清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS シャッター街商店主の醜さ

<<   作成日時 : 2010/12/21 23:10   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 13

 昨日の「TVタックル」をちらと見ていたのですが、シャッター街となった商店街の商店主らの不満を取り上げていました。
 自分たちの努力の不足を棚に上げてよそ者(チェーン店)の悪口と、お上が特別扱いしてくれないという愚痴ばかりでした。
 一応ぼくも商店経営者という立場でいわせてもらえば、彼らを非常に醜く感じました。
  
 率直に申し上げて、多くの商店街の衰退は当然です。

 まず努力も変革も嫌ってきた。
 彼らは大規模店の出店を妨害するために政府に圧力をかけてきました。このため商店街の近くに出店できなかった大型店は郊外に出店、お客はそちらに流れてしまいました。
 了見が狭いから大型店を共存して商圏をもり立てようという見方ができなかった。

 また「余所者」を嫌いますが、競争や新陳代謝のない商店街は衰退します。活気がありませんから。
 だいたい新しい商売を始めるのは「よそ者」です。地場の人間は商圏を客観的に見られないし、何かと「身内」に気を使うので新しい商売が出来ないからです。
 ぼくも出店したときは周囲の商店主から嫌がらせをされました。

 皆が皆とはいいませんが、商店主は得てして保守的で、頑迷で、視野と了見が狭い。その上変化を嫌い、既存の利権にしがみつこうとする。そんな人が多いように感じます。

 また閉店した店舗を他人に貸すのを嫌がる商店主も多い。
 シャッター街では実は採算が合えば出店したいという起業家も結構いますが、断られるところが少なくない。トラブルが面倒だからと、かなりの賃料や保証料をふっかけたりします。

 努力をしている店もあります。瀬戸物屋をやっている友人は地方の窯元で買い付け、それをネット販売で世界中に売っています。
 
 努力をして復興に成功している商店街もあると、指摘されるとそれは少数者だ、例外だと決めつけます。ようは努力はしたくない。他人様に助けて欲しい。商人としての誇りの欠片もありません。
 
 大多数の駅前商店街の商店主たちは、駅前という立地だけで何の努力もしなくてものが売れた30年前と同じ売り上げを、何も努力をしないで取り戻したい思っているわけです。それが実現しないと政府や「よそ者」など他者のせいにしています。
 商店街が衰退するのは当たり前の話です。

 ただ、一方で現政権での農業補助金などのばらまきは反対です。
 一部の職業の特権化だからです。片手間に米を作っている農家だけが所得を保障されるのは、本業で喰っている商店や町工場に対する差別といってもいいでしょう。
 
 これは現代の士(公務員)農(農家・農協)工(工業)商(商業)です。

 サービス産業の地位は低く、一般に所得も低いのは事実です。農家の数はたかが知れていますが、我が国で最も多く雇用を創出しているのは零細なサービス産業です。とろこがサービス産業、特に数の上でのマジョリティである小規模店に対するまともな政策がないのは事実です。もっともこれは自民党時代も同じですが。

 商業を振興しないと、雇用も労働者の可処分所得も増えません。既得権益の維持ではなく、そのような視点からの政策が必要だと思います。農家だけが美味しい目を見やがって、という妬み嫉みだけでは世の中はよくなりません。
 そのためにも商店主自らの意識改革が必要です。




WEBEONZに以下の記事を寄稿しております。
条例改正案から小説・映画を対象外とする東京都知事の見識
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2010121300036.html

武器禁輸緩和(4)「オフセット」をなぜ導入できないのか http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2010122000005.html?iref=webronza

おかげさまで拙著「専守防衛」が重版になりました。
専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 195)
祥伝社
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 195) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
見るものではなくて出るものらしいですよ。キヨタニさんがTVタコーから出演依頼が来ることを切に願っています。朝日系にしてはいい番組ですね。
テレビは
2010/12/22 19:00
何十年も前のことですが、近所に駅ができることになり、それが商店街から少し(ほんの少しですよ)離れた場所にあり、横にスーパーが計画されていることを知った商店街があの手この手で大反対。結局、駅を、商店街側に寄せて作ることになりました。寄せて作るため、少し傾斜がある場所になり駅も狭く、結局コストを考えて停車する本数が減らされることになりました。急行は通過です。

月日が流れて、少し駅から離れて作られたスーパーはとうに去り、商店街は閑古鳥が鳴いています。急行が止まったらどれだけ発展しただろうなどとよく話題になります。
Aki
2010/12/22 19:53
現代という時代においては品揃えの少ない小規模店舗は絶対的に滅亡する運命にあると思います。情報化社会の中で多数の商品を比較検討しながらいい物を見つけていくのが消費者の側の生存競争だからです。ところが地方の小規模店舗は品揃えを増やす努力もせず、個性的な商品の紹介もせず、地方の消費者に商品の情報が届くのを阻害ばかりしているからです。結局、地方の人間の方がいい物を選ぶ知識や能力・意識の水準で明らかに劣っているという実態になってしまっています。そうしたことの元凶ともいえる地方商店街が廃れるのは当然の報いだと思います。
SNK22
2010/12/24 22:58
効率性・利便性を追求するのなら大手資本の
真理は善である。
さて、考えるに圧倒的情報と資本を持つ大手資本との競争に微力ながら地方経済物価と雇用調整をになってきた小規模資本が直面した場合をどう考えるかである。
その展開は大資本が効率性を求めて海外移転or仕入先の国外展開で国内雇用を消失している局面と似ていると思う。
大資本による消費者恩恵はブーメラン化してる生産者の苦悩をどうとらえるかじっくり考える必要があると思う。
資本主義におけるグローバル化した大資本が資本の制約が先に来て国民の利益を優先しているとは思えない。
インターネット時代の今、国内製造業を圧迫するグローバル企業の出店規制を再考する必要が
あるのでは?
ゼンジロウ?
2010/12/26 00:18
なぜシャッター街は復活しないのだろう?という疑問の一つの答えを得たような気がします。
もっと広く取材をなさって、商店街の方向性を示すようなご著書にまとめられてはいかがでしょうか?
南斗星君
2010/12/31 23:02
 シャッター街商店はよく利用してました 近所だったし便利で生活雑貨は大抵有りました 今はアマゾンでほとんど賄えるので家族共々久しく行ってません 大型店舗は品数が多いとはいえ探すのが面倒で やっぱりインターネットで検索して注文してしまいます 生鮮食料品や衣類は家族で大手量販店で買いますが 高額商品(たいした額ではございませんが)は販売店で確かめてからインターネットで安いところを探して注文 さすがにブランド品は怖くて通販では買いませんが こういった消費作法は案外多いのではないでしょうか シャッター街商店の必要性が益々低下しますね 時代の流れかなあ  
たまたま
2011/01/01 09:19
私思うんだど流通の寡占化で消費者に利益があるのは理解で出来ます。
その反面流通の寡占化で労働者の
利益がどう保てるのかが問題なんだと。
大資本の功罪・小資本の功罪・・・。
海外物価を取り込める大企業と小資本企業がになう地方の経済行動を同じ視点でとらえるのなら
問題は解決出来なと思うんだけど・・。
世界中にある関税の持つ意味をもう一度地方へ落とし込む事が地方活性化に助力を与えるのでは?
経済の摂理として特に人口が少ない地方は
効率化を求めて寡占化が進むのなら
現地雇用は激減し地方経済の崩壊は免れないのでは?。
さて大都会の住民はさておき地方住民は、
消費者の利益=労働者の利益、どちらに比重を置くんだろう?
ぜんんじろう?
2011/01/01 18:00
兼業農家の米収入は補助金入れても収支ゼロです。ほとんどの人は年金か中小企業(土建含む)で働きながら農作業しています。儲からないのに農業やる理由を父に聞いたら、先祖代々の土地だから雑草まるけにしとけないと言われました。それに、将来食料危機になっても家族が飢えずに済むとも言われました。でもそうなった時、大都会の人は飢えに苦しむのかな?
百姓
2011/01/15 12:00
ヨーロッパの都市住民は市民農園や農園付別荘で農作物を作っていると聞きます。日本の都市住民も見習ってみたらどうでしょうか。
日本の地方では農地がどんどん雑草まるけになっています。将来食料危機になった時都市住民は困るでしょう。それを乗り越えられるのはスローライフだけです。もし実現すれば、地産地消に適した「まちづくり」のモデルになると思います。
百姓
2011/01/15 13:40
地産地消に適した「まちづくり」の物流や商店がどのような物になるかは、まだ実現していないので誰にも分からない。
百姓
2011/01/15 13:49
>シャッター街では実は採算が合えば出店したいという起業家も結構いますが、断られるところが少なくない。トラブルが面倒だからと、かなりの賃料や保証料をふっかけたりします。<

これは見解の相違じゃないのかな?
店主も採算が合えば(相場で)貸すのは歓迎だと思うよ。相場無視した交渉自体に問題があるかと(ボランティアじゃないんだから)。
(これを解消してるのが一部の公的制度だけどね)
現場に接して思うのは新規参入を阻害しているのはデフレだと。
利益を出せれる環境がが整えば新規参入は必ず起きる。
問題はデフレ下に流通の寡占化で小資本が利益を出せる環境が制約されてるのが現実だと。
ちなみに地方の大多数の商店主に大資本と渡り合える能力を求めるのは酷でありそれを行政がカバー出来てないのが今の状態。で、
基本、衰退の元凶はデフレで大資本はデフレに海外物価の導入でそれをカバーしているにすぎない。ま、国内が疲弊するのは当たり前だと思うな〜。



ゼンジロウ?
2011/02/04 21:06
商店街にかぎらず個人商店は、はやらない。今や消費活動に於いて気を使いたくないから。地域、会社、学校すべて人間関係で頭を浪費している。そんな中、客の家族のうわさ、地域のうわさをしている、と固定観念を持たれている個人商店は、たとえ商品が安くても流行るわけがない」。
nakaman7
2014/11/14 13:22
シャッター街商店街のキーは地主さん一家の方針、というのが表向きの起因では。
単純でないのは、、⑴地主さん周辺の人脈、資本(銀行)繋がり ⑵巨大流通企業へ売ってる生産企業の金融繋がりと加工添加物による日本人抹殺計画?というか、、病気化させ、自分たちのものへしていく。。?

みなさん、口を揃えて、小売店は品揃えに弱点があると思い込んでますが、、小売店の強みは、昭和世代は熟知してるはずですが、生産者と生産側の状態、流通を熟知(知識だけでない)してることろです。
つまり、、⑴⑵共に、小売店の専門家の「目利き」が自分たちの商売と占領方針に一番の抵抗勢力となるからです。
平成になってできた小売店は、イメージと贅沢、、つまり、、セレブ向けだけの商品しか良質のものってないでしょ?
大衆向け質実剛健商品って添加物で成人病をお惹起し、おまけに、包装資材が嵩張って、捨てるまで消費者を悩まし切りましてますでしょ。
takokuro
2016/04/27 07:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャッター街商店主の醜さ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる