清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府の公務員削減は防衛省と同じで、無責任

<<   作成日時 : 2012/04/06 15:14   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 13

公務員採用 省庁抵抗で目標後退 人件費削減、効果乏しく
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012040402000105.html

 何故、新規採用の抑制なのか。

 それは、既に公務員である「身内」に手を付けないで済むからです。

 自衛隊でも2年契約の1士、2士が4割強まで減らされています。そのくせ曹から将官に至るまでは増員されています。これと同じです。
 
 人員削減の目的は人件費の削減です。

 ところが、このような新規採用抑制では一番人件費の安い人間を切らないといけない。見た目頭数が減ったんで抑制効果があるようにもみえますが、まやかしです。新卒の抑制よりも、仕事をしない局長クラス首を切るべきです。

 本気で人件費の抑制をするならば、既存の公務員の賃金体系、年金、手当、住宅の家賃などの見直し、などやるべきことが山ほどあります。

 割増金を払って中高年に辞めてもらうことも必要でしょう。

 また新卒を抑制すると現場で働く「兵隊」の数が足りなくなります。行政サービスが悪くなります。対して上の人達は余っているわけです。ですから天下りなんてものがあるわけです。
 
 新人は予算を取るためだけの、まったく不必要な仕事はつくりませんが、上の人達はそのういう仕事をつくって、税金を無駄遣いすることが大好きですから、その意味でも上の人達をリストラする意味があります。
 ですから年配者をリストラすると、人件費以上の経費が削減できます。


 現状若年者の雇用を増やす必要があります。若い時代に定職につかずふらふらしていると、就職が難しくなりますから、慢性的な失業者を増やすことになるからです。彼らには定職についてもらい、税金や年金を納めてもらうべきです。
 その意味でも、年配者には退場してもらい、若年層を雇用すべきです。


 ところが、身内に嫌われたくない、自分たちの既得権益を守りたいから、本来行うべき人件費の抑制のための改革を行わず、安易な道に走るわけです。

 政府の改革、経費削減は一事が万事こういう感じでしょう。防衛費を見ても不効率、不必要な支出は多く、まだまだ削りしろがたくさんあります。

 こんな状態で、消費税を上げて国民が負担しろ、というのは世の中を舐めているとしか思えません。

 それか官のいう民間並みというのもインチキです。

 彼らのいう民間とは大手の企業で収入もフリンジベネフィットも多い給与所得者を指しており、平均的な国民のそれではありません。日本の企業の9割以上は中小企業であり、無論三階建ての年金はありません。国民年金のところも多いわけです。
 しかも倒産や廃業などのリスクに晒されています。 民間並というならばせめて100名以下の中小企業あたりの待遇を指標にすべきではないでしょうか。




朝日新聞のWEBRONZA+
に以下の記事を寄稿しました。

防衛産業は情報公開を(上)――メディアも国民も無関心
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012032700008.html

防衛産業は情報公開を(中)―― 拡大する経営リスク
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012040300011.html

自衛隊は3・11の「戦訓」を活かせるか(上)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012031000001.html

自衛隊は3・11の「戦訓」を活かせるか(下)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012031000002.html?iref=webronza



【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)が発売になりました。



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
以前、長距離の運転手をしていました。周りを見ればほとんど兵隊上がり。2年契約でも大型に牽引免許を取得して、それなりに社会で活躍していました。予備役に登録している人もいましたので、それはそれで良しとしましょう。でも長いこと住んでいると本来の任務を忘れて腐っていくんでしょうな。
己の既得権益の防衛省では情けない限りです。
亭主防衛
2012/04/06 19:09
既得権益にしがみつく亡者ども 氏値
たまたま
2012/04/06 22:53
公務員といってもその仕事の内容はさまざまであり、今回取り上げているのは国家公務員のことでしょうが、部門によっては人が足りなくて困っているところは多数存在していると思われます。
さらに地方公務員や自治体職員に至っては明らかな人員不足の職場は相当の数があるはずです。市町村の合併によって全体の職員が減らされ、災害時などに十分な機能が果たせなくなるという指摘は震災前から何度も出ていました。その結果どうなったかは今更言うまでもないでしょう。国家予算の支出削減は確かに急務ですが、その一方で何が何でも公務員を減らせばいいといった固定概念に頭が固まっている人も多すぎる気がします。某市の市長が喫煙を理由に無理やり懲戒免職を発動したみたいに…。
SNK22
2012/04/07 06:35
 助役が禁煙区でたばこ吸って電車運行に支障を出したのならクビになっても仕方がないでしょう 逆に配置転換や降格処分でお茶を濁してもまたぞろこういう輩は現れる 橋下市政は意識改革を徹底して完遂するという現れです。
たまたま
2012/04/07 12:48
>SNK22

禁煙区でたばこ吸って電車運行に支障を出すような人間はクビになって当然 こんなのをかばう人間の気がしれない
災害時に必要な公務員の数が足りないなんてのも、人員削減されたくない地方役人の言い訳にすぎない 災害時に必要な危機管理室の職員の数を最低限に絞って、どうでもいい部署に人員を余らせているような泥棒役人の言う事なんぞ信じないね 反吐が出る
今回の国家公務員の新規採用抑制なんてのも馬鹿げている 減らすべきは自治労お抱えの老害公務員だろうに
民主党は有権者への見え透いたパフォーマンスと自治労への配慮を優先して、若者から就労機会を奪って老害を継続雇用させたのだ ふざけている
みのもん
2012/04/07 14:36
そういえばキヨタニさん、産経新聞に君塚陸幕長が陸上総隊構想を潰したとありましたが、もう陸上総隊は作らないんですか?それと陸自の一部海兵隊化の話はどうなってるんですか?
みのもん
2012/04/07 14:40
>君塚陸幕長
実際のところはわかりませんが、主流派は皆反対でしょう。総隊をつくって、各総監部をなくそうという構想でしたから。となればポストは
大幅に減ります。ぼくは過渡的に3個方面隊に再編して、後に全廃でいいと思います。仕事もない星付きのおじさん達が多すぎます。
高々16万人の陸軍にしては過剰です。

それから君塚氏は極めて保守的のようで、情報収集や海外視察は必要ない、そんな金があれば
戦車を一両でも買いたいと思っているような
節がありますね。
また特殊部隊をまったく理解していない。
つまり、冷戦時代の遺物。

東日本大震災のときも不必要なセレモニー
的な会議を多く持ったと聞いております。

果たして大綱が変わったばかりの変革期の将に相応しいか、いささか疑問に思います。

水陸両用部隊は陸幕で研究中だそうですが、本来統幕で構想をつくるべきでしょう。部隊をつくってもそれを運ぶ手段がなければ遊兵化します。

この手の話は政治が主導しないと無理でしょうね。

キヨタニ
2012/04/07 16:42
君塚氏は改革を嫌う旧守派なんですね 東日本大震災の時は名将みたいな扱いされていましたが、実際は愚将だったとは 早く陸幕長にも交代してもらいたいです

>水陸両用部隊は陸幕で研究中
なんだか「研究」だけして、まるで何も無かったかのように終わりそうで怖いです 石破さんが防衛相や総理にならないと進展しないでしょうね
みのもん
2012/04/07 22:39
キヨタニ氏の発言と同じで無責任ですナ。。。

将来の景気に、自分の人生が左右されてしまっては、誰がやる気を出すのでしょうか?
しかも、昔 民間はバブルでわが世を謳歌
したのに、公務員はバブル関係無し。
今回は民間が苦しいから、公務員も痛みを
分けろというのは、いささか調子が良いの
では?

兵士の方々は定年が55歳。 恩給も無し。
現在でも年金の支給は60歳。 退職して
からの5年間は、どうやって生活するの
残りの人生はどうやって過ごせば良いで
しょうか? 中高年の首を切れ!というのは
分かり易く、一見まともな意見のように
思えますが、切られた方々は、どこに行けば
良いのでしょうか?

今回もキヨタニ氏ご本人からの、まともな
反論は期待しておりませんので、ご安心を
(笑)
やん
2012/04/08 02:36
〉やん

同感です。
キヨタニ君は、根拠なき妄想が多すぎます。致命的な問題ですよ。
ちなみに、今回の前コメ(ブログ内容批判)を消されてます(笑)


何も知らない方々が根拠なき非難を真に受けて、固定観念化させてるとしたら、哀れですらある。


一応、警視庁に通報しときました。
通りすがり
2012/04/08 08:39
本当に警視庁に通報したのならとんでもないバカだな
みのもん
2012/04/08 15:15
 またまた連投・長文になりますが、コメしてもよろしいでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/04/08 16:24
退職してからの5年間は、どうやって生活するのや残りの人生はどうやって過ごせば良いのかはキヨタニさんに聞くよりホームレスの人に聞くのがよろしいかと思います。一般兵士の受け皿としては普通は警備員が多いみたいですね。パイロットはそれなりに需要がありますな。
家なき子
2012/04/08 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府の公務員削減は防衛省と同じで、無責任 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる