清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 福知山線事故から5年、 マスメディアの品格を問う

<<   作成日時 : 2010/04/25 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 5



安全誓い、冥福祈る=福知山線事故5年
http://www.jiji.com/jc/p?id=20100425161853-9253368


 早いもので、福知山線事故からもう5年です。

 あの事故が起こったとき、JR西日本の記者会見で暴言を吐くなど言動に問題があった読売新聞の遊軍記者の氏名を「暴露」し、そのエントリーが9万ヒットを記録、ブログ界では波紋を呼びました。

JR西日本記者会見で罵声を浴びせたヒゲ記者の[正体] 読売新聞大阪本社社会部遊軍 竹村文之http://kiyotani.at.webry.info/200505/article_29.html

 読売新聞はその後記者の行動について謝罪記事を掲載しましたが、その記事には記者の氏名は掲載されませんでした。

潔くない読売のお詫び。何故に問題記者の氏名を伏せる?
http://kiyotani.at.webry.info/200505/article_31.html


4月2日付・読売社説[匿名掲示板]「中傷“無法地帯”は放置できない」 で、いままで新聞は何をしてきた
http://kiyotani.at.webry.info/200704/article_2.html

 朝日新聞の団藤保晴氏記者の自分のブログで、記者の氏名を公表することに非難しておりました。

新聞記者が匿名ってのは卑怯じゃありませんか?   A新聞社記者、団藤保晴さんへの公開質問状。 
http://kiyotani.at.webry.info/200506/article_44.html

朝日新聞記者、 団藤保晴氏への疑問と公開質問状 その2
http://kiyotani.at.webry.info/200510/article_15.html


 さて、ヒゲ記者で問題となった青灯クラブにぼくは取材を申し込みましたが、拒否されました。しかも対応をした幹事会社の人間は氏名すら名乗らなかったわけです。

公器の責任は何処?】TBS「お得意」の取材拒否 週刊現代にも「発動」
http://kiyotani.at.webry.info/200704/article_8.html


 自分たちには記者クラブ会員以外のジャーナリストを排除して、取材する「知る権利」があるが、自分たちが取材されることは断固拒否するつというわけです。

 こういうのを世間では二重基準といいます。


 このような組織と匿名に隠れての報道は責任の所在が曖昧になります。報道機関としての劣化を招く原因であると思いますが、未だマスメディアにはその自覚が薄いようです。


 さて、当時ヘリによる取材が問題となりました。多数のヘリが飛ぶので救助活動の邪魔だ、騒音公害だと非難されました。

 日本では約100機の報道機関用のヘリがあり、一大市場となっていますがこのように多数の報道機関用のヘリが存在するのは日本だけだそうです。
 それは日本の大手新聞社の新聞発行部数が多いためだそうです。欧米の新聞なんて発行部数は一桁少ないでからヘリなんて持てないそうです。TVのキー局も多いです。
 
 今後マスメディアの規模が小さくなれば、同じような絵を取るためにハゲタカの群れのように事故現場の上空で多くのヘリが乱舞することは減っていくでしょう。
 

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あの事故で興味深かったのは事故の救出活動ではなくマスゴミの横暴を一般市民の目で見た逆取材でした。発電機の騒音。道路の占拠。ゴミのポイ捨て。植え込みえのションベンなど。
その後の現場マンション住民の無理難題の要求も面白かったです。
ステーキ原
2010/04/26 06:49
>日本では約100機の報道機関用のヘリがあり、一大市場となっていますがこのように多数の報道機関用のヘリが存在するのは日本だけだそうです。
>今後マスメディアの規模が小さくなれば、同じような絵を取るためにハゲタカの群れのように事故現場の上空で多くのヘリが乱舞することは減っていくでしょう。 
ルバング島から帰ってきた小野田寛郎少尉は帰国後、報道ヘリが自分の軍隊のヘリのように思えたって聞いたことがあるな。
へろ
2010/04/26 23:38
>小野田寛郎少尉は帰国後、報道ヘリが自分の軍隊のヘリのように思えたって聞いたことがあるな。
 皇軍はヘリコプターを持っていなかった。
買Λ
2010/04/26 23:56
>買Aさん
「敵軍ヘリ」の間違いでした。

小野田少尉は日本帰国直後の報道へりが敵軍ヘリに思えて、落ち着けなかったそうです。
へろ
2010/04/27 00:22
福知山の脱線、表では事故という事になってますが、テロの可能性も否定出来ないのですよ。
まぁ、例のアノ隣の某テロ国家の線なんですけどね…。

一時期、不自然な事件が多発してましたよね。
事故に見せ掛けて送電線が切られたりとか、鉄塔が勝手に不自然に倒れたりとか、海底ケーブルが人為的に切断されていたりとか、何者かに、鉄塔の根元のボルトが抜かれていたりとか、線路の犬釘が抜かれていたりとか…。

テロの予行演習ですか?
支那殲滅
2010/04/27 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
福知山線事故から5年、 マスメディアの品格を問う 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる