清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS イスタンブール写真日記その7 中国航天科工集団公司の品格

<<   作成日時 : 2011/05/18 06:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

 イスタンブールで開催された軍事見本市、IDEFには中国のミサイルハウス、中国航天科工集团公司(China Aerospace Science & Industry Corporation ,CASIC) も出展していました。

 で、ジャーナリストと名乗り、プレスリリースやカタログ類を請求したら、断られました。
 「お前ら日本人はウチの商品を買う気はないんだろう。だからカタログは渡さない」
 とけんもほろろでした。

 まあ、ぼくは政府の人間ではないし、ジャーナリストが個人的に対空ミサイルや精密誘導爆弾を買ったりするはずはありません。その理屈ならジャーナリストは見本市で情報収集できません。
 まあ、その理屈ならば西側のミサイルメーカーは中国企業や「ジャーナリスト」に資料を渡すことを拒否してもいいことになります。
 
 見本市はジャーナリストの情報収集場であり、企業にとっても情報の発信の場であります。それをこの人物は理解していません。

 未だにこういう馬鹿な中国人がいます。同社にしてもノリンコにしてもこういう野蛮な態度をとる人物は殆どいないんですけど。恐らくは共産党から来た、プライドだけは高いけど実務の仕事が出来ないエライ人=「政治将校」なのでしょう。
  中国企業でもまともなビジネスマンはこんな態度はとりません。こういう態度は損をしますから。商人は損をすることを嫌います。


画像

 まあ、カタログは公開情報ですから、別に渡したところで問題があるわけではないわけです。単なる嫌がらせに過ぎません。
 このような態度は中国の偏狭さをアピールするだけなのですが、それが彼にはわからない。恐らくは共産党の権威の誇示を図ったのでしょうが、逆効果です。
 ビジネスマナーの悪さを宣伝しているだけです。
 

 そもそもこういう発言がでるということは、自分たちが自ら、あるいは中国がジャーナリストとグルになって他国の製品の情報をスパイしているからでしょう。 
 人間自分たちが後ろ暗いことをしていると、他人も同じよう悪さをしていると短絡的に考えるようです。

 少し前まで欧州勢も中国の市場を当てにしてか、イナゴのように群がって資料を漁り、写真を撮りまくる中国人産業関係者に比較的寛容だったのですが、最近は途上国の市場を荒らされているので警戒が厳しくなっています。
 だからサルコジの命令で08年のユーロサトリでは中国企業が排除されたのですが。

 そのためか、最近は今回のIDEFでもIDEXでも中国のTVなどメディアの取材が増えています。企業関係者が警戒されているのでメディアを使おうという腹ではないでしょうか。

画像

IDEXでの中国TVの取材


  こういう威圧的な態度をとる人物を排除しないと、中国は自分たちの評判を落とすだけです。まあ、それはそれで構わないのですが。
 因みにぼくは他のルートを使ってここのカタログ類は一式入手しました。
 
 先方に方策あらばこちらにも対策ありです。
 




WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しております。
出遅れた自衛隊の無人機(上)
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011050200016.html

出遅れた自衛隊の無人機(下)――漫然と開発を続けるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011051000005.html



日経ビジネスオンラインに以下の記事を寄稿しております。
自衛隊の装備を検証する〜震災対応から垣間見える課題 
処方箋2:先進装備の導入を進め、部隊をダウンサイジングせよ
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110426/219644/

自衛隊の装備を検証する〜震災対応から垣間見える課題 
処方箋1:総人件費の抑制が急務
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110420/219520/

自衛隊の装備を検証する〜震災対応から垣間見える課題 
維持費、人件費、燃料費が、装備の調達を圧迫
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110418/219478/

自衛隊の装備を検証する〜震災対応から垣間見える課題 
放射能防護服や通信機器が足りない

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110415/219468/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
日本にも同じ人種が居るような気がしますが、どっちがよりぞんざいなのか、多少興味を惹かれますなw
それにしても、中国は日本に兵器が売れないと、露骨に発言するんですねえ。
一目置いておいて、損は無いような気もしますが。
歩兵
2011/05/20 19:47
ジャーナリストにそのような悪い態度をとるのは損ですね。さて、清谷さんは兵器にも研究をなさっているでしょうか
高嶺
2011/05/23 11:30
小生は研究はしてないと思いますね。
パンフレットの紹介くらいじゃないでしょうか。
羽鳥
2011/05/23 14:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスタンブール写真日記その7 中国航天科工集団公司の品格 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる