清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙戦艦ヤマト2199最終章 ヤマトはなぜ左舷ばかりが被弾するのか?

<<   作成日時 : 2013/08/26 13:57   >>

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

 月曜の朝イチで見てきました。

 オープニングの主題歌が、今回はスローで始まるタイプでした。意外などんでん返しが続きますが、旧作をリアルタイムで見ていたファンには涙モノの大団円でした。
 劇場公開版は制作が間に合わずに多少短くなっていますが、それが気になります。ちょっと説明不足かな、というところがあったので、その辺りではないかと。

 それとスターシャが人間味があって色っぽい(笑)。前作よりいいです。

 さて、巷でよく言われていることですが、本作ではヤマトは左舷に被弾が集中しています。
 それはおそらく、コンテを切っていた監督やらアニメーターに右利きが多いからではないでしょうか。

 右利きが描くと飛行機とかフネは先端が左を向き、画面では右から左に動くことが多くなります。以前にも書きましたが、宮武一貴御大がぼくの絵を一目見て、「キミは左利きだね」と言い当てたのもそういうわけでした。
 当然画面では視聴者は左舷を見ることが多くなります。ですから、左舷に攻撃が「集中」するのではないでしょうか。

 個人的には第二次火星沖海戦や内惑星戦争、若き日の沖田十三の話などの続編というか、外伝を見てみたい気がします。興行的には難しいと思いますが。


朝日新聞のWEBRONAに以下の記事を掲載しました。
陸自の救急セットでは、自衛隊員の命を救えない
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013082100006.html?iref=webronza
暑いニッポン、戦車にクーラーを付けなくていいのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013081400005.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(上)――実態は「ヘリ空母」
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080100004.html?iref=webronza
22DDHは護衛艦=駆逐艦か?(下)――なし崩し的な拡大解釈
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013080200008.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
作画技術的な考察はなるほどと思いました
私は史実大和が左舷に攻撃を集中されたことが元ネタだと思っておりました(じゃあ宇宙戦艦ムサシなら両舷にまんべんなく食らうのか)
そういった制作側の事情も考えてみると面白いですね
ゆう
2013/08/26 15:34
伝統芸能が由来とも言われますよね

特撮でも主人公は右に居るのが基本なので作画は理由では無いかも
第9
2013/08/28 05:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙戦艦ヤマト2199最終章 ヤマトはなぜ左舷ばかりが被弾するのか? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる