清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 潜水艦に契約規格外部品 検査院、防衛省に改善要求、だけじゃない川崎重工の杜撰な仕事ぶり

<<   作成日時 : 2013/04/03 17:42   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

 海上自衛隊の潜水艦18隻のディーゼル機関に、強度が劣る契約規格外の部品約1千点が
使われていたことが28日、会計検査院の調べで分かった。検査院は防衛省に対し、事実の
検証と、2001〜08年度の調達額約1億7200万円について製造元の川崎重工業に減額を協議
するなどの改善を求めた。


問題となったのは、ディーゼル機関の軸受け部品。検査院は01年度以降に納入された部
品のうち1010点について調べ、すべて契約規格外の可能性が高いと判断した。


潜水艦に契約規格外部品 検査院、防衛省に改善要求
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28042_Y3A320C1CR8000/

最近同社では官給品を損壊する事故を連続して起こし、特別監査も受ておりるそうです。CH-47のブレード 2,600万円、C-1 SIF送受信機 800万円、その他OH-1もブレードに問題ありで飛行停止になったとか。

これらの件を川崎重工広報部、田村氏に問い合わせましたが、二週間たってもなしのつぶてです。
UH-Xスキャンダルとの時にダンマリを決め込んだ広報部長は「栄転」だか「更迭」だかされたそうですが、次の広報部長もこういう話はダンマリを決め込むのでしょうか。

報道関係の誰に聞いても川重の広報の体質を良くないといいます。褒めている人間をぼくは一人も知りません。

こういう企業が税金を使って自衛隊の装備を開発。製造することに大変大きな疑問を持ちます。



さて、海自のP-1も開発が終わって生産に入るといっていますが。
実際に飛んでいるクルー達には評判は悪いようです。飛ぶ度にどこか故障するそうです。また維持費は予定よりのかなり膨らんでいるようです。

海自が哨戒機に掛けられる予算規模は決まっています。どうやって整備費を手当するんでしょうかね。P-3Cの整備費も捻出できずに共食い整備をしているのに。
  更に海自は潜水艦の数を増やしたり、新型の救難ヘリも必要です。その他諸々必要な新装備が多数あります。
どうやって予算を工面するんでしょうか。


試作機は一機事に大幅な設計変更があったそうですが、開発と平行して既に生産されている機体にはそのような設計変更は反映されているのか、またそうであれば誰がその費用を持ったのでしょうか。

いわゆる「専門誌」もこういう懸念は示さず、国産哨戒機万々歳、大政翼賛報道に始終しています。
これでいいんですかね?

これで欠陥が原因で墜落事故で起きたら誰が責任とるんでしょうかね。

P-1に関してはソノブイのデータ処理機の問題など搭載器機にも問題がありましたが、そのようなことを報道するテレビや新聞、つまりは記者クラブ会員は殆どいません。
こういう密室体質が防衛省の装備開発を歪めています。

そういえば少し前の朝雲新聞でもP-1は高空哨戒時に4発中2発のエンジンを停止すると書いていましたが、これは誤りです。ネットでも未だにこの話が流通しているようですが、ぼくはP-1の主任設計者に直接聞いたの間違いありません。訂正:朝雲の記事では高空に滞空時に停止とありました。ですが、同じ事でプロペラと違ってエンジンのファンは固定できず、空気抵抗が増えます。また確実にエンジンを再点火できるとも限りません。恐らくこれも何らかの誤解だと思います。多少ともエンジンの知識があれば、おかしいな、と疑うようなことだと思うのですが。
「都市伝説」は中々消えないようです。

まあ人間は信じたいものを信じる生き物だということでしょう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
K重工は本当に最低ですよね。まぁ、これで防衛省の顰蹙をかってUH-Xが再開されても国産案に未来はないでしょう。ただ、あそこのことだけに油断もできません。お互い、このK重工は監視していきましょう。
ななし
2013/04/18 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
潜水艦に契約規格外部品 検査院、防衛省に改善要求、だけじゃない川崎重工の杜撰な仕事ぶり 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる