清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際射撃大会でブービー賞だった自衛隊精鋭部隊 週刊文春

<<   作成日時 : 2012/05/27 12:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 39

 現在発売中の週刊文春で「国際射撃大会でブービー賞だった自衛隊精鋭部隊」という記事が掲載されています。
 
 記事のによるとオーストラリアで初めて開催された軍隊の国際射撃大会が開催されて東アジア、環太平洋から15カ国が参加し、5月3から18日にわたっておこなれました。
 これに我が国にからは陸自の精鋭、第一空挺団が参加しました。
 ところが、順位は15カ国中14位、一位のインドネシア軍とはに倍近いスコアの差。ビリは東チモール軍でした。


 「ある幹部は『嘘だ!』という声を上げ、別の幹部は絶句したまま声が出なかった」
  まあ、週刊誌なので多少大げさに書いてはいるのでしょう。

 ホストのオーストラリア軍は「各国のスナイパー銃は五百メートル以上の狙撃を基本としたに、比べ日本チームは三百メートル狙撃用の銃で、ダットサイトのみでスコープは無かった」 と同情しています。

 恐らく威勢のいい保守派の方々や尊皇攘夷的な軍オタ諸氏は「実戦じゃないから」とか「負けたのは装備のせいだから」と弁護するでしょう。

 ですが、それは通じません。

 確かに射撃コンテストの力がイコール実戦の実力ではありませんが、コンテストに負けるのが本番で強い軍隊という理屈は成り立たちません。
 しかも参加国にはオーストラリアをはじめととして実戦経験の豊富な軍が多数参加しています。射撃大会はある程度実戦を想定していると考えて宜しいでしょう。

 
 実際問題として陸自の装備は先進国は勿論、中進国に比べて20〜30年は遅れています。また実戦を想定した装備開発・調達をていません。
 その事実を受け入れ、改善をはかるべきです。

 実戦を想定していたら、陸自の切り札ともいうべき空挺団に、機関拳銃のような玩具は支給しないでしょう。
 これは拳銃メーカー救済のために採用した装備で、陸幕は小銃手以外の指揮官や対戦車火器などの要員の自己防御用で、射程は百メートルある、ことになっています。
 

 一例をあげれば、空挺団に支給されている機関拳銃です。
 これはマイクロUZIの劣化コピー的なシロモノで、拳銃弾銃身も短く、銃床もありません。熟練の射手がうっても百メートル先でそう当たるものでもありません。仮に命中してもヘルメットはボディアーマー(増加プレート無し)は貫通できません。

 二十一世紀に入ってから、こんな胡乱な銃に通常の短機関銃の十倍もの単価をかけて調達しているわけです。
しかも配備されているが警備部隊など二線級の部隊ではなく、切り札とよばれる空挺団にです。

 戦争を舐めているとしかいいようがありません。

 
 また自衛隊は他国の何倍も高い正面装備の整備には熱心ですが、隊員の個人装備や裏方的な装備の整備には極めて無関心です。
 拳銃のホルスターにしても革製の第二次大戦中と同様な、実用性に欠けたものを未だに支給しています。セーターに至っては支給すらありません。
 しょうがないので、隊員達が自費で調達したり、部隊単位でなんとか費用を捻出して調達したりしています。
  
 先述のドットサイトも官給品ではなく、隊員の私物だった可能性すらあります。

 大綱では当面全面戦争の可能性はなく、島嶼防衛やゲリラコマンドウ対策が優先課題です。

 必要性が極めて低い10式戦車の調達を数量やめ、その予算を、ダットサイト、スコープ、個人用無線機、ホルスター、CQB装備になどにつぎ込めばかなりの改善がみられるでしょう。

 ところがそういう判断ができません。

 戦車を削ると機甲科の恨みを買うからです。全方位外交で「いい子」にしていないと出世ができません。これでは戦略環境の変化に合わせてリフォームを行うことはできません。
 つまり自衛隊には当事者能力、危機意識が欠けています。


 この記事のような他流試合をすると自分たちの欠点がよくわかります。
 ですからドンドン他流試合をすべきです。そこで恥をかいてもそれが向上につながります。

 別に恥をかいても死にませんが、夜郎自大的に「俺達最高」とかいっていると、実戦で痛い目にあいます。身内で褒め合っていても実戦での能力は身に付きません。むしろ組織は劣化します。

 先日取材したSOFEXでも各国特殊部隊の競技会が開催され、GSG9や中国空軍の特殊部隊まできていましたが、陸自の特戦群はこのコンテストに参加したことがありません。
 他流試合をやらないで、精強とか、他国より優れていると言えるのでしょうか。


 このような交流は勝ち負けだけでなく、他国との情報交換や他国の部隊の練度、また実戦経験を聞くことができる貴重な機会です。戦争をしない我が国は他国以上にこのような活動を通じて情報収集をし、その分析をすべきですが、事実は逆でそのような努力を殆どせずに、井の中の蛙よろしく、仲間内で「俺達最強!」とやっているわけです。
 まさに「自閉隊」です。


 かつて海自は「海自の掃海能力は世界一」と自負し、それを検証もしないメディアが提灯記事をかいていました。とところが湾岸戦争の後始末でペルシャ湾にいってみたら、他所の国は遙かに先進的な掃海具を使用していて愕然となった、で新型の掃海艇の開発となったわけです。

 お山の大将、井の中の蛙では戦争に勝てません。





 WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
有料ですが、一部は無料で閲覧できます。

火力戦闘車の開発は必要か(1)――重すぎる重量(2012/05/08)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012050700004.html
火力戦闘車の開発は必要か(2)――優先すべき島嶼防衛
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012050900013.html
火力戦闘車の開発は必要か(3)――費用対効果と優先順位
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012051500010.html
火力戦闘車の開発は必要か(最終回)――自衛隊の弱体化?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012051600007.html


?ref=rss
【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8








 




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(39件)

内 容 ニックネーム/日時
小銃、機関銃、けん銃射撃競技を行う。
普通、狙撃銃にはスコープを付けます、ドットサイトは小銃用です。またアサルトライフルは一応500mの有効射程がありますが実戦では300mまでが有効な威力を発揮できます。500mの競技ならば狙撃銃を用いるべきです。やや短いですが。また自衛隊は300m用でドットサイト付きの狙撃銃を配備していません。といいますか陸上自衛隊は機関けん銃をもう調達していません。とうの昔に調達中止になってます。
詳細
2012/05/27 14:41
>狙撃を基本としたに、比べ日本チームは
「したのに」
>負けるのが本番で強強い軍隊という理屈
「強」余分
>lこんな胡乱な銃
「こ」に見えて「に」でした
>ゲリラコマンドウ
コマンドウであってるんですか?
>記事のようなな他流試合
「な」が余分
間違え
2012/05/27 15:30
>コマンドウ
英語ではCommandoです。commandと区別するためこのように表記しています。両方ともコマンドと表記するひとも多いのですが、ぼくは誤解防止のためにCommandoはコマンドウ、ないしコアンドーと表記すべきだと考えています。
キヨタニ
2012/05/27 16:47
ワースト3は、米軍ではなかった?
ミサイルや爆弾が当たれば良いのさw
K
2012/05/27 17:39
M24持ってるのに使わなかったの?
よく判らない記事なのですが。
どういう条件下の大会なんだろ
アメリカのマクミラン狙撃場みたいな2000mレンジでの撃ち合いなのか
そこらの駐屯地にでもある数百m規模のでの撃ちなのか
エーヴェン
2012/05/27 18:37
いきなり参加して上位に食い込めるとは思ってはいませんでしたが、流石にひどすぎますよね(ビリッケツは東ティモールの部隊だったとか)。以前、どの月刊誌だったか忘れましたが、G36を装備したフィリピン軍兵士の写真を見た記憶があります。言い方は悪いですが、経済的に我が国の後塵を拝しているフィリピン軍でさえG36を装備しているわけですよ。ま、海外製をまとめ買いすると困る方々がいらっしゃるから、わざわざ国産品ばかりで固めているのでしょうが。そういう現状を打破するためにも、他流試合は大歓迎ですね。
カッコ
2012/05/27 19:10
陸自は戦闘服も古臭いですよね 米軍のIOTVみたいなのをいつになったら導入するんですか
それと、陸自はいつまで89式小銃なんか使うんですかね 代わりにHK416を導入した方がいいと思います
みのもん
2012/05/27 19:12
ようべつで見ましたが海兵隊の狙撃兵はすごいですね。日本軍は専守防衛が基本なので山岳地帯に篭もり敵を嫌がらせ的に撃ち抜くのも一つの選択肢だと思いますよ。でも高価な玩具を揃えないと困る人もいるんでしょうな。何事も基本からいって欲しいですね。
マリンコー
2012/05/27 19:53
なにげにアメリカも酷い成績。
だからと言って成績上位の国がアメリカと
戦って勝てる要素は見当たらない(笑)
この手の大会成績は、実際の戦争にはあまり関係ないのかもしれませんね。
特殊部隊の競技大会、確かSASは参加してません(特殊部隊全史参照)
物事は冷静に観測、判断
2012/05/27 22:24
狙撃にダットサイト?
中、近距離で撃ち合いする為のダットサイトを狙撃に用いるなんてありえない。
この記事書いた記者ってソッチ方面の知識が全くないんじゃないのかなぁ。
信憑性低い記事だと思う。
通行人
2012/05/27 22:45
あぁ大会の詳細判った
各国正式小銃での射撃か

大会結果のランキングみたけど
上位日本除くアジア勢が独占で
装備も優秀で経験豊富なアメリカとか悲惨な結果だったぞ。
エーヴェン
2012/05/27 23:43
AASAM2012でググると順位出てくるね

動画公開すればいいのに
12
2012/05/28 05:20
参考までに
・AASAM-2012の詳細
AUSTRALIAN ARMY SKILL AT ARMS MEETING 2012
http://www.army.gov.au/Army-life/Sport-and-recreation/AASAM/~/media/Files/AASAM/AASAM2012%20%20Handbook%2020120228.ashx

DIVISION:ADF
http://www.army.gov.au/Army-life/Sport-and-recreation/AASAM/AASAM-2012/~/media/Files/AASAM/AASAM%202012%20ADF%20Results%20V2.ashx
(続く
簡単な質問の名無し
2012/05/28 13:54
続き)
DIVISION:International
http://www.army.gov.au/Army-life/Sport-and-recreation/AASAM/AASAM-2012/~/media/Files/AASAM/AASAM%202012%20INTL%20%20Results%20V2.ashx

・陸自が持ち込んだ装備
http://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2012/0425.html
簡単な質問の名無し
2012/05/28 13:55
 多国間競技会初参加の結果が下位だった、という記事を目にすると空自輸空隊が1989年に初参加した「米空軍戦術空輸競技会(エアリフト・ロディオ)」を思い出します。今回のAASAMと同様、初参加時の成績は芳しくなかったですね。5年後の「エアリフト・ロディオ94」では、空自のC-130Hが機種別のクラスで優勝しています。
簡単な質問の名無し
2012/05/28 13:57
まあ予測通りの結果ですかね・・・空挺団の隊員はお疲れ様でしたって感じです。
私《わたくし》現役なのですが89は誰がOK出したのか聞きたいくらい撃ちにくい銃なんです。特にセレクターが・・・
豊富な実戦経験や実弾射撃の量、バトルプルーフされた銃を持つ諸外国にはかないませんよ。
しかし米軍は、どーしちゃったんですかね?
T−K
2012/05/28 21:30
自衛隊は、実弾射撃の機会が少なすぎる。未だに演習で「バンバン」って言ってんのか?この結果は当たり前でしょ。清谷氏の言う通り、個人装備を充実させないと、兵士が無駄に死んでいく。

とめ吉
2012/05/29 08:40
こんな記事がありました。
米軍機を脅かす偽造電子部品、日本にも納入の可能性=中国
http://news.livedoor.com/article/detail/6603996/

ま、サーチナなんですが気になりましたので。
情報提供
2012/05/29 09:39
「飢死した英霊」という本で旧日本軍の愚劣極まりなさを知ったのですが、根本的に全く変わっていないのですね。
何の学習もしていない連中に心底呆れます。
観測手
2012/06/02 13:31
失礼ですが、文章内に誤字や繋がり方がおかしな部分が散見されます。
筆の仕事をなさってる以上、よりご注意なさるべきと思います。
KKK
2012/06/03 04:00
自衛隊は所詮公務員!憲兵も軍刑務所もない軍隊になにを望むのか? 日ごろも最たる訓練などしていない。演習とておままごと。
普通科の隊員ですら実弾を撃つ訓練は年に数回だけ。第一空挺団が精鋭というが別に狙撃のプロではない。

狙撃は訓練だけで補えるわけではない。
そこには狙撃のセンスもある。
射撃の上手い奴は入隊当時から上手だし、下手な奴は何度やっても下手!
体力的にレンジャー部隊に入れずとも射撃がバカ上手い奴は多々いる。
自衛隊はその上手い奴を活用しきれない部分もある。陸上選手より足の速い奴がいるように。
ねずみ
2012/06/05 14:51
ドットサイトで彼我を識別できる距離を考えると
的を撃つ基本射撃以外ではスコープは必須です。
林内で50M程度でも全身暴露しているわけでもないので
ドットサイトではなくスコープを選択します。
射撃音で交戦が開始されるわけですから
精密で慎重な射撃が必要になります。
それ以上に近い距離では構えだけである程度当たるような練習が必要です。この構えただけでの延長になるのが
ダットサイトと捉えています。あと、暗がり用ですかね。この距離をダットサイトでやられると、わからなくて
撃てないだろうし、撃たれそうで怖いですね。
的だからいいのか。
とおりすがり
2012/06/10 22:12
T−K
NATO弾使える射場で撃ち比べてみなよ
89良い銃だよ
軽いし、反動小さいし、よく当たる
え、当たんない?
それ自分のせいじゃね
からの
2012/06/19 03:58
日本も対人狙撃銃を採用しているのですし、これは火器が統一されていないので「戦争を舐めているとしかいいようがありません」という主張は当てはまらないでしょう。それともまさかスポーツ射撃かなんかと勘違いしてはいませんよね。
aa
2012/06/25 19:46
資料みると米海兵隊も陸自空挺と似たような装備みたいですけど・・・
SFGpに次いで精強と言われる第一空挺がこれというのは流石にまずいんじゃ・・・
まんぼ
2012/09/14 13:17
aaさんのほうが勘違いしてない?
火器を統一したらそれこそスポーツ射撃だろうに
自分の持ってる武器で成果出せないなら戦場だと死ぬだけだ、だから戦争を舐めてるってのは合ってると思うね

2012/09/23 18:36
まあ89式のダットサイトはよく見るけどスコープは見かけないからね
スコープ付ければ中位以上はいけたかもしれない
それよりやはり国際交流の少なさが今回のミスを生んだのかねぇ
普通はイベントの情報を入手すべきでしょ

2012/09/25 03:11
銃剣道や持続走ばかりやってて射撃は軽視。
実は錬度低い。
by 普通科。
K
2012/11/12 21:01
次回行われる競技会に出ます。
空挺ではありませんが陸自を代表して頑張ってきます。

T
2012/12/17 20:33
健闘を祈ります。
キヨタニ
2012/12/17 21:24
銃はなに使ったのか知らないけど308WINのレミントンだとして馬鹿高い調達費用つかって入れてるけど
狙撃用ならはっきりとサコーでも買っておけばいい
セットトリガー仕様が最初からラインナップされてるし
軍用なら338LAPUAもある。
スコープは国産はマーチ含め駄目で
シビアな環境では使えないお上品な仕様。
素直にリューポルドでも買えばいい性能バランスが
取れてる。
そもそも射撃大会だとして弾は装弾なのか自前で
ハンドロードしたのかで大きく違う。
普通の装弾で勝とうとしたのなら「無謀」としか言いようが無い。
銃の基礎知識が欠如しすぎてる

2013/02/04 14:27
お偉いさんが低脳なのは大戦からの伝統だろ
戦争になったら壊れた89式なんかすてて敵のARでも鹵獲して使うプランなんじゃない?
名無し
2014/01/19 12:56
だって89式は狙撃銃じゃないし・・・
そりゃスコープもつけずにアサルトライフルで狙撃の大会に出りゃそうなるわな。

2015/04/15 23:11
保守派こそが日本をダメにする。旧軍部の盲信と全く同じで、そんな奴らが幅を利かせるようになったら終わり。
ふぁえあg
2016/04/17 16:30
AASAM2016においては
スナイパー部門で優勝したとのこと。
他の競技でも頑張ってほしいですね。
マルサ
2016/05/11 00:07
どんな不利な状況でも一定の成果を残すって訓練の為の大会出場だったんだけどね
成績の為ならスナイパーライフル使わない訳がない
101064
2017/05/03 15:31
しったかする匿名の嘘つきは気楽でいいねえ。

負けたのは、自分たちはプロである。と、民間のインストラクターの申し出を断ったから。結果よそがスコープをつかっていたのにドットサイトで参加。
これは当時の関係者から直接聞いた話です。

匿名で嘘をつく人間は所詮人生の負け犬。
だから注目されたくて嘘をつく。
悲しい人生ですねえ。
キヨタニ
2017/05/03 16:24
今年は小銃、拳銃、狙撃が2位
機関銃、分隊が1位
来年も頑張ってほしいな
マルサ
2017/06/07 09:52
他国と競うことで、自分たちの技能や装備を見直す場として活用して欲しいものです。ただこのイベントは基本的にオーストラリア軍が同業他社の情報収集にためにやっているので、勝つために手の内を全部だすのは不味いと思います。陸自にその意識があるかどうかは疑問です。
キヨタニ
2017/06/07 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際射撃大会でブービー賞だった自衛隊精鋭部隊 週刊文春 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる