清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発とオスプレイと原理主義

<<   作成日時 : 2012/07/06 02:35   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 1 / コメント 10


 ミキハウス社長の「交通事故は50年で100万人以上が死んでいるが原発事故ではそんなに死んでいない」発言にネット上で批判相次ぐ
 http://rocketnews24.com/2012/07/04/227363/
 
 非常に勇気ある発言だと思います。

 実際問題として、自殺で毎年3万人、交通事故で8千人(24時間を経過したものを含めれば1万人は超えるでしょう)という大勢の方がなくなっています。
 でも、その防止に原発やオスプレイに反対している人たちが自殺や交通事の防止にどれだけ真摯に運動してきたのでしょうか。

 例えば交通事故を防ぐためならばレジャー用の自動車は生産販売は中止にするとか、趣味のドライブを禁止するべきだと思いますが、そのような運動は目にしません。
 ところが原発に反対するミュージシャンが「この車はCO2を出しません」てな、電気自動車のCMに出ていたりします。

 オスプレイにしてもどのような事故がどの程度の頻度で起きたのかは問題にされていません。例えばルーティンのA地点からB地点への空輸任務と、特殊部隊を輸送するための実戦を想定した、暗視装置をつけて低空を飛行するような訓練では事故率が大きく違います。両者を同じと論ずるのは無理があります。

 また一度に30名死んだから危険だというのであれば、一人乗りの戦闘機は全てオスプレイよりも無条件に30倍
は安全ということになります。ジャンボジェットでは過去500名ほどが亡くなった痛ましい事故がありましたが、人数だけが問題ならばB747はオスプレイの16〜18倍程度の危険な飛行機であり、製造中止すべきだということになります。他の大型旅客機も同様です。
  
 ところが原発やオスプレイを頭からダメだと決め付けるように人たちが、平気でB747に乗ったりしてます。



 原発にしてもオスプレイにしても冷静に客観的なデータを元に議論すべきですが、それが出来ない人が多いようです。確固たる証拠もないの自分の主張が正しい、お前は跪けというのは宗教です。

 そもそも絶対に安全というものは世の中に存在しません。特に新しいことに挑戦するのであれば、何かしらのリスクは発生します。それがダメというならば全ての技術開発か科学の研究はやめなくてはなりません。
 
 この手の宗教を煽っているのがプロ市民です。あれは本当の市民運動ではなくゴロツキの所業です。
 
 それをメディアはあたかも多数派の人間の「市民運動」あるかのように報道します。

 この手の「宗教」の人たちを直接説得しても無駄です。ですが、一人でも多くの人があくまで理性で話しあうべきだと主張すべきです。そうすれば時間が経てば宗教の熱病は冷めるでしょう。

 個人的には現在の原発の安全性や経済性には疑問を持ってきたし、原発事故が起こる前からそのように主張してきました。またぼくは非常に危険である軍用艦艇への原子炉の使用を禁止すべきだと10年以上も前から主張してきました。その主張に「平和団体」や「環境団体」から賛同の言葉を頂いたことは一度もありませんが。

 我が国の商業用原発よりもロシアや中国の原潜が事故を起こすほうがよほど怖いと思うのですが。しかも中国で原発事故が起これてば我が国が影響を受けること必至だと思うのですが。

 現在の中期的には現在の原発を見直すする必要があると思います。それは火力発電なのか、様々代用エネルギーなのか、もっと安全な原発なのか議論が必要だと思います。

 また、オスプレイも同様で、まずは安全性を検証した上で、議論をすすめるべです。

 まあ、危険とわかっていて、なにもなかった基地の周囲に家や学校を立てたちゃったことについても、きちんと誰に責任があるのか検証すべきです。

 その上で、どのような対処をとるべきを決めるのが大人というものです。

 
 一方で、当局や東電などの関連企業が情報を隠してきており、議論のベースとなる事実を十分に提供してこなったこと。それが世論の不信を煽り、不安を増幅させたこともこれまた事実であります。

 先日川崎重工にUH-Xのプレスリリース用に配布したCGの提供をお願いしましたが、批判的な記事には例え既にばら撒いたリリース用イメージも使わせないとのことでした。
 例えば同社の航空機が事故を起こした場合、同社の広報部はメディアに対してリリース用の写真は使わせないでしょうし、記者会見も開かないのでしょう。このような態度は我が国の官僚化した大企業には多々見受けられます。
 東電や電力会社なども同じでしょう。

 情報を意図的に隠蔽した人物、組織には極めて重い罰則、例えば死刑も適用すべきだと思います。

 冷静に議論をしようという人間をよってたかって叩こうというのは人民裁判や魔女狩りの類です。
 よりよい世界を築くのは理性による話し合いをを根気よく続けるしかありません。
 
   

 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オスプレイと沖縄
 アメリカ海兵隊が沖縄普天間基地に配備するとしている垂直離着陸機V-22”オスプレイ”について、「オスプレイは危険な機体」「未亡人製造機」「地元は猛反対」みたいな報道が相次いでいる。が、「安全性は実証されている」「未亡人製造機ではない」みたいなことを述べている専門家らしきブログがあちこちにある。  たとえば「週刊オブイェクト」の「未亡人製造機と呼ばれていないオスプレイ」では、「アメリカやイギリスでは航空ショーでV-22オスプレイがデモ飛行を披露してい」るが、「それを騒いで非難する... ...続きを見る
旅するデジカメ〜札幌発東京定住日記
2012/07/13 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
垂直離着陸機というのはどうしても事故は結構起きるようですね。ハリアーも結構事故は起こしていたそうだし。垂直離着陸ができる故に多少無理な状況でも運用されるからだとか。
それ以前に普通のヘリコプターでもやはり事故はあるし、沖縄であれだけの頻度で飛ばしていれば事故が起きるのも当然だと言われていましたしね。
まあ、アメリカでもオスプレイの事故で「欠陥機に我々の息子(の海兵隊員)を乗せるな」という運動が起きていたそうですからその辺の認識は世界共通なのかもしれません。
SNK22
2012/07/06 07:23
フランちゃんうふふ
 
2012/07/06 16:09
某公共放送にて関連ニュースを見ていると、「沖縄で聞きました」と言いつつ、「あれ(オスプレイ)は必ず落ちる」といった、配備に反対する意見を多く流しているように思えるのですが。それに、昨年暮れに起きた沖縄県庁においての騒動ですが、運送業者を半ば脅していた団体さんの行動を非難するコメントをした文化人な方は一人もいませんでしたよね。どうしてこうも、マスコミな皆さんは偏ったやり方ばかりするのでしょうか?
カッコ
2012/07/06 22:10
オスプレイに関しては私も冷静で客観的なデータによる話し合いが必要だと思います。オスプレイ以外でもヘリコプターなどは事故は多く感じます。
http://www2g.biglobe.ne.jp/aviation/kikikanri06.html
この記事によると2004年の米国でのヘリコプターは10万時間で事故率は8.09件と言う。そのうち死亡事故は1.48件と言う。飛行時間(乗り物の移動時間)または距離を分母にすると他の乗り物と比較しやすいのでそう言った評価がほしいものです。
EH
2012/07/06 23:53
>かっこさん

>運送業者を半ば脅していた団体さんの行動を非難するコメントをした文化人な方は一人もいませんでしたよね。

これと同じ思考なんでしょう。
http://togetter.com/li/330621
>東電や関電や政府や警察、行政の方がひどい犯罪を犯してると思いませんか?!

大きな犯罪を糾弾するためには、小さな犯罪は見逃すべきである。と言う話です。>いやそれは無い。
774
2012/07/07 10:09
ときどき拝見させていただいてます。
初めての書き込みです。

原発問題ですが死者数だけで議論するのは
いかがなものなのでしょう、と思いました。

住んでいた場所に戻れない人が大勢いるとか、

それまで就いていた職業をあきらめねばならないとか、

広範囲に長期間影響が出ることとか
(子供が外で遊べない、農畜産物の安全性など)。

・・・

オスプレイについては、わかってない人が多くて、
これからきちんと議論して納得してから、
配備するならしてよね、と言いたいのに、

配送業者の都合で送っちゃったからね、

という状況になっちゃったから
怒ってる人がいるのでは?

・・・

あと、

>あたかも多数派の人間の「市民運動」あるかの
ように報道

原発に関してはむしろ報道しないようにしてる
メディアのほうが多くないですか。

>確固たる証拠もないの自分の主張が正しい、
お前は跪け

これは現政権のやり方のような気がしますが。
ともお
2012/07/07 19:53
774様、ありがとうございます。まぁなんですね、今まで原発で発電していた分の電気も何の躊躇いもなく使っておきながら、いざ事故ったら「放射能ガー」と騒いでいる方々を見ていると、この人たち、頭は大丈夫か?と心配してしまいます。おまけに先日の大飯原発前での騒ぎですが、「SWAT(SATの間違い?)が出てきた!」だの、飲み物の差し入れを強要しただの、原発側に雨宿りを求めて断られ逆ギレしただの、貴方たちは何がしたいのよ?と突っ込まざるを得ませんでした。
カッコ
2012/07/07 20:58
もうちょっと言わせてください。

>原発にしてもオスプレイにしても
冷静に客観的なデータを元に議論
すべきですが、

これはごもっともな話なのですが、
原発事故以降は不可能になった気が
します。

原発にしても何にしても、まずは
使いたいという人たちがいて、
安全性を主張する為の都合のいい
データをだけを提示するからです。
原発では電力会社や政府がそうで
したね。
都合の悪いデータには目を瞑る。


中立的であろうと一般市民が思い
込んでいた学者たちも、いろいろ
な都合で偏った説明をしていた
ケースもあるわけです。

こうしたことが原発事故で
明々白々になったわけです。

すると冷静に議論したくても、
「客観的なデータ」はどこに
あるの? ということになります。

たいていの場合「使いたい」側が
データや情報を持っていて、
「使って大丈夫なの?」と思って
いる側が「客観的なデータ」を
入手するのは困難、というか無理
です。

とりあえず適当なデータを発表して
人々が忘れた頃に訂正する、
なんてやりかたも東電や政府は
得意ですしね。

「客観的」に解説できる専門家が
いるかどうか。

いて欲しいとは思いますが。

ともお
2012/07/08 09:32
今日の岩国市は早朝から夕方までヘリの音がうるさかったと思ったら、
どうやらオスプレイ騒動に絡むマスコミ(多分テレビ)のヘリのようです。何機飛んでいたかは知りませんが、私の体感では少なくとも2機のヘリは飛んでました。

基地の町で航空機の騒音や墜落の観点から軍隊について批判的な報道する一方で、
報道ヘリを飛ばして騒音や墜落リスクを市民に押し付けるのは偽善だと思います。
結局、報道機関は基地の町に住む住民の航空騒音や墜落問題はアンチ軍隊の方便にすぎず、
本音では航空騒音や墜落問題には全然興味がないのではないでしょう。
へろ
2012/07/23 22:43
自動車は個人で乗らないという選択ができます。
原発は事故が起きたら自分の家が放射能で汚染されて住めなくなる危険があります。他人が起こした事故の結果だけを強いられるのです。
自由と自己責任という考え方から見れば、自動車より原発のリスクが問題視される理由がわかります。

また、原発には火力発電という代替手段がありますが、自動車の代わりに鉄道を使うという方法は輸送力や移動可能な場所に限界があります。それらを考えれば、性質の違う話です。
さわ
2013/08/25 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発とオスプレイと原理主義 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる