清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年9月 ロンドン写真日記その3 英国製チーズ

<<   作成日時 : 2013/09/21 03:58   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

コベントガーデンの手作り英国製チーズ専門店。Neal's yard dairy。どれでも気前よく試食させてくれます。

英国チーズと言えば、有名なのはチェダーあたりで、あまり色気のないイメージがありましたが、色々と種類があるようです。またブリーやシェーブル、ウオッシュタイプなどフランスのチーズを作っているところもあります。

昔は英国でウンチクたれてチーズ食うのはインテリだけ、てなイメージが有りました。モンティ・パイソンでもチーズネタがありましたね。
現在でもその傾向はあるのですが、まあ英国人の舌も随分と変わったものです。
もっとも軍の野戦食堂でイタリア料理がでる時代ですから、当然かも知れません。

昔シンガポールを占領した日本軍の兵士がチーズを石鹸と勘違いして風呂で使って、怪訝な顔をしたという逸話が残っていますが、おそらくはチェダーチーズあたりだったのでしょう。

画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
チーズと言っても、こんなにあるのを見ると、なかなか壮観ですね。やはり、実際に海外に出掛けてみないと分からない事ってありますよね。時間さえあれば航空機なり船旅(BS朝日の「世界の船旅」の影響で好きになりました)なりで、ゆっくり出掛けたいものですが。なにせ、まともに海外に行ったのは今から11年前に、当時通っていた専門学校の海外研修でオーストラリアに9泊10日で旅行に行ったのが初めてでしたから。感想は・・・やはり日本食が最高!ですかね(苦笑)何せ、最終日に日本人の方が経営する和食の店で食事した時を除けば、パン主体の食事ばかりでしたから。その店で久しぶりにご飯を口にした時には、本当に涙が出るくらい美味しかった。
カッコ
2013/09/21 07:03
お疲れ様です。
ははぁ、こういう商品の陳列のしかた?がイギリスらしい、っていうんですかね(行った事ないので)。
これを見たら、今までは行きたくもなかったイギリスに、機会があれば行ってもいいかな?くらいに変化しました。ステンガンはイギリス人だったんですねぇ
unimaro
2013/09/21 12:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年9月 ロンドン写真日記その3 英国製チーズ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる