清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS UH-X官製談合 裁判は防衛省と検察の官製談合

<<   作成日時 : 2012/12/26 09:13   >>

かわいい ブログ気持玉 26 / トラックバック 1 / コメント 5

陸自ヘリ官製談話が略式起訴って何だよ!?
http://news.livedoor.com/article/detail/7261114/

 特捜部は2人が「純国産のヘリを開発できるメーカーに受注させたかった」と説明している上、見返りに金品の授受がなかったことから情状を酌量して「略式起訴」と判断したらしい。ただ、先週まで2人は「在宅起訴」と報じられていた。「在宅起訴」=公判と、「略式起訴」=罰金でオシマイ――は大違いだ。06年の防衛施設庁談合事件では、当時の技術審議官ら3人が起訴された。同じ防衛省をめぐる談合事件なのに検察のサジ加減ひとつで判断が変わるなんて何かおかしくないのか。

「罰金だと、一事不再理の原則で検察審査会への申し立ても出来ないし、国家公務員の身分にダイレクトに関わることもありません。国民がおかしいと思っても何も出来ないわけで、そこも歯がゆい話です」(落合洋司弁護士)



 既にこのブログで書きましたが、このUH-X官製談合事件は、防衛省と検察の官製談合の疑いが高い案件です。

 本来容疑者に金品などの利益供与、収賄がなければ動機が存在しないことになります。
 もし、それでも動機があるらば可能性としては、以下の二つぐらいでしょう。
 1)特定の思想・宗教的・信条に基づいた行為だった
 2)頭がおかしかった

 検察は動機を特定したのか、できないかったならば容疑者に精神鑑定を受けさせたのでしょうか。
 報道を見る限り動機の特定も精神鑑定もしていません。
 

 金品を受け取っていないから、悪質でないという検察の処置を換言すると、
 金をもらって人を殺した場合は厳しく罰するが、信念・信条で人を殺した場合罪は軽くなる、ということになります。

 であれば仮に自衛隊が2・26のようなクーデターを起こし、閣僚などを惨殺しても、金をもらったわけじゃない、国を思って純粋な気持ちで殺したから罪は軽い、と略式起訴にでもなるんでしょうか。

 しかも川重や三菱重工関係者はおとがめ無しのようです。  
 こんなことなら川重の関係者の氏名を公表してやろうかしら。

 おそらく防衛省は「下手人」の幹部には因果を含めているんでしょうね。悪いようにしないから、と。
 まさか川重に再就職はできないでしょうから、川重あるいは三菱重工の取引先の再就職でしょう。

 天下りでノーマークですが、実は防衛企業と資本関係がない取引先に再就職というケースがあります。当然その防衛企業は発注した仕事にその天下りの人件費をプラスして支払うわけです。これだと天下りの規制にひっかかりませんし、退職後即天下りが可能です。

 ですから件の下手人二人の再就職先に注目すべきです。もっとも最近防衛省も冷淡ですから、犯罪者は身内にあらず、とばかりにほっぽり出される可能でも強いでしょう。まさにトカゲの尻尾切りです。防衛省・自衛隊は国防よりも組織防衛の方がお得意のようです。

 担当者は上からの命令でやったのに可哀想なことです。

 まあ、この件が上も関与して黒ならば、防衛省の開発・調達は殆ど黒です。となれば防衛省は百人単位で逮捕者がで、がたがたになるでしょう。
 だからオトナの知恵で防衛省と検察が談合したんでしょう。政府の関与もあったかもしれません。
 
 ですが、これは現状を良しとし、防衛省のモラルハザードを助長することになるでしょう。それは将来より多くのマイナスを納税者に対してもたらすことになるでしょう。


 防衛省職員諸君も明日は我が身ですから、自衛ためには今後ICレーコーダーを携行したり、資料を自宅に持ち帰っておくなり、日記やメモを克明につけておくなどしておくべきです。

 
 さて、今度与党となった自民党はこの件にどのような態度をとるでしょうか。やはり「愛国無罪」で、意義を唱えないのしょうか。
 
 少なくとも野党、とくに共産党には頑張ってもらいたいところです。他の野党は関心を持たないでしょうから。

 すでに防衛省やメーカーでは安倍防衛バブルに向けて予算獲得に動き始めています。
 防衛予算を増やす前にやるべきことが多々あるのですが、防衛費を増やせば国は安泰と思っているセンセイ方がおおいようです。戦争してもけが人も死人もでません、と思っているサバイバルゲームやTVゲームと同じ感覚の将軍達にいくら金を渡しても国防の強化にはなりません。
 いっそのこと将軍達をクビにしてイスラエルあたりからスカウトしてきては如何でしょうか。


UH-Xに関係している可能性があるエライ人達
画像

 

月刊WEDGEに「いつまで続けるのか丸投げ防衛装備調達」を寄稿しております。
http://wedge.ismedia.jp/category/wedge


 朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
【次期輸送機XC−2と自衛隊の川崎重工への偏愛について(上)】――緊急性はあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012112000007.html?iref=webronza

次期輸送機XC−2と自衛隊の川崎重工への偏愛について(中)】――急ぐべきは偵察システム
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012120500005.html?iref=webronza

次期輸送機XC−2と自衛隊の川崎重工への偏愛について(下)】――航空輸送力へのマイナス
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012121000005.html?iref=webronza


もう一つのUH−X疑惑――空自次期救難機を巡る疑問(上)(2012/10/29)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012103100007.html

もう一つのUH−X疑惑――空自次期救難機を巡る疑問(下)(2012/11/01)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012102600008.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三菱電機過大請求:指名停止中1337億円契約…防衛省 対策と傾向と経団連
三菱電機過大請求:指名停止中1337億円契約…防衛省 http://mainichi.jp/select/news/20121226k0000m040128000c.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/29 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
参考まで。

納得できない「談合」自衛官の逮捕、純国産ヘリの開発こそ国益にかなう
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36832
いつも拝見しています。
2012/12/27 01:14
川崎は起訴猶予とのことですが、
UH−1後継機は、どうなるのでしょう。
来年あたりから、開発が再開するのでしょうか?
私個人は、日本には、まともなヘリ開発の土壌は無いと思っています。OH−1のような高価な実用性に乏しい見世物ヘリは作れても、タフで有用なヘリは無理でしょう。一番怖いのは、必要なときに、数が揃っていないことです。
テオ犬
2013/01/05 23:19
おやおや、己の意の通りにならないと八つ当たりですか(^o^)
私は、検察の判断は正当だと思いますよ。
大体兵器開発に入札制を適用する事そのものが間違っています。
開発担当官の政治判断を排除してどうなるんですか。
それに、このような機密の分野に検察が介入するのは間違っています、必要なら軍事法廷を作るべきです。
?
2013/01/09 14:07
>開発担当官の政治判断
担当者が法をまげても構わないと。
入札方法がそぐわないなら、インチキしてよろしいと。

検察は「軍」の不正にタッチしてはいけないと。

まるで戦前の「青年将校」みたいなご意見ですね。

キヨタニ
2013/01/09 14:46
清谷様がもしも知っていらっしゃったら教えて頂きたいのですが、この「エライ人達」の中で川重又はその関連企業に天下った人はいるのでしょうか?
ひゃっはー
2013/07/09 09:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
UH-X官製談合 裁判は防衛省と検察の官製談合 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる