清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏場は35度になる、高温多湿の我が国固有の環境を鑑みて、戦車も冷房は入れません。

<<   作成日時 : 2013/08/09 15:08   >>

ナイス ブログ気持玉 74 / トラックバック 1 / コメント 23

 さて、毎日蒸し暑い日が続いていおりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 防衛省は国産装備を開発する理由として「我が国固有の環境」に合致した装備が必要である、故に国産開発が必要なのだと主張しています。未だに日本人の体格に合わせた小銃は世界に存在しないと、眠たい主張しています(そんなら何で機関銃はベルギー製なの?)。

 我が国は夏場、気温が35度を超え、湿度も高いところが多いわけです。東南アジアと同じような気候です。ところが自衛隊の車輌、はほとんどクーラーが付いていおりません。

 特に問題なのが装甲車輌です。最新式の10式戦車も含めて、NBCシステムを有している装甲車輌がほとんどないわけです。このためNBC環境下では30分ほどしか行動できません。無理をすれば熱中症になっています。

 夏場にはNBC環境下の状況なんぞ起こらないののだ、などという根拠があるのでしょうか。
 東日本大震災も真夏には発生しなかった、我が国は神の国だなどと言うつもりでしょうか。

 都合の悪いことは起こらない、という前提で装備を開発・調達しているとしか思えません。 

 クーラーを搭載するならば、その分エンジンに余力が必要です。場合によっては補助動力装置も必要でしょう。また調達・維持のコストもかかります。だからオミットしているのでしょう。
  
 NBC事態に限ぎりません。夏場に長期の作戦を行うのであればクーラーのあるなしでは隊員の疲労は大きくことなります。精強なる我が自衛隊隊員たちはどのような猛暑でも極寒の地でも常にその能力を発揮できるのだ、とでもいうのでしょうか。
 中央が精神論に基づく無能や不見識で、現場に過度のガンバリズムを押し付けるのは旧軍以来の悪い伝統です。

 尊皇攘夷的な国産装備フェチの方々はなぜこのような不都合な事実には目を向けないんでしょうかね。
 


朝日新聞のWEBRONAに以下の記事を掲載しました。
暑いニッポン、戦車にクーラーを付けなくていいのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013081400005.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(上)――実態は「ヘリ空母」
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080100004.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(下)――なし崩し的な拡大解釈
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080200008.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 74
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10式戦車に乗員用のクーラーは存在しない
 10式戦車に乗員用のクーラーは存在しません。クーラー自体は装備されておりますが、これは電子機器の冷却のためであり、乗員のためではありません。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/01/20 13:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
余談ですが戦前の日本の指導部は、アメリカのような民主主義国家の国民は、潜水艦のような狭くて蒸し暑い船での勤務には耐えられないだろう、と思っていたら、米海軍は艦内にアイスクリーム製造機を取り付けて、太平洋で猛威を振るいましたもんね。
ひゃっはー
2013/08/09 16:17
NBC装備は備わってますよ。
与圧式でなく、防護面前提の装備なので、ハッチ開けても大丈夫です。
クーラーは米軍でも常設してる分けではないので、問題ないのでしょう。
車用の小さな冷蔵庫でも積んで、保冷剤でも使えば安上がりで良いかも。
ST核融合
2013/08/09 23:54
逆に言えば、ハッチを開けていない間あのマスク或いは全体保護装備を装着しなければ成りません。それだと、例え熱く無いな場合でも効率が落ちます。

そして、確かにエアコンを付けていない車両は世界中でも多数でしょう。だが、日本の温かい且つ湿度が高いの環境に特化する車両として無くで良いのがこそ問題です。
香港からの客人
2013/08/10 14:59
日本のような地形では、装甲兵力よりも砲と野戦築城の方が重要で……エアコンぐらい付けてくれよ(笑)
マリンロイヤル
2013/08/10 16:16
最新器材満載で熱処理は他国では悩みどころなのに陸自車両は無縁なんて有り得ないですよね。装甲車両はクーラー無ければ地獄の環境ですね。
酷暑の中での取材お疲れさまです。
カド
2013/08/10 21:44
今晩は。
10式戦車のエアコン装備について、ウィキペディア情報で申し訳ございませんが、ニコニコ超会議2にて行われた「10式戦車開発者によるトークショー」では、冷暖房を装備していることを開発者が明かにしている件について、如何でしょうか?

それから、マリンロイヤル様とカド様にお伺いしたいのですが、朝鮮戦争の際、日本同様の山がちで、起伏があり、平野部は田畑や人家等が存在している朝鮮半島の地形で、北のT−34戦車は韓国軍を緒戦で一蹴しました。
火砲や野戦築城は確かに重要ですが、機甲兵力も同じくらい重要ではないでしょうか?
また、両氏がエアコン装備について述べられておりますが、確かにこの暑さでは、エアコン無しは地獄で、たまらないし、心身に悪影響を及ぼし、任務どころではないでしょう。ところが、ロシア陸軍の装甲車両は、運用が寒冷地だけでなく、灼熱の中央アジア方面でも使用されています。しかし私の手元にあるモスクワのmilitary parada 発行のRUSSIA,S ARMS 2004によると、多くの装甲車両の冷房について、言及されておりません。
という事は輸出型は別としても、国内型には未装備の可能性がありますが、同国軍は冷房より、他の分野を重要視しているのでしょうか、またエアコンは後付けで取り付けられるのでしょうか?
疑問だらけの所があり、未熟者の私の手に余り、投稿させて頂くことになりました。
皆様方のご指導等お待ちしています。
チャイカ
2013/08/11 21:32
>「10式戦車開発者によるトークショー」では、冷暖房を装備していることを開発者が明かにしている

それはおそらく、電子機器用のクーラーでしょう。
ぼくの取材の時は偉い人含めて8〜9名が同席し、不明な点は持参した資料をあたって答えてくれましたし、原稿は間違いがないかチェックしてもらいました。
キヨタニ
2013/08/12 16:26
先生いつも面白く拝読しています。よく「我が国固有の環境」と出てきますが、文面からすると防衛省が使う言葉みたいですね。具体的にはどのような事を指しているのですか?
南北に緯度が長く寒暖が激しいとか、平野から山地から島嶼もあり地形のバラエティが豊かって意味よりも、武器輸出が出来ないとかそんな意味のような気がしたのですが。ご教授いただけると嬉しいです。
会社員40
2013/08/13 13:27
>我が国固有の環境

地形、気候、インフラ、日本人の体型、自衛隊のなど様々です。
まあ合理的な理由もあるのですが、得てして他国の製品を入れないための非関税障壁的に使用されるケースが多々あります。お切の通り、世界中で日本でしか使用に適さないものであれば世界で売れるはずもありません。またベンツのウニモグやトヨタのランクルなどが世界中で売れているのも怪異である、ということになります。納税者は当局のポジショントークに騙されないリテラリーをもつことが必要です。
キヨタニ
2013/08/13 14:43
>非関税障壁
正にその通りだと思います。
国産品至上主義者の某林嬢に言わせれば、自衛隊の防弾ベストは日本人の体格に合わせて臓器の位置まで研究して作られてるるそうです。
日本人の心臓は右側にあるわけでもあるまいし、笑っちゃいますよ。
期待してます
2013/08/13 15:42
大村益二郎や新島八重が「我が国固有の環境」を無視して、海外の武器を使用して戦ったのは何だったのでしょうかねぇ。当時の日本人は全員バカだったからなのでしょうか(笑)
ひゃっはー
2013/08/13 17:26
チャイカ様へ
T-34が短期間で南下できたのは、韓国軍が重砲を装備してなかったからでしょう。要塞だの防御陣地だのは、迂回されて後方と遮断されたら無意味になりますが、海と山に遮られてそういう機動が難しい地形です。イタリアも似た地形で、大戦末期の劣勢なドイツ軍が、何度も防衛線を再構築して抵抗可能だったのも同じ理由でしょう。別に戦車を軽視してるわけではなく、得意技が使えない地形だと考えているだけです。
マリンロイヤル
2013/08/14 05:23
おはようございます。
ひゃっはー様、真に遺憾ながら大村益二郎や新島八重が海外からの輸入武器を使用せざるを得なかったのは、活躍した時代や背景等が異なり、「当時の日本人は全員バカだったからなのでしょうか(笑)」とは、一概に言えないのではないでしょうか?

では、以前から、私が述べていますが、数多くの制約がある途上国が、なぜ、国産装備の開発等に懸命に行い、自分たちの技術、装備体系を築きあげようとしているのか?
また、インドネシアを例にしますが、同国は、資源に恵まれ、地政学上の要衝にもあり、その気になれば、防衛装備品の入手にも困らないでしょう。
しかも、品質もまずまずなセルビア、ツァスタバ製AKは安い物で200ユーロ台で入手出来るのに、国産のPINDAD製のベルギーFNライセンスFNCもしくは改良型自動小銃は700ドル台で割高につくのに、なぜ自分たちで国産化し、装備しているのか?
良く、考えてください。

私自身、未熟者で、まだまだ至らぬ所は多いです。
しかし、その時代にいた人たちを「当時の日本人は全員バカだったからなのでしょうか(笑)」
言うのは、止めましょう。
彼ら、彼女らはその時代を懸命に生き抜いてきたのですから。
如何でしょうか?
皆様方のご指導等お待ちしています。
チャイカ
2013/08/14 06:07
続けます、
清谷様へ、本記事への拙投稿に対し、ご返答有難うございます。
再びの問いかけ、申し訳ございませんが、
「ロシア陸軍の装甲車両は、運用が寒冷地だけでなく、灼熱の中央アジア方面でも使用されています。しかし私の手元にあるモスクワのmilitary parada 発行のRUSSIA,S ARMS 2004によると、多くの装甲車両の冷房について、言及されておりません。
という事は輸出型は別としても、国内型には未装備の可能性がありますが、同国軍は冷房より、他の分野を重要視しているのでしょうか、またエアコンは後付けで取り付けられるのでしょうか?」
ブログ主様は長く業界で仕事をされており、
内外を問わず、コネ等あるかと思います。
守秘義務に引っかからない範囲で構わないので、
教えて頂けないでしょうか?
私自身には、情報源に大幅な制約があり、判断できず、皆様方のご指導等を待っているからです。
チャイカ
2013/08/14 06:17
チャイカ様へ
私がバカにしているのは、大村益次郎や新島八重ではなく、防衛省のデタラメな装備品の調達方法です。
ひゃっはー
2013/08/14 13:42
さて、戦車に冷房が入っていないとかなんとか言っていますが電子機器用のクーラーは付けられて乗員用のクーラーを付けられないという不思議なエンジンを搭載していると仰りたいのですか?また、貴方はよくそもそも10式は不必要で90式を改修すればよいと仰りますが、90式をこれ以上太らせてどうするおつもりでしょうか。元自衛官の元木氏は90式の本土での運用は可能としていますがこれは清谷さんのありえないという本土決戦の話でしょう。清谷さんはきちんとゲリラ戦との違いについて認識しておられますか?また、よく装甲救急車が無いと批判されていますが陸自が報道陣に公開した模擬演習で73式装甲車が装甲救急車として登場したことをどう考えていますか?
さいたま
2013/08/15 21:06
いあー、夏ですね。
キヨタニ
2013/08/16 10:37
日本固有の環境とおっしゃいますがそれには道路の状況も含まれているのではないでしょうか。陸自の方が以前90式は重すぎて本土では使えないと言っているのを聞いたことがありますがこれは根拠がない話ではなく実際90式が法律上走れる道路はかなり制限されると聞いたことがあります。これは本土決戦ならば問題ないでしょうがゲリラコマンドを相手にする場合かなり問題があるのではないでしょうか。それと機器用のクーラーは付けられて乗員用のクーラーは付けられないものなのでしょうか?
sas
2013/08/16 12:31
先生、ありがとうございました。なんか定義がはっきりしない分簡単に障壁として使えそうな言葉ですね。兵器はかっこいいから好きだけど専門知識が無い身としては、安くて、カッコ良くて国を守るのに最適であれば納税者としてはドコ産でも構いません。別に防衛産業が潰れても冷たい言い方ですがそれは適者生存出来なかっただけでしょう。でも先生が専門家として嫌いなF35 はかっこいいから好きです!ユーロファイターはデザイン的に好きくない…情緒で語っている良い例ですな…
会社員40
2013/08/16 23:57
以前は「90式は重すぎて北海道でしか使えない欠陥車」と批判されてたが
愛国的軍事オタク達は必死になって援護していたよ
富士に配備されていることからなんの問題もないと
実際に自衛隊が演習で大分に90式を持っていったから
北海道以外でも普通に運用できるでしょう
本当に問題が出るレベルで使えないなら
自衛隊はそんなものを開発配備した税金泥棒になるね
清谷先生が今年6月4日の記事で書いてるけど
法律は新しいオモチャを買い集める前に変えるよう動くべきじゃないの
昔話
2013/08/17 13:49
搭乗員を無視した設計コンセプトは戦前から変わってません。
しかも開発者だけでなく軍オタも無視しております。
なぜ無視するのか思考解析を記事にして頂けたら幸いです。
この点から我が国の病巣原因の核心部位に触れられる気がします。
非軍オタ
2013/08/18 02:06
清谷様のネタを借用させて頂くと、陸自は火の出るオモチャはお好きでも、電波や冷気を発する装備にはあまり興味がないようですね。
ひゃっはー
2013/08/19 13:04
「ぼくの取材の時は偉い人含めて8〜9名が同席し、不明な点は持参した資料をあたって答えてくれましたし、原稿は間違いがないかチェックしてもらいました。」
と書かれておりますが、このブログには
「正しい内容を間違えているとしたりするわけです。陸幕装備部のレポートは大学生以下、なわけです。」
と書かれていますが、清谷さんは陸幕以上に「偉い人」にチェックしてもらったということでしょうか?
それとも自分の都合の良い発言を都合の良いように載せたと言うとでしょうか?
ASF
2014/08/27 16:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏場は35度になる、高温多湿の我が国固有の環境を鑑みて、戦車も冷房は入れません。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる