清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛省天下りのからくり

<<   作成日時 : 2010/09/11 10:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

防衛省から生保、天下り審査なし 自衛隊法の適用外
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010082602000032.html

 ぼくの知っている将官も近年保険会社に天下りしました。
 そしてすぐやめて転職しました。

 単に営業に同行するだけ、元将軍の星の数で保険を押し売りするのが仕事です。
 まともな矜恃がある人間なら、あんなことを仕事には出来ないと仰っていました。

 こういう人は少数派です。

 ぼくはかつて防衛省の団体保険の仕切っている二社の商売の実態を暴露してきました。
任意で入る保険にも関わらず、新隊員達は配属さえるとすべて記入した申込書を渡され、ここにハンコをつけと命令されていました。
 
 断ると連隊長に呼びつけられて、何故加入しないと叱責・説得されます。

 連隊長や基地司令に粘着されたら、断るのはかなりの勇気がいります。

 つまり、単なる押し売りです。

 こんな利権商売をしている会社はつぶれると書きましたが、実際に破綻しました。
 利権で喰っていると、頭を使って新しいアイディアを考えたり、地道に営業したりという当たり前の努力をしなくなります。JALなんかもその好例です。

 
 さて、ほかにも隠れ天下りがあります。

 それは大手防衛メーカーが、取引先に天下りを押しつけているケースです。資本関係がなければ当局のチェックを受けません。仕事を発注するときに天下り氏の人件費を上乗せすればいい、というわけです。このようなケースが実は多そうです。

  実際に防衛省と縁もゆかりもない会社で「顧問」として天下りを受け入れた会社に電話をしてみたのですが、「顧問」について話を聞きたいのだが、と切り出したらいきなり先方が狼狽し、お話できることはありません、ととりつく島もありませんでした。
 
 今後じっくりと調査をしてみようと思っております。

 将官だけではありません。また基地や駐屯地の近所の万屋的な会社にたたき上げの幹部や下士官が天下りして、基地や駐屯地にいる部下と癒着して必要が無かったり、必要以上に高価な物品を買わせたり、メーカーや輸入業者の間に入って、何もしないのに必要もないコミッションを取ったりしています。
 
 それを断ると基地や駐屯地から仕事が来なくなります。
 防衛省でもこの手の業者の撲滅を図っているのですが、あまり上手くいっていません。

 実際無論本当にかゆいとこの手が届き、多少コミッションを払っても結果として役ったり、経費節減になる、本当の意味での何でも屋的な、まともな会社も勿論多数存在します。両者の選別が極めて難しいわけです。


 本来こういう調査報道は兵隊も資金も豊富な新聞社やテレビ局がやるべき仕事ではないかと思うのですが。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ふ〜ん。
日本以外の諸外国はどのような状況でしょうか?例えばイギリスやフランス、スイス、アメリカ、ロシア、中国、韓国等の国々は。
ぐすたふ
2010/09/11 11:33
応援してます

隊員への共済保険もそうですけど。自衛隊の調達への押し売りもウザいですね。ソーラー発電とか配管浄水器とかOBを通じて買わせようとするのですよ。諸外国がどうだろうとやはり不健全ですよね。
任意なのに強制
2010/09/11 12:51
アメリカだと退役将官が顧問として高額の報酬を受けていることが今年報道されています。ボーイングに空軍の装備調達責任者が転職するという話が出てから空中給油機の選定が迷走しだしたようなこともありました(経緯はかなり違うかもしれませんが、そういうヒトコマはありました)。

人材をプールして必要なところへ回る間の踊り場のような機能を発揮している可能性もありますし、あちらこちらで退職金を稼いでは転職する天下りとは区別せねばならないかと思います。
とん
2010/09/11 23:08
自衛隊でもそういう天下りあるのですね。

でも、現政権与党の支持基盤でもある連○などでも、トップは天下りをします。民間なのでニュアンスが違うと言われるかもしれませんが事実です。関連会社の社長やその子会社の社長など、いろいろです。

民主は官の天下りについてかなりうるさかったように思いますが、自分の足元の支持母体をみれば、全く同じ事をしているのです。結局官民問わず同じ問題抱えているのです。

なんで兵隊となるべき人員が多いメディア各社はこういうところスルーするのでしょうね。
本当に不思議です。

天下りだのは防衛省だけの問題ではありません。
なのでかえって防衛省だけみると、全体を見ずにそこだけを強調するような感じとなり、あまり公平な議論になりづらいかと思います。

官民合わせて全体をみるべきではないかな。と私は考えますがいかがでしょうか?

通り・・・すがり?
2010/09/12 22:44
まあ、外国では、アメリカとか、軍産複合体でしたか、戦争起こしてるとか、黒い評価が付いてますよね。
保守派の政治家と繋がってたり、日本より、酷いかと思います。
自衛隊では、田母神さんなんか、アパグループでしたっけ、癒着があったんでしょうね。
歩兵
2010/09/14 21:24
親族が公務員系(あえてぼかします)の職員だったのですが、再雇用でやってきた自衛隊OBの職員のパワハラを受けて健康を害し、退職に追い込まれました。
ちなみにその親族の同期の職員は、同じく自衛隊の縁故採用(新卒)であったため、大変可愛がられており、それもパワハラの一因だったとのことです。
このような経緯があるので、自衛官、特に文官については無能なばかりで仕事をしないと断定したい気持ちです。
こいつらなら、ちょっとした利権をにおわせれば、中国にもどこにでも平気で国を売るでしょうね。
とおりすがり
2010/09/14 23:19
まあ、相場ってもんは、あるんでしょうな。
いつぞやの名簿流出は、100万円でしたっけ。
幕僚長クラスに論文を書かせるには、300万円とか。
歩兵
2010/09/16 18:05
防衛省共済の代行業務を行っているイーウェルと特定保健指導業務を受託しているメディヴァという会社。防衛省共済お偉いさん達の天下り先ですかねぇ?なんか臭いですよ。
最近みんな軍事産業系への天下りにピリピリしてるからね。隠れた天下り先探すのに必死。
イーウェルは今年共済の代行業務、落札したんだよね。臭い。臭い。
かばさん
2010/12/04 18:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛省天下りのからくり 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる