清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士重工業、ごみ収集車事業を新明和工業に譲渡、だったら・・・

<<   作成日時 : 2012/03/31 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 5

 富士重工業、ごみ収集車事業を新明和工業に譲渡
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120330/biz12033016570043-n1.htm


 富士重工はごみ収集車市場で、新明和とともに約3割のシェアを持つ首位だが、収集車市場が先細りするなか、経営資源の「選択と集中」により手放すことにした。


 本業に経営資源を集中するということです。

 不思議なことに何故これが、防衛や航空産業でできないのでしょうか。
 AH-64Dは13機で調達打ち切り、陸自のUH-Xは川重に取られて、防衛省向けのビジネスは殆ど無人機などで、あとは既存機のメンテぐらいです。
 つまりまともにヘリでは商売できない。公共事業頼みの田舎の土建屋みたいなもんです。

 そもそも我が国の市場で3社もヘリメーカーはいりません。それが民間市場で争っているならともく、民間市場では
BK117以外は国産ヘリは無し。3社とも防衛需要にたかって商売しています。
 その3社間には競争がなく、棲み分けをしてきました。お陰で防衛省のヘリ調達価格は諸外国の何倍にもなっています。あげくにアパッチもOHー1も調達数を大幅に削減しました。

 それ以外の富士重の航空機部門ではボーイングなどの外国メーカーの下請けはありますが、中進国の追い上げもあり、いつまで技術的な優位を保てるでしょうか。

 防衛・航空ビジネスも他社に売って、本業に専念することが富士重工のみならず、広く納税者の利益にもなります。 筆頭株主のトヨタもそれを望んでいるらしいですが。
 うかうかしていると、その内トヨタに吸収されて進駐軍がやってくるハメになるかも知れません。


 もし、社内に中島飛行以来の伝統が云々という人がいるのならば、新進気鋭の心意気をもって、中島飛行機を設立した故中島知久平氏が現状のような国家に寄生するような商売を続けることを良しとするか、よく考えてみるべきでしょう。




朝日新聞のWEBRONZA+
に以下の記事を寄稿しました。

防衛産業は情報公開を(上)――メディアも国民も無関心
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012032700008.html

自衛隊は3・11の「戦訓」を活かせるか(上)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012031000001.html

自衛隊は3・11の「戦訓」を活かせるか(下)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012031000002.html?iref=webronza



【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)が発売になりました。



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おそらく建設業と同じで、1件受注すると次の入札に加われないというのではw
一人勝ち出来ず、統合しても受注額が増えない。
K
2012/03/31 19:28
キヨタニさん
下記ニュース何か情報知っていますでしょうか?
F35調達 2年延長 日本の調達計画破綻 米報告書に明記<http://sankei.jp.msn.com/world/news/120331/amr12033100580001-n1.htm>
紫電改
2012/04/01 11:27
その件に関してはまた詳細は把握していません。

ですがこのような事態になることは容易に予想はできたはずです。

トルコ政府はF-35の調達に際して、ソースコードの開示や更なる技術開示を要求しています。
値段や納期は勿論、そんな交渉すらしていないのですら。

要は当事者としての能力と意識が欠けているわけです。

そのような決定をした幕僚長を統幕長にしたわけですから、内局の責任大だと思います。

キヨタニ
2012/04/01 22:05
トルコとはまるで立場が違うでしょ。
FACOや機体・エンジンの一部がライセンス生産が可能なんて、破格の条件だと思いますよ。
今更数年調達が遅れても大した問題では無いし。
?
2012/04/21 19:11
そうだよね。
防衛省には交渉能力なんて期待しちゃいけないよね。

数年遅れても問題ないよね。どうせ戦争するわけじゃないから。F-4を飛ばさなければ、機体寿命はのびるからね。

まあ、実戦で使うつもりは毛頭ないおもちゃだから
それでまったく問題ない。

実戦で使う兵器とおもわなければ何の問題もない。
そうだよね
2012/04/22 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士重工業、ごみ収集車事業を新明和工業に譲渡、だったら・・・ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる