清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 農業所得補償に関する疑問

<<   作成日時 : 2010/11/21 11:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

戸別所得補償見直しへ、農家大規模化促す…農相
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101120-OYT1T00077.htm

 ふと疑問に思ったのですが、農家への戸別所得補償って農業法人の従業員には支給されないんでしょうか。
 同じ農業従事者なのに支給されないならば、それは不公平だと思います。
 またそれは既存の農業法人やこれから参入する法人にとっては著しい障害になるでしょう。

 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)でも農業を守れと関係者は叫んでいますが、本音は農業票と農協・農水省の利権を守れといことでしょう。
本当に産業としての農業を守るのであれば、現在のように法人の農業参入を妨害すべきではありません。
 役所は個人農家は正直で熱心だが、法人は信用できない(これは弁護士事務所や病院も同じで論理が適用されています)というのは社会主義国家の発想です。

 役所や農協の勤めの傍ら、家庭菜園程度の兼業農家(しかも通常の勤労所得世帯に比べて裕福)にカネをばらまく必然性があるのでしょうか。
 だったら趣味の家庭菜園にも所得補償すべきです。


 以前から主張しておりますが、農水省は農業を産業と考えておりません。農業も産業ですから農水省は縮小して経産省の外局にでもすべきです。


 所得補償は欧米でも常識だと民主党は主張しています。
 ですが先進国が農業に過剰な補助金を払っているために、安価な農産物や加工品が途上国、特にアフリカに流入し、現地の零細農家を追いつめています。これによって職を失う農家が多く、貧困が悪化し、その国の自立が遅れています。ひいては政治が混乱して、内戦になります。
 これを先進国が支援金を払ったり、食料を無償援助しいますが、これには多額の税金が使用されています。つまり農業への所得補償が途上国の農業を破壊し、その援助のための税金を支出し、二重に国費を浪費していることになります。




WebRonza に
「暴力装置」は「差別用語」か? 
を寄稿しております。
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2010111900011.html


サイゾー 2010年 12月号 [雑誌]
サイゾー
2010-11-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サイゾー 2010年 12月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今月発売の月刊サイゾーの『「対中戦争」禁断のシミュレーション』にコメントしております。
他に軍事アナリスト小川和久氏、作家大石英司氏、月刊エアワールド編集長竹内修氏ら豪華な顔ぶれがコメントしております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おなじことを私もよく思います。
今も農家は十分優遇されていて、
大きい農業法人は優遇されない現状。
何故いつもマスコミは零細農家ばかり
放送してきたのか・・・
恣意的なのではないでしょうか。
もちろんその話が全部嘘とも思いませんが
現状で十分農家を優遇しているのだから
昨今の農家悲観はすごく違和感がある。
農家の方々を非難する訳ではないので、
気分を害した方々にはなんとも申し訳ない。
軍曹
2010/11/22 00:22
PTT?

TPP?
夢幻
2010/11/22 10:49
>PTT
TPPでした。訂正します。
ご指摘ありがとうございました。
キヨタニ
2010/11/22 12:41
アメリカに自動車を輸出する際の関税は2.5%、家電の場合は5%です。対して、輸入する米には700%、雑豆460%など高い関税が掛っています。果たしてTPPに加盟して、本当に採算が取れるのでしょうか?TPP加盟国の多くは農産物輸出を主要な産業としている国ですし。日本の農家を手厚く保護しても、それ以上に日本が潤えばよいのですが、実際にはうまくいかないように思われます。民主党はきちんと試算を行って、数値的な根拠を出してもらいたいです。おまけにTPPに加盟すると、労働者の移動も緩和されます。外国から安い労働力が流入する可能性が高いと思われます。
ぼっち
2010/11/22 15:22
すいません。
家が兼業農家なので、父が補助金もらっちゃいました。
正直者
2010/11/22 20:00
周辺や親戚の農家は、高齢の方が中心で、休耕田や耕作放棄地がどんどん増えてます。
補助金で農家の経営は成り立っているのでしょうが、農業が成り立っているのかは、ちょっと疑問です。
何か、農業から活力を奪うような事が起きているのでしょうか。

補助金さえ出していれば良い、と言う問題では無いように思います。
歩兵
2010/11/22 20:28
家庭菜園をやっているのですが、借りた土地は、数年間放置されていたために、土壌がよくなるまでかなりかかりました。農地は、放置されると、もとに戻すのに時間がかかります。高齢化で農業を辞めたり・縮小する農家が出てきた場合、農地を中規模・大規模の農家・農業法人に売却・貸出することを誘因するような政策が欲しいなと思います。農家のほとんどは零細で、生産量全体の半分以上は全農業世帯の2割程度の中・大規模農家・法人が担っているそうですので、農地をそれらに使ってもらい、なんとか放置しないでスムーズに農業を継続してもらいたいです。
Aki
2010/11/24 08:53
現状、営利主義の企業は敵だ、ですからね。
キヨタニ
2010/11/24 10:23
結局、農家というより、農協が自分たちの利権を奪われるのを嫌って、嫌がらせをしているような気がするのですが。
フロシュ
2010/11/25 13:08
兼業零細農家も大規模専業農家も同じ1票ですからね
農協役員の選出もどうしても兼業農家寄りになってしまいます
nom
2010/12/01 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
農業所得補償に関する疑問 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる