清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射能が恐いなら原潜や核兵器を持つなよ・・・

<<   作成日時 : 2011/04/13 20:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 12

 今回の原発事故で外国人が多数日本から出国しています。また観光客なども激減しているようです。

 不思議なのは、米仏英露中など核兵器や核動力軍艦の保有国の国民も放射能を怖がっていることです。

 そんなに放射能が恐いなら、核兵器は勿論、攻撃を受けて沈没や原子炉が破壊される危険のある核動力艦を保有することに異議を唱える、あるいはその危険性について再考すべきだと思うのですが、そのような機運は盛り上がっていないようです。
 少なくとも原発反対の運動ほどの熱気や熱心さは見受けられません。

 民間用原子炉は危険だが、軍用の原子炉や核兵器は安全なのでしょうか。

 ぼくは以前から原潜反対派です。我が国は原潜の保有に反対するべきだとと主張してきました。それはどこで事故が起こるか、あるは撃沈されるか分からないからです。
 撃沈されて、原子炉が破壊され回収が不能な深海に沈没すれば長年にわたって放射能の垂れ流しとなります。

 しかも中国は勿論、今後インド、ブラジルと潜水艦の運用能力に疑問がある海軍が原潜の導入を進めています。世界中の海軍が原潜を導入すれば危険はいっそう増します。

 また原子力空母も同様です。現在の米空母などは蒸気式のカタパルトを使用していますが、これがリニアに変われば統合電気推進に動力を変更することも可能ではないでしょうか。
 我が国は核動力軍艦の廃止を提案すべきだと思います。中国が原潜を廃すれば、対潜作戦は容易になります。

 同盟国の米国や他の国連安保理常任理事国は嫌がるでしょうが、今なら国際社会の賛同を得やすいのではないでしょうか。


 WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しております。

自衛隊のNBCスーツ(防護服)装備は十分なのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011040500003.html
自衛隊の化学戦部隊は、夏の暑さに対応できない
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011041200013.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 これはまさに御意。ていうか、核保有国の人間ほどビビり方も激しいですよね。
 ついでにいえば、憲法9条原理主義者の皆さんも、是非これらの国々で「核動力軍艦の廃止」を運動していただきたいものです。
 
レッド・バロン
2011/04/13 22:29
原子力空母が蒸気カタパルトを装備しているのは知っています。分からないのは統合電気推進やらリニアカタパルトになれば原子力機関でなくても良いという理屈です。因果関係が分かりませんので説明してくれないでしょうか?
また日本が軍艦への原子力機関搭載廃止を各国に求めるなんて・・・現実味が全くありません。清谷氏にお聞きしたいのですが、その提案を日本が各国に求める可能性はどれほどあるのかと、提案された各国が要求を受け入れる可能性がどれくらいあるのかです。可能性があるかないかだけでもいいので教えてくれませんか?
通りすがり
2011/04/14 01:09
原子力空母の場合、蒸気カタパルトに対する蒸気供給量が豊富です。常に原子炉を運転してますから。これは通常動力艦に比べて大きなメリットです。また自艦用の重油などの燃料を搭載しなくて済むので、その分航空機用燃料を搭載できます。
リニアカタパルトならば常時蒸気を発生させる必要がありません。統合電気推進は発電力に余裕がありますから、リニアカタパルトの電力を供給するのに有利です。
 因みに「ひゅうが」クラスに統合電気推進システム搭載すればおよそ民家2万戸の電源を供給できます。(75MW位の発電能力がある発電機が搭載される、1.5MWが民家400戸として。ただこのためには、陸上に簡易変電施設が必要ですが)。

>日本が軍艦への原子力機関搭載廃止を各国に求めるなんて・・・現実味が全くありません。

そうかもしれません。我が国が核兵器保有国に核廃絶を訴えると同じぐらいの現実味がないかもしれませんね。
我が国政府は実に現実味のない馬鹿げたことをしているというわけです。

でも主張する必要はあると思います。主張することが原潜が少しでも減らせるかもしれません。また新たに原潜を持とうという国を減らすことが出来るかも知れません。また同調する国も出てくるかも知れません。その可能性は高いと思います。そのような国が増えれば原潜保有国に対して一定の牽制になるでしょう。

それともあなたは世界中の海が原潜だらけになっても安心して暮らせますか?
キヨタニ
2011/04/14 10:17
キヨタニさんに賛成。
かつてイギリスとアルゼンチンのフォークランド紛争(領土戦争)のとき、イギリスの原子力潜水艦『コンカラー』がアルゼンチン海軍の駆逐艦から爆雷攻撃をうけました。
結果的には失敗しましたが、もし撃沈されていたら、大西洋は死の海と化していたでしょうね。
福島原発どころではないのに、反対の声が起きないのが不思議です。
ねこのひげ
2011/04/14 13:14
ソ連崩壊時、金がなくて、ウラジオストックに老朽化した原潜を放置して、随分汚染水を海中に垂れ流しましたが、あまり騒がれません。
米国も中国も結構原潜から、放射能汚染水を垂れ流しており、横須賀で検出されたことはあります。
又、こうした国々が過去の核実験でどれほどの放射性物質を世界にばら撒いたことか。
原発事故で、中国人の逃げ足が一番早かったのですが、逃げた先の中国では核実験や核施設の管理技術の未熟が原因で、放射能濃度は日本より高く、核汚染は福島原発より深刻であるとは、中国の言及者も指摘していることです。
騒ぐのは、結構ですか、焦点がずれているというか、この手の運動に見られる誰もが指摘できる矛盾を誰も指摘せず、対象を一つにだけ絞る不気味さを感じます。
シロ
2011/04/14 14:54
>ねこのひげ
えー!
コンカラーが爆雷攻撃されたなんて初めて知りました。よければソースを提示してくれませんか?あとコンカラーが撃沈されていたら大西洋は死の海になっていたとの事ですがスレッシャー、スコーピオン、K-219などの事故で最低でも4基の原子炉が海底にあります。で、今、大西洋は死の海ですか?
猫の足跡
2011/04/14 17:36
>ソ連崩壊時、金がなくて、ウラジオストックに老朽化した原潜を放置して、随分汚染水を海中に垂れ流しましたが、あまり騒がれません。

 大騒ぎになって、日本が金出して(約8億円)処理してあげたじゃん。
 知らんの?
禿鷲
2011/04/14 20:12
そんなに神経質に考えなくても、と思います。
原子炉はともかく、核弾頭なら太平洋には空母から落っことしたヤツや、記憶違いかもしれませんがアメリカが回収しようとしたゴルフ級にも残ってた気がします。それに原潜なら民間の発電所よりも、よほどしっかりしてると思えますけど。旧ソ連原潜の事故なんかでも仕官達は命張ってましたし、チェルノブイリでも途中までは知らされていなかったし、命令されてとはいえ立派なもんでした。ただ、今回の日本の関係者はどうにもねえ。あいも変わらず自衛隊と消防、それに下請け頼み。警察いたっては最初から腰が引けてたし、それどころか今頃になっても被災地に増員してるなんて、なにやらアリバイ証明みたいで、信用できん連中ですわな。
まあ、警察官僚としてはここらで気張っておかないと、焼け太りができん、とか考えているのかもしれませんが。
G3
2011/04/14 20:57
F−Xの事を書いてくだせー
らぷたん絶望
2011/04/15 04:08
安保上の理由から原子力推進廃止、って発想はなかった(笑)
国内から原発をなくす、って大仕事が残っているほかは特に課題も見受けられませんし、面白い主張と思います。「非核」とあわせると首尾一貫しているとさえいえるわけですから、国外にも理解されやすいんじゃないでしょうか。

でも
「蒸気式のカタパルトを使用していますが、これがリニアに変われば統合電気推進に動力を変更することも可能では」
については否定的です。
潜水艦と空母に限って原子力推進が多用されるのは「長期間燃料補給不要」っていう以外にメリットがあるからで、その最たるものが「給排気不要」ってことだと思います。
原潜はこれにより「真の潜水艦」になりましたし、空母は航空機運用に影響を与える排気ガスの気流をなくせるわけで、原子力自体はたぶんやめないと思いますね。
Null_Devices
2011/04/16 15:26
 先日、ある議員の支持者を交えての政策懇談会に出ました。その席である方が、今回の震災で世界の多くの人が日本を震災の被害者ということで、同情し支援も積極的にしてくれたが、福島原発の事故が起きて以来ある欧州の人から、日本人は最早汚染されており一切接触したくないという意味の言葉を吐かれたそうです。その方が言いたかったのは、原発事故の対応なってないぞ、しっかりしろということを、その議員とスタッフ(民主党所属でしたし)に訴えたかったのであろうことは分かりますが、私はその欧州人に反発を覚え、「別に無理して付き合う必要はない。こっちこそお付き合いはご免こうむる。」と発言してその方の不興を被りました。従って、欧州のどこの人かも教えてもらえませんでした。もしかしたら、事実にない事を呼び水にして持論を展開したかっただけかも知れませんね。
  この記事を読んで、この出来事を思い出しました。風評被害が何だか、福島から遠く離れた地域にも波及したり果ては工業製品にも及んで居るそうですが。そんなにメイドインジャパンが怖ければ、買わなきゃ良いじゃないの?自分の国はそんなに原子力の汚染から安全なの?と嫌味の一つも言いたくなります。怖がる気持ちは理解出来ますが。どんなもんでしょうかね?いい大人の対応とは思えませんね。
サジタリウス
2011/05/09 00:58
原子力潜水艦も原子力空母も本国には余り、配置しません。理由は防衛の為に使用する武器ではないからです。これらは他国を占領、牽制する為の武器です。牽制とは核爆弾を送りつける危険を誇示することです。核爆弾を送る方法はいくつかあります。@戦略爆撃機に搭載、A戦略原潜に搭載、B核弾道ミサイル。
@、Aは防げてしまいます。@は高度なレーダー技術によって阻止されます。Aも同じく、P3Cのような哨戒活動によって阻止されます。日本はものすごく、哨戒活動に力をいれています。Bは今のところ手立てはないです。アメリカも@、Aの方法は廃止傾向にあります。Aは現在、攻撃型原潜に改装中です。NAVY SEALSのような工作作戦用です。自国でロケットを開発できる能力もあるので他国すれば日本も脅威かも知れませんね。私から見ると中国のやってることは頓珍漢に見えます。理由はもともと、中国は海洋国家ではないからです。大陸国家です。元(モンゴル)がいい例です。二の前を踏んでるといえましょう。元が滅んだのは予算です。海洋開発に予算がパンクしてしまったのです。中国でも同じことが起こりえます。
話が脱線しましたが、日本には原潜は不必要です。空母も同様でしょう。他国に軍事侵略はしないからです。対テロを考えて、潜水艦を工作作戦用に改修する可能性は幾らかありそうです。
政治家
2013/05/14 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射能が恐いなら原潜や核兵器を持つなよ・・・ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる