清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【木を見て森を見ない防衛省】 防衛省と空幕は、FXも防衛産業もいらないらしい。

<<   作成日時 : 2010/08/09 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 34

 防衛省 F35情報開示請求へ 概算要求 調査費、最大10億円
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100808-00000098-san-pol
 

 防衛省は今年もFX(次期戦闘機)のRfPも出さず、来年度の調達経費の計上を見送るようです。
 それは今年RfPを出してしまうとF-35が候補から洩れてしまうから、というのが経理装備局や空幕の言い分です。

 調達経費の計上を見送る方針を固めた。
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100726-OYT1T00546.htm


 防衛省と空自は、是が非でもアメリカ製の新しい玩具が欲しいようです。

 彼らはかつて航空優勢を確保するために是非ともF-22が欲しいと主張していました。
 ところがそれがダメとなると対地攻撃が主体のF-35でいいや、というのは余りにも安直なブランド信仰、あるいは植民地根性丸出しで、まるで日本経済新聞の論説員並の見識です。

 【FX選定】日経も子供か
 http://kiyotani.at.webry.info/200904/article_9.html

 前からこのブログでも申し上げていますが、防衛省や空自には防衛全体を見通すグランドデザインがありません。
 当事者能力を失っています。

 そもそもFXはライセンス国産するのか、しないのか。それを決定すべきです。F-35を選択するということは戦闘機の生産能力を破棄するということです。
 仮にそのような生産中止の決定がなされたとしても、本来FX選定が決定されたときに、国産をやめると決定していたのであれば、それでも良しとしましょう。
 何年ものリードタイムがあれば関連企業も業態転換や新たな仕事を探す時間がありました。

 ところが、未だに戦闘機の生産基盤を維持するのか捨てるのかも決めていない。
 これで倒産する企業もでてくるかもしれませんが、別に防衛省が責任をもってくれるわけじゃありません。
 関連企業こそいい迷惑でしょう。こうして防衛省の信用毀損が進行しているわけです。


 佃和夫三菱重工会長兼日本航空宇宙工業会会長は「一般に(戦闘機生産の)空白期間は3年が限界」と述べています。それ以上は株主が許さない(日経5/31)と述べています。
 F-35は米国がライセンス生産を許さないでしょう。仮にライセンス生産が可能になるしても、いまから10年ほどは先の話だし、せいぜいが単なる組み立てに毛が生えたようもものになるでしょう。ティア1のパートナーである英国ですらライセンス生産は許されていません。
 
 のんびりとF-35の情報開示を待っているウチに、F-2の生産は終わっています。
 体力のある三菱重工など大手は待ってくれるかも知れませんが、下請けの中小企業にはそんな体力はありません。他の仕事を見つけるか、余剰員員は解雇、最悪の場合会社は整理か、倒産する場合もあるでしょう。

 防衛省や空幕は防衛産業は仕事をちらつかせればいつでも尻尾を振ってやってくると思っているのでしょう。ですが、それは思い上がりというものです。
 目先の利く会社、あるいは資金に余裕のある会社から戦闘機生産から足抜きするでしょう。
 

 3年も4年も先になってやはりF-35はダメだ、ライセンス国産だと決定しても、そのころには戦闘機を生産する基盤が無くなっている可能性は決して低くないわけで。

 そんな間抜けなことになりかねないのが現在の状況です。

 住友電工や横浜ゴムのような大手企業ですら既に戦闘機生産には見切りを付けて撤退しています。
 このまま結論を先送りにすれば防衛省はただでさえ、少なくなっている防衛産業界から信頼を完全に失います。戦闘機だけではありません。
 戦闘機が尻切れトンボで生産中止になれば、同様なことが戦車や水上艦艇など他の分野でも同様なことがおこることは容易に想像がつきます。
 雪崩をうって防衛産業から離脱する企業がでる可能性があります。
 逃げ出せないのはつぶしの利かないところや、ビジネスを転換する資金的な余裕がないところです。

 で、下記のような記事がでてくるわけです。

 F2戦闘機を追加調達 FX選定難航で防衛省検討 中国脅威に防空を穴埋め
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100719/plc1007190053001-n1.htm


 恐らくソースは三菱重工筋でしょう。
 重工にしてみれば新戦闘機はライセンス生産になるかどうかわからない、そうなっても何年もブランクができるし、その間の費用を防衛省が持ってくれるわけでない。
 ならばF-2の生産が一番手堅く稼げるといったところでしょう。
 
 もっともそのためにはロッキード・マーチンの協力が必要ですが、それは望み薄です。F-2用ライン維持してもたいして儲かる仕事じゃありません。

 F-2の生産が大幅に削れたのは高コストが原因とされていますが、それだけではありません。
 三菱重工はレーダーの不具合は少し前に治った(空自はレーダーの不具合は無いと主張)としていますが、否定する情報も入っています。

 このような機体を追加生産しても得るところはありません。防衛費は三菱重工を養うために支払われているわけじゃありません。国家と共になる三菱のキャッチフレーズはどこに行ったのでしょうか。


 経理装備局や空幕ではF-35が採用されるまでF-4EJ改を地上で留めておけば、後5年でも10年でも退役を引き延ばせると平気で主張する人達がいます。
 それも末端の人間ではない、相応の立場の人達です。
 これは即ち、F-4EJ改もFXも必要ない、2個飛行隊の戦闘機を減らしても抑止には何の問題がないと公言しているようなものです。

  現場の搭乗員達もいい迷惑でしょう。飛ぶな、というわけですから。

 つまり防衛省は、

 現中期防で必要ない戦闘機を要求していた。

 ということになります。官僚として如何なものでしょうか。 
 必要ないものを予算要求するのが官僚であるといわれるならば返す言葉はありませんが。


 現中期防では本来7機あるいはそれ以上のFXが調達されていたはずです。それが予定よりも10年も15年も遅れてもOKというのであれば、財務省や政府はFX調達必要なし、その分空自の予算を削って国の借金の返済に回すでしょう。
 
 

 どうも内局も空幕も自分たちの予算を削りたくてしょうがないようです。
 来年度以降も当面予算は緊縮になることが予想されます。国の借金を減らすために自らの予算を削減しようというのは官僚の鑑です。


 二個飛行隊が廃止になればFXの費用だけではなく、搭乗員、整備員はもとより、その何倍のもの人員が「不要」となります。
 
 ホント、すべての官僚が彼らを見習ってくれたら、首に青筋立てたキツい目の選挙違反で当選したオバサンが事業仕分けなどしなくても国家予算は大幅に縮小できるでしょう。

 このような防衛官僚と制服組の自主的な軍縮は、さぞかし共産党の志位氏や社民党の福島氏らを喜ばせることでしょう。



 もう一つの問題があります。
 候補機のメーカーがダラダラと続くFX商戦に「厭戦気分」がでていることです。
 このFX商戦の迷走で我が国は「決断できない国」というイメージを世界の兵器マーケットに印象付けたのではないでしょうか。先進国ではない、まるでインドや産油国並にややっこしいとなれば今後提示される兵器の価格には値段に「手間賃」がかなりオンされる可能性があります。

 これでこれから情報開示を要求するF-35にでも決まったら、今後戦闘機商戦にまともの付き合うメーカーも商社も出てこなくなるかもしれません。
 国内の戦闘機生産基盤の維持もそうですが、「信用」というものが如何に大切か、また一旦失った信用を回復するのが如何に大変であるのか、防衛省も空幕も理解していなようです。

 早々にFXから手を引いたフランス人が一番が利口だったかも知れません。少なくともボーイングやBAEシステムズの担当者とは異なってダッソーのセールス担当者は今年も悠々と夏のバカンスをとれたわけですから。


 【問題の本質】FX(次期戦闘機)の議論に欠けているもの
 http://kiyotani.at.webry.info/200712/article_15.html

  FXは必要なし? 航空自衛隊は予算を1000億円ぐらい削減されてもいいらしい。
  http://kiyotani.at.webry.info/201003/article_3.html

  戦略無き空自のFX選定 田母神氏ら歴代空幕長に戦略はありや?
  http://kiyotani.at.webry.info/200907/article_10.html

  航空自衛隊は子供か その2
  http://kiyotani.at.webry.info/200904/article_5.html

  株主が防衛産業を見限る日
  http://kiyotani.at.webry.info/201001/article_9.html



   
誰も語らなかった防衛産業
並木書房
桜林 美佐

ユーザレビュー:
調達・防衛産業理解の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誰も語らなかった防衛産業 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

ユーザレビュー:
この本の内容は信頼出 ...
自衛隊の調達と装備に ...
防衛費へのわかりやす ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書195) (祥伝社新書 195)
祥伝社
清谷 信一

ユーザレビュー:
「専守防衛」について ...
「専守防衛」というの ...
皆が口にする「専守防 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書195) (祥伝社新書 195) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
1ゲット

キヨタケさんの主張に賛成します。それぞれの担当者が事なかれ主義なんでしょう。国防を真剣に考えていないバカの集まりが自衛隊なんですよ。もう一回敗戦すれば治るかな?かな?
たけし
2010/08/09 01:09
キヨタ二さん
F-Xの件について先日の予算委員会で石破氏が
早急に機種選定する事が大事だと防衛大臣に質問していましたが、今の防衛大臣では問題解決できないでしょうね。裏で利権がうごめいているのでしょうね。
紫電改
2010/08/09 07:06
最近はF-2もまともに飛んでいる映像などもよく出てきてもう欠陥機ではない、といった記事も多いらしいですね。ただ、あまり細かい内情は知りませんが、稼働率や稼働コストはどうなんだろう、本当の意味で「戦力」として使えるんだろうかとまだ疑問は残っている印象です。そして、やっぱり基本的にわざわざF-16ベースで独自の機体を開発するよりもコストが安いと言われるF-16をそのまま採用した方がはるかに良かったような気がするんですが…。
SNK22
2010/08/09 07:15
>ボーイングやBAEシステムズの担当者とは異なってダッソーのセールス担当者は今年も悠々と夏のバカンスをとれたわけですから。
日本ははなから見込無しとみて、担当自体おいてなかったでしょうし、ダッソー自体はラファールのセールスの苦戦振りみると安閑とはしてられないとも思えますが…。担当者はいずれにせよ悠々と夏のバカンスを謳歌しているのでは。
ぽち
2010/08/09 09:45
空自がステルス機を求め続けたことがブランド信仰、ということでしょうか。アメリカ機が欲しいだけならF/A-18E/FやF-15FXも選べましたしね。
 
2010/08/09 10:17
F-22を待つべきで、そのつなぎとしてF-2やF-15の改修・少量追加生産で産業基盤をなんとか維持すべきでしょう。

F-35参加国でもやはりF-22のほうが良いという意見はでてきますし、米空軍自体戦闘飛行隊の削減を基地地元感情に訴えて広める一方で各地のエアショーで積極的に展示しています。なにしろ専門の展示チームを作り外国にも出かけるなどかなり熱心です。

豪州、カナダ、韓国などF-22を欲しい国は多いのです。F-35はそれに継ぐ次善の機種ではありますし、要撃機として洋上を制する能力があるかはともかくとして、空自の総合的な能力を高めるのは認めるべきでしょう。
とん
2010/08/09 10:40
日本の当局に欠けているのが時間という概念です。これが企業経営者ならば失格です。
FXにしても現状ですら7〜8年は遅れていることになります。そこには様々な機会損失が発生しています。

F-35がどうしても欲しいならば「理論武装」をすべきです。制空戦闘機→攻撃機に趣旨替えをした論的な説明を納税者に行うべきです。
また、戦闘機生産基盤の破棄を明言すべきです。いつまでも業界にありもしない夢をもたせるのは残酷です。業態転換や新しい仕事を探すなら早いほうがいい。先にならばなるだけ、手元の資金の余裕もなくなります。
キヨタニ
2010/08/09 11:17
この一件に関する限り、防衛省と空自はいくら叩かれても仕方ないよなあ。
スイフト
2010/08/09 12:10
空幕が迷走してるのは事実ですが、他で色々と突っ込みたいところが

とりあえずF-2のレーダーについてですが、5年近く前には問題は解消されています。一時期は機数の数倍のレーダーを用意して交換に追われたり、メーカーの方がつきっきりで素子をひとつひとつ調整していましたが、それ以降は部隊での整備で問題ない状態に落ち着きました。
またロッキード側のラインの問題をやけに過大視されていますが、これが問題になるようだったら最初から共同開発なんてやれませんよ。交渉に応じないと言うことはまずないと考えていいです。
実運用としてもタイフーンあたりを改造して調達するよりはF-2を改造したほうが長期的なメリットは大きいかと思われます。(そもそも空自の規模で3機種はもともと多すぎる)
また戦力としての価値も度外視して単に三菱のためというのも首を傾げざるをえない見解と感じました。
スイーツ
2010/08/09 14:18
某ジャーナリストは森も木も見ていませんけどね

2010/08/09 15:27
そういえばF-2の調達を中止した時、今後、戦闘機はマルチロール化して、2機種にするような話が出ていたと思います。
実際のところは部外者ですから何もわかりませんが、F-4EJの代わりに少数の新規機種を導入しても、コスト(整備面も含めて)がかかるだけなような気がしてなりませんが…
フロッシュ
2010/08/09 15:39
>某
IPアドレス:219.0.154.13
キヨタニ
2010/08/09 16:36
>制空戦闘機→攻撃機に趣旨替えをした論的な説明
F-35を攻撃機と断定するのはいささか単純化しすぎではないでしょうか?
タイフーンやライノ、グリペン等、マルチロールやスウィングロールを謳ってる昨今の機体を簡単に制空戦闘機、戦闘爆撃機、攻撃機等とレッテル付けるのは難しいのでは。
みづせ@黒書刊行会
2010/08/09 17:29
IPをさらすのは感心しないな。子供っぽい対応だ
たけし
2010/08/09 17:37
キヨタニさん
私のIPアドレスを表示することに何か意味でもあるんですか?

2010/08/09 18:48
>某ジャーナリストは森も木も見ていませんけどね

こういう風に考えているなら、ここのブログにコメントしなければ良いだろう。管理人も不愉快だわな。こういう馬鹿は無視すれば良い。IPなどさらさなくてもね。
たけし
2010/08/09 20:01
>>たけしさん

つまり、批判に対しては眼と耳を塞ぎ、一切自分を省みることなく、間違ったことを言い続けてもおK
ってことですね?わかります。

2010/08/09 20:43
むしろ、批判を受けることを覚悟できないのなら、ブログなんてやめるべきでしょ

2010/08/09 20:44
>レさん
>某ジャーナリストは森も木も見ていませんけどね

これは批判とは言わないでしょう。
どこがどう見ていないのか言わない限り、ただ罵倒しているのに等しいです。
IPアドレス表示はここが匿名では無いことを表したものでしょう。2chもそうですが一見匿名とみえても実は個人の特定が出来ます。それを分かった上で書き込むべきです。ただ、相手を正面に見て言葉を発していることを理解していない香具師が湧くのは困ったものです。でも、全部晒したのは少々やりすぎかと思いますが。
774
2010/08/09 21:09
>>774さん
>某ジャーナリストは森も気も見ていませんけどね

ええ、確かにこれは批判じゃないでしょう。
ただの事実ですから(苦笑

そもそも、掲示板、ブログのコメント欄は管理者にIPがまるわかりである
というのは基本中の基本でしょう。が、自作自演等を行ってでもいない限り、IPをさらされるデメリットって皆無ですよ。
別に個人情報がバレるわけでもないですしね。
IP晒しと匿名云々ははっきり言ってなんの関連もありません。


2010/08/09 21:27
>レ
清谷氏は自分に対する批判を封じていません。
単にコメントするならルールをマナーを守れといっているのに過ぎない。
http://kiyotani.at.webry.info/201007/article_10.html
あなたは批判と誹謗の区別もつかない程知性が低いのでしょうが、批判と誹謗中傷は異なりますよ。

あなたは匿名に隠れてルールを破る権利や、他人を罵倒・非難中傷をおこなう権利があると主張しているわけです。
まあ、実社会で相手にされないから、匿名で悪口を書いてうさをはらしているんでしょう。可哀想な人ですね。寂しい人生ですよね。そんな人間だからますます実社会で相手にされなくなる。

れれれ
2010/08/09 23:20
>レさん
どうでも良いことですが、名誉毀損罪はそれが事実でも成立します。これは親告罪ですから、このコメント欄の罵倒にブログ主が腹を据えかねた場合、書き込んだ人を訴えることは可能です。
議論は認めると言ってたかと思いますので、反論するなら論拠を出すべきでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA
より引用
>被害者の人物の批評のようなものであっても、刑法230条にいう事実の摘示であることを妨げない。また、うわさであっても、人の名誉を害すべき事実である以上、公然とこれを摘示した場合には名誉毀損罪が成立する(最決昭和43年1月18日刑集22巻1号7頁)。
774
2010/08/09 23:26
連投失礼。
>レさん
>別に個人情報がバレるわけでもないですしね。

いやIPアドレスから個人の特定が可能ですよ。
だから、2chでの殺人予告(たいてい本気では無い)で逮捕者が出るのです。知らないんですか?
774
2010/08/09 23:32
774さん
それは警察だからですよ。
一般人は司法の力を使わなけりゃ無理でしょう。
ST核融合炉
2010/08/10 00:33
最近は警察も動きますよ。
刑事事件だから。
しかも被害者が民事訴訟をおこしたらならば警察は無視できないし。

実際落選中の国会議員を誹謗した人物が最近逮捕されています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100723/crm1007231840031-n1.htm
>レ氏
>某氏
清谷氏があなたに対して裁判を起こしたらどうします?裁判所が命令すればあなたの所に訴状が届き、民事の被告人になります。無論あなたが誰であるか、どこに住んでいるのかとかの個人情報は清谷氏の知るところとなります。
裁判には費用も時間もかかるし、裁判を起こしても清谷氏に経済的なメリットはさほどないで
しょう。
ですが、裁判を起こされればあなたも弁護士を雇う必要が出てきます。仮に清谷氏が東京で裁判を起こし、あなたが大阪に住んでいるとすれば、東京で弁護士を捜すか、あるいは地元も弁護士に日当を払って東京地裁に行ってもらうことになります。最近は慰謝料の相場もあがっています。
裁判をバックれた場合、欠席裁判になるので、清谷氏が1億円を要求したらそれが全額認められてしまいます。

普通の人間はこんな与太なコメントは無視します。が、清谷氏は「弱者のための喧嘩術」に書いていますが小学校時代の教師に30年以上かけて報復するような人間ですよ。
精神的な満足と一罰百戒の目的で裁判を起こすかもしれませんね。私としては是非清谷氏に訴訟を起こして欲しいものです。
最近は
2010/08/10 01:02
裁判なんてものは個人でもできますよ〜だ。
弁護士を雇う必要などありません。被告人は簡単な答弁書だけで済むもんね。
欠席裁判で、100億だろうがなんだろうが貧乏人にはカンケー無し。命まで取られる心配はありません。原告は大変ですよ。高額な印紙代は原告持ち。キヨタニさんはこんなアホな事はしないでしょうな。
昔は
2010/08/10 07:53
確かに訴えられると大変ですね、清谷氏が。
新聞の一面に(無理かな)
『清谷氏、自身のブログコメント欄で現実を見ていない荒唐無稽な記事だと書き込んだ読者を名誉毀損で訴える(例・COIN機をアパッチの代わりに導入せよについて)』裁判の焦点は記事が正しいか否か?
んな事になると風評被害が凄い事になりそう。
でもあれですね、三菱とか川崎とか清谷氏に散々叩かれていますが訴えるとか聞かないですね?やはり実害が無いので放置って事ですかね?(眼中に無し?)
某ぐすたふ
2010/08/10 09:09
まあ裁判は置いといて。
F-2のレーダーに問題ですか?どんな?具体的に!
中小企業が持たないとかおっしゃっているのですが、そこがダメなら他の会社を当たれば?国の仕事を受注したい会社は一杯ありますよ。お金や時間は少しはかかるでしょうが不可能ではないです。
木を見て森を見ずとの事ですが、心神とか開発しています。将来は考えているのですよ。形になるのはだいぶ先ですが。せいぜい林を見ていないとかじゃないですか?そもそも木がある所に森は確実にあるのか?無いのに森を見たら眼科に行かないといけないですね。
ぐすたふ
2010/08/10 09:52
↑こんなのがわいてくるのは猛暑のせい?
夏のせい?
2010/08/10 11:56
↑こんなのがわいてくるのは猛暑のせい?
名前位統一しましょうか。その場の思いつきでは区別がつかないので。
ぐすたふ
2010/08/10 12:30
猛暑のせいではなくて、きっとそういう方なんでしょう。
どこにでもそういう方はいますからね。
FXに関する問題については、清谷氏の指摘通り、防衛省や空自の当事者意識のなさ、というか危機管理能力の希薄さが心配です。F22が導入できなかった場合の次善の策がなく、F35の開発遅延のながれに身を任せているのですから。さらに個人的にはF35の日本列島を防衛するFIとしての資質に問題があるのではないかと危惧しています。

>>某ジャーナリストは森も木も見ていませんけどね
>
>ええ、確かにこれは批判じゃないでしょう。
>ただの事実ですから(苦笑
確かに事実ですが、掲示板の書き込みの文脈からすれば具体的事実を伴った主張が期待されたところですね。このような抽象的事実あるいは単なる価値判断は、ここでは事実でもなければ批判でもない、単なる侮辱もしくは中傷に過ぎないでしょう。
したがってこの書き込みは名誉毀損罪を構成するような事実(一定の具体性が必要)を摘示したものではなく、おそらく侮辱罪(刑法231条)を構成するものでしょう。
どちらにしても清谷氏は告訴することが出来るわけです。このような場合、プロバイダーは当然IPアドレスを利用していた者に関する情報を警察に提供することになります。そうでないならIPが公開されたとしても書き込みがヤフーBBあたりからされたんだなぁ、という程度のことしかわからないので、結局匿名性は保たれます。こういう意味ではここでの書き込みについての匿名性の程度は清谷氏の対応にかかっているということになります。
ちなみに侮辱罪の場合、名誉毀損罪とは異なり、摘示事実の真偽等は問題にならないので、言い逃れはできません。その分刑は軽いですけれどもね。また名誉毀損の場合も摘示事実が真実であれば許されると言うわけではないので注意が必要です(刑法230条の2参照)。
いつも楽しく拝見しております
2010/08/10 12:49
>いつも楽しく以下略
木を見て森を見ず(空自FX)についての記事です。
裁判ネタは何日か前のコメントの品格略にお書き込み下さい。あまり関係がないので長く説明するならそちらにお願いします。
F-2はいいですね〜。
大して欠点もない万能機ですね。F-15Kと比べる人もいますが比べる方が可笑しいと思いませんか?
ラファールやタイフーンもいいですね〜。でも世代交代の過渡期に導入するものじゃないでしょうね。その次が見えて来ないので。
ぐすたふ
2010/08/10 14:54
F-2調達を打ち切った石破大臣に、先を見る目がなかった。
防衛省や空自の問題より,方針を打ち出せない上に決断できない政治家の問題では?
K
2010/08/10 18:09
あれ?
清谷さんが珍しくまともな事を言ってる。

今回の意見には賛成です。
戦闘機の生産基盤を失うと言う結果しかもたらさない、
F-35の調査はほとんど無意味でしょう。

2010/08/13 04:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
【木を見て森を見ない防衛省】 防衛省と空幕は、FXも防衛産業もいらないらしい。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる