清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 技本発表会  追記あり

<<   作成日時 : 2012/11/15 17:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

諸外国でいうところの将来歩兵システムのデモンストレーション。
かなり量産に近いところまでは仕上がっている様子でした。通信機はNECが担当している新野外通信システムのものを流用しているとのこと。

画像

写真のターゲットロケーターや銃に搭載するサーマルイメージャーなども自主開発だそうです。

技本の担当者ともディスカッションをしたのですが、問題は一個分隊、一個小隊、一個中隊でどの程度の予算でシステムを組めるかという話です。量産時のコストを無視してこの手の装備の開発はあり得ません。例えばターゲットロケーターはタレスのソフィーが約1千万円です。今回のターゲットロケーターは恐らく単価は3〜4千万円ぐらいにはなるでしょう。ライフルマン用のサーマルイメージャーも単価は1〜2千万円程度にはなるでしょう。となれば光学器機だけで一個分隊の調達コストは1億円程度になります。今回のデモのようにライフルマン用全員がサーマルイメージャーを持つことはできないでしょう。仏軍のフェランでも当初、ライフルマンは全員サーマルイメージャーを装備することが考慮されましたが、後に改められました。

何を諦めるか、が大切です。

従来通り国産にこだわると、結局いつまで経っても配備が進みません。例えば何個連隊に何年で配備を完了する、という計画を立てるべきです。

またコストが高すぎれば結局二個連隊程度に配備で終わり、となるでしょう。量がでないのであれば、輸入でいいじゃないか、となります。

画像

試作のヘルメット。ダイニーマ繊維を樹脂で固めたもので、最近の流行です。ただ触ってみたら柔らかい。他国でこんなグニャグニャしているヘルメットをぼくは知りません。担当者は問題ないといっていましたが、樹脂の選択とか製造工程に問題があるのではないでしょうか。
また諸外国では、従来のライナーに代わって、独立したパッドをヘルメットに装着するようになってきています。米軍でも採用していますし、フェランでも同様のものが採用されています。そのような研究はなされていないようです。
耐弾試験だけではなく、装着者の肉体的ダメージを総合的に軽減する研究を行うべきです。



追記
技本は今回の発表会に関してメディアには告知してくれるな、と頼んでいたようです。UH-X官製談合があったからでしょう。役人の保身でしょうが、税金の無駄使いです。

他の研究もUH-X同様にやましいことがあるのならば研究発表会を中止すべきです。
空自のUH-Xも火力戦闘車も大同小異でしょう。


ですがせっかく税金を使って開催するのですから、一人でも多くの納税者にきてもらう努力をすべきです。
仮に告知をして参加者が二倍に増えれば、来場者一人あたりのコストは半分になります。

実際のところ、パブリックに公開しているのは建前で、防衛省と業界関係者だけ来ればいいと思っているのでしょう。

そもそも技本の研究発といっても、実際の研究はほとんど、メーカーがやっています。
メーカーや自衛隊の開発に関わった人たちは少なからず、技本の人間はものを知らないので、必要ない試験や必要ない装備を搭載しろとか要求するので開発費や調達コストが上がる主張する人が多いと主張します。

技本は解体して、技術評価と予算分配に特化すべきです。
研究機関は独立させて、ほとんどやっていない基礎研究を行うべきです。
また、装備開発は各幕僚監部が主導して行うべきです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
直接見てないのでわかりませんが、衝撃吸収タイプというのではありませんか?
戦車の装甲や防弾チョッキでも、中に特殊なジャルなどを入れて衝撃を吸収するというのが出てきておりますが・・・・
(=^・・^=)
2012/11/16 06:28
違います。ごく普通のダイニーマを樹脂で固めたヘルメットです。装甲メーカーの人間もなんでこんなものをつくるのかと首をかしげていました。
まあ、ネットの写真だけを頼りにスポールライナーを開発する人たちですから、驚きませんが。
キヨタニ
2012/11/16 10:44
上記のヘルメットには呆れました。
自分で被って撃たれてみろ、と開発者に言いたいです。 
その内「防弾セーター」とか「防弾マフラー」が出てきそうです。
ネコアシ
2012/11/16 11:26
グニャグニャ
防護力が必要十分なら関係ないのでは?


>メーカーや自衛隊の開発に関わった人たちは少なからず、技本の人間はものを知らないので、必要ない試験や必要ない装備を搭載しろとか要求するので開発費や調達コストが上がる主張する人が多いと主張します。

これは信頼性のグレードを理解してない無知な人なんでしょう。
同じ製品でも、民生に比べて一桁上の信頼性を数値的に証明しなければなりませんから。
まあ過剰品質という意見は有りますね。
ST核融合
2012/11/20 02:42
自衛隊が国産にこだわりるのかと言うと
単純に体格に合わないから
基礎研究をしないと足元を見られる
輸出国に依存してしまう(ブラックボックスなど)
以上の理由が上げられます、あなたはここまで考えているのでしょうか?国防は良かれ安かれじゃダメ何ですよ
不足事態は許されませんから
へたれ海士長
2012/11/25 15:20
国内開発をやめろなんて誰がいっているのでしょうか。
キヨタニ
2012/11/25 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
技本発表会  追記あり 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる