清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS エアバス、EADSの軍用機部門を「エアバス・ミリタリー」に統合

<<   作成日時 : 2009/05/01 03:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 エアバスは15日、EADSの軍用輸送機部門であるMTADをエアバスの一部門に統合することを発表ました。

 新軍用機部門は従来の「エアバス・ミリタリー」に統合されて、エアバス管理の下で、すべての軍用機関連の業務を担当することになるそうです。

 新エアバス・ミリタリーはスペインを拠点とし、これまでEADSが管理していた軍用輸送機関連の業務をすべて引き継ぐことになります。

 つまりエアバスの一部門としてその利益、損益について責任を負うことになり、軍用機や軍用システムの開発から、製造、マーケティング、セールスまで幅広く受け持つになるそうです。

 エアバス・ミリタリーは小型の軍用輸送機CN-235、C-295、エアバスA330ベースの多目的空中給油機(MRTT)、現在A400M軍用輸送機、さらには新たなエアバスの旅客機をベースとした軍用機の開発も担当するそうです。つまりは戦闘機以外を概ねここに集約することによって、経営の効率化を図るのでしょう。

 問題はA400Mの開発の遅れでしょう。これはエンジンの開発がネックとなっています。既に英国は開発の遅れでC−130JやC−17を導入していますが、今後の開発の遅延によっては他国もA400Mの一部を他の機体で置き換えざるを得ない、という状況になるでしょう。
 となると、コストは更に高騰することになり、輸出も不利になるというスパイラルに陥ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアバス、EADSの軍用機部門を「エアバス・ミリタリー」に統合 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる