清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛省にまともなUAVが開発できるか

<<   作成日時 : 2011/08/18 10:45   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 29

防衛省、無人機開発を本格化 調査費増額要求へ
http://www.asahi.com/politics/update/0816/TKY201108160563.html


 新しい無人機を開発するまえに既存の無人機と、その研究開発の見直しが先です。

 今回の震災ではFFOSやFFRSなど、自衛隊のUAVが一度も飛ばなかったわけです。
しかも防衛省のFFRSの政策評価ではこれが大災害やNBCR状況下の偵察や状況把握に
必要だからということを開発の理由に挙げ、その開発の成果に太鼓判を押していました。

 FFOSやFFRS併せて230億円の開発費をかけております(陸幕は調達単価や初度費は
公開しないそうです。調達単価は入札情報を丹念に調べればわかると思います)。

 にも関わらず、一度も飛ばなかったわけです。

 取材したところ、その原因は信頼性の低さにありました。実際に使って民家に墜落したら大変と
いうわけです。
 つまり実用に耐えなかったということです。

 防衛省は研究開発と調達には熱心ですが、一旦取得した装備の改良や信頼性の
向上には不熱心で予算もあまりつけません。

 このような問題点を反省することなく新たにUAVを開発しても、血税をどぶに捨てるようなものです。
そんな金があるならば国債の償還にでも回した方が遙かにマシです。

 併せて既存の防衛産業ではなく広くUAVの開発を募集しては如何でしょうか。

 

WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しております。

「ジャパンエキスポ」にみるフランスのオタクたち(2)――日本料理や食材が大人気
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011080400005.html?iref=webronza

.「ジャパンエキスポ」にみるフランスのオタクたち(最終回)――高まる韓国企業のプレゼンスと波紋
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011081200003.html?iref=webronza

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
Togetter - 「F-Xの波及効果や日本の戦後航空産業についてメモ」
http://togetter.com/li/173626
K
2011/08/18 12:07
そういえば技本と空自が飛ばしていた無人機って、どうなったのでしょうね?試験中に墜落した後の動向は専門誌でも扱っていないように思えますが。
カッコ
2011/08/18 12:27
無人機なんて、落としてなんぼだと思うのだが。
有人機と違い、信頼性が低くても良いのが、無人機の良さでしょう。
ヨーロッパでも、有人地域での使用は問題視されているようですよ。
K
2011/08/18 16:32
米無人ヘリ、操縦不能で米首都に接近 撃墜も検討 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2754305/6163210
K
2011/08/18 16:40
何がなんでも、「防衛費は無駄遣い」と
いうことが主張されたいようですネ。
失敗が無ければ、最先端の技術は育成
できません。 外国の装備品は全て最初から
失敗無しで配備されているのでしょうか
やん
2011/08/19 00:36
>やん
いえいえ、それは言い過ぎてますよ。
清谷氏は海外製品のネガティブな事を殆ど書いてません。そう全く書いてないだけで、触れてもいないだけですのでやん氏は言い過ぎていると思うのです。
まる
2011/08/19 04:49
高高度滞空型無人機はどうなったのか
中止?
9
2011/08/19 05:12
>9
複数の試作機がありますから研究は継続しているのではないでしょうか?今ざっと調べても中止とかはないようですね。
名無し
2011/08/19 05:29
相変わらずですなあ。

開発が成功し実戦投入出来ると報告がされている自衛隊のUAVが、実際は信頼性が低くて飛ばせなかったことは問題だと思いますけどねえ。
税金で開発された装備が、書類上は問題無いとされているのに、実際は使えない。
結構沢山あるんじゃ無いでしょうかねえ。そんな装備。
774
2011/08/19 10:51
〉取材したところ、その原因は信頼性の低さにありました。
FFOSまたはFFRSの信頼性ですが、例えば福島第2原発の屋上に墜落したT-Hawkと比較してどの程度劣るものなのでしょうか?
〉一旦取得した装備の改良や信頼性の向上には不熱心で予算もあまりつけません。
新無人偵察機システムの政策評価をみると、FFRSは48億円をかけたFFOSの改善事業であるように読めるのですが、FFRSとFFOSの関係はどの様なものなのでしょうか?申し訳ありませんが御教授いただければ幸いです。
名無し
2011/08/19 17:57
>FFOS FFRS
次号の「正論」の寄稿をお読みください。
キヨタニ
2011/08/19 18:30
>次号の「正論」の寄稿をお読みください。
了解しました。その際にはわざわざ「R」を付けた理由と「N」と「R」の違いについての記載があれば有り難い限りです。
簡単な質問の名無し
2011/08/19 20:11
FFOSが飛ばなかったのは、本来自衛隊任務でない原子炉災害における高濃度放射線環境下での運用(操縦)に責任が持てなかったという可能性はないですかね。
万が一事故でも起こしてマスコミに「なぜ自衛隊は設計段階で考慮されてない環境下での運用を強行して二次災害をひき起こしたのでしょうか?」と非難されるのを恐れた、というのはうがち過ぎでしょうか。
佐藤@黒書刊行会
2011/08/20 07:39
>まる
コメントありがとうございます。 残念ながら、キヨタニ氏ご本人からのコメントがありませんので詳細は不明ですが、なぜか既存の防衛産業を信頼せず、「広くUAVの開発を募集せよ」と主張されています。 なぜFFOSを開発したメーカーに予算を付けて、開発を続けよと主張されないのか不思議です。つまりFFOSを開発したメーカーに投じた予算は全て無駄で、実績の有るメーカーおよび実績の無いメーカーからも募集せよとおっしゃっているように思います。

>9
高高度対空無人機は保留状態ですが、少し前に菅首相が無人機の独自開発を指示していますので、これに予算が付けば開発が続行されます。
やん
2011/08/21 02:16
あれ?皆さんこの話は知らないのですか?

原発損壊、鮮明に 民間無人機が撮影 福島第一
http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY201103290527.html
自衛隊が大金をかけて開発したUAVで出来なかったことを民間機がやり遂げた訳です。
無論この機体はNBCR対応ではありません。
FFOSはNBCR対応してると聞いています。

それにUAVの自立飛行型ヘリはヤマハが1990年にRMAXとして製品化し、その発展型がサマワ駐屯地での監視で使われました。

見た感じだと、FFOSの機体は新開発のようです。もう機体の技術はもっているところがあるのですから、NBCR対策、センサー類やシステム化に注力すべきだと思いますけどねえ。
ちなみに、FFOSを開発した富士重は、AH-1のライセンス生産をしていましたが、ヘリの開発の経験は有りません。
774
2011/08/21 08:54
>774
この撮影がどこの依頼で行われたか詳細を知らないのですが政府又は東電の依頼でなければ原発上空への民間機侵入は違法行為だと思います。なのでこの無人機は海側からかなりの高度で撮影されたのではないでしょうか?であれば放射線のハードソフトへの影響を考えずに対策が施されていない無人機でも可能な撮影だと思います。それと大金を投じているのは自律航法システムなどがあるわけですが民間機には無いと思いますよ?確証は無いんですが価格が10倍以上違ってくるのです。
名無し
2011/08/21 11:12
>名無し2011/08/21 11:12さん

撮影した会社名とか出ているのですから自分で調べてほしいですねえ。思い込みで話されても。
http://www.yamazaki-k.co.jp/airphoto/
会社のホームページによると自立飛行型UAVによる撮影だそうです。
調べたら国内メーカーの製品でした。
http://www.fuji-imvac.co.jp/uav.htm

あと、別な記事で
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110330/dst11033012510025-n1.htm
>同社によると、18日に松下忠洋経済産業副大臣から電話で要請があり、東京電力から依頼を受けた。

だそうです。
そこそこ近くを飛んでいるようですね。
さて民間機が撮影可能な範囲も自衛隊機は何故飛ばなかったのでしょうか?
774
2011/08/21 22:31
法的に撮影が可能であれば後の問題は撮影高度ですか。高度によって放射線の数値は増減します。高度があれば、ハードソフトへの影響はあまり無く墜ちる事はないのかな?墜ちたらどうするつもりだったのでしょうね。そこそこ近くを飛んでるとされてますが自衛隊機は高度300fまで下がってますよ。撮影されたどの画像でもそこまで降下してないようですが?自衛隊機より近付いたというのは774氏の思い込みでは?それと静止画像ではなく動画を自衛隊のヘリ映伝機が多数撮影しているのをご存知か?遠景から拡大された建屋損壊部まで詳細です。
名無し
2011/08/22 00:00
コメント内容の理解に苦しみましたが、ようやくわかりました。
私が最後に書いた「自衛隊機」を有人機と解釈されているのですね。
このエントリでは『何故、自衛隊のUAVは飛ばなかったか』が話題になっているので、この「自衛隊機」は『自衛隊の無人機』として書きました。
申し訳ありません。

さて、私は名無し氏の私のコメントへの疑問、『遠くを飛んでいるのでは無いか?』に対し『許可が出て、それなりに近くを飛んでる。』、『それと大金を投じているのは自律航法システムなどがあるわけですが民間機には無いと思いますよ?』に対して『国産機で自律航法システムを搭載して、中小企業が買える位の金額の機体が有る。』をソースを付けて示しました。思い込みは入ってイナイト思います。

では、私の疑問、『民間UAVが出来ることを、何故NBCR対策がされている自衛隊UAVはやろうともしなかったのか?』の答えはあるのでしょうか?

ちなみに、この記事は自衛隊UAVの話ですので有人機の成果は、関係無いと思います。
774
2011/08/22 01:18
キヨタニ様
御無沙汰しております。
今災害対応に於いて、民間で出来る事は民間で行った。自衛隊有人機で出来る事は有人機で行った。FFOSやFFRS等の自衛隊無人機は、飛ばす必要が無かったから飛ばさなかった。のでは、なかったのですか?自衛隊無人機を運用すべき要求がそこにあって、それを満たせなかった、という調査取材結果をキヨタニ様が得られたのであれば、是非、どのような要求があったのか、具体的にご指摘頂ければと思います。私のような素人が一番知りにくい情報であります。例えその要求が、当初それぞれの自衛隊無人機が満たす事を求められた運用要求と違っていたとしても、満たせない状況があったのであれば、それこそ、次の災害/有事に備える為に、政府・TRDI・民間含めてどの様な対応を取るのか決断して頂かねばならないと思うのです。どうぞ、よろしくお願い致します。
関心
2011/08/22 13:44
前にも書きましたがFFOS FFRSに関しては
次号の「正論」の寄稿をお読みください
キヨタニ
2011/08/22 14:26
「ヘリはなぜ飛ばなかったのか」という小川和久氏の著書がありますが、今回の「UAVはなぜ飛ばなかったのか」については思った以上に多くの方々が事実を知りたがっておられる様です。次号の「正論」の寄稿文を楽しみにしております。
簡単な質問の名無し
2011/08/22 19:25
連投申し訳ございません。
>774氏、名無し2011/08/21 11:12氏及び佐藤@黒書刊行会氏殿(順不同)
今回の福島原発事故において、官のUAVが飛ばなかった事について、疑問や不可解な点が多々あると言う印象は私も持っております。この疑問については次号の「正論」誌で明らかになると言われておりますので、それをお待ちになるのが賢明かと思われます。
9月1日までのお目汚しですが、御一読をお勧めします(84頁以降がお勧めです)
http://www.jmf.or.jp/japanese/houkokusho/kensaku/pdf/2006/17kodoka_05.pdf
簡単な質問の名無し
2011/08/22 20:45
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/saigai/pdf/k_chukan.pdf
「東日本大震災への対応に関する教訓事項について(中間取りまとめ)46頁(1)装備品等」
…と事だそうです。あわせて御覧下さい。
簡単な質問の名無し
2011/09/02 11:31
×…と事だそうです。
○…との事だそうです。訂正致します。大変失礼致しました。
簡単な質問の名無し
2011/09/02 13:37
月刊「正論」2011年10月号 p235
>装備だけでなく、人的資源のあり方にも問題がある。明らかに「兵隊」数が足りない。
自衛隊では「兵隊」、すなわち「士」は定数の四割強しかいない。対して士長、准尉・曹、幹部(将校)、将官は概ね定員を充足している。

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
_, ._
(;゚ Д゚)
簡単な質問の名無し
2011/09/03 15:47
正論読みましたが・・・。FFRSがなぜ飛ばなかったかについて氏の想像しか書かれていないのですが。いわく信頼性の欠如。飛ぶと墜ちるから。T-ホークも墜ちたりしてるんですが。あとの主張も解決策は簡単で予算増やしゃいいんですよ。氏の言われる事を実現するには戦車全部削ってもまだ全然たりませんから。予算倍額なら足りるかなってレベルです。氏の記事は想像と憶測レベルばかりでもう少し必要な予算規模や技術的根拠を示して欲しいですね。
名無し
2011/09/07 17:14
前にも書きましたが各国の階級割合や充足率を教えて下さい。今まで一度も比較されてませんので。平均年齢は関係ありませんので考慮しなくてもいいですよ。自衛隊がどれほど異常であるかの指標にしたいだけなので。書かれなくても全く問題ありません。こちらは相応に判断するだけですので。ああそれと自衛隊が無人機を飛ばさなかった理由をお聞きしたいですね、正論には自説のみで根拠薄弱でしたので。よろしくお願いしますね。
まる
2011/09/07 18:19
原子力災害対策、無人偵察機・軍事用ロボ配備へ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110913-OYT1T01109.htm
無人偵察機は米ボーイング社などが開発した「スキャンイーグル」2機と国産の2機を購入
K
2011/09/14 08:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛省にまともなUAVが開発できるか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる