清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS ル・オタクとパリ 清谷信一から書店の皆様へのご提案

<<   作成日時 : 2009/05/09 07:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

 現在パリに来ています。

 昨日までパリでの仕事を終え、しばしの休息です。もっともカフェなどを梯子して、取材や単行本のメモ作りなどしてますから、完全なオフじゃないんですが。

 さて、先日、パリのジュンク堂さんへ行ってきました。「ル・オタク―フランスおたく物語」がフランスの文化のコーナーと文庫の平置きのコーナーにおかれていました。売れ行きについて店長さんに尋ねると、類書が無く、こちらに長年住んでいる人でもあまり知らない分野なので、手堅くはけているそうです。

 さて、そこで国内の書店様、特に大型店の方にお願いです。
 この本は講談社の文庫の棚よりも、各国事情のフランスの棚、あるいはサブカルチャー、マンガの売り場に置いていただけませんでしょうか。その方がよく売れると思います。
 実際に国内でそのような場所に置いていただいている書店さんもあり、そこでは売れているそうです。

 因みにアマゾンのランキングでも健闘している模様です。
 Amazon.co.jp ランキング: 本 - 33,896位 (本のベストセラーを見る)
 カテゴリーランキング:

 35位 ─ 本 > 語学・辞事典・年鑑 > フランス語
120位 ─ 本 > 歴史・地理 > 地理・地域研究
134位 ─ 本 > 新書・文庫 > 政治・社会 > 社会学

画像

 パリのジュンク堂。メトロのピラミッド駅のすぐ近くです。近所にクロネコヤマトやペリカン便のオフィスもあります。


  
画像

フランスの文化のコーナーで平積みなっています。


画像

 関係ありませんが、フランスでも「のだめカンタービレ」が発売されており、現在まで三巻まで発行されています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
この本、楽しく読ませてもらい、そして勉強になりました。Youtubeで、なぜあんなにも日本のアニメが外国ウケしているのか、その背景もよく理解できました。
仰るとおり、この本は漫画やアニメや海外事情のコーナーに置くと、反応ありでしょう。私はこのブログを見てネットで購入させてもらいましたが、、、
yokuya2006
2009/05/09 11:52
ご購入ありがとうございます。

さて、掲載したジュンク堂の写真が間違っておいおりました。ここにお詫びして差し替えさせていただきます。
キヨタニ
2009/05/09 17:41
フランスにも日本文化が浸透していますね。
長田ドーム
2009/05/09 22:13
最近劣化著しい落合信彦が、SAPIO誌上で、「電車の中でマンガを読む日本人のメンタリティは、途上国の下層民並」と露骨に蔑んでおりましたが、こうして世界中にヲタクが増殖している現状をどう表現するか、ちょっと尋ねてみたいもんです。全世界は、日本によって堕落するのか?
土門見人
2009/05/10 22:47
>全世界は、日本によって堕落するのか?
by土門見人様

いや、それどころか、在日米軍のオタク兵士達は萌えを護るのは俺達だと燃えている様で(w

http://planet-d.hp.infoseek.co.jp/cache2ch/2005/1101.html

まあ、半分ネタなんだろうけど、後の世で中東のヒゲ面オヤジが真顔で「ハルヒは俺の4番目の嫁だ!」とかぶっちゃける世の中が果たして健全なのか否かは判断に窮します(w
北極28号様
2009/05/12 11:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ル・オタクとパリ 清谷信一から書店の皆様へのご提案 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる