清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 円安、インフレで景気は良くならない。

<<   作成日時 : 2012/12/05 17:59   >>

かわいい ブログ気持玉 29 / トラックバック 3 / コメント 1

 さて、自民党の安倍総裁はインフレ、円安誘導すれば景気がよくなると主張しています。
 またエコノミストにもそれを支持する人が多数います。

 でもそうでしょうか。

 かつてのインフレ時代、一般的に物価の上昇に併せて給料があったことはありませんでした。ましてや物価の上昇よりも大幅に給料があがるなんてありませんでした。まあ、バブルで儲けたり、急成長の一部の景気のいい企業は別ですが。

 インフレで生活が所得が増えて景気がよくなるならば、物価の上昇よりも給料や所得があがらないとなりません。ですが安倍総裁はそのような保障を説明してくれません。

 できないからです。

 また円安になって製造業が儲かるというのもその限りではありません。製造業が製品の100パーセントを輸出しているわけではありません。輸出を全く行っていないメーカーも多数存在します。
 輸出を全くしない企業、これに農家などを加えていいのですが、円安、インフレになると材料費や光熱費などの支出が増えます。
  例えば現在100円のコストで生産し、200円で売っている製品のコストが150円になるとしましょう。その場合300円で売ればいいのですが、その通りにはなりません。
 これは製造業だけではなく、運送会社などでも同じです。

 少し前の原油高、食料品高の時代、メーカーは消費者や顧客に転嫁できませんでした。売値を上げたり、内容量を減らすと消費者は商品を買ってくれませんでした。結局売り上げを減らして減収となった企業が多くありました。

 例えば日本であるいは世界でその会社しか製造していない製品であれば、値上げは可能でしょうが、競合がひしめく市場での製品では安易な値上げはできません。
 
 インフレというのはお金よりもものの価値が高くなることです。現金を握っているよりも、それをものに換えた方が儲かる、得するということです。

 ですが、そのようになるでしょうか。安易な円安誘導はエネルギーや原材料などの「川上」のインフレを招きますが「川下」でもインフレになるでしょうか。
 かつてのように不動産がドンドンあがるでしょうか。

 そんなことは無いでしょう。国内マーケットは少子化で家は余っています。昔のような「土地神話」、「持ち家信仰」は消えました。未だに信じている人はいるでしょうが、家を買わないといけないという同調圧力はありません。
 「神話」と「信仰」が無い限り、不動産がドンドン値上がりするようなことはおこりません。

 また「三種の神器」やピアノを買わなくちゃいけないというせっぱ詰まった消費欲求もありません。冷蔵庫にしてもクーラーにしてもあって当たり前、安くて当たり前で、給料の何ヶ月分をはたいて買うものではなくなりました。
 また若い衆にしてもぼくらの20代ころのようにスキーに行かなくちゃならない、デートのためにクルマを買わなくちゃいけないといいう強迫観念はありません。

 大手企業は金が余っていますが、安易にそれを使いません。
 未だに設備投資を云々する人がいますが、市場が大きくならないのに積極的に設備投資をする会社はありません。

 そもそも本当に円安になるんでしょうかねえ。米国も欧州も、中国も大変です。中進国もその余波をうけて大変です。ブラジルやロシアなんぞも資源が安くなって大変です。これらの国々の通貨は下がると思いますが、円をどうやってそれよりも安く誘導するんでしょうか。

 輸出にしても現在世界最高水準の日本の人件費ではいくら円安になっても中進国と同じ土俵に立っても勝てないでしょう。かつては途上国は生産されなかった、自動車や家電なども大量に生産されています。日本企業の技術的な優位はさしてありません(もっともアイリスオオヤマみたいに、発想を買えて家電に参入する企業もありますが)。
 別な分野にビジネスをシフトする、あるいは今まで違った形でのパラダイムを持ち込むことも必要でしょう。
 
 本当に必要なことはマーケットを拡大すること、需要を喚起することです。
 ところが自民党は建設国債を刷りまくって、土建屋にばらまくことしか言っていません。あまりに粗雑です。過去延々とその手のばらまきをやってきてたから、国の借金が膨らむだけ膨らんで、景気が一向に回復しなかった。それは自民党の政策のミスです。というよりも支持者にこびて税金を私した結果です。

 で、安倍総裁はこれを繰り返そうとしているわけです。

 国内の需要を増やすのであれば、一つは女性の労働環境を良くすることです。夫婦共稼ぎで収入が増えれば消費が増えます。
 また、外国からのお金持ちの移住を優遇する手もあります。例えば資産10億円を持ち込んだ移住者に関しては10年間所得税を無税にするとか。
 単に人口を増やせばいいわけじゃありません。貧乏な移民が増えれば、社会保障費が膨らむだけです。

 外国人専用のカジノを作ることもありでしょう。

 円高でも観光客が押し寄せるような魅力ある観光資源を開発することも必要です。スイスだって通貨は高くとも、観光業は盛んです。


 国内市場の拡大、需要の喚起は非常に困難です。ですから奇策というような手段を含めて、あこれをアイディアを出すべきです。

 金融政策をいじくって需要が拡大し、景気が回復するならば誰も苦労はしません。


 投票する前に以下の本を読むことをお勧めします。

  
 
デフレ脱却・円高阻止よりも大切なこと
中央経済社
鈴木明彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デフレ脱却・円高阻止よりも大切なこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日下公人が読む2013年? 日本と世界はこうなる
ワック
日下 公人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日下公人が読む2013年? 日本と世界はこうなる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
藻谷 浩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
【次期輸送機XC−2と自衛隊の川崎重工への偏愛について(上)】――緊急性はあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012112000007.html?iref=webronza

次期輸送機XC−2と自衛隊の川崎重工への偏愛について(中)】――急ぐべきは偵察システム
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012120500005.html?iref=webronza


もう一つのUH−X疑惑――空自次期救難機を巡る疑問(下)(2012/11/01)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012102600008.html

もう一つのUH−X疑惑――空自次期救難機を巡る疑問(上)(2012/10/29)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012103100007.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
公共事業とインフレは景気を悪化させる。
   自民党の安倍総裁はインフレ、円安、公共事業のばらまきをすれば景気はよくなると主張しています。  同様な主張をする経済学者やエコミスト、相場師の類もおります。本当でしょうか。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/25 12:27
需要拡大は「シャブ中総理」にはできない
 これまで、何度かデフレの緩和には需要の拡大、マーケットの拡大しかないと述べてきました。  また公共事業のばらまきではそれは達成できないと述べてきました。    公共事業は我が国のような成熟国家では波及効果は極めて限定されています。  なのに政府は借金を増やして公共事業を行います。まるでチャブ中患者のようです。そのときだけは瞬間的にGDPは膨らむでしょうが借金だけがの残り、身体はぼろぼろ。    今の我が国はまさにその状態なのですが、安倍総裁はシャブ中体質らしく、まだ公共事業と... ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/27 00:22
円安のデメリットを説明してこなったメスメディア
 さて、先月末からの急速な円安が進行したためか、最近円安の問題点を指摘する報道や主張がメディアで増えてきました。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2014/10/23 13:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍総裁の経済政策は、実効性よりも「法人税や所得税とは違い、誰も短期的には損をしないから、誰も積極的に反対しないから、支持を得やすく実行しやすい」点がメインでしょう
安倍さんが支持を得、それを維持し続けるためには、「何でもいいから、何か改革を実行して見せなければならない、それも有権者の大多数に具体的な損をさせないような改革案でなければならない」のですから…
(民主党は既得権益に手をつけて前者に失敗したから失脚し、維新の会はマイノリティを叩いて後者を成功させたから支持を延ばしました)
やはり、政治には実効性より実現性が大事なようです
明日はどっちだ、そもそも明日はあるのか、
2012/12/07 06:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
円安、インフレで景気は良くならない。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる