清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線よりも既存インフラの維持を 

<<   作成日時 : 2012/12/04 14:00   >>

かわいい ブログ気持玉 18 / トラックバック 2 / コメント 3

笹子トンネル崩落事故、ボルト欠落が原因か
http://www.cnn.co.jp/world/35025234.html

 全国ではトンネルに限らず、道路、橋梁、港湾など多くのインフラが老朽化しており、これらの補修、あるいはリプレイスが必要だと前から指摘されていました。

 ところが我が国では公共事業といえば、新規ばかりに目がいってきました。
 既存のインフラの補修なんぞは、政治家や官僚にとって手柄にならないからでしょう。新規の予算をとってなんぼ、ですから。

 もう無駄なハコモノは止めて、既存のインフラの維持費用に充てるべきです。
 我が国には無駄な公共事業をする余裕なんぞありません。

 特に新幹線。新幹線建設は凍結して、その予算を既存インフラの整備にまわすべきです。
 採算性が怪しい新幹線を建設すれば国や自治体が赤字を背負い込むことにもなります。単なるお荷物です。


 これは防衛でも同じです。ちょっと手直しまだ十分に使える装備を廃棄して新品を導入したがる。

 予算には上限があります。その中で優先順位をきめなければならない。それが理解できない、あるいはそれよりも自分のコミュニティの利益を優先するわけです。
 例えば機甲科の人間は戦車さえ買えれば、普通科や施設科が困ってもいいわけです。
 
 ところが新しい玩具を開発し、調達するために、既存の装備の維持費が割りを喰っています。例えば80年代に導入された装甲車輛なんぞ、電気系統がぼろぼろです。稼働率も低い、何とかして欲しいというのは現場の隊員たちからよく聞きます。
 10式戦車を導入すれば「手柄」になりますが、既存装甲車の電気系統のリファブリッシュしても「手柄」にはなりません。でも装甲車や諸兵科の装備の稼働率落ちている状態では10戦車だってその威力を発揮できません。
  
 で、その10式だって維持費が確保できるか怪しいものです。AH64Dアパッチは途中で調達打ち切りとかになってしまったわけです。
 
 無線機も壊れたまま。東日本大震災は無線機の不足が問題になったのですが、陸幕はあれは成功でしたと自画自賛して現実をみない。

 しかも既存装備の更新という形での「新兵器」の調達ばかりに目がいっているので、ネットワーク化とか、UAVなどの導入とかいままで無かった装備の導入は遅れています。
 何しろ中進国はもとより、中国からも遅れています。

 しかも来年度予算では訓練費まで大幅に削られるような勢いです。

 既存装備の維持、訓練、近代化には莫大な予算がかかります。それを「無いこと」にして、新しい玩具だけ買えば戦争に勝てるなら誰も苦労はしませんよ。

 
 この点はにおいては制服組と程度の悪い軍オタの親和性は非常に高いです。
 彼らは予算がないのは、政治と財務省が悪いといいます。ですが、どこの役所でも企業でも予算の上限はあります。
 防衛当局の人間が予算が足りないのが悪いのだ、自分は悪くないという開き直るのは責任感と当事者意識の欠如です。


 まあ戦争する気がないんでしょうね。そのつもりがあるならば、PKO用のファーストエイドキットに入っている止血剤などのアイテムを国内用のそれから、除外するなんて間抜けなことはしないでしょうし。

 新兵器オタは国防を危うくします。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
公共事業とインフレは景気を悪化させる。
   自民党の安倍総裁はインフレ、円安、公共事業のばらまきをすれば景気はよくなると主張しています。  同様な主張をする経済学者やエコミスト、相場師の類もおります。本当でしょうか。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/25 12:27
需要拡大は「シャブ中総理」にはできない
 これまで、何度かデフレの緩和には需要の拡大、マーケットの拡大しかないと述べてきました。  また公共事業のばらまきではそれは達成できないと述べてきました。    公共事業は我が国のような成熟国家では波及効果は極めて限定されています。  なのに政府は借金を増やして公共事業を行います。まるでチャブ中患者のようです。そのときだけは瞬間的にGDPは膨らむでしょうが借金だけがの残り、身体はぼろぼろ。    今の我が国はまさにその状態なのですが、安倍総裁はシャブ中体質らしく、まだ公共事業と... ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/27 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、「新型戦闘機」とか「新型戦車」とか「新型護衛艦」ってのは軍事のド素人が見てもわかるものだから財務省も査定し易いし防衛省も手柄にしやすいんでしょうね。

しかしキヨタニさん、毎回機甲科を槍玉に挙げていますが、恨みでもあるんですか?
まあ、私も10式戦車よりは普通科の各種装備更新にお金をかけるべきだとは思いますがね・・・
八王子の白豚
2012/12/04 20:25
門外漢からすると、ある装備が最終的に安くなったとしても、20年前とほぼ同じなら安くて当然と思うのです。3年前のパソコンを格安で買っても嬉しくありません。
他国の同種の装備が日本のそれより高価なら、時代相応のアップデートをしていると想像するのが普通の人ではないでしょうか。
だれに投票しようかな
2012/12/05 13:38
私はケインズ経済主義ですが、公共事業を無駄にやるのは、やっぱり問題外です。
電柱をなくして、地下に電気ケーブルを敷く、JRの駅にホームドアをつくる、保育園、老人ホーム、スポーツセンター、図書館を廃校にまとめてつくる、などなどやることはたくさんあって、無理やりなハコモノは要らない。自衛隊の基本整備、備品の充実は大事です。
イギリスのウェリントン将軍の功績は、基本整備、備品の充実で、ナポレオンに勝てましたですから、納得です。
それに、自衛隊の備品、装備が充実すれば、民間人が買ってくれるのもあって、自衛隊だけでなく、民需も見込めるでしょう。
旧式装備をレトロフィットすれば、整備しやすいと思います。
いかがでしょうか?
石破さんに働きかければ、受け入れしてくれるかも、しれませんですよ。
テクノマン
2012/12/30 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
新幹線よりも既存インフラの維持を  清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる