う
・最悪 中途半端な対応をする。
だと思いますが、まさに「中途半端な対応?をする事で清谷様を挑発し続ける」という最悪の対応になっているように思われます。

 後マスコミには未だ「無知蒙昧な愚民どもを教え導く」といった大衆教化主義があるのではないかと思っています。最初から「自分を上、相手を下」に置いているので、「それ相応の努力をする事で他者に教えられるだけの力を身につける」という発想は出てき難いのかも知れません。
ブロガー(志望)
2013/11/21 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
【NHK記者の暴言発言】NHKは「人民解放軍」なのか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる