清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦略無き空自のFX選定 田母神氏ら歴代空幕長に戦略はありや?

<<   作成日時 : 2009/07/31 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 1 / コメント 6

戦略無き空自のFX選定


F22、生産中止へ=下院も可決、日本導入困難に−米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000028-jij-int

 米政府はF−22の調達を打ち切るようです。
 さて、ここで問題となるのは空自、内局の責任問題です。

 米国の心変わりを待って、何年もFXの選定を延ばしてきました。
 その結果、我が国の戦闘機基盤の維持が極めて困難になっています。

 今年6月になって防衛省では戦闘機の生産基盤を考える会議を開いています。ですが本来このような会議はFX選定に先立って行うべきものでした。

 FXの選定においてはライセンス国産をするのか、しないのかということをまず、決定しておくべきでした。それによって機種も絞られてくるし、また生産機数も変わってくるはずです。ライセンス生産ならば2個飛行隊50機程度ではコストが高くなりすぎます。

 また仮にライセンス生産をやらないのであれば、その後どのように防衛航空産業を振興していくべきかを納税者に説明するべきです。
 例えばイスラエルの様に搭載機器やシステム統合は続けていくならば、その方面に資源を集中するとか、戦闘機はすべて輸入に切替て浮いた予算で電子戦機や空中給油機、ネットワークへの投資などを行うとか、今後は旅客機や輸送機などの開発につぎ込むとか、色々あるでしょう。

 産業界に対して事前に政策の転換を説明し、彼らがその変更に対処できる時間とそのための方策を打ち出す必要があったでしょう。これはまた傍観していた経産省にも責任があります。

 ところが現実は無策であり、2年後のF−2生産終了後の青写真はありません。

 ハッキリ言えば、既に業界は防衛省も空自も信用していないでしょう。少なくとも不信感を持っている人は増えいています。それには陸自の唐突なアパッチの調達打ち切りも影響しているでしょう。

 信用を築くのは時間がかかります。それを崩すのは一瞬です。
 現在のように無策で、将来の方向性すら示さないから、住友電工や横浜ゴムといった一部上場企業からも見限られてしまうわけです。

 このまま行けば既存機の稼働率や維持にも支障が出るでしょう。

 田母神元空幕長らここ数代の空幕長の責任は極めて重たいともいます。率直に申し上げて、空自には戦力を構築し、それを支える産業界の育成に関してなんら戦略がありません。

 米国のいいなりになって、戦闘機の生産・開発基盤を破壊し、今後米国から言い値で戦闘機を買うのが防衛省・空自の戦略だと仰るのであれば話は別ですが。

 アパッチの問題でもそうですが、戦闘機の生産基盤がなし崩しに崩壊しても誰も責任をとらないんでしょう。


 田母神氏も歴史観を語るのは結構ですが、ご自身も含めて空自のこの戦略の無さに対する総括と、今後の対策について論を戦わせる方が急務ではないでしょうか。

 また産業界も生き残りたいのであれば業界再編を自ら進める覚悟が必要です。現在の不合理な体制のまま生き延びようというのは、自助努力をせずに必要もない公共事業にしがみついている、田舎の土建屋と同じです。特にプライムコントラクターの重工各社の責任は大です。問題先送りをやっているうちに技術をもった下請けがつぶれて、事態は悪い方にいくでしょう。業界もまた当事者意識をもつべきです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【木を見て森を見ない防衛省】 防衛省と空幕は、FXも防衛産業もいらないらしい。
 防衛省 F35情報開示請求へ 概算要求 調査費、最大10億円  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100808-00000098-san-pol  ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2010/08/09 00:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷さん

 提案です。
石破議員と本を出版された事が有ると思いますが、是非、田母神氏との航空自衛隊の問題点を話し合い持って頂きたいと思います。
文芸春秋、WILL等の月刊誌で対談と形式でもかまいませんのでご検討お願いします。
紫電改
2009/08/01 10:32
■F22、生産中止へ=下院も可決、日本導入困難に―F22は、日本の塗装技術がなければつくれなかった!!
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/07/f22.html
こんにちは。日本は相変わらず、平和ボケのようです。その証拠として、民主党のマニフェストには、安全保障が完全に抜け落ちています。それに、国際的にみて日本の将来に大きくかかわるような、出来事が、あまり大きく報道されないとか、各党のマニフェストにも含まれていません。私のブログではアメリカの最新鋭戦闘機F22をめぐっての、戦後最大の大事件に関して掲載してみました。マスコミは、こうした内容こそ、大きく報道すべきと思いますが、やはり、反日・親中が基調であるため、中国が絡むきな臭い出来事は、大きくは報道したくないのだと思います。ここに、書いていると長くなってしまいますので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。
yutakarlson
2009/08/01 10:36
本来は大綱に、防衛産業政策として入れるべきなんでしょうね。
K
2009/08/01 18:23
政治家や官僚の戦略の無さにはあきれますね、 しかし、一番問題なのは私たち国民でしょう、 一人一人が日本国の在り方を考えなければ!
F22の追求は間違いではありません、この問題と生産基盤は切り離して考えるべきです、 世界最高の戦闘機とはどんなものか、実際に運用してみるべきです、
中国の様にスホイ導入と国内開発、生産を同時に続けるべきです。




じいさん
2009/08/03 09:33
yutakarlsonさんのコメントに関連して、ですが、高校時代の社会科の資料集だか何だかにアメリカのステルス戦闘機のレーダー電波吸収塗料は日本のTDKが製造している、といったことが確か書いてあったと思います。まあ、今回の記事の主旨とはちょっと違いますが。
SNK22
2009/08/03 20:28
田母神氏はユーロファイターを推薦していましたよ
ねこ
2010/08/29 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦略無き空自のFX選定 田母神氏ら歴代空幕長に戦略はありや? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる