清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛産業の利益は適正か?

<<   作成日時 : 2012/01/31 13:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

防衛省、三菱電機を指名停止 水増し請求で特別調査へ
http://www.asahi.com/national/update/0127/TKY201201270483.html


 防衛省と内閣衛星情報センター、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、大手メーカー三菱電機(本社・東京都千代田区)から水増し請求があったとして、同日から当分の間、指名停止にするとそれぞれ発表した。防衛省は30日から同社に対して特別調査を実施する。

 装備調達予算の毎年の下落が激しいなか、防衛産業も大変です。が、だからといってまったく儲かっていないわけじゃありません。毎年実質赤字ならば商売を畳んでいるはずです。
 プライムクラスの企業は工数の水増しやらなにやらで調節しています。もっとも彼らは下請けにはコスト削減を強要していますから、防衛産業依存度の高い下請けほど、厳しい状態にあるでしょう。

 メーカーはある程度の利益が必要です。ところが真面目にコスト削減を行うと必要な利益が確保できません。
 メーカーは先回りして「自主的に」開発も行わなければならないわけです。 開発目処が立つと、「技本の開発」として予算がつきますが、それ以前はオウン・リスクです。失敗すれば予算はつきません。
 また開発費が高騰しても、予算内で抑えることが要求されますから、足が出れば調達分に上乗して回収しないとなりません。それを官民の馴れ合いでやってきた部分があります。ですから研究開発と調達予算が非常に不透明です。

 こんな事情がありますから、この件が単なる水増しなのか、あるいは何らかの足が出た部分を回収しただけのかは報道からはわかりません。この件に関しては今後取材をしていこうと思っています。

 防衛省にはメーカーのコスト構造がどうなっているかを熟知している人間はほどんどいません。 何しろ要求仕様書からしてメーカーに丸投げしているぐらいです。

 防衛省は単にコストを下げろと騒ぐだけです。それならば小学生でもできることです。本来ならばコストを削減したインセンティブを与えないといけません。防衛省でもそのような取り組みが一応はなされていますが、あまり見を結んでいないようです。


 メーカーや商社の利益確保も必要です。利益が得られなければ研究開発も、従業員の訓練も、情報収集も、設備投資もできません。これは厳然とした事実です。

 ですから防衛省がやるべきことは調達コストを下げつつ、利益を上げることです。難しいですが、これをやらないといけません。

 そのためにはまず、防衛省内の調達関連の人員を充実させるべきです。メーカーや商社のビジネスの仕組みを理解し、どこに無駄があるか把握することです。
 
 また事業統合を進めるべきです。これは国のリーダーシップが必要です。メーカーは現状維持です。特にプライムクラスの企業にとっては防衛産業なんて盲腸みたいなものですから、経営陣は自分の任期の間は無難に済めばいいと思っています。10年先なんて「後は野となれ山となれ」でしょう。
 まあ、それを続けている間に予算規模は削減の一歩をたどっていますから、いつかは事業として成立しなくなります。またその間下請けはバタバタ潰れていくでしょう。つまり大手の経営者には当事者意識がありません。

 それから天下りの規制です。天下りでも熱心に仕事をやってらっしゃる方も多数おります。その一方でゴルフしかしていないお荷物将軍やら提督も多数おります。
 更にはメーカーに直接天下るのではなく、防衛省とは直接取引がないメーカーの取引先に天下る「ステルス天下り」も問題です。直接手な天下りは退職後2年はできませんが、「ステルス天下り」は退職後即再就職が可能です。これほとんど解明されていません。

 これら天下りの極小化を行う必要があります。

 それから競争原理の導入です。中小企業やベンチャーの参入を促して調達コストの低減をおこなうべきです。

 これらを実行すれば防衛産業撤退する企業、敗退する企業がでてくるでしょう。それは仕方ありません。利権化した防衛産業の現状を維持しようとするならすべての企業が共倒れになるでしょう。


【新刊のご案内】
拙著「防衛の死角」(PHP刊)が今月半ばに発売の予定です。



国防の死角
PHP研究所
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国防の死角 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぜひとも頑張って取材して下さい。 応援しています。
やん
2012/02/01 01:23
>それから天下りの規制です。天下りでも熱心に仕事をやってらっしゃる方も多数おります。その一方でゴルフしかしていないお荷物将軍やら提督も多数おります。

天下りもこれがあるから困るんですよね。全部がダメなら一律規制でいいんですがそうでない人とかね・・。
割合がどうなっているのか知りませんがテレビの露出が多い悪い人ばかりのように思えてしまいます。まいったねども
チキチキ
2012/02/02 16:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛産業の利益は適正か? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる