清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS −国内ヘリメーカー統合の序曲になるか−全日空のヘリ整備部門、ユーロコプターが買収

<<   作成日時 : 2009/06/12 15:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 2 / コメント 6

 全日空のヘリ整備部門、欧州最大手ユーロコプターが買収--防衛分野への本格参
 入狙う http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090611AT1D1004810062009.html

 ユーロコプターは自衛隊以外の官需(警察、海保含む)や民間機の国内シェアは57パーセントで圧倒的な強みを発揮しています。

 国内には川崎重工、三菱重工、富士重工と三社もヘリメーカーがあります。3社とも売り上げは自衛隊頼みで、それ以外の国内シェアはほぼゼロです(例外はユーロコプターと川重が共同開発したBK−117ぐらいです)。

  つまり、海保や警察などの当局を含めて、国内市場で売れる機体を開発する力も、意思もないメーカーが3社です。
 
 輸入品の何倍も高いライセンス国産や国産開発ヘリを購入してまで、この三社を喰わせなくてはならない理由があるのでしょうか。どうせ競合しないなら一社でいいではないですか。ぼくは昔からそう主張してきました。

 欧州ですらヘリメーカーは既に二社で、その二社は世界に輸出しているワールドプレーヤーです。

 自衛隊がライセンス国産を好んできた理由に、かつて輸入したらろくなその昔、サポートが無く痛い思いをした経験があるからです。ですが殆どの国がヘリライセンス生産などしていないわけです。それで大した問題もなくやっているわけです。ライセンス生産じゃなければサポートが受けられない、というのはいささか硬直した考えかたでなにないでしょうか。それを何倍も高いライセンス国産の免罪符にして、コスト削減をさぼってきたわけです。

 今年ユーロコプターは海自の練習ヘリを受注しましたが、それは同社が国内の民間や警察、海保などの機体に対する充分な整備体制をもっていたからです。もはや、高いコストのライセンス製品を導入する余裕が自衛隊にも無くなってきた、ということです。

 今回のユーロコプターの全日空整備のヘリ整備部門を買収は、その整備体制を更に強化する訳で、自衛隊のヘリ受注に対する体制強化という見方ができます。

 恐らく今後、自衛隊も作戦用機ですら、輸入ヘリの導入が増えるでしょう。
 国内メーカーが生き残るならライセンス生産するにしても国産開発するにしても長年細々と少量生産をすることをやめ、短い期間で量産する必要があります。

 つまり3社で棲み分けすることは不可能です。
 
 今後、米国ではアパッチの生産が終わった後も、延々と旧式化したAH−1Sをを米国の調達価格の8倍の値段で調達しつづけるなどということは不可能でしょう。
 
 そんな余分な予算はありません。

 また国内メーカーが今後民間市場にも打って出るためには、度胸と資金が必要です。これまた今のヘリ3社の規模では無理です。

 これはぼくの予想ですが、まず富士重工がヘリ事業から撤退し、そのあと川重と三菱重工のどちらかにヘリメーカーが集約されるのではないでしょうか。ぼくは川重が残るのが現実的だと思います。あるいは、川重と三菱両社の協同出資というシナリオもあるでしょう。

 
 ヘタをすると全社ヘリ事業から撤退というシナリオもあり得りえます。

 経産省や防衛省も国内のヘリメーカーを残して置きたいなら、キチンとしたビジョンを描いて、戦略を練るべきでしょう。問題解決を先延ばしにしていると、その分流す「汗」と「涙」の量が増えると思います。



 因みに今月号の「軍事研究」にぼくのユーロコプター・ジャパンのインタビュー記事が載っています。

軍事研究 2009年 07月号 [雑誌]
ジャパンミリタリーレビュー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
防衛産業は、再編はヘリから始まる?
次の選挙で民主が勝とうが、自民が勝とうが来年は防衛産業のあり方をめぐって一波乱があると思います。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2009/08/14 00:31
富士重工が防衛省に「反乱」 防衛産業再編の引き金を引くか
戦闘ヘリ発注中止「500億円払え」 富士重工、請求へ2009年9月2日3時0分 http://www.asahi.com/politics/update/0902/TKY200909010460.html ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2009/09/02 17:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
軍事研究7月号のインタビュー記事、購入して読みました。この中でも取り上げられていた海自の練習ヘリは1機お幾らでしょうか?全く比較にはなりませんが米国陸軍のEC145は1機4億円程と記憶しています。
おはぎ
2009/06/12 17:43
英BAEシステムズ、「FX」採用ならユーロファイターの技術情報を開示 11日 19:51

上記日経より引用
ユーロファイターの方が今後にむけて絶対有利だと思うですが、空自は、やはり【高いおもちゃ】が欲しいのでしょうか?
本当に情けなくなります。
紫電改
2009/06/12 23:53
量産するのも難しいですね。
長田ドーム
2009/06/13 21:00
輸入>ラ国な思考、いい加減やめませんか?
輸入した場合、お金は完全に短国のものになるけど、
ラ国した場合、税金として一部帰ってくるんだから。
目先の単価だけで輸入>ラ国なんて馬鹿な考え捨てたらいかがです?
 
2009/06/14 13:56
>2009/06/14 13:56
「ラ国」って何ですか?
774
2009/06/16 08:33
空自が米製に拘るのは、対米依存症でしょう。
「アメリカの戦闘機を使わないと、アメリカに見捨てられる」という。
シロ
2009/06/16 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
−国内ヘリメーカー統合の序曲になるか−全日空のヘリ整備部門、ユーロコプターが買収 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる