清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 空自のFX選定のデタラメ 機を見て森を見ず(誤変換にあらず)

<<   作成日時 : 2013/06/16 04:56   >>

ナイス ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 4

F35 価格高騰+ソフト改良増額 日米、負担めぐり交渉停滞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130614/amr13061407130001-n1.htm

近距離での空中戦に不可欠な短距離ミサイルを搭載できないソフトウエア「ブロック3I」から、それを可能とする「3F」に改良する増額分を日米どちらが負担するか、事務レベルで交渉に乗り出した。

 だが、米側から回答は来ていない。日本側の来年度概算要求に支障が出始めているほか、開発の遅れと完成見通しがたたないことから、今年末に策定予定の中期防衛力整備計画(2014〜18年度)づくりにも影響が出始めているという。


これ結局は、防衛省は米側の主張を呑むしかないでしょう。

F-35関連の本年度の予算は取れていますから、予算を凍結して様子をみるぞ、なんて脅しは通用しません。
これが執行できなければ防衛省としては大変なことになります。

インドなんかだと、今年の予算も来年に持ち越せるのですが我が国ではそれができないことになっています。ですから米国から下とを見られる。
この硬直した予算体制をなんとかしないといけないのですが、何度同じことをやられてもこりないのは、頭が良すぎるからでしょうかね。

ですから、少なくとも価格高騰に対する歯止めになるような覚え書きをFX選定時に決めておくべきだったんです。それが米国様の善意を信じます、だもの。
まるで山口百恵の「ひと夏の経験」です。

前にも書きましたが、買い手が強いのは買うことを決めるときまで。買うことを決めた後では売り手の方が強いに決まっている。これは取引の基本中の基本です。

これではFX選定自体、インチキ、出来レースだったといわれても仕方ないでしょう。「価格」はどうでもいい、米空軍と同じオモチャが欲しい、ですから。


まともな軍事的な素養があったら、現用のファントムは地上で止めておけば、いくらでも延命できるなんていいませんよ。ところが当時の防衛大臣がそんなことを平気でTVでしゃべっちゃう。当時内局でも同じような話しておりました。

いや〜、平和でいいですね。戦争や武力衝突が起こるなんてこれっぽっちも考えていない。さすが平和大国ニッポンです。

仮にF-35が非常に有用であっても、戦力化が遅れてファントムの減勢を補えなければ、絵に描いた餅です。
戦争が終わった後に新兵器が登場しても出し遅れの証文です。


森本元大臣も空自も、防衛省もF-35が揃うまで、新型戦闘機による抑止力は必要ないし、戦争は絶対に起こらない、と公言しているのに等しいわけです。
大人である中国様はこちらの戦備が整うまで、戦争なんて仕掛けない、というのでしょう。
まるで演歌に出てくる男に騙される女みたい、と思うのはぼくだけでしょうかね?

しかも次期戦闘機の調達の総予算はいくら掛かってもいいんだ、と仰る。空自の予算って青天井でしたっけ?
現実には戦闘機の取得価格が高騰すれば別の予算を削ることになります。何を削るんでしょうか。


新型戦闘機の調達という手段が目的化しています。

これまた何度も書きますが、程度の悪い兵器フェチは木を見て森をみません。この場合「機を見て森を見ず」でしょうかね。
その兵器が欲しいだけで、それがいつまでに必要であり、調達や運用にいくら掛かるかを気にしません。率直に申し上げて前大臣や空自の見識は彼らと同じレベルと言わざるをえません。
まあ、換言するとそこいらの軍オタ、兵器フェチの類いでも防衛大臣が務まってしまう、ということになります。実際民主党政権では素人同然の大臣が続出しました。


時間とカネ、これを無視して防衛力整備の議論はできません。
もう少しまじめに、国会で議論をして欲しいものです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 72
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
買う手が強いのは飽くまで2択以上有る場合です。だが、F−Xには此れは有りません。一応タイフン等を当て馬にしたんですが、他の機体にステルスが無い以上、勝の見込みが無いとは最初から明らかです。

仮に当時値段と仕様は決めたとしでも、米国は「やも得ない事情により調整を求む」事ができます。よしんば契約内容自体が死守出来たとしでも、何れは新たな契約を必要。このツケはあの時支払わせる事に成ります。

とうぜ弱勢なら、関係重視も戦法の一つです。

本当の犯人を見付けたいなら、FS−X時代に遡る必要が有ると思います。当時困難承知でも自力開発を固われ場、今はもうちょっとBargaining Powerが有るでしょう。
香港からの客人
2013/06/16 11:42
最近のF-35派はさすがに開発の遅延・停滞を誤魔化し切れなくなったのか「他に選択肢が無いんだから仕方がないだろ!」と印象操作によるミスリードを始めてますね。F-18やタイフーンが候補に挙がっていたのをスルーして。・・・無様としか言いようがありませんよ。
ばるたん星人
2013/06/17 04:09
お邪魔します。

三菱UFJニコスpresents 松任谷正隆 DEAR PARTNER
<http://www.tfm.co.jp/partner/file/index120429.html>

によると「人は手に入りそうで、入らないものに執着をする」そうです。日本の防衛担当者にとってF35はまさしく「手に入りそうで、入らないもの」なのではないでしょうか(そうなったのは「アメリカにも予想外の開発の遅延」といった偶然の要素もあるでしょうか)。

長引く片思いの終わらせ方-片思い中こそ、出会いの場に出かけること:日経ウーマンオンライン【ぐっどうぃる博士の恋愛ゼミナール】
<http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20130408/150083/?P=3&ST=life>

>片思い中こそ、出会いの場に出かけること
>執着している男性が手に入りそうで入らない状態は、苦しみを生み出します。けれど、「この人は手に入らないんだ」と思った瞬間、ラクになるのです。

 日本も”新たな出会い”をして、F35への"片思い"から楽になるべきではないでしょうか。
ブロガー(志望)
2013/06/17 08:00
>ばるたん星人さん
もっと驚愕なのはF35の開発は既に終了していて試験の段階に入ってるとか機体価格が100億円前後だとか妄想全開の輩がいる事ですね。挙げ句の果てにはF22より強いとか非ステルスモードでも最強だとかぬかす訳です。
パイナポレオン
2013/06/17 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
空自のFX選定のデタラメ 機を見て森を見ず(誤変換にあらず) 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる