清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 頑張れ共産党! 復興予算で自衛隊機 佐々木議員が批判

<<   作成日時 : 2012/03/10 05:13   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 15

 復興予算で自衛隊機 佐々木議員が批判 衆院財務金融委
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-08/2012030804_02_1.html

佐々木憲昭議員は6日の衆院財務金融委員会で、庶民に増税を押し付けて確保した復興財源を、自衛隊の輸送機購入に充てている問題をただしました。

 防衛省は空自のC-2と、海自の中古のC-130を第三次補正予算で要求しました。
 
 よくやった、共産党!
  
 まさかこの先生、拙著「国防の死角」を読んだじゃないでしょうが。

 C-2は未だに完成していません。しかも空自は平成24年度予算で、機体補強のための費用、58億円を要求しています。
 つまりまだ完成していない機体を緊急に必要なものを調達するための補正予算で要求したわけです。その分、被災者に回す予算や、本当に緊急性の高い自衛隊の装備に回す予算が削られたわけです。
 
 しかも空自は24年度の予算でもC-2二機を要求しています。対して海自はトラブルで開発遅れている哨戒機、P-1の24年度予算での要求を諦めました。

 空自は東芝の偵察システムは、納期が遅れた、性能が不十分だとキャンセルしておいて(しかもその代用案やそのための予算も計上していない)、C-2に関してはお上の負担で、追加の開発費を出して、その目処が立たないのに6機も発注するのは何かが間違っているような気がしますが。
 
 こういうことを決めた空幕長が、統幕長になるのもいかがなものかと思いますが、あたしは。

 被災者よりも自分たち「空自村」の利益を優先しているように見えますが、気のせいでしょうか。


 さて、海自が補正予算でのC-130の調達を決めたのも問題です。
 これはYS-11の後継であり、本来通常の予算で要求すべきが筋のものです。補正予算で要求するほど緊急性が高いとは思いません。
 
 以前も紹介しましたが、この話は仙石氏に非常に近い筋から持ち込んだらしいです。当時の仙石氏は内閣を事実上仕切っており、絶大な権力を有しておりました。このあたりのことも国会で追求した欲しいものです。
 或いは週刊誌の皆様に後追い記事を書いて欲しいものです。

面妖な海自の輸送機更新計画
http://kiyotani.at.webry.info/201108/article_3.html



 「自衛隊は頑張った」という報道自体はわるくないのですが、美談的な報道ばかりが世に溢れて、今度の震災で明らかになった欠点や問題は殆どメディアでは指摘されていません。
 ですから、自衛隊が調子に乗って、補正予算は掴み金だとばかりにトンデモなものを調達しているわけです。

 本来このような質問は調達の裏側まで知っている自民党が行うべきでしょう。

 ところが自民党の防衛族は防衛費増やせ、人間増やせの大合唱ばかり。
 自衛隊のやることは常に100パーセント正しい、「暴力装置」と呼ぶなんて人権侵害だ、みたいなことを仰っているようでは、与党に返り咲くのは当分先のことになるのではないでしょうか。
 与党時代よりも劣化が進んでいるように思えます。

 昔、石破茂氏に「清谷さんは、共産党に投票するからなぁ〜」と、恨みがましくいわれたことがありますが(でも、小泉時代は自民党に投票を呼びかけました)、こんな状態が続くなら、次の選挙も共産党に投票しようかと思っている今日この頃です。



【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)が発売になりました。



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
技本と空幕装備は無用の長物か  装置開発、契約通り行わず…防衛省が東芝訴える
装置開発、契約通り行わず…防衛省が東芝訴える http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121126-OYT1T00503.htm?from=ylist ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2012/12/02 16:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントに、最近の共産党はツッコミ所間違いばかりで見ていて非常に痛々しくなるばかりでした。かっては確かに他の政党やメディアが一切取り上げなかった「社会の暗部」を暴き出すような快挙も結構あったのですが…。
昨今の自民党の劣化を見ていても、結局共産党という「仮想敵」がいないとまともに機能しない政党だったのかな、とまで思ってしまいます。日本全国どこでも左翼が壊滅状態になってもっと右翼系が伸びてくるかと思っていましたが、左翼でも右翼でもない新たな団体にとって替わられているように思えます。
SNK22
2012/03/10 08:44
たしかに自衛隊は昨年の震災で、首相が最高指揮官だということを制服組トップと会談する前日まで知らなかった方に振り回されながらも任務を達成しました。その事自体は否定しません。が、その後の「自衛隊マンセー」みたいな雰囲気には、さすがに違和感を感じた記憶があります(特に、某若手女性ジャーナリストが某新聞社から出版した本のタイトルには力が抜けましたが)。それはそれとして、スキャンイーグル(どうせなら2機とは言わず、まとめて2〜30機買えば良いのに。あ、それだと困る人があちこちに)は原発対策に使うと言えば分からなくもないですけど、流石にC-2は無理やりすぎる気がします。
カッコ
2012/03/10 13:14
本当に緊急性の高い自衛隊の装備とは?
やん
2012/03/11 01:19
昔から散々言われている事だけど共産党は自前の防衛に関する情報調達ルートがあるし。
関係ないでしょ
2012/03/11 08:47
本予算に計上すべきものを補正予算に計上するのは、防衛関係に限らず民主党の方針。
本予算で見かけ上の国債発行を減らすため。
自衛隊だけを批判しても無駄。


それに、未完成でも生産しながら開発継続して完成を目指すのが今のトレンド。
K
2012/03/11 17:56
割増しで予算がつくならいいのでは「要求」しているってことは別に他の所から削ったわけではないのでしょうし。
>被災者よりも自分たち「空自村」の利益を優先しているように見えますが、気のせいでしょうか。
気のせいですよ。深読みしすぎですって。どっかのアンケートで8割方が今回の自衛隊の活躍を評価するっていって貰ってますからここで評判落とすようなことはしないでしょう。と思います。
べつに
2012/03/11 21:30
〉自衛隊が調子に乗って

いや、調子に乗ってるのはアナタでしょう(笑)

〉自衛隊マンセーみたいな雰囲気

そんなの無いだろ。
自衛隊の活躍に感謝するのは、国民として自然な感情だと思うよ。
なんだかなぁ…
2012/03/12 16:07
 私は別に左巻きの「軍靴の足音が・・・」論者ではないつもりですが、自衛隊といえば美談ばかりが語られる昨今の風潮もどうもねぇ、と思う一人です。もちろん、今回の震災での活躍を評価するのにやぶさかではないですし、一昔前までの日陰者扱いもおかしいとは思いますが。

 思うに、戦前も大正時代なんかは軍人蔑視の時代で軍人は制服で表を歩くことなく、兵役も非常に楽ちんだったらしいのですが、大恐慌、満州事変、5.15、2.26を経て、十数年で軍人マンセーになり、軍部にまともな批判できないようになっちゃいました。
 うまくいいたいことがまとまりませんが、軍人とか軍に関して、日本はなんでこう極端から極端に走ってしまうのかなぁ?といった思いがよぎりますね。
レッド・バロン
2012/03/12 21:13
〉やぶさかでない


いやいや、アナタ何様な話ですから(笑)

口を出すだけなら阿呆でも出来る。
通りすがり
2012/03/15 20:56
復興予算でやるのが適正とは思いませんが、輸送機や輸送ヘリは増強しておくべきだと思いますけどね。日本は地震の活動期に入っており、今後もどこが大地震に見舞われるか分かりませんし。そもそも、防衛予算は硬直化しているので、ある装備を緊急的に増強しようとしてもできない仕組みになっています。来年度の通常予算に防災用の装備を上乗せしようとしても、絶対に認可は下りません。
プロイセンの騎士
2012/03/19 15:06
復興予算で、輸送機調達してるわけないでしょ?
それ言うなら、防衛予算削って、復興にあてませんか?
てのが、普通。
調子こいてません
2012/03/26 21:14
>調子こいてません

無知なのかキチガイなのか・・・

http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/10/21e_2.pdf

あれま
2012/03/27 00:08
 C-2の取得は、「第3次補正予算(防衛省所管)」の「A 活動に伴う減耗の回復及び今後の活動への備えの充実関連経費」の「(1)災害派遣活動により減耗した装備品等の回復」に当たります。例えば、あと5年使う予定の装備が3年しか使えなくなったので、用廃されたときに任務に支障のない様に手当てしましょう、ということ。
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/10/21e.html
 ところで「復興予算=補正予算」なのでしょうか?
簡単な質問の名無し
2012/03/27 22:36
連投失礼。因みに、「初度費」の定義です。
 「初度費とは、特定の装備品のみで負担する(汎用品に効果を及ぼさない)設計費、専用治工具費、技術提携費等、主として製造の初期段階で投資される費用である(平成20年2月20日)。」
 よって、F-15近代化には近代化の、IRST搭載にはIRST搭載のみで負担する「設計費、専用治工具費、技術提携費等」つまり「初度費」が必要、と思われます。
簡単な質問の名無し
2012/03/27 22:37
 更に連投失礼。「平成23年度補正予算(第3号)の概要」をみると、3次補正には「年金臨時財源の補てん」や「台風12号等に関わる災害対策費」、「準天頂衛星システム事業推進調査」さらには「B型肝炎関連経費」なども含まれていますので、「復興支援だけの予算」ではないように思えます。何故C-2だけを名指しで非難したのか意図が図りかねます。
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2011/hosei231021c.pdf
因みに補正予算の根拠は「財政法第29条」です。
 さて、コンマガ2012年5月号購入しました。
>ブログ以外の記事も含みます。
 とのコメントはまだまだ有効な様なので、近々コメントさせていただきます。御了承下さい。
簡単な質問の名無し
2012/03/28 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
頑張れ共産党! 復興予算で自衛隊機 佐々木議員が批判 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる