清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS  民主党の提案する 兵器輸入のオフセット取引は農業を救うか?

<<   作成日時 : 2009/08/22 11:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 2 / コメント 1

 昨日フジテレビのBSの番組に出演したのですが、テーマは各党の安全保障に関するマニフェストを検証する、というものでした。

 その中でぼくが話題にしたのは、民主が兵器取引のオフセットに関して言及しているということでした。これまマニフェストではなく、党のウエッブサイトのインデックスに記述があります。

 オフセットとは簡単にいうと兵器を買うから見返りに何か買って、ということです。
 例えば戦車や戦闘機を買う代わりに一定金額のジャガイモやワインのような農産物、自動車部品とか工業製品を買ってくれ、というものです。現物だけではなく、自国への投資ということもあります。

 特に兵器産業の育成に力を入れている国は、輸出の振興の一環として自国製のコンポーネントの輸入を求める場合もあります。
 例えば南アフリカは英国からホーク練習機をライセンス生産で導入しましたが、その見返りにホークの自国のATE社のミッションコンピューターの採用を認めさせました。ですから、南ア用のホークだけじゃなくて、インドに輸出されたホークにもこのコンピューターが搭載されています。
 その他、採用するから尾翼をつくらせろ、とか胴体の一部をつくらせろとかいうのもあります。結構韓国などはやっています。


 NATO加盟の欧州諸国がアメリカのオフセットを求める場合、100パーセントが多いようです。対して韓国やインドなどの場合30パーセントぐらいです。
 韓国当たりはこれを50パーセントぐらいに引き上げようとしているようですが、オフセットの割合はその国の立場などによって変わってくるようです。



 我が国では現在オフセットを導入していません。
 というのも、装備の調達の数量、調達期間、総額を決定して最初に契約を結という方法をとっていないから設定できないわけです。これは我が国独特のシステムです。

 
 国交省あたりのインチキ土建工事で、空港や道路を造る場合でも、いくらインチキでも需要予測に基づいて、将来その施設が必要な年度を決定し、それに向けて建設計画を立て、いくらインチキでも総予算が決定され、国会で審議されるわけです。

 ところが、防衛装備の場合、国会でいつまでに調達が終了するか、数量がいくつになるのか、総額がいくらかかるのかも論じられないままその予算が通過します。
 シビリアン・コントロールの根幹は人事と予算です。その予算を国会が事実上承認していないわけで、これは由々しき問題だと思うのですが、マスメディアでこれを問題にするところはありません。前にも書きましたが、たかが田母神発言問題で大騒ぎするなら、こちらのほうがより深刻な問題なのですが。

 さて、我が国でオフセットを導入するとなると、防衛調達と予算のあり方を根本的に変えることになります。
 そこまで民主党が考えているのかどうかはわかりませんが・・・
 因みに自民党でオフセットを熱心に研究しているのは中谷元氏だそうです。

 オフセットを採用し、その比率を仮に3割としましょう。1機100億円の戦闘機を50機輸入する場合総額は5000億円です。オフセットは1500億円となります。
 例えばこの金額で米を買え、といえばかなりの輸出が可能となります。減反など必要なくなる可能性があります。もっとも実際にはそう簡単にいかないでしょうか。
 例えばMRJを買え、でもいいわけです。また武器輸出規制を緩和して日本製コンポーネントの使用を求めることも可能です。
 
 オフセットは輸出側に対する義務となるので、むやみに輸出価格をつり上げると自分たちの義務も膨らむので、現在米国が我が国にやっているような泥棒商売割高な請求に対する抑制になるというメリットもあります。

 つまり、オフセットを採用していない我が国は輸出国にしてもれば非常にいい「カモネギ」なお客さんであるわけです。
 ただ、一方でオフセットは取引を複雑化するという越えもあります。例えばEU内では互いにオフセットを禁止しよう動きがあります。

 また、これが役人や政治家の利権に成りやすいので、監視するシステムが必要でしょう。
 

 いずれにしても我が国ではまだ馴染みがないシステムですので、特に経済系のジャーナリストや学者の先生方、経産省などにこの問題に関する研究。調査を進めて欲しいと思います。



フジテレビBS プライムニュース 8/20の回 こちらで番組のダイジェスト版の視聴が可能です。
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d090820_0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新規就農マニュアル【農業転職法】
もしあなたが農家になりたいと思って、数百万円の資金を用意し、 何冊も本を読んで、... ...続きを見る
厳選電子ブック
2009/09/09 00:11
BSフジLIVE PRIME NEWS - BS FUJI
BSフジLIVE PRIME NEWS - BS FUJIhttp://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html ...続きを見る
News for Japan
2009/12/20 03:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ソ連崩壊時にソ連がフィリピンのバナナの代金を払えなくなりソ連製の兵器で建て替えようとしたらものの見事に断れたという話を聴くたびにこのオフセットの話はうまくいくのか疑問です。
ラジオランチ
2009/08/27 14:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
 民主党の提案する 兵器輸入のオフセット取引は農業を救うか? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる