清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 航空自衛隊は子供か その1

<<   作成日時 : 2009/04/09 11:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

 米国防総省のゲーツ長官がF−22を調達打ち切りを初めとする、大規模な調達見直しを発表しました。

 
 ゲーツ米国防長官のF22追加購入中止計画、一部議員が反対へ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCSW8450.html
 
 上記の日経の記事ですが「F22は、空中でほぼ静止状態を保つ(ホバリング)ことができ」るとありますが、F−35と間違えているのではないでしょうか。

 これだけの大規模な削減ですから、すんなり通るはずもなく、議会やメーカーの巻き返しはあるでしょう。
 
 ですからF−22の調達継続も続く可能性はまったくは否定できません。ですが、F―22に関してはぼくは、調達が打ち切られると思います。
 
 メーカーは生産が終わると9万5千人の職がなくなるといいますが、これは眉唾です。F35の生産で吸収できるでしょう。妥協案として、F−22の少数の追加が行われ、F35の生産開始まで「つなぎ」となる可能性もあるでしょう。


 さて、空自ですが、ぼくの聞くところによると前空幕長以下、現在の防衛部長やFX室長も未だにF−22一本槍だそうです。「性能が一番いいから」だそうです。
 そういうですが、そのような主張が許されるのは現場のパイロット、せいぜい隊司令レベルでしょう。
 

 ですが、実際にF−22を導入する場合、他の候補の機体の2〜4倍の値段になることが予想されるわけです。恐らく1兆円以上余分なコストがかかるはずです しかも運用保守のコストも高くなると予想されています。

 現在の陸海空の予算配分は固定化されいますから、空自の予算から賄うとなると、何かを捨てなければなりません。例えばCXをキャンセルするとか、空中給油機をこれ以上買わないとか、いくつか基地を閉鎖するとか必要でしょう。あるいは訓練の予算、定員を削るといった措置も考えられます。
 F−22を買ったはいいが予算が不足して訓練が出来ずにハンガーで埃被っています、ということもあり得るわけです。

 またこれまでの陸海空の予算配分にこだわらないのであれば、空自は「陸自の師団を1〜2個減らしてください、海自の護衛群を1個減らしてください、それでF−22を買います」とか予算の裏付けを示すべきです。
 もっとも海自や陸自がウンというとは思いませんが。
 
 それをせずに、新しい玩具が欲しいと主張し、駄々を捏ねるのは、聞き分けのない子供と同じです。
 予算の裏付けもないのにあれが欲しい、これが欲しいというのは無責任です。星をいくつも付けている将官、あるいは政策官庁首脳の言でありません。

 無理をしてF−22を導入すればむしろ空自の能力が低下します。

 そもそもこの機密の塊を日本に渡すでしょうか。
 例えば自衛隊が使用している●●は米国から輸出される際に●●が取り外されています。
 これはNSAが「防諜上、日本は信用できない」として許可しないからです。そのような国にF−22の輸出が許可されるのでしょうか。
 また、輸出されるにしても相当ダウングレードされるでしょう。そのような機体に他の業務、任務に支障がでるくらい高額の予算を投入すべきでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
米国の航空機製造業からすれば、仮に規制がなかったとしたら吹っかけ値でも買うであろう日本はネギしょったカモだと思うのですがね。

日本は日本で、官の大好きな随意契約で、安く買うという発想自体がないし。

仮に日本に強力な防諜法制があったら、米国はF22を日本に売るんでしょうか。UFJ証券の個人情報売買なんて事件があるから、たとえ法制が整備されても売らないような気もするんですが、どうでしょう。あるいは、カネだけ日本から吸い上げて、機密部分は取り外した状態での売り渡しとか。
とーりすがり
2009/04/09 23:06
ホバリング云々はWSJの記事でしょう。

まぁ交渉力がないと言いますか、空気読めないと言いますか、まさに駄々っ子航空自衛隊&防衛省といいますか・・
日本は情報管理だけでないく、国としてもアメリカは信用していないと思いますよ。
敵の敵は味方と言うだけで、真の同盟国とは元々考えていないと思います。
冷戦時代の名残というだけで、今や中国との関係の方がはるかに国益という点からは高いわけで、ワシントンの議員たちも中国詣でを盛んにやっています。
F-22が仮にこのまま調達されていたとしても、
日本自体が信用できない、機密保持能力の無さ、中国への配慮によって輸出される可能性は0だったでしょう。

今後中国などへの配慮から、アメリカからの部品や兵器の調達が困難になる可能性はかなり高いかと思われます、
今からでも長期的な戦略にたって、国産兵器や部品の設計製造能力をあげる努力をするべきでしょう。
nisin
2009/04/10 00:59
では、空自にとって、どの機体がどういう理由で妥当でしょうか?

2009/04/13 22:54
今の機密保持のレベルでは例えF−22が生産継続になっても日本にはリリースされないでしょう。
ぼくはユーロファイターがベストだと思います。ただこれを選んだ場合、初めてのこと
だらけで恐らく色々と不都合やトラブルも
予想されます。ですが、今後米国に対しての
バーゲニングパワーの獲得と新技術の習得と
いう面では大いにメリットがあります。
対して他の米機は基本設計が古いし、キモの
部分は全部ブラックボックスです。ラ国して
も業界には仕事は落ちるでしょうが、将来に
向けてえるものはないと思います。
キヨタニ
2009/04/14 10:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
航空自衛隊は子供か その1 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる