清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイ導入はいいけど、それよりも空中給油機の増強が必要では

<<   作成日時 : 2013/09/23 18:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 9

自衛隊、オスプレイ導入へ…離島防衛に新隊検討
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130820-OYT1T00557.htm?from=ylist

 政府は、2015年度にも米軍の新型輸送機オスプレイを自衛隊に導入する方向で検討を開始した。複数の政府関係者が20日、明らかにした。南西諸島など離島の防衛強化をにらんだもので、防衛省は今月末締め切りの14年度予算の概算要求に調査研究費約1億円を計上し、国内の配備場所など本格的な調整を進める考えだ。

 まあ、オスプレイの導入は政治的にも必要でしょうが、単価や運用コストもあって大した数は導入できないでしょう。それに戦力化までに時間がかかります。あれこれ考えれば特殊部隊用が適当でしょう。

 むしろいま急ぐべきはUH-60やCH-47に空中給油できる空中給油機でしょう。これが無いと迅速にヘリ部隊が展開できません。

 現在空自のC-130Hの内、空中給油機能を持たされているのは4機です。これでは本格的な島嶼防衛作戦には足りません。手持ちのC-130Hを全部給油機能を持たせてなんとか格好がつくぐらいです。となると、今度は戦術輸送機がたりません。
 
 既にご案内のようにC-2は運用に舗装された2000メートル級の滑走路が必要であり、島嶼防衛にはあまり役にたちません。むしろより小型の戦術輸送機の必要性が高いといえます。米軍はC-27Jを放出しますから、こういうのをまとめて買うと、時間も費用も短縮できます。

 きちんと統合作戦のシナリオを想定し、何が必要か、何を我慢するかということを合理的に考えるべきです。 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 64
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、オスプレイに給油機能を持たせる簡易キットを
米軍が開発している模様です。
もっとも、調達数は予算の関係で
少ないと思われるので
給油機能を割り当てるのは難しいかと思います。
C-27Jの導入は日本として魅力的ですね。
名無し
2013/09/23 19:05
C-2は幹線輸送を担うものであり、輸送機の輸送任務として離島対処で必要になるのは那覇や下地島への幹線輸送です。その先はCH-47などの輸送ヘリで対処すべき話であって、C-2が島嶼防衛にあまり役に立たないと言う清谷氏の指摘は完全に的外れです。更に言えば尖閣事態で脚光を浴びそうな与那国空港の滑走路は2000mです。氏の指摘は一般論としては完全な間違いではないのかも知れませんが、日本の島嶼防衛として具体論で考えた場合は完全な間違いだと断言できます。
万国際(マンコクサイ)
2013/09/23 20:36
>万国際
つまり、チヌークで運べる以上の装甲車輛や支援車輛、その他の装備などは島嶼防衛には一切必要ない、ということこですね?
つまり、
2013/09/24 12:40
米軍のC-27Jは、米国外ではサポートの対象外で、国外へ持ち出せません。沿岸警備隊など、他のエージェンシーで使うようです。維持費が高くて、大変なようですが。

空中給油機の増加は必要かと思いますが、コスト高そうですね。
F-22も空中給油が高すぎて、嘉手納残留です。
K
2013/09/24 13:21
>つまり、さん
チヌークは11tのペイロードがあって、C-27Jと同等ですよ
そして、短距離でも滑走路を持つ離島はそれほど多くないと思います
ついでに尖閣に今から滑走路建設とか挑発以外の何物でも無いと思います
ゆう
2013/09/24 17:43
チヌークの最大ペイロードの場合、航続距離はかなり短くなりますよね。航続距離をのばすならば空中給油機がいりますが。
尖閣に滑走路?それ無理でしょう。地図をみれば分かるはずです。まあ、島を崩すなら作れなくもないでけど。
あなたには戦時に滑走路を作るという発想もないようですね。尖閣以外にも南西諸島ってあるのですけど。
つまり
2013/09/24 18:18
>つまりさん
順に答えていきます
>チヌークの最大ペイロードの場合、航続距離はかなり短くなりますよね。航続距離をのばすならば空中給油機がいりますが。
空中給油機は予算が許せば、あったらあったでいいですね
ただ、チヌークだと航続距離(飛行場-目的地の距離)の問題がクリアされる手法が使えるわけですが

>尖閣に滑走路?それ無理でしょう。地図をみれば分かるはずです。まあ、島を崩すなら作れなくもないでけど。
まあ、無理でしょうね

>あなたには戦時に滑走路を作るという発想もないようですね。尖閣以外にも南西諸島ってあるのですけど。
戦時に作るのも無理でしょうね。いくらでも妨害手段が取れますし、妨害を排除できるなら航空輸送しなくても良いんじゃないかと思います
ゆう
2013/09/25 16:31
C-130給油機換装はボーイングに丸無げだから高くて当然。安くする方法はたくさんあるんですが…
ちきてり
2013/10/02 00:42
UH-60やCH-47に空中給油できる空中給油機を導入するにしても何処に配備するのだろう?
エンジントラブルのことも考えて
まず、宮古石垣など先島諸島に補給施設を構えて展開すると考えます。
C-2にしてもいざとなれば、ジェット旅客機が使える離島の主要空港から輸送すると考えます。
ノン
2013/10/07 01:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイ導入はいいけど、それよりも空中給油機の増強が必要では 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる