清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 哨戒機のお話

<<   作成日時 : 2011/12/07 22:42   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

 むかしむかし、とある東洋の島国の帝国海軍は哨戒機を開発していました。
 
 機体もエンジンも、搭載システムも国産という力の入れようです。

 その哨戒機に搭載する機上音響処理機をノベンバー社が開発していました。開発に際しては自社製のソノブイを8000本も使ったそうです。
 ところが数十億円も投じて開発したこの機上音響処理機が全く使い物にならない出来栄えでした。

 そこで唯一の同盟国である新大陸のアルファ国に、同国の機上音響処理機を参照用に貸してくれと頼みました。

 ところが断られてしまいました。

 そこでアルファ国の隣のチャーリー国に同様のお願いをしたら、快く貸してくれました。
 その機上音響処理機を使うとどうでしょう、潜水艦の位置を一発で特定できました。
 実はチャーリー国のメーカーはその東洋の島国のメーカー、オスカー社にライセンス生産を持ちかけていました。

 ところが帝国海軍はそれでもノベンバー社のシステムを調達する意向のようです。

 ノベンバー社はアルファ国製のソノブイを使えば開発費は大幅に下がったはずです。何しろ単価は3〜4分の一です。しかも性能も遥かに上です。帝国海軍はアルファ国海軍との共同演習は自国製ではなく、アルファ国製のソノブイを使っています。これを使わないと演習で勝てないからです。

 ですが、アルファ国製のものを使うと、ノベンバー社が儲かりません。帝国海軍はノベンバー社に多くの天下りを受け入れてもらっているので、コストを下げるために外国製を使えと言えませんでした。こうして臣民の納めた多額の税金が開発に投じられたのでした。

 帝国海軍のこの哨戒機の調達単価は現段階でも計画の約二倍に膨れあがっています。機体もエンジンも専用、しかもエンジンは4発です。ただでさえも維持費は高くなります。このため下手をすると調達予定機数の半分ぐらいまで減らされるでしょう。
 はたして、開発費と調達単価に見合う機体になるのでしょうか。



 おしまい。


 
  このお話はフィクションであり、登場する国家および団体はすべて架空であります。  



日経ビジネスオンラインに以下の記事を寄稿しました
防衛産業の浮沈のカギ握るFX選定(前編)
予算削減の影響で中小企業の“退場”が相次ぐ

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111125/224283/?top_updt&rt=nocnt
防衛産業の浮沈のカギ握る次期主力戦闘機選定(後編)
F-35を選べば戦闘機の国産政策は貫けない
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111125/224298/




WEBRONZA+で以下の記事を寄稿しております。

FXはユーロファイターを採用すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011110100003.html
FX購入の代わりに、コンポーネントの輸出を
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011110200003.html
FXのユーロファイター採用は、米国に対する大きなカードになる
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011111000009.html

また同じく、朝日新聞の谷田邦一編集委員が以下の記事を寄稿しております。
最終局面のFX選定――透明性の確保は?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011110100004.html



【告知】
画像

林信吾と共著の仮想戦記「真・大東亜戦争」シリーズが電子版が販売中です。
現在第一巻のみ定価450円→0円  なんと完全無料です
http://itunes.apple.com/jp/app//id480083237?ls=1&mt=8






 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
搭載機器の仕様は、共通化していたのではなかったか。
K
2011/12/07 23:56
何度でも申し上げますが、アルファ国とやらのノノブイを使えば、問題は全て解決して長期的な国益は確保できるのでしょうか? 超近視眼的に考えれば、低予算にできるでしょう。 アルファ国のソノブイを長期的に売ってもらう為には、アルファ国から更に高い買い物を要求されることは明明白白です。 貴君のおっしゃるオフセットというヤツです。
さらに、トイストーリー社の被害ように、潜水艦のスクリュー音が小さくなったとイチャもんを付けられるだけです。 また、高いエンジンを押し付けられるでしょう。
ノバンバー社とやらも、どれだけ儲かっているのでしょうか?

ぜひとも”論理的な”反論をお待ちしております。
また、「個々の考えは自由」との逃げ口上だけは、おやめ下さい。 それとも出入り禁止でしょうか?
やん
2011/12/08 01:10
K様
搭載機器の共通化は、ごくごく一部です。
やん
2011/12/08 01:11
ロッキードのセールストークには怒るのにソノブイのは受け入れるというのは何故?
またF-Xでアッシーのみだと航空機部品の国内サプライヤーが〜と国内産業の保護育成に触れるのに、対潜機材のメーカーの育成はどうでもいいというのも基準がよくわかりません。
にゃろ
2011/12/10 11:15
なんか哨戒機に関して・・ここに書いてあることと、そっくりなこと言ってる名無しの坊やを、どっか作家さんのブログコメ欄で見たわね・・・

今度見たら虐めてやろ・・・どうせ根拠のないフィクションだし。
エンリステッド
2012/01/03 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
哨戒機のお話 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる