清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 君塚陸幕長にその資格はありや?

<<   作成日時 : 2012/04/08 20:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 80 / トラックバック 0 / コメント 40

  
 コメント欄で君塚陸幕長に関するコメントがあったので、その件について書こうと思っています。


 陸自は「災害派遣隊」を目指すのか
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120401/plc12040112000012-n1.htm

 東日本大震災で統合部隊を指揮したことで、君塚陸将は本命を破って陸幕長になったわけですが、 
結論から申し上げれば、ぼくは彼が陸幕長の器ではないと思っています。

 統合任務部隊を指揮は、彼だけの手柄ではないでしょう。

 東日本大震災に際しての災害派遣が何とかなったのは君塚氏の前任者が緻密に計画をつくり、演習を繰り返してきたことの方が大きいでしょう。
 ところがこのような事実は殆ど報道されません。


 それに統合運用といって、実施には3自衛隊が統合的に動いた場面は殆どありませんでした。戦時にはやりかたはまったく機能しないと思います。

 また東日本大震災では拙著「国防の死角」でも紹介しておりますが自衛隊の組織的な欠陥、機能不全が明らかになりました。それは防衛省でも自衛隊内でも心ある人達は危惧しています。
 
 その最たるものは、無線が通じない、備蓄燃料がないなど軍隊の根幹に関わるものがありました。ところが君塚陸幕長はこれらの問題に対する調査も、対策も講じているようにみえません。

 オレが上手くやったんだから文句いうな、というのでしょう。


 加えていえば、彼(及び彼のスタッフ)は情報収集に非常に不熱心です。

 情報収集のための海外視察は現状があまりにも貧しいので、財務省がもっと積極的に行うことを奨励しているぐらいです。で、現場も危機感をもってて、申請しています。
 ところが陸幕ではそれが中々通らない。そんな無駄な金があれば戦車のような玩具を一輛でも多く調達したいというこでしょう。

 そのもう一つの理由は男の嫉妬です。エライ将軍様達は自分たちが視察にいけないのに、目下のものが行くのはケシカランと思っているらしいです。

 洋行はご褒美や役得とでも思ってらしい。恐らく外国では遊んでくることしか考えていないんでしょうね。こういう乞食根性の将軍が小姑よろしく、海外視察を邪魔して情報強化を阻んでいるようです。
 
 
 海外旅行がしたけりゃ身銭切っていれば宜しいでしょう。金を使わずに遊びたい、という乞食根性だから天下りして仕事はせずにゴルフばかりしているわけです。
 本来こういう人達は将官の器じゃありません。

 ぼくの知っている某将補は保険会社に天下りしたのですが、かつての上官の肩書きをつかって部下達に保険のセールスをすることに耐えられなくなって自分で仕事を探して転職しました。
 本来こういう気位のある人にこそ自衛隊に残ってもらいたいものです。
 

 タカリ根性、乞食根性が度を超すと、どこぞの官庁の次官のように業者にゴルフをたかるようになるんでしょう。この手の将官を海外視察に出してもえるものはありません。
 かえってマイナスです。

 先日も某与党の防衛族の政治家に会ったのですが、将軍達を視察に出すと遊ぶだけで仕事をしないから予算は出したくないとい言い切っていました。


 君塚体制の情報軽視は旧軍並みです。

 加えていえば、火力戦闘車。これはFH-70牽引榴弾砲の後継となる装輪自走砲ですが今年度予算では財務省から開発を蹴られました。で、調査費だけが認められました。もっと勉強してこい、ということでしょう。

 陸幕はこれの復活を目論んでいます。

 ですが、あまりにも筋が悪い話です。火力戦闘車(この残念なネーミングもなんとかなりませんかね?)は何門必要かもわかっていない。しかも島嶼防衛で殆ど役に立ちません。
 本来島嶼防衛を考えれば、M777のような軽量砲なども必要ですが、このような砲を要求すると火力戦闘車の予算がとれないから、陸幕は要求していません。想定されるシナリオで必要なのは、むしろ軽量砲の方なんですけどね。

 ぶっちゃけた話、国防なんてどうでも良くて、三菱重工の車体に日本製鋼所の砲を載せた玩具が欲しいだけ、ですから。天下りも確保できますから。

 そんないい加減なことだから、アパッチで失敗し、OH-1でも失敗してきたわけでしょう。
 愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶといいますが、経験からも学べないものは愚者未満、ということになります。

 
 ぼくが聞く限り、君塚氏は特殊部隊や現代の先端的な戦闘に関して極めて低い見識しか持っていないようです。島嶼防衛やゲリコマを重視するならば火力戦闘車なんぞという胡乱な珍兵器の開発より、特殊部隊の増強のほうがもっとも優先順位が高いと思いますけどね。
 

 君塚氏は冷戦型、平時向けの将官という印象しかありません。運が良かったので陸幕長になられた方だと思います。

 まあ、運がいいのも将星に求められる資質だとはいいますけどね。




朝日新聞のWEBRONZA+
に以下の記事を寄稿しました。

防衛産業は情報公開を(上)――メディアも国民も無関心
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012032700008.html

防衛産業は情報公開を(中)―― 拡大する経営リスク
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012040300011.html

自衛隊は3・11の「戦訓」を活かせるか(上)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012031000001.html

自衛隊は3・11の「戦訓」を活かせるか(下)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012031000002.html?iref=webronza



【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)が発売になりました。



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8

















 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 80
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
>最たるものは、無線が通じない、備蓄燃料がないなど軍隊の根幹に関わるものがありました。
>ところが君塚陸幕長はこれらの問題に対する調査も、対策も講じているようにみえません。

こう言ってはなんですがそれらはたかが東北方面総監風情(当時)がどうこう出来る問題ではないような気がするんですけど・・・
特に燃料の問題は東北方面総監風情どころか陸上幕僚長いや統幕議長如きでも無理な問題なのではないでしょうか?
あの〜
2012/04/10 08:47
陸幕長って一前線の指揮官ですか。
知りませんでした。物知りですね。

>東北方面総監風情(当時)がどうこう出来る問題
その人が陸幕長なんですけど。

>陸上幕僚長いや統幕議長如きでも無理な問題

じゃだれが計画作るの?
天皇陛下?

2012/04/10 14:13
清谷さん、貴方個人の勝手な妄想で特定の他者を
貶めるのは如何なものかと思います。
確証のある事実を根拠に批判するならばいざ知らず、
本文を参照する限りほぼ全て貴方の私的な妄想と
貴方自身が齧り聞きしたという信憑性の低い情報
(その情報源である政治家や関係者ですら貴方の
作った架空人物である可能性もありますが)の羅列
ではありませんか。

3後支-本
2012/04/10 14:24
海自が中古のC−130を調達する、あるいは
陸自のUH−Xが川崎案に決定したなどの本部ログの情報ソースもね、

>貴方自身が齧り聞きしたという信憑性の低い情報

と同様なソースからの情報ですけどね。

何度も言っていますが、ご自分の信じるものを信じればいいし、出典の明らかな情報しか信用しないならば防衛白書や新聞の記事だけを読んでいればよろしいではないですか。

別にあなたにブログを読んでくれてとお願いした覚えも、コメントしてくれと頼んだ覚えもありません。

キヨタニ
2012/04/10 21:59
防衛省、自衛隊は常に正しい、間違いを犯さないと思っている方々はこのブログを読まなくて結構です。

反論があるならば、匿名に隠れて誹謗中傷をせずに、ぼくと同じように実名を出して、リスクと責任を負った上でブログを立ち上げてはいかがでしょうか。


キヨタニ
2012/04/10 23:18
キヨタニ様
朝雲新聞2012年3月15日の「大震災から1年・・・」という記事中に、教訓事項と今後の装備取得や運用能力の改善点等が君塚陸幕長の言葉を含め紹介されております。
ttp://www.asagumo-news.com/news/201203/120315/12031501.html
「通信が不十分であった」との記述もありますが、新装備取得等を通じての早期改善に期待しております。いずれにせよ、君塚陸幕長の個人的な志向はともかく、このように公の場において方向性が示されている以上、その方向性に準じた予算関連審議を通じて、今まで以上に有効な防衛力の構築に尽力して頂けるものと信じております。
ところで、この記事、下から2段落目にLCACに関する言及があります。一方、気仙沼市大島への救援が遅れ、最終的には米国海兵隊の上陸用舟艇を待たねばならなかった点は、今後退役が予定されている海自平底輸送艦の代替をどのように行うかとともに、教訓事項として上がってきても良いと思うのですが、キヨタニ様は何かお聞きになっていらっしゃいますでしょうか?
また、英国との防衛装備品共同開発に関する声明がありましたが、この動きが火力戦闘車の開発にゴーサインが出なかった一つの理由とは考えられませんか?
以上、差し支えない範疇で御教示頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

関心
2012/04/11 03:05
その記事は読んでおりますし、防衛省が発表した震災の反省関連の文書も目を通していますが、官僚作文に過ぎません。
問題点を指摘するような連中は8月の移動で市ヶ谷から飛ばされました。

英国との共同開発と火力戦闘車ですが、現状特にそのようは話は聞いておりません。

財務省が蹴ったのは多分、具体性が薄い、胡乱な内容だったからでしょう。調達数もわからずに開発する、ですから。詳しくはぼくのコンバットマガジンの連載記事を参照してください。

本来島嶼防衛用に軽量火力が必要で、それは火力戦闘車よりも優先順位が高いのに、陸幕は火力戦闘車をやりたいばかりに、これの調達関連の作業を放棄しています。これも問題視されたのでしょう。
キヨタニ
2012/04/11 10:53
キヨタニ様
将官人事やコンバットマガジン、確認してみます。震災教訓事項の改善活動や日英共同開発の件等、続報期待しております。お忙しい中、お返事頂きまして有難うございました。
関心
2012/04/11 14:30
キヨリン
>別にあなたにブログを読んでくれてとお願いした覚えも、
>コメントしてくれと頼んだ覚えもありません。

それを逝ってしまうとこのブログの存在意義そのものが問われてしまう気がするんですけど・・・
そもそも評論家のブログというものは評論家に対して程度の差こそあれ批判的な書き込みはあるものでそれを「見たくなきゃあみるな」といって削除したりしていては
正直最後に残るのはイエスマンばかりの裸の王様状態にしかならないんでは?
えーっと
2012/04/11 22:24
別にぼくの批判を封じるつもりはありません。
そのことは何度も表明しています。

他者に対する最低限の礼節の欠如、批判と誹謗中傷の区別のつかない方、信仰に近いご意見をもっており、自説(しかも根拠はwikiペディアとか2ちゃんねる)を認めよと強要する
人達に付き合うつもりはないということです。
ぼくにそのようなボランティア精神はありません。

自分の信じるものを信じろといことのどこがおかしいのでしょうか。
ぼくの本を全部読めとか、自分の話を全部信用しろという方が尊大だと思いますけど。

>キヨリン
こういうことを書く社会常識を欠いた馬鹿者はコメントするなということです。


社会では同じことをいっても相手が耳を傾けることと、相手にされないことがあります。
見も知らない人間から横柄な態度で、上から目線でものを言う人間は相手にされません。
そういうこともわからないということは、社会経験がまったくないのでしょう。社会経験があってもまともに仕事をしたり、人間関係を構築できない人達です。
あるいは匿名に隠れていれば何を言ってもいいと思っている性根が卑しい人間でしょう。
またはその両方かもしれません。いずれにしてもぼくは関わりたくありません。

そういう残念な人達を相手にしている程人生は長く無いので悪しからず。
キヨタニ
2012/04/12 10:59
イギリスは日本とヘリコプターの共同開発をしたいそうですが、これはUH-Xの日英共同開発を狙っているという事なんですかね
みのもん
2012/04/12 11:40
かつてアグスタはUH-Xの共同開発を持ちかけましたが断られた経緯があります。
UH-Xの開発で、調達単価が予定に収まらない場合、
そのような可能性でてくるでしょう。
キヨタニ
2012/04/12 17:54
個人装具等には必要な予算がつかないため、身銭を切って私物を購入したり、予算をやりくりしてなんとか充実させているのが現状のようです。
実際、官給品は使い勝手が悪く、破損すると困るので部隊検閲以外にはあまり使われないそうですが。
第3特殊武器防護隊のHPで私物の充実度が見れます。
ともゆき
2012/04/12 22:47
>別にぼくの批判を封じるつもりはありません。そのことは何度も表明しています。
>>キヨタニ 2012/04/12 10:59
 とのことですが、また書き込ませて頂いてよろしいでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/13 21:40
 取り敢えず書き込みます。
陸上総隊について
>各総監部をなくそうという構想
 陸自が想定していた「陸上総隊」は、空自の航空総隊(総隊司令官は空将。各航空方面隊も空将)と同様、各方面隊を総括する組織であったと記憶しています。
 若干の方面隊の整理はあるものの、財務省が主張するような方面隊全廃という極端な構想ではありません。財務省が主張した方面隊全廃といった「現実を見ない」案を押し付けられるよりは、それを拒否し陸上総隊構想そのものを先送りするとした決心は間違いではないと考えます。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:09
>君塚陸将は本命を破って〜
→本命は誰で何故本命だったのでしょうか?軍研2011年9月号p147「市ヶ谷レーダーサイト」をみますと、関口泰一氏(元陸将/第35代東部方面総監)であろうと思われるのですが、詳しい為人が分かりませんので、比較ができません。
>統合任務部隊を指揮は、彼だけの手柄ではない
→災統合任務部隊の「指揮」をとった指揮官は君塚氏であり、それ以外の誰でもありません。そしてその指揮の結果責任は指揮官にあり,幕僚や前任の指揮官等にはありません。この理解は正しいでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:11
>派遣が何とかなったのは君塚氏の前任者が緻密に計画をつくり、演習を繰り返してきたことの方が大きい
→前東北方面総監は宗像久男氏(在任2007年7月3日〜2009年7月21日 在任期間2年 離任後退職)ですが、氏は東北総監在任中「東北方面隊震災対処訓練『みちのくALERT2008』」(2008年10月31日〜11月1日)を実施しています。「前任者が緻密に計画をつくり、演習を繰り返してきた」とはこの訓練を指すものと思われます(明示されていないので、私の推測でしかありませんが)。
(続く
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:15
続き)ところで、指揮官の責務は何でしょうか?平時に精強な部隊を育成し、一朝有事の際にはその部隊を指揮し任務を果たすことだと素人ながら思うのですが、如何でしょうか?
 元東北総監は部隊の育成に、前東北総監は「有事」に際し部隊の指揮・運用に全力を尽くした。両者の評価は甲乙付けがたいと思うのですが、やはり評価としては「元東北総監>前東北総監」なのでしょうか?これは絶対のものなのでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:16
>ところがこのような事実は殆ど報道されません。
→確かに報道されていませんね。何か報道して困ることがマスコミやジャーナリズムにあるのでしょうか?例えば、高練度隊員の存在が何より重要であり、安易な人員削減は高練度の隊員の排除に繋がることに気付かれるのが困る、とか?
>それに統合運用といって、実施には3自衛隊が統合的に動いた場面は殆どありませんでした。
(続く
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:42
続き)そして、その様な演練がなされていない場合、現実の災派で「ブログ主がイメージする統合運用」が出来るのでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:43
>また東日本大震災では拙著「国防の死角」でも紹介しておりますが自衛隊の組織的な欠陥、機能不全が明らかになりました。それは防衛省でも自衛隊内でも心ある人達は危惧しています。
→「国防の死角」と一部の「コンマガ」や「晴天乱流」は、「熟読」させていただきました。
 未読の方は是非御一読し、紹介されている内容を確認してみてください。「自衛隊の組織的な欠陥、機能不全」についての詳細な記述が(ry
簡単な質問の名無し
2012/04/14 12:45
 「関心」氏殿が示された朝雲新聞の記事や「防衛省が発表した震災の反省関連の文書」も目を通されているとのことですが、「官僚作文」に過ぎない(作文:3「形式的には整っていても、内容のとぼしい文章」)とする根拠は何なのでしょうか?。
 防衛省のサイトで見ることの出来る中間報告はあくまでプレゼン資料であり、当然元資料が存在すると思うのですが、その元資料も「作文」なのでしょうか?また、「東日本大震災教訓成果発表会」の発表内容も同じく内容のない作文だったのでしょうか?そしてこれらの資料はどこで目にすることが出来るのでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 13:23
>オレが上手くやったんだから文句いうな、というのでしょう。
→残念ながら、各幕僚長の指名の手順について情報がありません(知識は元々ない)。自衛隊の高級幹部人事は「オレが〜」と本人が手を挙げることができ、それで決定される様なものなのでしょうか?それとも東日本大震災という大災害に対する対処に直面したという「経験」、軍研の言う「戦歴」よりも、これまで同様序列等を重視しなければならないものなのでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 13:24
>加えていえば、彼(及び彼のスタッフ)は情報収集に非常に不熱心です。
>>ところが陸幕ではそれが中々通らない。そんな無駄な金があれば戦車のような玩具を一輛でも多く調達したいというこでしょう。
→>>の引用は誰をさすのでしょうか?
>そのもう一つの理由は男の嫉妬です。エライ将軍様達は〜
→これは誰について述べているのでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 13:34
>海外旅行がしたけりゃ身銭切っていれば宜しいでしょう。金を使わずに遊びたい、という乞食根性だから天下りして仕事はせずにゴルフばかりしているわけです。
→君塚氏は未だ現役であり、「天下り」も「再就職」もしていないと思われます(24.4.12現在)。よって「天下りして仕事はせずにゴルフばかり」する事は不可能ではないでしょうか?
 過去あったと断定されている退役陸将や高級幹部等を例に出し、現陸幕長も天下りしてゴルフ三昧をしている愚将、とする論は時系列を無視した暴論と思えるのですが、これは私の誤読でしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/14 13:36
>本来こういう人達は将官の器じゃありません。
→「達」とありますが、一体誰を指し、その中に現役の君塚氏は含まれているのでしょうか?
>ぼくの知っている某将補は保険会社に天下りしたのですが〜本来こういう気位のある人にこそ自衛隊に残ってもらいたいものです。
→「かつての部下」にぺこぺこして保険の勧誘をすることに(プライドが)絶えられなかっただけの可能性は皆無なのでしょうか?そもそも「元上官の肩書きをつかって部下達に保険のセールスをする」こと自体に違和感を覚えます。個人的にはこのような方を「気位のある」と評することはちょっと出来ません。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 13:37
>君塚体制の情報軽視は旧軍並みです。
→「(退役陸将等の高級幹部等の)これまでの悪行」を羅列しただけなのに、何故ここでいきなり「君塚体制」が出てくるのか理解できません。
 現幕僚長がその器ではないというのであれば、この様な回りくどい比喩を労する必要はないと思います(場合によっては言いがかりともとられかねません)。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 14:10
>(火力戦闘車は)島嶼防衛で殆ど役に立ちません。
→確かに島嶼「防衛」であれば、人員や装備を事前に展開しておく必要があり、十分なリードタイムが得られれば99式やFH70でも対処できますので火力戦闘車の必要性は低下するでしょう。勿論開発だけで終了した先進軽量砲もまた同様ですね。仮に占領されても「兵糧攻め」で容易に対処できますし。
(続く
簡単な質問の名無し
2012/04/14 14:12
続き)ところで、「技本」の「平成24年度予算概算要求の概要」には、火力戦闘車は「2 主要な研究開発(3)ゲリラや特殊部隊による攻撃等への対応」「現有の牽引式りゅう弾砲(FH70)の減勢に対応するため、射撃・陣地変換の迅速化、戦略機動性の向上及びネットワーク化を図った装輪自走砲」とあり、「島嶼防衛」用の装備であるとされてはいません。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 14:12
>そんないい加減なことだから、アパッチで失敗し、OH-1でも失敗してきた
→「失敗した」アパッチ(AH-64D)については、その細部情報が全く入手できていません。一般情報で検索をしてもF社が起訴した事実と若干の起訴理由しか目にすることが出来ません。それ以外は「あて推量」以下の2流3流のゴミみたいなコメント程度でしかありませんでした。これでは、市井の凡人には評価ができません。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 14:50
>君塚氏は冷戦型、平時向けの将官という印象しかありません。
→その「印象」はどのような情報から得られたものなのでしょうか?支障がなければ御教授いただければ幸いです。
>運が良かったので陸幕長になられた方だと思います。まあ、運がいいのも将星に求められる資質だとはいいますけどね。
→運が悪ければ、処分を受けるためだけにその職に留め置かれますしね。まさに人生色々です。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 14:51
おまけ
>かつてアグスタはUH-Xの共同開発を持ちかけましたが断られた
 この事実はいつ頃の話なのでしょうか?アグスタ社が共同開発を持ちかけた際に、日本が米国以外の国・企業と装備の共同開発をすることは可能だったのでしょうか?
>UH-Xの開発で、調達単価が予定に収まらない場合、そのような可能性でてくるでしょう。
→申し訳ありませんが、このロジックは全く理解できません。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 14:52
簡単な質問の名無しさん、言いたいことは1つ1つ言ってった方がいいと思う。
質問の内容はもっともだと思うけど。
ガメラ2
2012/04/14 18:30
「簡単な質問の名無し」ような人がいたよね。内容は長すぎて読む気になれないけど。
以前にも
2012/04/14 19:08
ぼくも読んでいません。
キヨタニ
2012/04/14 22:12
>ぼくも読んでいません。 キヨタニ
>2012/04/14 22:12
 久しぶりに、大○○させて頂きました。
 最新の記事である、
>「自衛官は国内戦闘で大怪我をしないらしい <<作成日時 : 2012/04/14 21:56」(←日時時間に注意)
 がUPされましたので、取り急ぎ質問させていただきます。
 以前のコメ、「国産ソナーの実力」で「『T-Hawk』は『1/2800』程度で不具合が発生(2012/04/01 21:45 )」について、そのソースを探し出せましたでしょうか?コメいただければ幸いです(制限時間約1時間!あるいは明日の昼!!)
 多分次が最期のコメになりますので、アク禁はもう少々お待ち頂ければ幸いです。
簡単な質問の名無し
2012/04/14 23:49
 ↓のリンクから確認できます。私もここから辿り着きました。
http://www.mod.go.jp/
簡単な質問の名無し
2012/04/15 15:30
>「失敗した」アパッチ(AH-64D)については、
荒らしに反応したらいかんのでしょうが。AH-1Sの後継として調達されたAH-64Dが、たった十数機で打ち切られたことをもって「失敗」以外の何だというんでしょうか?理解できません・・・。
蛸杉
2012/04/16 15:57
簡単な質問の名無しさんて 変なの 質問おおすぎ どう答えていいか解らないよ
たまたま
2012/04/19 00:11
率直に言って今ひとつ因果関係が繋がらないキヨタニ氏の文章よりは言わんとしてることはわかる。
複数のコメントに区切られて読みにくくはあるけど。
にゃんこ
2012/04/21 00:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
君塚陸幕長にその資格はありや? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる