清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 節電のリアリティ 震災あれこれ

<<   作成日時 : 2011/03/30 17:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

 今年は件の原発事故で電力不足が続きそうです。
 どこにいっても照明が暗くて、まるでかつての共産国にいるような気がします。

 普段我々がどれだけ気楽にエネルギーを消費しているかということを思い知らされたような気がします。

 さてコンビニなどに行くと節電のために照明が落とされたりしています。
 ですが、飲料の冷蔵庫は動いています。むしろ照明よりもこちらを止める方が節電になるのではないでしょうか。
 どこのコンビニでも多少効きは弱くしているようですが。

 アイスの冷蔵庫を止める商売になりませんが、この時期冷たい飲料用の冷蔵庫をつけなくても、さほど問題はないでしょう。特に開放式の棚だと節電効果は高いでしょう。

 喫茶店や飲食店に入ってもお冷やには氷がどっさり入っています。ぼくは体温維持のために基本的に夏でも氷入りの水は飲みません。
 まして昨今の真冬のような気温で氷をどっさり入れた水を出すことが、サービスになるのでしょうか。
 体温の低下は健康の大敵です。



 さて、体温を上げるという意味では被災地でショウガを活用すべきだと思います。飲み物にショウガを入れると身体が温まり、血行が良くなります。またショウガは殺菌作用もあるので衛生上もメリットがあります。
 またしょうがのサプリメントなども有用だと思います。
 また腹巻きも体温の維持に極めて有効です。
 ともかく、体温を高めると免疫があがるので、風邪やその他の病気の予防にもなります。


 話は変わりますが、昨日の段階でも陸自のへり型UAV、FFOSやその改良型である「新無人偵察機システム」
がこの震災で未だに飛んでおりません。
 こういうときに使用しないでいつ使用するのかと思います。
 またサマワに持っていったより小型のヘリ型UAV、RMAXも運用されていないようです。
 iロボット社のUGVが自衛隊にリースされているようです。


 WEBRONZAにて以下の記事を寄稿しております。
なぜ合成燃料を積極導入しないのか
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011032300006.html

合成燃料(2)軍用車両でも威力を発揮するFT燃料
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011032400009.html

合成燃料(3)官民あげて自衛隊の省エネを推進せよ

http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011032900004.html


 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
未だに投入されないのですか。いったい、先週の週刊文春の記事はなんだったのでしょう。全くのガセとも思えませんでしたが。
おまけに民間企業からUGVをリースですか。それは確かに最近は計算機やらコピー機やらいろいろとリースしていますから、それ自体は悪いこととは思いません。しかし、せっかく大金を注ぎ込んだ国産製品が全く、使われないというのも何ですねぇ。先日もコメントで書かせていただきましたが、技本が開発した小型のUGVは見た目だけで何ですが、結構、使えそうでしたけど。
カッコ
2011/03/30 19:00
>お冷やには氷がどっさり
これはいらないですよね。純粋に水だけで良いのに。

そう言えば、昔は従業員に対して「御客さんにお冷汲んでくれぃ」みたいな大将の掛け声が飲食店では当たり前の様にあったのですが、最近見かけない表現なので一寸寂しいですね>お冷、〜を汲むetc

ただ、お酒やソフトドリンクにおける氷は明らかにかさ増しの効果を狙っての事なので、お店としてはやりたくないでしょうね(w
北極28号
2011/03/31 12:03
目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、真の復興にはならない。そして、同じ惨劇を繰返さなければならなくなる。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
ひかる
2011/03/31 14:53
リンク先拝読いたしました(無料部のみですが)。剛性燃料がここまで低コスト化していたとは恥ずかしながら知りませんでした。価格面だけをとれば原油に対抗できる可能性もあるのですね。不純物が少ないという事は環境のみならずそれを使用するエンジンにも良い盈虚言うを与えることと思います。

 ただし、FT燃料を生成に必要なエネルギーを何から得るかという問題が新たに発生する恐れは無いのでしょうか?
 米軍が軽油とジェット燃料を共通化した話は少し前に知っていたのですが、自衛隊も共通化を進めた方が良いように感じます。(JP−8はJP−4の後継と言われていますが軽油の代わりに成るところをみるとJP−4とJP−5の中間的特質なのかとも思えます)。統一化が出来ればジェット燃料。殆どの車両用燃料、殆どの艦艇用燃料が統一され、補給上きわめて有利になるのではないでしょうか。
 
 合成に必要なエネルギー問題が解決すれば非常に良い事だと感じます。

 ハイブリッド車両ですが、一つ現段階で機に成るのが、耐水性です。軍用車両は床が水につかる程度の(場合によってはそれ以上)の水没に耐える必要が有るのですが、半分電気自動車のハイブリッド車がそれに耐えられるのでしょうか。とはいえ、一概に否定するのではなく、研究開発を進めていく必要は有るかと考えます。
 
exJASDF
2011/03/31 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
節電のリアリティ 震災あれこれ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる