清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドン写真日記その3 麺と飯 アジア化する食生活

<<   作成日時 : 2011/10/17 17:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

 
 昨今ロンドンではファーストフードで、ヌードルバー、や飯の上に具を載せたドンブリの類を主として供する店が増えています。
 食のアジア化(日本化含)が進んでいるようです。日本の麺ではそばよりもうどんの方が圧倒的に人気があります。また、スーパーでもパックご飯が売られております。

 英国ではインドを植民地にしてからお茶を飲むようになり、パブではカレーなどのインド料理のメニューが定番になっています。つまり18世紀頃から大きく食生活が変りました。また同様に中華料理も定着し、田舎にいっても「チャイニーズ・テイク・アウェイ(持ち帰り専用)」中華店があります。

 90年代にはモダン・ブリテッシュと称する新たな英国料理が登場しますが、それはフランス料理やエスニック料理などのエッセンスを取り込んだものでした(単なるキャベツ炒めで結構な値段を取られたり)。

 現在の麺とメシの普及はそれに続くものであるような気がします。
 最近の飯や麺の普及の背景は二つあると思います。一つは健康志向。肉や脂、カロリーの取りすぎ、野菜の不足を憂う人が増えたからでしょう。もう一つは費用面です。英国では外食が結構高いのですが、麺類や汁掛けメシの類は2〜3ポンド程度なので結構お得感があります。ハンバーガーを喰うよりは値頃感、充実感もあります。家庭でもメシを中心にメニューを組めば結構安く上がります。
 
 まあ、色々な要素が絡み合って、麺やメシが人気をはくしているようです。これは一過性のブームでは終わらないと思います。
 
 


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 そういえば、以前もお話した、お餅すらダメだった、私の子供時代(30年前)の英人英語教師は今、どんな思いで英国にある寿司屋やら、お好み焼き屋やらを眺めているのかな?

>インドを植民地にしてからお茶を飲むようになり
 
 英国の伝統文化ってわけでもないんですね。考えてみれば、イギリスの気候ってどう考えても茶の栽培には向いてないし、当然といえば当然か。
 
 一度、会ってみたいような。ちなみに、ハリウッドでそのまんま女優になれるんじゃないか?と思わせるような美人でした・・。
レッド・バロン
2011/10/18 19:53
英国人はそれまでコーヒーを飲んでいた(といってもその歴史も極めて短いんですが)が、植民地のインドで茶を栽培するようになって、「国産品愛好」ということで紅茶に切り替えたわけです。もっとも英国に茶が入った当時は日本と中国からの輸入で緑茶などを飲んでいたらしいです。
で、米国では英国から輸入していた紅茶を飲んでいた訳ですが、英本国からの独立に際してコーヒーに切り替えたというわけです。米国が英国から独立していなければ、未だに米国人には紅茶党が多かったでしょう。

キヨタニ
2011/10/19 02:10
http://mimizun.com/log/2ch/gun/1036685673/
マヌケな42
2011/10/21 09:00
 しかし、未だに信じられませんね。私自身の英国人との関わり合いを振り返ってみるに、英国にとって、日本は良くも悪くも存在感のない国、なんですが・・・。一部のマニアだけ?ってことはないんですか?
レッド・バロン
2011/10/23 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロンドン写真日記その3 麺と飯 アジア化する食生活 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる